夜は短し歩けよ乙女

  • 11280人登録
  • 3.92評価
    • (2257)
    • (1534)
    • (2013)
    • (226)
    • (101)
  • 2168レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 角川書店 (2006年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737449

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
万城目 学
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
桜庭 一樹
森見 登美彦
有川 浩
劇団ひとり
桜庭 一樹
森見 登美彦
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

夜は短し歩けよ乙女の感想・レビュー・書評

  • 威風堂々と歩く彼女と路傍の石ころと甘んじつつ
    片思いしている男の子。

    好きな女の子をストーカーの如く追い回し、
    ご都合主義も恐れることなく、ぐいぐいと人も運命も繋げていくお話を
    かくも壮大な物語と足らしめる文章の妙が絶妙に楽しい。

    彼女の行く先々で偶然を装い出逢うべく、
    奔走する先輩と黒髪の乙女の間に起きる
    不思議で魅力的な出来事と縁の数々。

    残念にすれ違いながらも重なっていく思い出。

    妖怪の如く得体の知れない老人・李白さん。
    三階建の風変りな乗り物に、ぎっしりのお宝の本や浮世絵、
    口に含むたびにじつに可愛らしい花が咲き
    お腹の中がお花畑になっていくかのような感覚を覚える
    「偽電気ブラン」と名付けられた、幻のお酒。

    錦鯉と春画を愛する東堂さん、鯨飲の美人・羽貫さん、
    掴みどころなき天狗・樋口さん、詭弁踊りの考案者・内田さん。

    齢を重ねた木々が立ち並ぶ森の参道に幾つものテントが
    立ち並ぶ暑い夏の日の「下鴨納涼古本まつり」。
    本についてなんでも知っている少年。古本市の神様。

    学園祭でゲリラ的に細切れ開催される演劇「偏屈王」。
    パンツ番長の恋。

    嵐のように町に蔓延する強烈な風邪と神様の計らい。

    ―――今までの人生で読んできた本をすべて順にならべてみたい。

    ほんとにその通り。
    自分の読んできた本の歴史は、自分の思考の歴史の一旦。
    だから、ブクログなどのツールで読んだ本や持っている本を
    羅列して振り返ることができることがすごくうれしい。
    小さい頃からの忘れてる本の記憶も全部全部羅列できたら幸せだろうなぁ♡

    1つの恋を奇想天外に繰り広げた筆力に感嘆!
    じれる想いも可笑しみに変わり魅力となる森見ワールド。

    「夜は短し 歩けよ乙女」
    願わくは 恋する2人に 声援を。

  • 久しぶりに再読です。

    黒髪の乙女と彼女に恋する先輩の、不思議でおかしな春夏秋冬を描いた物語。
    無邪気は無敵、を体現するような黒髪の乙女がかわいらしいです。
    登美彦氏の筆によりワンダーランドと化した京都の町を、ふわふわと歩き回る彼女のヒロインっぷりはあっぱれ。

    個人的には春の物語が好き。
    ぼんやり霞んだような季節と、あやしくおかしな京都の夜、そしてお酒の酩酊感の相性は抜群です。

  • 色々な方のレビューを拝見させていただき、独特な文章なので、大正ロマンチックな雰囲気の漂わせ方&後半からのキテレツな文章で、読者が好む好まないの大きく二つの結果に分かれていた意味を深く理解することができました\(^o^)/。
    京都を舞台に、好きになった同じ大学生の女性と、どのように自然な形でお近づきになれるのかと、主人公はストーカー的な感じで彼女のあとをつけ、いつも自分の妄想とは違い、とんでもない方向へ進んでしまうのですが、まるで漫画のようで面白かったです。
    私が特に好きだったのが、学園祭。
    ゲリラ的に出没する芝居&こたつ(豆乳鍋を食す)、象のお尻の模型展示(撫でてみたい)…なんとも本当にあったら是非楽しんでみたい〜♡。
    作品全体が着物をきての設定ならもっと違う形で楽しいのでは…なんて思いながら良いんに浸りました(^-^)/。

  • 何度読んでも、良いものは良い。
    主人公の、迂遠なるアプローチで黒髪の乙女に想いを寄せる男子、黒髪の乙女、その他魅力的なキャラクターが、京を舞台にお祭り騒ぎ。ごちゃごちゃとしていて、わけのわからんものが跳梁跋扈して、それでいて、楽しく、夢がある。
    まるでおもちゃ箱のような本である。
    文庫を持っていたが、読みすぎてぼろぼろになったので、長持ちするようにとハードカバーで買い直した。
    こんな素敵な本に出会えたのも、何かのご縁。

  • 黒髪の乙女と私の不思議で、かわいいお話です。

    古風な文体が大好きです。ゆっくりのんびり読書したい方にオススメ。

    逆に、その古風な文体が読みにくくて苦手な人もいるみたいですが、
    私は森見登美彦さんの独特な文体や言葉の使い方が可愛くてすきです(^^)

  • くるくる変わる場面と、現実非現実の曖昧な感じ。やはり、森見さんの小説だなぁとしみじみ思う。
    「先輩」より「黒髪の乙女」が語り手のパートが好きだった。どんな状況も前向きに捉えてしまえるのが、とてもステキだ。日常をキラキラした冒険に変えられる彼女に憧れる。
    あと、樋口君と羽貫さんが、個人的に好きだったのだけれど、この2人がメインで出てくる話はないものかしら。

  • 歩くこと。わくわくの始まり。

  • 『太陽の塔』で衝撃的デビューを果たした森見登美彦がこの作品で大ブレイク。
    京都を舞台にして硬派の男子学生が主人公なのはデビュー作や『四畳半神話大系』と同じだが、今回は主人公の視点とその後輩である無邪気な女子大生の視点とで交互に語られる。

    主人公の「私」は後輩の黒髪の乙女に恋をして、「ナカメ作戦」で苦闘している。これは「なるべく彼女の目にとまる作戦」を省略したものだ。
    主人公の行動や語り口はどう見ても三四郎と同世代の書生風なので、どっぷり浸かっていると「メール」などの現代用語が突然出てきてビックリする。ああ、現代の話だったんだなと我に返る。上手いねえ、相変わらず。

    そして、ついに女性をきちんと書いた。きちんとまではまだいかないか。
    とにかく、今までは本丸に突入できずに外堀ばかり埋めている男性側の事情に終止していたのが、今回は本丸側の事情も垣間見えるので楽しい。
    これは若者に受けるだろう、と思ったらマンガにもなっているそうで。なむなむ!

    第三章の「御都合主義者かく語りき」は本当に面白かった。
    学園祭の様子が書かれているのだけれども、学内全域に神出鬼没して人をコタツに誘い鍋を振舞う韋駄天コタツ、構内の路上で突如上演されるゲリラ演劇「偏屈王」、あちこちへ出現する謎の達磨、模擬店で売っている「おとこ汁」という汁粉、「象の尻」の展示、阿呆の祭典が次から次へと繰り広げられる様は圧巻です。ウチの大学もこのくらいやってくれればなぁww

    主人公である先輩と、後輩の黒髪の乙女との世にも不思議な恋物語、是非多くの方々に楽しんでいただきたいと思います。

    【気に入った文】
    そのとき、カンカンカンと甲高い鉦の音がすぐそばで聞こえました。続いて「ヨーソロー」「ヘイホー」といった不思議な掛け声が聞こえ、数人の学生たちが慌ただしく集まって来たのです。彼らは真紅の腕章を取り出すと、無駄のない動きで腕に巻きました。
    「午後二時、『偏屈王』開演!」
    鉦を叩いていた女性の大きな声が、階段から廊下へ響き渡りました。
    「第四十七幕!」
      *  *  *
    「恥を知れ!しかるのち死ね!」
      *  *  *
    「ひとりある身はなんとせう!」

  • 森見登美彦の独特の世界観と文体に浸りっぱなし。心地良すぎる。
    自分がこれまで読んできた数少ない本たちとの出逢いは奇跡だったのだな、としみじみ思うと同時に、なんだかその出逢いに改めて感謝した。

    毎度森見さんの物語を読んでいて思うのだが、本当に本当に京都で学生生活を送ってみたかった。のんべんだらりと青春を謳歌してみたかった。読んでいてそんな私情も交えつつ、甘酸っぱい気持ちになりました。

  • 何度も読んでいるが最後に読んだのも随分前のこと。
    アニメ化されるとのことなので再読しようと思う。

    「古本市の神様」「詭弁論部・詭弁踊り」「偽電気ブラン」「おともだちパンチ」

    適当に思い出した言葉を並べた。
    読んでいないとわからない。
    読んだことがあると、ニヤりとしてしまう。

    京都の街並みが、ファンタジーになる。

  • 本との縁にせよ、人との縁にせよ、「出会い」に対する価値観が大きく変わった1冊でした。登場人物が魅力的でした。

  • 疲れた時に読むと本当に癒されます。

    文章はどちらかといえば固いけどユーモアがあり、舞台は現代の京都という和風要素でワクワクしました。
    日常に紛れるファンタジーは、本当に素敵(笑)

    キャラも全体的に一癖あるので、いい味が出てました。

  • 私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都


    "

    第四回本屋さん大賞2位



    森見 登美彦 (2006/11/29)


    小柄で華奢な黒髪の乙女。
    ちょっぴり不思議なお酒を深く愛する乙女は

    その夜の主役となりて歩き続ける。


    大学の部活の後輩である乙女に惹かれている私は

          ・・・・・・
    彼女との、偶然の出会いを期待してそっと後をつけていく。



    大正や昭和を表すレトロな物言いや雰囲気。


    とぼけた乙女と、もんもんと悩むちょっぴり報われない私が愛しい。



    自称天狗な青年や、不思議な現象の中心にいる李白さん。

    誰も彼もが個性豊かでどんちゃんどんちゃん。


    乙女の天然ととぼけた言動にクスリと微笑み病み付き間違いなし。


    願わくば彼女に声援を!


    これはまったぁ☆

    深く感じたりすることはないんですが、読んでたのしーみたいな物語。



    私としては黒髪の乙女(けっきょく名前は何なのか?)が可愛くてしゃーなかったです。



    天然ボケの超まいぺーす。

    そのニブチンさに悶絶☆

    表紙をみたら分かるとおり超かわゆい女の子なのに底なしの酒量を誇る酒豪ですよ。



    必殺技の「おともだちパンチ」や万能おまじない「なむなむ!」

    なんて!!





    もえぇい!!





    先輩の気持ちも分かります。

    その妄想も理解しよう



    けど、先輩弱いからなl・・・。

    読者がモンモンモン大変ですよ?





    個性の豊かさでは他の本の追随を許しません。

    こんな人絶対いねぇと思うのに、いそうで怖いんですよね。

    私はいて欲しいぞ。



    らぶなのは羽貫さんと樋口さん。

    結局この二人の関係はどうなのか?



    樋口さんの自称天狗でまぢ天狗っぽいところが好きです。





    けど、やっぱり一番は学園祭事務局長ですよ☆☆

    名前から言ってちょう微妙なやられキャラを想像するかもしれませんがそんなことはありません!!



    だって男にしておくのはもったいないほどの美貌の持ち主で



    趣味が落語で女装(あはーん)

    ですよ。



    綺麗な男の女装ほどグッと来るものはないでしょう!!



    あってみたい

  • ついにずっと読もうと思ってた本を読めたぞ!

    読んで間も無く本当に言葉を綴ることが上手な作家だなぁと感じた。
    途中無理やり読み進めたところもあったが、
    京都とこの天真爛漫な黒髪の乙女を組み合わせたことは素晴らしいと思う。
    とてま可愛らしい雰囲気を醸し出している。

    最後が先輩とハッピーエンドで良かった。
    こんなにオモチロイ大学生活やと最高やなー

    個人的には夏の古本市がとても良かった。
    本は繋がっている

  • なんというピュアなラスト!ああ、いいなあ。いいなあ。可愛らしくお腹が花畑になるようなお酒が飲みたくなりました。

  • 春夏秋冬「黒髪の乙女」の後頭部を追いかけまわし、外堀を埋めることに執心した大学生がそれによって巻き込まれたさまざまな珍事件が描かれている。
    『宵山~』もそうだけど登場人物がごちゃごちゃしてくるあたりが本当に面白い。学園祭のゲリラ演劇で劇なのか劇じゃないのかわからなくなってみんなで列を作ってしまう描写とか、林檎とかだるまとか。『夜は~』は舞台がよかった。あれぐらいの規模の地域なら続々と知り合いというか関係者に出くわすというのも無理はないなあと思ったり。
    古本の神様、李白、樋口君は妖怪。

  • 私にはあわなかった。

    ペンギンハイウェイは好きだったんだけどな。

  •  現実なようで全く現実でない、少し外れた嘘っぱちの幻想京都を舞台に、"私"と黒髪の乙女を中心とした、これまた居そうで絶対に居ない個性的なキャラクター達の誰もが主役を張ろうと小狡く立ちまわる、幻想京都の住人たちによる演劇のような本である。
     "私"か黒髪の乙女の目を通して一人称視点で話が進んでいくのだが、それぞれの「私」が互いに別の立場で騒動に巻き込まれつつすれ違っていく、その中で幻想京都の住人達とそれぞれの立場で繋がっていく。すれ違いながら繋がって、繋がりながらすれ違って、それを繰り返し繰り返して最後は全ての繋がりを全て丸めて纏めて大団円。「なんてことだ!」「御都合主義もいいとこだ!」と読者もそこに住まう住人でさえも言ってしまうのだ。
     そしてこの御都合主義の大団円までとそれを飾るこの幻想京都の住人達を、可愛らしい黒髪の乙女視点と妙に古風で大仰な"私"の視点の二通りから楽しめることのなんと贅沢なことか!
     また、この幻想京都を彩る「名前」も非常に不思議で、「韋駄天コタツ」や「閨房調査団」、「偽電気ブラン」など聞いただけではいったいなんのこっちゃと思ってしまうものばかりだが、読み終えるとその「名前」一つ一つにオモチロイと思えてしまうから不思議だ。
     このオモチロイ「名前」が現実の京都を拡張する形でこの幻想京都を形作っているから、妙なリアリティを持って幻想京都が目の前に広がり、あたかも自分がその幻想京都の住人として騒動に巻き込まれているかのような感覚に囚われてしまう。
     しかも、この「名前」はこの本だけでなく、他の森見文学を読んでいる中でも不意に登場し、幻想京都を延長する。
     この本を手始めに森見先生の描く幻想京都で主役を張ろうと小狡く立ち回ってみるものいかがだろうか。

  • これは大変オモチロイ小説である。
    なむなむ。

  • 「なむなむ!」とむやみやたらに言いたくなります。

    2007年本屋大賞2位!
    表紙を見ての通り、とても可愛らしくポップなお話です。
    文体は回りくどく、ちょっと懐かしい空気で、舞台は京都ですが。
    なんだろう、懐古趣味とでもいうか。

    『新釈 走れメロス』に続いて2作目の森見登美彦。
    なんというか、文章における点(フレーズ)と面(全体の流れ)が好みでした。

    コミカルで軽妙。良い意味で胡散臭い。
    (だって、「自称・天狗」の人とか出てくるのです。何の説明もなしに。私の中でビジュアルのイメージは10年後の四月一日くん。性格は全く違うのだけれど、まさに。あのイメージ+浴衣)

    特に、言葉の使い方が粋というか洒落というか・・・私は好きです。
    だまくらかされているような気がしないでもありませんが、甘んじて受け入れましょう。

    物語は大学生の女の子とその先輩(男)の視点で交互に綴られます。
    とっても口調に特徴のある二人で面白い。
    同時進行なので、なおさら面白い。(先輩の片思いなんですが、ものすごいすれ違い・・・)

    電車の中ではにんまりと。家では声を出して笑い、文字を味わいました。

    特にヒットしたのは次の4つ。

    ・恥を知れ!しかるのち死ね!
     (不謹慎ですが、「死ね!」という人を傷つけるような言葉なのに、「しかるのち」というのが入るだけで意味が変わる気がします。)

    ・象のお尻の話
     (これは点ではなく線(1つの段落)なのですが。「象のお尻はまあるくて大きい。まあるくて大きいものは良いもの。なのに象のお尻は触ると痛い。」という教訓を知るため、文化祭で紀子さんが作った展示品およびてんぱったパンツ総番長の話)

    ・胸かき乱された男達が意図明白意味不明な言動に走りだす暗黒の季節
     (つまりはクリスマス。)

    ・御都合主義
     (特に乱用されるのですが、最終的に「まあ、まさしく」)


    あと、文中ではありませんが、最後の章の題が『魔風邪恋風邪』。

    まふうじゃれ・・・かぜ??

    まふうじゃこい・・・かぜ???


    ま・・かぜ、こいかぜ!!!

    単語の区切りがわからず、「いったい誰のどんな技なんだ?」としか思えなかった自分の思考を疑います。


    余談ですが、これのおかげで「電気ブラン」に興味を持ちました。
    是非とも偽電気ブランが飲みたい!飲みたい!!

  • 物語の雰囲気を咀嚼するのが楽しい作品です。
    とてもまろやかでお洒落な文章だと思っています。ちょっといい感じの雰囲気作ってみたり、破天荒なひとびとと触れ合ったり、まさにこれぞ大学ライフ(笑)って感じですね。若干大二病の匂いが漂ってますが「なむなむ!」で、もうそんなんどうでもいい可愛い!って感じ。

  • 男が書いた御都合主義的ロマンティズムな恋愛小説。この小説を読んで現実の恋愛に役立つとは到底考えられない。でも「こういうのを夢見ちゃうときってあるよね?」と言われたら、自分なら「うん」と答える。そんな小説です。

    京都を舞台にしていて、それぞれのシーンとそのとき持つ小道具をかなり細かく書く。その描写が独特の情緒を出す反面、その場所を知らないとそのシーンを脳内に再現しにくい。同著者の別作品が2作ほどアニメ化されていますが、映像化でより作品を理解しやすくなる作家さんなのかもな、という印象はやや受けました。

    祭や飲み会のもつ「なんでもアリ」のぐちゃぐちゃ感に、「こんな恋愛ストーリーがあったら楽しいな」という妄想がうまく混ざり込んでいて。個人的にはこういう風合いの作品、好きかもしれません。

  • 何ともユニークな本。蛙と人間の違いはあるものの、キャラクターとしては以前に読んだ『四畳半神話大系』と似ています。京大周辺での青春物語ですが、あまりにも独特の衒学的な表現の多さに、真面目なのかどうか分からなくなります。しかし、最後に進々堂でデートする場面に、二人の恋愛物語であることを思い出させる美しい描写場面でした。出町柳、百万遍、東一条通、銀閣寺、哲学の道、白川通など、出てくる地名、そして時計台、中庭などの懐かしい場所に自分自身の学生時代を重ね合わせて楽しく読みました。

  • 久しぶりに面白いなと思えるほんでした。読んでいて全然退屈でなかったのは久しぶりです。話は良い意味で馬鹿馬鹿しく文章も独特でとても読みやすかったです。あの、京都で起きる不思議な事や雰囲気が堪らなく好きになりました。
    キャラクターも個性的で特にお嬢さんが可愛かったと思いました。

  • 猫のようにするする先行く女の子と、ソレを追いかける男の先輩のお話。


    アニメ化された「四畳半神話大系」を見て、とても面白かったので、1度は読んでみたいと思っていた作品でした。
    ちょっとレトロな感じだとか、時折ぶっ飛んだファンタジー要素がある所だとか、ふわふわと浮いていたモノがいつの間にか全部繋がっている所だとか――…何はともあれ、とても面白かったです。

    男性視点、女性視点で描かれて行くのですが、その掛け合いがまた面白かったです。
    良い感じにすれ違う二人。けれど、少しずつ距離を縮めて行く様にドキドキしました。
    彼らの――いや、主人公は『彼女』でしたね――彼女らの周りを取り巻く、個性的な人々も素敵でした。
    あ、神様もいらっしゃいましたね。(と、私は本当に神様だと思っているのですが……)

    風邪の神様の所で、まさか一周回り回って最初に戻ってしまうのかとハラハラも致しました。無限ループ的な。
    しかし、ソレもまた面白かろうに。

    一部の噂で、この作者さんの著書は繋がっていると聞きました。
    他の作品の舞台設定が同じだったりするのだと。
    ぜひとも、他作品も読み漁りたいものです。

全2168件中 1 - 25件を表示

夜は短し歩けよ乙女に関連する談話室の質問

夜は短し歩けよ乙女に関連するまとめ

夜は短し歩けよ乙女を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜は短し歩けよ乙女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜は短し歩けよ乙女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜は短し歩けよ乙女の作品紹介

私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。

夜は短し歩けよ乙女の文庫

夜は短し歩けよ乙女のKindle版

ツイートする