あなたの獣

  • 191人登録
  • 2.97評価
    • (6)
    • (19)
    • (58)
    • (20)
    • (7)
  • 56レビュー
著者 : 井上荒野
  • 角川グループパブリッシング (2008年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739016

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
天童 荒太
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
角田 光代
川上 未映子
東野 圭吾
島本 理生
川上 未映子
角田 光代
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
井上 荒野
井上 荒野
有川 浩
井上 荒野
村上 春樹
三浦 しをん
東野 圭吾
桜庭 一樹
伊坂 幸太郎
川上 弘美
井上 荒野
井上 荒野
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

あなたの獣の感想・レビュー・書評

  • 櫻田哲生の生涯。10章。最初そのことに気がつかず「なんじゃこりゃ…」と思ったけど、4か5章あたりで「櫻田」が出てると知り帯を見てなるほどなぁ…と読み返しました。(もっと早く気つけよ!)荒野さんの作品はホラーじゃないけど恋愛ものでもホラーに感じる時がある。静かで不穏でハラハラする。幽霊みたい。

    砂・飴・桜・窓・石・南・祭・海・声・骨

    時系列がバラバラなので一度読んでから「飴」→「窓」→「南」…とか読んでいけば、雰囲気が変わると思う。(気力がなくって読めなかったけど)

    村上春樹っぽい空気で、奈央子、昌、璃子との3人の女性が入れ替わり立ち代わり出入りして、本当に他人の人生をチラッとのぞいているみたいだった。

    璃子が絡む話が好きで「窓」と「南」がむちゃくちゃよかった。「声」や「骨」は気が触れてしまったのかと勘違いしたし狂気じみていて少しこわかった。タイトルがどうして『あなたの獣』なのかわからなかった…。

    短編は面白いけど物足りない。長編は気が張る気力が必要…。けど短編でも長編でも、細かい場面のなめらかな描写が良くって荒野さんの作品好きだなと思う。

  • 「あなたの獣」。タイトルが素敵ではないか。

    助詞「の」は、並列の「の」と捉えて、「あなたという獣」(つまり、あなた=獣)と解釈できる。または「あなたの中の獣」くらいの。

    表題と、表紙の色が好きだなあ。(中身いっさい関係ないw)

  • ひとりの男をめぐる連作短編集。かさついているようでどこか粘ついた、こちらが不安になるような文体に、思わず引き込まれる。

  • いつも感じる、ドロッとしてるけどサッパリ感。
    井上さんの本を読むとちょっと大人になれた気がするw
    今回のは背景の時期が前後左右してちょっと難しかった。。

  • 一人の男としての様々な女性遍歴を時系列を入れ替えながら語った短編集。

    妻も子供もいるのにどうして男の人って浮気するんだろう。
    過去に付き合っていた女の人と、いつでも関係を復活できるってよく盲目的に信じられるな、とは私は日ごろ思っています。

    男性と女性の脳の違いかなー。
    男の人って身勝手だなと感じました。

  • 構成がすばらしい!面白かったー!

  • 井上さんの本、もういいや~と思いつつ、また読んでしまった。

  • 「あなたは、いつも、どこにもいなかった」

    自分を自分でもわからなかった櫻田の女たちとの一生。

    小学生のときの音楽の先生。
    劇団で知り合った昌。
    妻の奈央子と息子。
    ずっと思っていた璃子。
    自称女優の女。

    空っぽな男は何を考えているかわからなくて魅力的よりも不気味。

    はじめ短篇かと思ったら違っていて櫻田の一生だった)^o^(

  • 短編集かと思ったら櫻田さんの一生が描かれていた。じめっとした話が多くてどうも好きじゃない。

  • 櫻田の生涯に関わる10の物語。あまり共感できないし、曖昧な部分も多いのだけれど、だからこそ気づいたことがある。こんな男は確かに存在するのだ。自分が櫻田ではないことを願って止まない。

  • すげぇな。この、なんとも言えないもやもや感。なにものなんだ、櫻田さん。

  • 短編集だと思い読み始めたら、半分あたりで1人の男性について書かれていることに気がつきました。うっすらとリンクをはったテクニックはすごいと思いましたが、一体何を伝えたいのかが判らず、全てが曖昧のうちに終わってしまったのが残念でした。
    さらに、主人公の男性の魅力が全く理解出来ず、彼を取り巻く女性達が右往左往している様が不思議でした。

  • ふわふわした男の、三人の女との関わり(恋愛とはいえない)を通して語られる半生。確かなことは何も語られていないように感じる。
    読み返すことがあるのか微妙。

  • 切羽へはわりと好きだったんだけどな…。

    こちらの作品はなんかぐだぐだでした。
    カバーのはだいろみたいな色が綺麗でタイトルも好きなんだけど…。
    一人の男の愛に生き、死んでいく一生の物語。
    川上弘美さんのニシノユキヒコの話しみたいなかんじ。ニシノユキヒコはおもしろいけどこれは微妙。残念でした。

  • 櫻田と、櫻田を取り巻く女たちをめぐる短編集。短いので、次々読めちゃうんだけど、なんだか、さっぱり、よくわからない感じ。

  • 短編集。
    イマイチで途中挫折。

  • 短編か? と思いながら読み始めたら、話がつながっているよう。
    でも、難解なのかよくわからず。
    好きな人をずっと見ていたいという気持はわからないでもないが、度を過ぎるとちょっとね〜。

  • なんかこの…読んでも読んでも、というか読むほどに人物像が指の間からこぼれる砂のようにつかみどころがなくなっていく浮遊感、というのは前にも読んだことがあるなあと思いながら読んでたんですが。
    思い出した、このひとの「潤一」だ。
    そして潤一のときよりさらにとっちらかった感があるというか、すでに女性たちの方もちっとも掴めなくなってしまったな…。哲生の自閉した世界に、するりと寄り添い入ってしまった「声」なんかもう、どうすればいいのだろう。
    「潤一」の時は流され感がどうとか書いてた気がするんですけど、櫻田哲生は流されているようで、でも流れの中で独り目を瞑ってその場に茫と立ち尽くしているようで、ただもう一貫としない据わりの悪さしかない。
    読み終わった後に何も残さない、その徹底した不確かさだけが強烈なひとりの人間の人生の物語。

  • 悪い人じゃないんだけどずるずるした男の連作短編。
    イライラした。自分も持ってるような飽きっぽくてズボラなところを見せられたような。
    この人に係わった女の人たちえらい。

  • ゆらゆらと漂う男がどこか幽霊のように感じ、取り巻く女達は一見普通に見えつつも不安定な狂気を感じさせる。緩やかで巧妙なこの時間軸の中で徐々に垣間見える人物たちの心情や距離、面白かった。
    「飴」「祭」「声」「骨」が好き。

  • 私はもっと入り込めるお話が好きなんだなぁと思った。現実に起きそうな、でも起きなさそうな。まぁ、それって私の気分とか状況にものすごく左右されるんだろうけど。

  • 私的、濃厚、耽美な世界。『朗読者』の前半が好きな人は好みだと思います。

  • この本を読んでいると
    私は結構
    しっかり地に足付けて生きているんだな…と
    褒めてやりたくなる。(笑)

  • 情念がじわじわと身体の奥へ奥へ侵食されていく。手の先、足の末端が冷えていく。そう、怖いのだ。どの章をとってもひややかで、愛情はどこにも熱さを持っていないようで怖くなる。ゾクゾクする。女にもてたかったら、謎の男になればいいとか、直球を投げかけてくる。普通、愛情はひとりで育てるものではないかもしれないが、ここには((わたし))しかいない。情をつきつめるとそうなるのと語られているようだ。だから怖いのだ。

全56件中 1 - 25件を表示

あなたの獣を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたの獣の作品紹介

恋を拒んで、愛を乞うた-。櫻田哲生の生涯から切り出された、10の物語。

あなたの獣はこんな本です

あなたの獣のKindle版

ツイートする