もえない―Incombustibles

  • 694人登録
  • 3.24評価
    • (29)
    • (94)
    • (216)
    • (45)
    • (6)
  • 161レビュー
著者 : 森博嗣
制作 : ささき すばる 
  • 角川書店 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738163

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
桜庭 一樹
森 博嗣
有効な右矢印 無効な右矢印

もえない―Incombustiblesの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.8.2
    後半急に話が急に動き出して、ズルい展開。

  • 【あらすじ】
    クラスメイトの杉山が死に、僕の名前の「FUCHITA」を彫り込んだ金属片と手紙を残していった。手紙には「友人の姫野に、山岸小夜子という女と関わらないよう伝えてほしい」という伝言が。
    しかし、山岸もまた死んでいるらしい。不可解な事件に否応なく巻き込まれていく僕は、ある時期から自分の記憶がひどく曖昧なことに気づく。
    そして、今度は、僕の目前で殺人が──。

    【感想】
    この本は図書館で借りたんだけれど、初めは今一つこの小説が何をテーマにした内容なのか、そして何が起きているのかもよくわからなかった。でも、読み進めていくうちに、だんだんと謎がひとつ、またひとつと増えていき、主人公と姫野がいろんなひとと関わり、その謎を解き明かしていく。そしてその謎が実は、主人公にも関係しているというところが面白かった。森博嗣の作品は、シリーズものでもそうでなくても、出てくる登場人物がみな個性的で、よくこれほどまでに何人もの個性あふれる人物を思い描けるよなあ、と感心させられた。

  • うーん、わたしが今まで読んだ
    森博嗣とはひと味違う。
    ちょっと読みにくかったかな。
    読み終えてみれば、表題が
    なるほど「もえない」か、と。

  • 同級生の遺骨と一緒に燃え残ったものが主人公のもとへくる。
    こういう雰囲気好き。
    C0093

  • 同級生が死んだ。その棺の中には主人公の名前が刻まれた金属プレートが残されていた。そこから徐々に明らかになっていく隠された真実~みたいな話。

    初めて森さんの本を読んでみた。テンポのいい会話が始まると情景描写がなくなるからちょっとわかりづらくなったりする。男子高校生の理性寄りの思考は面白かった。
    不必要な登場人物や出来事が多いので途中までは何だか淡々と話が進む。事件が起きるのは中盤以降かな?ミステリという感じではない。だけど犯人はわからなかった~。
    読後感はそんなによくないかな。でも文章が読みやすいので別の作品も読んでみたいと思いました。

  • 表紙に惹かれて図書館で借りてみました。

    どういう方向に行くのか
    途中まで?でしたが、急に解決方向に行くので
    あっという間に読み終えてしまいました。

    主人公の記憶が戻らなければ
    成立しない物語ですが、あれ犯人そっち?みたいに
    裏切られておもしろかったです。

  • 『割れたり壊れたりしたものも元には戻らない。倒れたものが自然に立つこともない。死ぬというのは、宇宙の原則から見れば安定した形なのだ。』

    『神と悪魔の違いが、ただの人間にどうしてわかるだろう。信仰っていうやつは、そこが一番不思議なところだと思う。たぶん、信じてしまったら、そちらが神様で、もう片方が悪魔なるんだろう。』

    『大人になったら、仕事の話か、家族の話か、子供のことか、そんな話題になるのだろうか。少なくとも、うちへ来る大人たちが話しているのは、そんなことばかりだ。』

    『何がそんなに良いのか、今のところまったく理解できない。酒も煙草も、それができる、という状況自体が対人的に優位なものである、と僕たちの世代の一部は勘違いしている節もある。』

    『普通に生活するってことは、こんなときどきの、小さな泡のような気持ちの反発を無視し続けていることだ、とたまに気づく。気づくだけ。掠り傷みたいな細かい跡が、透明だった眼球のレンズを曇らせるだろう。もっと見えなくなれば、もっと楽になれる、そう予感するのだ。大人はみんな目が曇っているから、あんなに毎日きちんと働ける。きっとそうにちがいない。』

    「きっと、あの花が駄目なんだね ー 恐ろしいわ」
    「花がですか?」
    「ええ…、そう。植物の中で、花ほど不気味なものって、ないでしょう?」

    『彼が言っていることは、とても正しい、と思えた。しかも、わざわざ正しいことを、言葉にすると汚くなることを、口にしてくれるのが彼らしいともいえる。』

    『墓が沢山あっても、ここに死んだ人間が眠っているわけではない、ということを、当時の僕はもう知っていた。ただ、生きている人間がここへ来て、地獄か天国に通じているかもしれないインターフォンのボタン押すだけだ。たぶん、ベルは鳴っていない。もうとっくの昔にコードは断線してしまっている。そんなシステムではないだろうか。』

    『たしかに、命なんて大したものではない、と言う気もする。知らないうちに、べつに願ってもいないのに、頼んでもいないのに、この世に生まれていたのだ。寿命で枯れてしまうのも、雑草が人間に引き抜かれるのも、ほんのちょっとの差かもしれない。人間自体が地球の雑草みたいなものだ。どうせ、いつかは滅んでしまうのだから。』

    『人間って、そんな風にできているのだ。どんなに悲惨なことがあっても生きていけるように、精神が鈍感にデザインされているのだ。』

    『たしかに、それは気持ちが悪いイメージだ。
    けれど、植物が気持ちが悪いわけでもなく、土に埋まった死体が気持ちが悪いわけでもない。それらを結びつける人間の思考が気持ち悪いのだ。』

    「結局、残るのは、名前だけってことだよ ー 人間が死んでも、名前は残る」
    「名前が残ったら、思い出してもらえるもんね」
    「そう、名前は燃えない」

  • 爽やかさとミステリらしさが、バランスよく駆け抜ける。押問答のようなやりとりは、登場人物の世代が変わっても一緒。青春の要素もたっぷりで、軽く読むことができる。

  • 久しぶりに森さんが読みたくなり
    表装が可愛かったので読んでみた作品

    半分位まで淡々(ダラダラ)と話が続き
    いきなり「え?」って展開になり
    最後は「何だったんだ…?」って感じで終わりました

    例えば天使か悪魔かって話とか最後のもえない話とか
    そう言う考え方があるのか、なるほどね
    と思える所は新鮮だったし好きだけど
    どうもはっきりしないで終わった所が多くてモヤモヤ

  • 高校生が主人公のミステリー小説。ちょっとした日常に起きそうな話だった。

全161件中 1 - 10件を表示

もえない―Incombustiblesに関連する談話室の質問

もえない―Incombustiblesを本棚に登録しているひと

もえない―Incombustiblesを本棚に「読みたい」で登録しているひと

もえない―Incombustiblesを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

もえない―Incombustiblesを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

もえない―Incombustiblesを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする