黄金旋律 旅立ちの荒野 (カドカワ銀のさじシリーズ)

  • 156人登録
  • 3.77評価
    • (18)
    • (24)
    • (22)
    • (6)
    • (0)
  • 30レビュー
著者 : 村山早紀
制作 : 片山 若子 
  • 角川グループパブリッシング (2008年12月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739061

黄金旋律 旅立ちの荒野 (カドカワ銀のさじシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『コンビニたそがれ堂』の村山早紀さんの作品にして
    しかも表紙では、少年の肩の上で翼の生えた猫がこちらを見ている、となると
    これはもう、読まずにはいられません♪

    さあ!いざファンタジーの大空へ! と高揚して読み始めると、
    大好きな兄が事故死して以来、歯車が狂い始めた家族を
    必死の笑顔で支えてきた少年 臨が背負う、あまりにも重苦しい現実に
    空に向かって羽ばたいていた気持ちが急降下して
    地表どころか地底のマグマにまでめり込みそうになってしまうけれど

    そんな第一章に耐えたあなたには、その先に

    冷凍睡眠で辿り着く数百年後の未来、
    「頭のねじが一本足りてない」ドジぶりが可愛い看護師ロボットのひまわりさん、
    子どもの入院患者を慰めるために作られた大きなくま型ロボットのテディ、
    愛する者を守るためにサーベルタイガーに変身する少年 ソウタ、
    そして♪銀色の体に渦巻き模様の縞、背には黒い翼を生やした猫のアルファが

    心躍る冒険の気配を漂わせて、待っています!

    心優しいけれどひ弱で、現実世界では臨に守られるばかりだったのに、
    冷凍睡眠で臨を生き永らえさせるために、血の滲むような努力をして医者となり
    心を込めた立体映像の手紙を遺した従兄弟の優、

    魔物が徘徊する世界を旅して、散り散りになって生き延びた人間のため、
    「旅の記者」として新しい地図を描き続けた風野老人など

    臨とソウタを支える人々も、もちろん素敵で

    夢の中で臨が出会った「赤い魔女のハルシャ」との再会は訪れるのか、
    現実世界で優が読んでいた本『黄金旋律』と、ふたりの冒険はどう関わってくるのか
    いくつもの謎を残して閉じられる、序章の物語。

    発行からそろそろ4年が経つようなので、ぜひぜひ続きを書いていただきたいものです♪

  • 【あらすじ】
    医者を夢見る少年・臨は、数百年後の廃墟と化した病院で目が覚めた。ファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのような未来に戸惑いながらも、優しい看護師ロボットたちと共に生活をはじめる。しかし人との触れあいを求め病院を飛び出した臨は、地図にない街に手紙を届ける野性的な少年・ソウタと、どこか懐かしさを感じさせる黒い翼のはえた猫のアルファと出会い…!?希望の旋律が暗闇に光を照らす子供たちの新世紀ストーリー。

    【感想】

  • 何だかすごく胸が苦しくなる物語でした。目が覚めたら、自分の最後の記憶から何百年も先って悲しい。自分だったら生きていけないと思う。臨は強い。みなさんの感想を見るところ、続編ができるかもしれないそうで。でも、ここで終わってもいいかなって思う。

  • 知らなかったが、児童文学の文庫化のよう。内容は、私が子供の頃の児童文学を彷彿とさせる。
    続編が同じレーベルで、ゆっくり発行される模様なので楽しみ。

  • 心が傷ついた少年が目覚め、みんなの思いをしり、前へと歩き始める物語。
    設定がすごい。この後、二人がどうなったのかいろいろ想像がひろがります。

  • 表紙が気になり、手にとってみた。
    いざ読んでみるとなかなか話が重たくて。
    そしてとんでも世界観、先が読めない展開。
    読んでいるうちにこれからどうなっていくんだ、という気持ちに。
    たぶん、この本好きなんでしょうね、私。
    続きまだ出てないんですね。気になる。
    続き待ってます。

  • 荒廃した未来(今からだいたい300年後)の日本を舞台にした壮大なファンタジーです。第一巻なので、ページの大半はキャラクターの説明と物語世界の説明で占められます。
    300年後の世界は、戦争と疫病と彗星衝突のため、壊滅的な打撃を受け、文明は中世のヨーロッパ程度まで退化してます。一方で動物たちはさまざまな進化を遂げ、まるでRPGの世界のような異形の生き物が跋扈してます。主人公は冷凍睡眠によって激動の数百年を生き延びた、ひとりの少年。
    荒廃しきった世界はもちろん、天涯孤独という言葉は彼のためにあるんじゃないかという、冷凍睡眠から目覚めた少年と彼に懐く空飛びネコなど、まずは舞台設定だけでご飯三杯はいけるほど美味しいですね。
    本筋が動き出すのは第二巻以降のようですし、これだけ冒頭部分に重量があるので相当長い物語になりそうですが、まだ続きは発刊されておらず、今後の展開については未知数。

  • やっぱり冒険物語は良い。
    特に子供が主人公のものはやはり面白い。

    それにしても、冒険にでる過程が新しい。
    今まで私が読んだ物語は、今いるところが異世界と繋がってそこに迷い込む…といったものが多かった。
    でも、この作品は未来にいってしまう。しかもタイムスリップではなく冷凍睡眠によって!新しいわ!なんかとてもリアルだわ!

    あぁ、続きが早く読みたい。彼らはこれからどんな冒険をするのか。どんな人たちに出会うのか。楽しみだな〜( ´ ▽ ` )

  • ファンタジー。実は夢オチとか、創造の中の世界、だと思っていたら違うかった。なんだかなぁという感じ。2013/368

  • 医者を夢見る少年-臨は、数百年後の廃墟と化した病院で目が覚めた。ファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのような未来に戸惑いながらも、優しい看護師ロボットたちと共に生活をはじめる。

    第1章の哀しい話に、何処がファンタジー?って不安になりましたが第2章が始まってあぁやっぱりファンタジーだ!っと思いました。ただ、;SFぽいなぁ~っと思いますが……
    臨とソウタ.猫のアルファ.山羊のタロウの旅が始まる。
    続刊はまだでていないですが、作者も書く気満々みたいだし、早く出ると良いなぁ♪

全30件中 1 - 10件を表示

村山早紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
荻原 規子
荻原 規子
夏川 草介
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

黄金旋律 旅立ちの荒野 (カドカワ銀のさじシリーズ)に関連する談話室の質問

黄金旋律 旅立ちの荒野 (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黄金旋律 旅立ちの荒野 (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黄金旋律 旅立ちの荒野 (カドカワ銀のさじシリーズ)の作品紹介

医者を夢見る少年・臨は、数百年後の廃墟と化した病院で目が覚めた。ファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのような未来に戸惑いながらも、優しい看護師ロボットたちと共に生活をはじめる。しかし人との触れあいを求め病院を飛び出した臨は、地図にない街に手紙を届ける野性的な少年・ソウタと、どこか懐かしさを感じさせる黒い翼のはえた猫のアルファと出会い…!?希望の旋律が暗闇に光を照らす子供たちの新世紀ストーリー。

黄金旋律 旅立ちの荒野 (カドカワ銀のさじシリーズ)はこんな本です

ツイートする