エ/ン/ジ/ン

  • 128人登録
  • 3.03評価
    • (2)
    • (15)
    • (37)
    • (11)
    • (3)
  • 36レビュー
著者 : 中島京子
  • 角川グループパブリッシング (2009年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739306

エ/ン/ジ/ンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 厭人家だった父がどんな人だったのか?人づてに出てくるエピソードは思いもしないように転がる。わざわざ話題にしたこともないけどもしかしたらうちだって…と思ってみたり。いるのが当たり前で若いときのエピソードなんて興味もないけど、いざいなくなった時思い出す記憶があるとないとじゃ違うんだろうなぁ…と我が身を振り返ってみたり。

  • この作者の本を読むのは、初めて。
    話の中心の蔵橋親子が、スゴくフワッとした雰囲気で、「よしもとばなな」の小説の登場人物を思い出させる。
    でも、ストーリーはもっと現実的で、ミライのために隆一がテキパキとナゾ を追い求めていく。
    語りを小説家にさせているので、たまに“誰が話してる??”って思う箇所があって、少し混乱したけど面白かった。
    たしかに「エンジン」が厭人だとは想像もしなかった!

  • タイトル見て「読みたい」「読みたい」と思っていて、やっと読めた。
    思ってたより深いし重い。
    でも、根底にある純粋なやさしさに救われた。

  • 不思議な物語です。ストーリーは、村上春樹の「羊をめぐる冒険」に雰囲気が似ています。また、私だけかもしれませんが、読んでいてぞっとする場面がいくつかありました。その点では、浦沢直樹の「MONSTER」にも少しだけ似ているような気がします。
    ただし、ラストはなぜか涙が出ます。結局人間は、良くも悪くも人と人とのつながりの中で生きているんだなあと感じさせられます。

  •  ヒーロー、大学闘争、ベトナム戦争、ラブ&ピース、反戦。
     その頃を背景に母と父、自分の出生を探す。
     会話は多いが行動は少ない、行動場面は極力描かずいきなり次場面。
     激動の60~70年代と恋愛模様。
     前々から思ってたけど、この時代を描いた事で尚更に女村上春樹っぽさが出てた。

  • よくわからなかった。
    ただ、家族との思い出は、絶対必要というのでは無いかもしれないが、豊かなものだ。

  • 70年代が懐かしい人向き。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/10551282.html

  • 本当にありそうな、でもなさそうな
    不思議な話だったな。

  • この作者の描く話は、今いる人たちが昔の誰かを探し、調べるというつくりになっていることが多いみたいだ。
    調べたからと言って何かが劇的に変わるわけでもなく、でも調べなかったらこの今はないだろうという「今」がいい感じだ。

  • また真実の家族を探す話なのーう?…と思いつつ読みだしました。

    真実(への道)は、たらいまわしにされて、いま視点人物が誰なのかわからなくなってくる。でもまあ、すべて「わたし」による語りなのだから、仕方ないのかな(…ふつうの小説だってそうなはずだよね?)。

    わかったよなわからぬよなラスト、野生時代感ない(知らないくせに)。カタルシスどばどばー、じゃないのね。

    94、出た、「中野ブロードウェイ」。この方ってこんなに固有名詞を使っていた覚えなくて、ちょっとびっくり。
    108「男性作家の好む『長いお別れ』式の一人称文体は、わたしのような女の書き手にはなかなか馴染まないものだ。女が語るときには注意が必要だ。女が語るものを読むときにも。」ここで思い出す江國&綿矢。はーい、気を付けます。
    285「(…)音が聞こえた。/扉が開いた。/男が一人、(…)」そうそう、これ、この改行タメが読みたかったのよ!!最近みんなもったいぶってくれないから!
    310「三人は」でお母さん正気を取り戻してるんだね。だからなにって(「もったいぶって」は)書かれないけど。
    314「一瞬、この目の前の男のしゃべったことを、なぜ信じなければならないのだろうという思いが、(…)押し寄せてきたのだ。」これは(この本にかぎらず)すべて読書にも共通すること。同時に、彼女のいう「女が語るとき」でもあって(「わたし」、作者中島、とこれだけでも二重だものね)。

全36件中 1 - 10件を表示

中島京子の作品

エ/ン/ジ/ンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エ/ン/ジ/ンの作品紹介

身に覚えのない幼稚園の同窓会の招待状を受け取った、葛見隆一。仕事と恋人を失い、長い人生の休暇にさしかかった隆一は、会場でミライと出逢う。ミライは、人嫌いだったという父親の行方を捜していた。手がかりは「厭人」「ゴリ」、二つのあだ名だけ。痕跡を追い始めた隆一の前に、次々と不思議な人物が現れる。記憶の彼方から浮かび上がる、父の消えた70年代。キューブリック、ベトナム戦争、米軍住宅、そして、特撮ヒーロー番組"宇宙猿人ゴリ"-。

ツイートする