咲くや、この花 左近の桜

  • 678人登録
  • 3.58評価
    • (65)
    • (80)
    • (143)
    • (20)
    • (5)
  • 100レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 角川グループパブリッシング (2009年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739238

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
有川 浩
長野 まゆみ
有川 浩
森見 登美彦
長野まゆみ
梨木 香歩
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
三浦 しをん
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有川 浩
長野 まゆみ
森見 登美彦
長野 まゆみ
長野 まゆみ
森見 登美彦
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印

咲くや、この花 左近の桜の感想・レビュー・書評

  • 男同士が忍び会う宿「左近」の長男・桜蔵は何故か妖かしのものを惹き付けてしまう体質にある。その妖かしのものはいつも男で、桜蔵との関係を求める。
    12話ある話は全てパターンが決まっており、桜蔵が妖かしのものに会い、不思議な世界に迷い混み、直接表現はないが体を求められ…そうこうしてるうちに目が覚めて現実に戻り~という感じ。読みながら少々飽きてしまった。文章は綺麗で好きなんですけどね…。
    この本の前に「左近の桜」という本が出版されているらしいので、前作も機会があれば読んでみたい。
    しかし、名前が覚え辛いです。桜蔵(さくら)、柾(まさき)、千菊(ちあき)、弥(はるや)などなど。

  • 左近の桜シリーズ第2作。と知らずに2巻目から参戦。主人公・桜蔵が様々な人外の妖しに好かれ、誘惑され、現世と異世界を期せずして行き着することになる。
    BL要素満載。出てくる妖しは魅惑的で積極的、現世の男性も女性も不敵な笑みを蓄えるような影ある人物ばっかり、当の桜蔵本人も「いやだ」と嫌がる(喜ぶ?)素振りを見せるツンデレ系の色男だし。なんかもう。

    時代背景・情景とも、昭和初期のクラシカルな雰囲気には引き込まれた。個人的にはストーリーより雰囲気が楽しめる作品でした。

  • 桜蔵の学習しないっぷりが可愛いです。

  • 「左近の桜」の続編。
    桜蔵が高校3年になり、大学受験を突破し、高校を卒業するまでの12編。相変わらずいろんな妖しいものに好かれてます。

    もう慣れてしまったし、
    それでも褪せない世界観がすきすぎるけれど、
    やっぱりこの言葉遣いの変わり様は残念すぎる…

    正直、長野さんに、そんな読みやすさ・わかりやすさなんて求めてないんだ…!

    まあ、
    それでも、
    やっぱりこの独特の世界には酔いしれてしまうんですけれども!

    もうこの巻は、柾の思惑にニヤリとするしかありません。

    無自覚で鈍感な桜蔵の翻弄されっぷりには食傷気味ですが、
    柾がただの脇役なわけがないと思っていたら案の定。
    光源氏計画かよコノヤロー!笑

    しかし、こうなると真也ちゃんの存在意義とかどうなんでしょうかね…
    遠子さんや葉子さん的な感じになるのかなやっぱり…

    長野作品では、出てくる男性陣の艶と偏りは言わずもがな、
    女性陣の無頓着さと寛大さ(と言っていいのものか)も浮世離れしてるよなあとしみじみ思います。

    続きが出るとしても、
    そろそろ桜蔵の不憫なパターンには飽きてきたのだが、
    桜蔵と柾の人物設定がすきなので、
    今後のあれこれは気になるなあと思いつつ、
    それやってしまうと一般文芸書で出していいのか、
    いやでも長野さんだから許されるかもしれんという、
    いろんな意味での不安感と期待感でいっぱいな読後感でした。

  • 左近の桜シリーズいいですね・・・
    桜蔵が、なんかもう、思わず、頑張れ!といってしまいたくなる感じでしたが・・・
    本気で嫌ならもうちょっと抵抗すればいいのに、とは思うものの、あれがこの物語の重要な要素なんだろうな、とも思うので、まあ、それはそれで・・・
    ただ、前作と続けて読んでいて思うのは、
    桜蔵は柾さんのことが好きなのでしょうか・・・?
    ちょっとところどころ引っかかります。

    物語的には前のほうがすきなのですが、今回も柾さんがかっこよかったので、よかったかな、と。
    あと、千菊が可愛かった。

  • 柾さん素敵すぎる・・・!!

  • こんかいもよかった~

    けど全体的には1のほうが断然好き

    「ヒマワリ」が印象的

  • 左近の桜の2作目。作中の時間はゆったりと流れているものの、学習しない桜蔵くんは相変わらず、人外の男に好かれていて、何をされちゃってもそれを受け流しているふうで、だから魔性というんだよ、君は、と読んでいて生ぬるい視線を主人公に浮かべる私がいる。

    この物語に登場する人たちは、人と人外が生きる世界の境に生きているようで、けれど欲望の在処は生々しい、んだけれども、生々しさを感じさせないのは、長野さんの筆致のせいだろう。

    最後、義理のお父さんとの今後の関係を(作中の人物で、主人公が執着を見せている男は彼一人である)におわせているが、桜蔵くんは彼と関係をもっても、ふつうに女の子とつきあっていくんだろうなあ、とぼんやり思った。

    こんなの絶対おかしいよ、という眠りと眠りの間に見るはかない夢のような話ではあるが、長野まゆみテイストが好きな方は抵抗なく受け入れられるお話なのではないか。

  • 桜蔵(さくら)、という名付けが長野さんらしい。ルビ無しだと読めそうで読めない? いや、読めなさそうで読める??
    何しろお父さんが素敵。でもお近づきにはなりたくない(まず相手にされないだろうけど(笑))。
    そして千菊ちゃんが可愛い。凛一シリーズの正午ちゃんを彷彿とさせますね。

  • p102
    「実を云えば、あんたが来るのを待ってたんだ。死人と情事ができる女ってのを。」




    読んでいて次第に桜蔵が男である事を忘れてしまいそうになりました。
    なんか行動とかが特徴だって男っぽく思えないんだよなぁ…。
    一人称「おれ」の「男」と思ってる女みたいな…それが狙いなのかどうなのか。
    そういえば桜蔵は「女」と言われて「女じゃない」ちゃんとした否定をしてたっけ?
    …昔読んだ何かの本に、『官能小説には情事に辿り着くまでの"過程"が大切』と書かれていたんですがらしいです。女性向け作品は特にその2人の関係性が重要視されるようで。この本はまさに"過程"を楽しむ話ではないかと思いました。

  • 桜蔵にまつわる謎?が少しずつほの見えてきた。
    マネキンの悲哀が悲しい「灰かぶり」、桜蔵の謎につながる「桜守」が特に好き。

  • 高校3年の桜蔵の1年間。左近の桜の続編。

    前作より異界との境が曖昧になっているような、いかにも長野まゆみ作品。
    章タイトルの言葉だけでも楽しい。

  • 長野まゆみの耽美系の雰囲気がとても好きだ。
    何年か前に初めてこのシリーズ読んだ時は、ハードカバーで買ったほどなんかピンと来ない本だったな……と置きっぱなしだったんですが、久しぶりに読んでみたら面白い。深読みができるようになったからかしら。あちこちもう耽美過ぎて……ほんと綺麗で美しい世界。

    最後の柾とのやりとりですべて持っていかれました。義理の父、ってところから予想はできていたけども。光源氏計画に納得ですね。長野まゆみ作品にでてくるソッチの気がある『叔父』やら『義兄』やら『義父』やらはオイシイ……

    これ続編出ますかね???
    あれで終わりでもいいけど、もう少し深められる気もする……

    桜生は桜蔵の母(義理)の義兄(義理叔父)で本当の父親で、桜蔵の父(柾)とそーいう仲だったわけかな…??紛らわしい!!つまり産みの父(ちょっと語弊あるけど)と育ての父がデキてたのかな!!

    こういう禁断ぽいけど合法な長野まゆみの男達がたまらない……

    長野まゆみブーム……次は何を再読しようかなー

  • 前作の方が好きだったかな。12章の短編集で話の展開も早いしちょっと追いつかない感じがした。結局知りたい事は柾のいつものはぐらかしで謎のまま。何だかスッキリしない。

  • 『左近の桜』の続編ですが桜蔵が前作よりも妖が身近に感じられるようになっている気がします。
    相変わらずこの世以外の男に好かれていますが以前よりも精神的に強くなって成長しているように思えました。流されてもへこたれないと言おうかスルーする能力が上がったと言いましょうか…。
    だた、話の展開が同じパターンのものが多くやや退屈になってしまいました。最後の話で親子関係が新たなステージに突入するような風でしたのでまだ続くのでしょうか。

  • 続編だって知らないで借りてしまいました。これの前も読んでみようかな。

    とても妖しいんだけど、すごく美しい情景が目に浮かぶ本でした。ストーリー展開は割とどの話も同じ感じだけど、雰囲気がとても好きでした。

  • 『咲くや、この花』の続編。12章からなる短編で、春から翌冬までの一年、それぞれの月になぞらえている。それが最後の部分に生きている。今作は、ある意味、覚醒と旅立ちの物語。桜蔵に関しては、前作より合点承知という感じになってきていて少しずつ変わっていってる。いよいよ高校を卒業する桜蔵。父親役の柾との関係にも変化が訪れそうな予感。たった一文で、人物の関係、情景、雰囲気が目の前にパーッと広がっていき、実際にその場に「いる」と感じさせるのはさすが。ノスタルジックで、危うくて、匂い立つようで美しい雰囲気を堪能したい。

  • 大学受験を控えた主人公の男の子が、この世のものではない様々な「男」に襲われ続ける連作短編集。気になっていた作家だったので、図書館で目に止まったものを借りてきたのだが、男色系ラノベとでも言うべきか…。

    主人公の名前からして「桜蔵」と書いて「さくら」と読ませる、和風キラキラネーム。現実と異世界とが入り交じる設定はおもしろいけれど、思わせ振りな妖しさを仕掛けながらも、キレイな言葉を散りばめて表面的な雰囲気を繕っている感があって、深みは感じられなかった。10代20代くらいに読んでいたら、楽しめたかな。

  •  最後の一文が何だか意味ありげ・・・。この続きは、ないの?

  • 不思議な話。
    最後、実家の部屋を弟に明け渡した後は、こうくるか。

  • これ続編だったんですね。
    知らずにこっちから読み始めましたが、不思議な物語に憑りつかれ、気になりませんでした。

    男が男を連れ込む宿に住む左近桜蔵。黒面(クロツラ)退治の代償に、この世ならぬ者に体を任せる試練を受ける。

    かなりぶっちゃけて言えば、男なのに男の人に抱かれます。と言ってもきわどい表現はありませんので、苦手な方でも大丈夫です。

    むしろ耽美な雰囲気が漂い、うっとりとしてしまいました。

    しかし、父親から親戚からなにから皆男が男を抱くことに違和感を持たないのは逆にこっちが違和感をもちました。それを気にしたらどうしようもないのかな。

  • 『左近の桜』の続編。益々、もののけ色が強くなってました。いつそっちの世界に行ったのかわからなくなる。

  • 浜尾さんが出てこないのは残念であったがしかしまあ襲われ率10割、でも最後の終わり方が最高に好みだった。この締め方は大好きだ。
    装丁は文庫版よりも断然こちらの望月さんの装画の方が好き。

  • 長野まゆみだな。

    こういうのも好きだ。

    桜蔵いい。

  • なんだかんだで嫌がってないとこがね・・・。

全100件中 1 - 25件を表示

咲くや、この花 左近の桜を本棚に登録しているひと

咲くや、この花 左近の桜を本棚に「読みたい」で登録しているひと

咲くや、この花 左近の桜を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

咲くや、この花 左近の桜を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

咲くや、この花 左近の桜を本棚に「積読」で登録しているひと

咲くや、この花 左近の桜の文庫

咲くや、この花 左近の桜のKindle版

ツイートする