つくもがみ貸します

  • 1348人登録
  • 3.53評価
    • (98)
    • (218)
    • (369)
    • (25)
    • (4)
  • 245レビュー
著者 : 畠中恵
  • 角川書店 (2007年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048737869

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

つくもがみ貸しますの感想・レビュー・書評

  • 図書館で畠中さんのどれから読もうか迷いましたが、かわいい表紙なのでこれに決めました。
    つくもがみってなんだろうと思いましたが、表紙のイラストもあり、とてもキュートな神様に思えました。
    キュートな神様達と若くして店を切り盛りする姉と弟が、問題を解決していく心温まるお話です。
    道具を大切にして、つくもがみの声が聞けるようがんばろう!
    さて次どれ読もうかな。

  • しっかり者の中の良い兄弟が商う、
    古道具屋兼損料屋。
    ここに住まう、つくも神たちと様々な騒動に
    巻き込まれ、解決していく。
    恋の話も絡んで・・・清次とお紅・・・二人の運命は?
    江戸の生活・・・ものを貸し借りする商売について、
    知ることができ、かつ、楽しめました。
    つくも神の面々が結構ヌけてるところがよろしい(^^♪

  • 好き。
    付喪神たちと損料屋出雲屋の二人の話。

    5編の短編。
    通して、お紅と清次に関係のあった
    佐太郎の行方を探す。

    上野の広徳寺が出てくる。
    出雲屋は深川で
    多分若旦那の店は日本橋だろうから
    もしかしたら、お互いに出てくるかも、出てきてるかも。

    カバー取ったところの
    お紅と清次が利休鼠にメッてやってるとこが可愛い。

  •  ものを大切にする江戸時代。100年使われると“つくも神”になるのです。何でも貸出すお店の中にはただものではないモノが混じっているのです。楽しく読める妖かしのお話です。
    (カウンター担当/のらぱんだ)平成29年8月の特集「涼を感じる本」

  • 江戸時代のこういう町人の登場する話は大体好き。昔といえば昔だけど、祖父母のさらに上の世代と考えると、そんなに想像もできないような昔でもないような気がする。石油を原料とする化学工業の発展で、日本人の生活はものすごく変わってしまったが、それ以前は、自然から手に入るものを上手に使った生活があった。その世界になんとなく憧れがある。タイムマシンがあれば行って覗いてみたい。

    畠中恵の本は初めて。この作品は、筋はシンプルだが、つくもがみという妖に語らせて筋を展開させたり、時間を行ったり来たりさせたり、構成に工夫が凝らしてある。ちょっと読むのに時間がかかった。その工夫が成功しているかと言われると、まあ、そうね、という感じかな。どうもお紅と清次の気持ちの書き方が、ほんの少し趣味が合わない気がした。つまらなかったとは言わないけど。賞もたくさん取ってる作家だから、きっと面白い作品も多いんだろう。また別のも読んでみよう。

  • お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟二人で切り盛りする、小さなお店「出雲屋」。鍋、釜、布団にふんどしまで、何でも貸し出す出雲屋ですが、よそにはないような、ちょっと妙な品も混じっているようで…。彼らは、生まれて百年を経て、つくもがみという妖怪に化した古道具。気位も高く、いたずら好きでおせっかいな妖怪たちは、今日もせっせと、出雲屋を引っ掻き回すのでありました。ほろりと切なく、ふんわり暖かい。畠中ワールド、待望の最新作

  • 付喪神となった品々を貸し出す損料屋が舞台のほのぼのとしたファンタジー作品。
    主人公が幸せになって、良かったです。

  •  鍋、釜、ふとんなど、何でも貸し出す損料屋を商うお紅と清次の姉弟。その出雲屋にある品の多くが、100年使われて付喪神となった古道具たち。
     貸し出された先で見聞きしたことを、帰って来た付喪神たちが噂話し、それを聞いた清次は推理を巡らせます。

    ------------------------------------------------------------------

     しゃばけシリーズは、鳴家や屏風のぞき、貧乏神など様々な種類の妖怪や神様が出て来たけれど、こちらはほぼ付喪神のみ。
     そして、しゃばけと決定的に違うのは、清次たちと付喪神たちがまったく打ち解けていないこと。
     付喪神たちは出雲屋で好き勝手に噂話をし、清次たちが話し掛けたら口を噤むといった具合。
     清次も、己の都合のいいように、付喪神を様々なところに貸し出します。

     この、打ち解けてない感じが、何かモヤモヤ…。
     しゃばけで、妖たちと若だんながあまりにも仲良しだったから。

     あと、清次もそうだけれど、お紅のキャラがあんまり好きじゃない…。
     何か2人の関係性も、何かモヤモヤ…。

     しゃばけが好き過ぎたから、こっちを読むと、何かもよっとする。

  • つくも神と清次たちのやり取りが面白く、軽い読み物として良かった。
    シリーズも一通り読んでみたい。

  •  江戸は深川、小さな古道具屋兼損料屋「出雲屋」を切り盛りする姉弟、お紅と清次。
     若き二人の許に次々と舞い込む、珍妙奇妙な出来事。
     店の道具に宿る付喪神たちに振り回され、助けられ、姉弟は事件解決に奔走する。
     花のお江戸を舞台としたほのぼのファンタジックな謎解き物であるが、一方で、血のつながらない姉弟の心の通い合いを描く恋物語でもある。
     連作形態の構成で、短編ごとに題名に合った伝統色の表紙を挿み込む遊び心も楽しい。

  • 品物を貸し出す損料屋を営む義姉弟。
    付喪神達の力を借りて謎を解く。
    あっさり風味。

    【図書館・再読・7/7読了】

  • 畠中恵ワールドはやはりこうでなくちゃ(笑)
    お目付け役のいない小店版しゃばけといった感じ。
    お紅と清次の恋の行方が気になります(*´∀`)
    清次頑張れ(笑)

  • 義姉弟、つくもがみ

  • 江戸の古道具屋兼損料屋の姉弟と、古道具についている妖、つくもがみたちの物語。
    つくもがみのやり取りがくすっと笑える。

    C0093

  • 何か話の流れが不自然なような気がしていまいち入り込めなかったかな…。

  • 表紙のつくもがみのイラストが可愛らしいので、子供向けかと思って読まなかったんだけど、違った(^_^;)しゃばけシリーズとはまた違ったお話しで、面白かった。

  • おもしろかった。
    このシリーズあれば読みたい。

  • お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟2人が切り盛りする小さな店「出雲屋」。
    鍋、釜、布団と何でも貸し出す店ですが、よそにはない奇妙な品も混じっているよう。
    それらは、生まれて百年を経て、つくもがみという妖怪に化した古道具。
    気位高く、いたずら好きでおせっかい、退屈をもてあました噂超大好きの妖たちが、貸し出された先々で拾ってくる騒動ときたら…!
    ほろりと切なく、ふんわり暖かい、極上畠中ワールド、ここにあり。

    姉弟とはいいつつも血のつながらない2人の恋心にもおもわずにんまりです。ww

  • 古道具屋兼損料屋の出雲屋を舞台に描かれる5篇の連作短編集。
    しゃばけシリーズとは違った趣があってこちらも面白いですね。
    気位が高くて人とは言葉を交わさないという信条を掲げているのに、お紅と清次が関わる出来事には興味津々の付喪神達。
    噂話に花を咲かせてかしましい姿やツンデレっぷりがどうにも可愛い(笑)
    新米が入ってきたり、他所にいる付喪神を出雲屋に迎えようと思案を巡らせたり。
    縺れて玉になってしまっている縁の糸をほどき、お紅と清次の恋模様も良い形に向かったようで、大団円のラストで読後感も良いです。
    続編も楽しみです。

  • 清次さん、よかったねぇ。
    お紅さん、待ったねぇ。

  • 社会福祉学科 4年

    私はこの作者が大好きで
    特にこの本は何度も読みました。

    この本は、江戸時代を舞台にしていますが
    登場人物の悩みや思いが
    今の私たちに似ていると感じます。

    そのため、つい共感しながら読んでいます。


    資料ID: W0140985
    分類記号: 913.6||H 41
    配架場所: 本館1F電動書架C

  • ほのぼのしつつも、先が気になりページが進む畠中ワールド全開
    でありました。

    付喪神のみなさんがヤリ手でステキだった。
    畠中さんちの妖怪は結構みなさん、お節介で世話好き噂好き、ちょっとどころでなくお人好し~な感じがするな笑。

    付喪神が出てくる話は、ほのぼのしか読んだことがないけど、
    室町お伽草紙なんかには、粗末に扱った持ち主をさらっては
    切り刻む恐ろしい酒池肉林話があるそうだから、怖いものみたさでちょっと
    読んでみたいかも。

  • 江戸は深川、お紅と清次、血の繋がらない姉弟二人で切り盛りする小さな古道具屋兼損料屋、「出雲屋」。
    調度品から小物類、鍋、釜、布団から果てはふんどしまで何でも貸し出すのが損料屋ですが、このお店(たな)には他所ではちょっと見られない、妙な品も混じっている様子……。その妙な品というのは、生まれて百年を経て付喪神という妖怪に化した古道具たち。
    気位が高いくせにお喋りな上いたずら大好きでおせっかいな付喪神たちは、今日もせっせと、貸し出されては行く先々で色々な噂を仕入れ、お紅と清次、そして周囲の人々を引っ掻き回すのでありました。
    でも、そんな騒動の中に、お紅の探す『蘇芳』という名の香炉が見え隠れして――?

    付喪神たちが巻き起こすちょっとした騒動。
    他所様の揉め事に進んで首を突っ込んでは引っ掻き回す付喪神。他人に言うにいえない(だってまさか付喪神がやったんですなんて言えないし)そんな騒動の火消しに追われるお紅と清次。
    そんな騒がしさの中に見え隠れするお江戸の人情にほろり。お紅と清次の微妙な恋にやきもき。そして最後にはほっこり心が温まるお江戸妖怪ファンタジー。

    人気シリーズ『しゃばけ』とはまた違ったお江戸もの。妖怪もの。
    畑中先生の描く妖怪は湿気っぽいところが全然なくてさっぱりしてます。妖怪にも江戸っ子気質ってあるんでしょうか。

  • 時代物ホラー・ファンタジー短編5編連作集。江戸の片隅で、親を亡くしたお紅を叔父の養子である清次が助け二人で切り盛りする古道具屋・損料屋出雲屋。鍋釜、布団にふんどしまで、何でも貸し出す店ですが、ちょっと妙な品も混じっているようで…。彼らは、生まれて百年を経て妖しの力を携えた、つくもがみという妖怪に化した古道具。その古道具を貸し出した先で情報を集めたり幽霊騒動を収めたり…。紅に惚れた大店跡継ぎ佐太郎とお紅を姉さんと呼ぶ義弟清次の恋模様を絡めて進行します。貸し出され付喪神達の仕入れた情報の会話が面白い。

    しゃばけシリーズは未読ですが、畠中ファンタジー面白いですね!5編は、利休鼠・裏葉柳・秘色・似せ紫・蘇芳。《裏葉柳》が構成に凝っていて良かった。ほのぼのし表紙が好みならお勧めします。次巻『つくもがみ、遊ぼうよ』

  • 江戸時代、今で言うレンタル店のような店にいる古道具たち。百年以上経ってつくも神となり、噂話に花を咲かせます。
    店の主である男女二人にはお構いなしで、あれこれとしゃべる様子は、とてもコミカルで楽しいです。
    ただ、人間とは口を利かないので、お互いさりげなく頼みごとを話の中に紛れさせたり、それとなく意思疎通を行っていたりします。
    やがて、つくも神をあちこちに貸すことによって頼まれごとを解決するようになるのですが、話の最後まで蘇芳という人物を引っ張ります。
    いったい主とどんな関係にあるのかが少しずつつくも神たちの話からわかっていくのです。
    それが気になって、結構一気に読んでしまいました。
    後味も悪くなく、どちらかというとほのぼのとしていて、時代物らしからぬ読みやすさでした。

全245件中 1 - 25件を表示

つくもがみ貸しますを本棚に「読みたい」で登録しているひと

つくもがみ貸しますを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つくもがみ貸しますの文庫

ツイートする