エクサバイト

  • 198人登録
  • 3.25評価
    • (13)
    • (27)
    • (54)
    • (11)
    • (7)
  • 44レビュー
著者 : 服部真澄
  • 角川書店 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738224

エクサバイトの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • つかみがうまい小説だと思った。プロローグでぐっと引き込まれる。眼球だけが動かせる意識のある寝たきりの老人。周りの人は植物状態だと思い込んでいる。ありあまる時間。これからどうなるのだろう。
    2025年、記録媒体の小型化により情報の先進国では、頭部の前面に1カラット大のカメラを装着する人が増え、画像データは体内に埋め込まれた端末に記録されていく。耳にも音声の振動を拾うための機器が挿入される。これらの機器はヴィジブル・ユニットと呼ばれた。これを利用した番組のプロデューサーのナカジ(鈴木央児)が主人公。そのナカジの前にエクサバイト商會のローレン・リナ・バーク会長が現れ、ヴィジブル・ユニットを利用した世界史の編纂という壮大なビジネスプランを提示する。
    一方、ヴィジブル・ユニットのメーカー、グラフィコムは国防省との関係が取り沙汰されているデルリンクをその前身とし、ヴィジブル・ユニットの真の目的はという話が一方で明らかになってくる。プロローグとの関係が明かされないまま物語はドンドン進みストーリーに引き込まれる。

  • 車にドライブレコーダーが付いただけでも、嫌だったのに

    こんな時代が来たら、

    アタマおかしくなりそう

  • 残念ながら文も内容も好みではない。あとテクノロジ知らない感が耐えられず

  • 図書館より。
    目にしたものをすべて記録できるユニットが普及した近未来の小説。

    世界観の説明部分はこんな未来もあるのかなと興味深く読めましたが、何分ボリュームがあるので、話が動き出すのが遅いなあと感じてしまいました。

    後半から話は一気に動き出しかなり壮大な話へとなっていきます。これはすごい話になりそうだ、と思ったのですが、話が終息していくとともに期待していたより尻すぼみになってしまった気がします。せっかく大きく広げた風呂敷をあわてて小ぢんまりと畳んでしまったような気がしました。

    発想がとても面白かったので後半の壮大な計画をもっと煮詰めて読ませてほしかったな、と思いました。

  • 目に映ったもの全てを常に保存しておけるデバイスを、誰もが着けている近未来の話。そのデバイスでの歴史を作る大それた商売をからめて、なにやら複雑な展開があるものの、わりと小さくまとまった、そんな話。

  • 読了。アニメ化するとイケルかも…

  • 近未来、自分の記録を残していく機械の話。
    15テラバイトで全部収まるみたいな設定。

  • 現在とあまりに地続きすぎて 近未来のワクワク感がない
    前半は世界観の説明文が多すぎ ある程度は必要だろうが
    もうちょっと筋に練り込んでくれればな
    伏線部分がバレバレなので 後半の種明かしも とくに

    著者が描く2025年には いまだブローニーフィルムが生産されているようで これだけはうれしい限り

  • 過去を詳細に記録しようとすると、どんなことが起こるのかを想像力豊かに描いてくれた。

  • 近未来に起こってもおかしくないかなという感じ。
    人間の見たものをすべて記録媒体に残しておけることが、これだけ恐ろしいことだとは、ちょっと思いもよらなかった。
    忘れることができることに感謝。

全44件中 1 - 10件を表示

服部真澄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エクサバイトを本棚に「読みたい」で登録しているひと

エクサバイトを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エクサバイトを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エクサバイトの作品紹介

次世代メディア"ユニット"によって、一躍、時代の寵児となった映像プロデューサー・ナカジ。彼に持ちかけられた新ビジネスは、歴史を一変させてしまうような壮大なプロジェクトだった。だがそこには、恐るべき罠が待ち受けていた…。服部真澄の真骨頂、最先端情報小説の傑作。

エクサバイトの文庫

ツイートする