少女七竈と七人の可愛そうな大人

  • 3206人登録
  • 3.82評価
    • (524)
    • (464)
    • (711)
    • (51)
    • (10)
  • 661レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 角川書店 (2006年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737005

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

少女七竈と七人の可愛そうな大人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 詩的で切れ味鋭い
    センチメンタルな文体。

    思春期の女子特有の
    匂いたつような濃密で閉鎖的な世界観と
    男たちへの強烈な嫌悪感。

    北国の和情緒あふれる情景描写や
    古風な台詞、情念の世界。

    そして切実で甘酸っぱい
    未知なる恋の予感。



    さすが桜庭さん。
    この人の切ない感性は
    ほんまツボ。

    少女の痛みを書かせたら
    彼女の右に出る者はいないですよね。


    七竈が花の名前で
    七回燃やしてやっと灰になることが
    その由来であることなど、
    恥ずかしながら
    この小説で初めて知りました。




    自分を変えるために、
    こころのかたちを変えるために、
    ふしだらな人間にならなければと決意し、
    辻斬りのように
    7人の男たちと体の関係を持った母・川村優奈。


    そしてそんな母から
    遺憾ながら
    美しく生まれてしまった17歳の少女
    川村七竈(ななかまど)。


    黒い鉄の塊である鉄道模型を愛す七竈の
    美しいがゆえの苦悩と
    切なすぎる初恋を描いた
    章ごとに語り手が変わる連作長編です。
    (犬の視点もあるのですよ)


    清々しいまでに自分の美貌には関心がなく、
    鉄道オタで
    『世界の車窓から』が好きで(笑)
    男たちを毛嫌いする
    七竈のキャラが抜群にいいですね。


    田舎町において美しいということは
    なんの価値もなく好奇の目にさらされ
    妬まれるだけ。


    七竈が唯一心を許す
    幼なじみで
    おそろしく美少年の
    桂 雪風(かつらゆきかぜ)。


    ゆっくりと惹かれ合う異形の二人。

    しかし二人のかんばせは
    時が経つに連れ
    そっくりな風貌と化していき…



    いわば漫画的設定だし、
    極力感情描写を排除し
    ドライに描いていながらも
    登場人物たちの痛みが行間から滲み出て
    一人一人に感情移入してしまうのは
    やはり桜庭さんの実力なんでしょうね。
    (二人が名前を呼び合うだけのシーンなのに切なさが零れ落ちるのです)


    雪風に恋をする
    おかっぱ頭の少女
    緒方みすずや
    七竈をむくむくと呼ぶ
    元警察犬のビショップなど
    脇キャラが魅力的なのも◎。



    人は永遠の、
    限りないものに憧れる。

    でも、限りあるものほど、
    愛おしく思えるもの。


    美しさもまた然りなのかな。


    日々がただ美しいうちに
    時間よ止まれと願い続けた
    悲しき少年と少女の軌跡。


    いつまでもいつまでも余韻の残るラストも秀逸な
    記憶に残る一冊です。

  • 言葉が、どこまでも綺麗だった。
    雪のようで冷たくて、湿っぽい。けれど物語は七竃を、雪風をおいて淡々と進む。待ってはくれない。青春も、老いも、命も。
    さようなら、雪風。
    さようなら、七竃。
    二人は、可愛そうな七人の大人たちは、幸せになれるのかしら。

  • 世界で一番美しい別れのお話。
    綺麗で静かな文章だと思いました。少年や少女はただただ美しくて、大人は醜い。
    少女は大人になり、自分の道を生きることを知る…

  • 桜庭さんの本に出てくる女の子は「超美少女」が多いように思う。

    性と生死、愛と憎がテーマなものも多いように思います。

    これもインシストに入るのだろうか??

    切ないけど、読んでよかったと思う話でした。

    ほんとに大人たちが可哀想だった。

  • 自らの美貌を呪いながら生きていく七竈は
    遠く旅に出た母を求め、
    親友・雪風と寄り添いながら日々を過ごす。

    「ずぅっと一緒にいよう。雪風」
    そのささやかな願いも
    無常に過ぎてゆく時と
    残酷な現実の嵐の中に
    のみ込まれてしまう―


    雪の街・旭川を舞台に進んでゆく
    切なくも美しい少女の物語




    大好きな桜庭作品の中でも
    特に好きな作品です

    こんなに切なくて
    胸をぎゅっと掴まれるような作品は
    なかなかないかも

  • 「大変遺憾ながら、美しく生まれてしまった」という一文に興味を惹かれつい手に取りました。
    辻斬りのように男遊び、という表現はユーモラスで、本来なら「尻軽で娘の子育てすら放棄している最悪の母親」と思われても仕方ない設定なのにあまり憎めないキャラクターになっているのはすごいなと思いました。中盤以降でようやく姿を現し、彼女の女としての悲しみを吐露するように描写をされるとつい感情移入してしまいました。七竈も設定上絶世の美少女ですが独特の語り口や後輩に散々「変人」だと評される中身が面白くてかわいらしい。母娘の確執、たった一人しか親友のいない孤独な美少女、いくらでも重苦しい雰囲気にできそうな物語をちょっとコミカルな文章でさらっと風のように書きあげる筆致であっという間に読めました。

  • "辻斬りのように男遊びをしたいな、と思った。"

    書き出しから一気に引き込まれ、むさぼるように読みました。

    いんらんの母・優奈と、たいへん美しい少女として生まれた子・七竈。そして、七竈の親友で同じく美しいかんばせを持った少年・雪風(ゆきかぜ)。

    「七竈」
    「雪風」
    「七竈」
    「雪風」
    「七竈」
    「雪風」
    「七竈」
    そんなたあいのない会話がつくりだす七竈と雪風の静寂な世界観がたまらなく好きです。

  • いんらんの母親を持ってしまった娘の物語かと思いきや、「母と娘」という永遠のテーマで締められて、最後は思わずじんわりきてしまった。

    純愛。それぞれに、「一番側にいて欲しい」と心から願う人が、側に居てくれない切なさ。母にかけられた呪い。叶わぬ想い。永遠につきまとう呪縛。かんばせ。

    桜庭一樹さんは、作品によってガラリと作風が変わるので楽しい。少女七竃と少年雪風の、丁寧で独特の喋り口調がとても味わい深くて良かった。また、飼い犬ビショップ目線で描かれた章もとても良かった。

    「女の人生ってのはね、母をゆるす、ゆるさないの長い旅なのさ。ある瞬間は、ゆるせる気がする。ある瞬間は、まだまだゆるせない気がする。大人の女たちは、だいたい、そうさ」

  • 『私の男』がなかなか良かったので同じ作家を読んでみることに。同じ旭川を舞台に、あちらが重く湿った肉をそなえた人々の世界であるのに対して、こちらは、神話めいた美貌の少年少女を中心とする、おとぎ話のような物語だ。
    時間がとまったような小さく静かな町の中で眠ったように生きていた少女たちは、ある日突然、次のページがめくられたように、あるいは何かが身体の中を通り抜けたように、変化する。どうしても手に入れたいひとりの男を自分の力で見つけだした女は、その日から女の辻斬りとなり、さまよいつづける旅人となる。その娘は、自身の分身と築き上げた美しく精巧な世界を永遠に捨てて、外の世界へと歩きだしていく。静かで小さい安定した町は家族たちの世界であり、その中では「いんらん」の印を刻まれた2人のおんなたちは異形のものとなってしまうのだが、しかし彼女たちに欲望を自覚させ、小さな世界を壊して生き始めさせるものが、それぞれの母親からの解放であったという事実は、これが永遠にすれちがっていく男女の物語であると同時に、母娘に伝わる呪い、そそして解放という贈り物の物語でもあるということを教えている。「七竈」「雪風」という不思議な名前と、古風にジェンダー化された話し言葉が、この物語世界に神話めいた風貌をあたえることに成功している。老犬までが「女というのは可愛いものだ」などと考えていたりするのが愉快で、全体に流れる淋しさ切なさと絶妙なバランスだ。

  • 七竈と雪風の、複雑だけども純粋な関係がとても好き。

全661件中 1 - 10件を表示

少女七竈と七人の可愛そうな大人に関連するまとめ

少女七竈と七人の可愛そうな大人を本棚に「読みたい」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人のKindle版

少女七竈と七人の可愛そうな大人の文庫

ツイートする