ブクログ大賞

ラブコメ今昔

  • 6888人登録
  • 3.92評価
    • (878)
    • (1155)
    • (916)
    • (85)
    • (12)
  • 917レビュー
著者 : 有川浩
制作 : 徒花 スクモ 
  • 角川グループパブリッシング (2008年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048738507

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ラブコメ今昔の感想・レビュー・書評

  • 有川さんらしい自衛隊関わる幸せ感じるラブコメディー❤
    どの話もいとおしいです

  • 短編なので読みやすい。
    けど、ちょっと物足りないかなぁ。
    もう少し先が読みたくなる感じ。
    長編でべったり甘いのが読みたくなるなぁ。


    突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様のナレソメ」。双方一歩もひかない攻防戦の行方は?(『ラブコメ今昔』)。出張中新幹線の中で釣り上げた、超かわいい年下の彼は自衛官。遠距離も恋する二人にはトキメキの促進剤。けれど…(『軍事とオタクと彼』)。「広報官には女たらしが向いている」と言われつつも彼女のいない政屋一尉が、仕事先で出会ったいい感じの女子。だが現場はトラブル続きで…(『広報官、走る!』)。旦那がかっこいいのはいいことだ。旦那がモテるのもまあまあ赦せる。しかし今度ばかりは洒落にならない事態が(『青い衝撃』)。よりによって上官の愛娘と恋に落ちてしまった俺。彼女への思いは真剣なのに、最後の一歩が踏み出せない(『秘め事』)。「ラブコメ今昔」では攻めに回った元気自衛官、千尋ちゃんも自分の恋はいっこうにままならず…(『ダンディ・ライオン―またはラブコメ今昔イマドキ編』)。

  • 読み始めたときに、自衛隊の専門用語みたいなのが出てきて読みづらいかな、と思ったけれど5ページくらい読んだところでページをめくる手が止まらなくなりました(笑)私は漫画でも小説でもどちらかというと恋愛もの(特にドロドロしたもの)を苦手とするんですが有川さんの恋愛小説は安心して読めます。そしてものすごく胸がキュンとするものばかりで青春してる気分になります。あと、この作品で自衛隊に対する見方が変わって、もっと自衛隊に関心を持ってみようと思いました。

  • 自衛隊員と彼等に関わる人々の恋愛模様を描いた作品。どの作品も甘みのあるものだが、そのなかで好きだった作品は軍事とオタクと彼である。自衛隊員が戦隊もののTVの心配を彼女にしている様子の一方、彼女は、自衛隊員の無事を心配している様子が伝わり、軍事に赴くことの意味、大切性を感じる。秘め事では、自衛隊員の娘と部下の自衛隊員が付き合い、結婚までの葛藤、父親の心配、一種の優しさが感じられ、娘と部下が結婚でき、式では号泣する父親らしさも感じ、良かった。最初と最後の話がリンクしていて、2人に幸せになって欲しいと思う。

  • 配置場所:広呉図書1F
    資料ID:93086583
    請求記号:913.6||A

  • 自衛隊ラブコメ短編集。オリジナルの短編だと、キャラの立ち上がりが少し遅いかな? 主人公に馴染んだ頃に物語が終わってしまうので、物足りなさが残る。

  • 甘い甘い甘すぎるっ

  • 特に印象に残ったものが「青い衝動」。
    ブルーインパルスの隊員が美人なファンに囲まれて、疑心暗鬼になる物語。

    戦闘機乗りの夫が妻に惚れ、結婚した理由に、思わず「そういう事なんだよ!」と、立場や職業は自分と違うけれど同調しました。

  • 『図書館戦争』に「ラブが苦手な人はご遠慮下さい」みたいなことが書いてあったから敬遠してたんだが、面白い!
    帯の「ベタ甘」って文句がピッタリ!
    確かに超ベタ!けどやっぱベタはいいよ!

  • こんな恋愛がしたいです!

  • ベタ甘!!
    しかしそれがいい‼

  • 2016年1月17日(日)

  • できるもんならポンポンこんな恋してみてえなあと、面白くもあり辛くもある。

  • 自衛隊もの好きの私にはニヤニヤのしっぱなしでした( ̄∀ ̄)

  • 【選書者コメント】胸キュンしたいときは有川浩を読みましょう。
    [請求記号]9100:2683

  • 2015.10.26

    久しぶりの有川浩さんのベタ甘恋愛短編小説。
    はぁ〜胸がキュンキュンします。期待を裏切らない甘さ!
    少女漫画好きにはたまらない!
    こういうお話が嫌いな女子っているんでしょうか。

    ただ甘いという話だけではなく、それぞれの主人公が自衛隊という職柄、恋愛の障害となるスパイス的な部分があるのもまたより一層甘さを引き立ててます。
    あーいいなーこんな恋愛の始まり方!

    『秘め事』の、主人公の同僚の結婚式シーンで書かれていたお決まりのスピーチのフレーズだという
    「どんなケンカをしても翌日の朝には必ず笑顔で送り出してあげてください。いつ、いかなるときにいかなる事態に陥るのか分からないのが我々自衛官です。いざというときにお互い悔いを残さないためにもケンカは翌日に持ち越さない。これだけはよろしくお願いします」
    に、自衛官だけじゃなく、警察官も消防士も、もちろん他の職業の人も、みんなに当てはまることだよね…としみじみ納得させられました。

    今日笑顔で会話を交わした人と、明日も同じように会えるとは限らないんだなと思うと、もう少し自分のことだけじゃなく、人に優しく生きないとな…と反省。

  • 自衛隊ラブコメ第二弾。
    今回もキュンキュンさせてもらうぞーって読み進めました。
    やっぱり1番は秘め事ですね。
    上官の娘とバレないようにお付き合いって、このネタはズルイっす。(♡´艸`)
    もっと自衛隊ラブコメ読みたいなぁ。
    第三弾もでないかなー。

  • 有川浩さんが大大好きで
    また何か新作ないかなあって思っても
    最近出版されていない
    全部読んだと思ったら
    これだけ読み残していた
    まあ自衛隊への考えは色々あるでしょうが
    ラブコメとして楽しませてもらいました
    もう読むものがない
    早く新作を!
    ≪ お気に入り 作家の新作 待ちわびる ≫ 

  • 恋愛テーマの短編集。

    自衛隊三部作より先に、手軽に読めそうなこちらを読みました。
    それぞれの話を楽しむのに支障はありませんが、
    自衛隊三部作(の塩の街を除く)の彼らの後日談にあたる話もあるので、先にそちらを読んでから読めばよかったと思います。

    自衛隊三部作を読む→ちょっと別のもの読む→ラブコメ今昔を読む
    の流れだと、少し時間が経って彼らはこう落ち着いたんだねーみたいな気持ちになれるかも。

  • しかしまあ有川浩のおかげで自衛隊がかなり好印象になっちゃいますわね。
    アタクシくらいの年代だとバカな学校教師たちにイかれた教育をされてきたものですから天皇制やら自衛隊やらかなり悪として洗脳されてきた方も多いでしょうしね。
    アタクシは結構若いうちに洗脳が解けた方ですけど、いまだ抜けきらない人も多いからなあ。
    そんな中で好印象に書かれた自衛隊に甘々恋愛にコメディー。
    逆に自衛隊大丈夫か?となりそうなくらい(笑)
    いや、それくらいでバランスいいんでしょう。
    そんな中でも厳しい部分もちゃんと突いてくる。
    見事です。

  • 自衛隊が舞台のラブストーリー!
    というか、ラブコメディ!
    短編で読みやすい
    青い衝撃

    秘め事
    が特に◎

  • 読みやすく、自衛隊に好感を持てた。
    女子っぽいキュンとする恋の話

  • ”「自衛官はいつ有事が発生するかまったく分からない職業です。
    そんなときに自分の家が気にかかるようでは、国防の任は果たせません。
    -朝我が身に何かあったとしても、妻が家庭を守ってくれるという信頼があってこそ、我々はどんな任務にも赴ける。
    妻は自衛官のお父上の教育もあったかもしれませんが、そうした意味で非常に信頼のおける女性だと思いました。」”

    二十数年つれそった妻に関するインタビューで自衛官が答えた言葉。
    短編集の一冊ですが、この夫婦の話が好きです。

全917件中 1 - 25件を表示

ラブコメ今昔に関連するまとめ

ラブコメ今昔を本棚に登録しているひと

ラブコメ今昔を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラブコメ今昔を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブコメ今昔を本棚に「積読」で登録しているひと

ラブコメ今昔の作品紹介

突っ走り系広報自衛官の女子が鬼の上官に情報開示を迫るのは、「奥様のナレソメ」。双方一歩もひかない攻防戦の行方は?(『ラブコメ今昔』)。出張中新幹線の中で釣り上げた、超かわいい年下の彼は自衛官。遠距離も恋する二人にはトキメキの促進剤。けれど…(『軍事とオタクと彼』)。「広報官には女たらしが向いている」と言われつつも彼女のいない政屋一尉が、仕事先で出会ったいい感じの女子。だが現場はトラブル続きで…(『広報官、走る!』)。旦那がかっこいいのはいいことだ。旦那がモテるのもまあまあ赦せる。しかし今度ばかりは洒落にならない事態が(『青い衝撃』)。よりによって上官の愛娘と恋に落ちてしまった俺。彼女への思いは真剣なのに、最後の一歩が踏み出せない(『秘め事』)。「ラブコメ今昔」では攻めに回った元気自衛官、千尋ちゃんも自分の恋はいっこうにままならず…(『ダンディ・ライオン-またはラブコメ今昔イマドキ編』)。

ラブコメ今昔のペーパーバック

ツイートする