ブクログ大賞

少女七竈と七人の可愛そうな大人

  • 3191人登録
  • 3.82評価
    • (524)
    • (461)
    • (711)
    • (50)
    • (10)
  • 660レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 角川書店 (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737005

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

少女七竈と七人の可愛そうな大人の感想・レビュー・書評

  • 「大変遺憾ながら、美しく生まれてしまった」という一文に興味を惹かれつい手に取りました。
    辻斬りのように男遊び、という表現はユーモラスで、本来なら「尻軽で娘の子育てすら放棄している最悪の母親」と思われても仕方ない設定なのにあまり憎めないキャラクターになっているのはすごいなと思いました。中盤以降でようやく姿を現し、彼女の女としての悲しみを吐露するように描写をされるとつい感情移入してしまいました。七竈も設定上絶世の美少女ですが独特の語り口や後輩に散々「変人」だと評される中身が面白くてかわいらしい。母娘の確執、たった一人しか親友のいない孤独な美少女、いくらでも重苦しい雰囲気にできそうな物語をちょっとコミカルな文章でさらっと風のように書きあげる筆致であっという間に読めました。

  • 辻斬りのように男遊びをする冒頭の話がとても面白かった。ゆえに、その後に登場する彼女から失われた美しさが、確かに悲しかった。十年前に砂糖菓子の弾丸に撃たれて、この本を買ってそのままにしていたが、もっと早くに読んでしまえばよかった。今読んでも悲しみしか感じられない。

  • 平凡どころかそれ以下だと思っている私からすれば、美しすぎて困っちゃうなんて、理解出来ないと思ったけれど、でも大変なんだなと。
    いきなりの辻斬りスタートに驚き。
    後輩ちゃんウザかったのに、だんだん可愛くなって、苺苺苺苺苺先輩思い出しました。

  • 非日常的のように見えたけど、実はこういうことって普通の日常なのかなって思った。七竈と雪風と同じくらいの歳ということもあって色々考えさせられた。いつまでもずっと友達と笑いあって子供のように過ごせるんじゃないかな、って心のどこかで思ってました。でも、やっぱり前に進まないといけないね。

  • 大変遺憾ながら、美しく生まれてしまった ←最高

  • ほんのすこぅしだけなら許せる気がする。

    七竈と雪風の世界はとても美しいのに。彼らを囲む大人達は、醜くて、確かに可愛らしい。読んでいる間中ずっと、冷たくてピンと張った世界にいるような感覚だった。

  • "辻斬りのように男遊びをしたいな、と思った。"

    書き出しから一気に引き込まれ、むさぼるように読みました。

    いんらんの母・優奈と、たいへん美しい少女として生まれた子・七竈。そして、七竈の親友で同じく美しいかんばせを持った少年・雪風(ゆきかぜ)。

    「七竈」
    「雪風」
    「七竈」
    「雪風」
    「七竈」
    「雪風」
    「七竈」
    そんなたあいのない会話がつくりだす七竈と雪風の静寂な世界観がたまらなく好きです。

  • せつない!
    THE YELLOW MONKEYのSOYOUNGが
    聴きたくなる小説

  • とてもとても好きな本。
    美しいけれど風変わりな七竈がかわいくて、楽しく読めました。
    でも、やっぱりせつなくてひどくかなしい。涙が出る。

  • いんらんな母から始まる物語。それぞれの視点から語られる。独特。
    雪平との関係が唯一微笑ましくて好きだったから、残念だけど、それが正しいとされる道であることはわかる。だからこそ、そこもまた辛い。不思議でドロドロしてて、最終的に何がなんなのか、どうしたいのかよくわからなかった。
    狭い世界。そこから抜け出せてよかったと思う。じゃあ雪平のその後はどうなるのかなと思ってしまったり。

  • 美しい少女
    美しい文章
    痛く醜くけれど美しい

    めも:「辻斬りのように」をはじめに読まない。

  • いんらんの母親を持ってしまった娘の物語かと思いきや、「母と娘」という永遠のテーマで締められて、最後は思わずじんわりきてしまった。

    純愛。それぞれに、「一番側にいて欲しい」と心から願う人が、側に居てくれない切なさ。母にかけられた呪い。叶わぬ想い。永遠につきまとう呪縛。かんばせ。

    桜庭一樹さんは、作品によってガラリと作風が変わるので楽しい。少女七竃と少年雪風の、丁寧で独特の喋り口調がとても味わい深くて良かった。また、飼い犬ビショップ目線で描かれた章もとても良かった。

    「女の人生ってのはね、母をゆるす、ゆるさないの長い旅なのさ。ある瞬間は、ゆるせる気がする。ある瞬間は、まだまだゆるせない気がする。大人の女たちは、だいたい、そうさ」

  • 青春・恋愛・家族・純文学。
    主人公の口調が独特で、不思議な雰囲気を漂わせる。
    派手なストーリーがあるわけではないが、少女の成長というか、心に区切りがつく様子を感じる。

  • 七竈ちゃんの口調が興味深かった。すごく好き。
    お母さまは亡くなっているのかと思いきやご存命で最後の章では娘を送り出す役目をしっかり果たしていたのが印象的でした。
    雪風の「お前の母はいんらんだから」の言葉に人心地をついているイメージでしたが話が進むごとに変化していく自分の美貌の共通点に気付いた時、七竈ちゃんの心中を考えると、胸が締め付けられます。
    世の中が狭いのか、狭い世の中でしか生きられ中った母と娘の話なのか。
    結末の旅立ちが素敵な余韻を連れてきてくれました。

  • 「大変遺憾ながら、美しく生まれてしまった」
    川村七竃は、群がる男達を軽蔑し、
    鉄道模型と幼馴染の雪風だけを友として
    孤高の青春を送っていた。
    だが、かわいそうな大人達は彼女を放っておいてくれない。
    実父を名乗る東堂、芸能マネージャーの梅木、
    そして出奔を繰り返す母の優奈、、、
    誰もが七竃に、抱えきれない何かを置いていく。
    そんな中、雪風と七竃の間柄にも変化が、、、
    雪の街旭川を舞台に繰り広げられる、痛切で優しい愛の物語。
    「辻斬りのように男遊びしたいな、とも思った。ある朝突然に。そして五月雨に打たれるようにぬれそぼってこころのかたちを変えてしまいたいな。」

  • 2010 表紙を含め好き

  • かなりドロドロしてるのに語り方が妙にアッサリしていて読みやすいのか読みにくいのか不思議な1冊。七竃と雪風が切ない。これが恋なのかただの血のなせる技なのか。でも切ない切ない恋なんだろうな。

  • たしか前に読んだこの作家さんの作品が暗くて陰鬱なお話だったので、違う作品も読んでみたい!と思って借りてみた。
    小さな町で目立つ容姿に生まれた少女とその周辺のお話。
    語り視点はいろいろなのでそこも楽しめました。
    少女がいろいろ吹っ切るために心変わりをしていくお話、かな。

  • 犬がいい。
    軽やかさと軽薄さの区別がいい。
    それにやはり、雪や風の描写がとてもいい。

    単行本の表紙イラストも、素敵だったな。

    美貌が呪いであるという描写が、既にネタバレではある。

  • ハードカバー版の表紙イラストも好き。
    「さやか」さんというイラストレーターらしい。

  • 『私の男』がなかなか良かったので同じ作家を読んでみることに。同じ旭川を舞台に、あちらが重く湿った肉をそなえた人々の世界であるのに対して、こちらは、神話めいた美貌の少年少女を中心とする、おとぎ話のような物語だ。
    時間がとまったような小さく静かな町の中で眠ったように生きていた少女たちは、ある日突然、次のページがめくられたように、あるいは何かが身体の中を通り抜けたように、変化する。どうしても手に入れたいひとりの男を自分の力で見つけだした女は、その日から女の辻斬りとなり、さまよいつづける旅人となる。その娘は、自身の分身と築き上げた美しく精巧な世界を永遠に捨てて、外の世界へと歩きだしていく。静かで小さい安定した町は家族たちの世界であり、その中では「いんらん」の印を刻まれた2人のおんなたちは異形のものとなってしまうのだが、しかし彼女たちに欲望を自覚させ、小さな世界を壊して生き始めさせるものが、それぞれの母親からの解放であったという事実は、これが永遠にすれちがっていく男女の物語であると同時に、母娘に伝わる呪い、そそして解放という贈り物の物語でもあるということを教えている。「七竈」「雪風」という不思議な名前と、古風にジェンダー化された話し言葉が、この物語世界に神話めいた風貌をあたえることに成功している。老犬までが「女というのは可愛いものだ」などと考えていたりするのが愉快で、全体に流れる淋しさ切なさと絶妙なバランスだ。

  • 印象はホワホワした感じ。旭川の寒い状況と七竃の凛とした美しさが重ね合います。

  • 雪風がシャッターを切る瞬間が忘れられません。
    七竈に標準を合わせて、引き金を引くその瞬間が切なくて愛しくて。
    冬に、真っ赤な七竈に真っ白な雪が積もっているのをみると、必ず思い出す一冊です。

  • 非現実的。読んだ当時は現実逃避したかったのでちょうどよかった。主人公と後輩の女の子の関係が好き。

  • 言葉が独特で不思議でつかみどころがなく、ふわふわしていてよかった。 ストーリーは複雑ではなく、登場人物の心情の表現の仕方を楽しむための本。

全660件中 1 - 25件を表示

少女七竈と七人の可愛そうな大人に関連するまとめ

少女七竈と七人の可愛そうな大人を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人を本棚に「積読」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人のKindle版

少女七竈と七人の可愛そうな大人の文庫

ツイートする