インスタント沼

  • 140人登録
  • 3.73評価
    • (20)
    • (19)
    • (16)
    • (6)
    • (3)
  • 23レビュー
著者 : 三木聡
制作 : 逆柱 いみり 
  • 角川グループパブリッシング (2009年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739429

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

インスタント沼の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何年か前にDVDを見たんだけど、本があったとは知らなかった。
    映像よりこっちの方が面白かった。
    まあ、映像のイメージがあるからなのかもしれないけど。
    くだらなさの中にちょっとだけグッとくることがある、
    いいなあ、三木聡作品。

  • 映画を観てから読み始め。

    監督が書いているので映画ほぼまんま。
    映画共々大好き。

    ガスが好き。
    ぜひハナメとラブを!

  • 内容がないよう。


    映画の台本、として読むべきであったのかもしれない。

  • 麻生久美子目当てで鑑賞

    イン・ザ・プール、亀は意外と速く泳ぐはわりと好きなのだが、この作品の暴走具合にはついていけず
    ラスト、麻生久美子が大声でセリフを言うシーンは正直観てられなかった
    なんとなくサムイ感じがしてしまって
    脈絡があるんだかないんだか、ゆる〜い邦画が好きな人は楽しんで観れるのでは

  • 〈内容〉まさにドロ沼。沈みっぱなしのジリ貧OLにとてつもない幸せがやってきた。ミョーな雑学と生きるヒントがいっぱい!

  • 沈丁花ハナメのじり貧からの再生物語

  • はちゃめちゃな作品w

    ジリ貧のOLが自由気まま(?)に暮らしていく話。

    映画になったけど、映画まだ見てない。
    映像化すると面白いだろうな~って思う。

    ★「世の中の出来事のほとんどは大したことないし、
    人間、泣いてる時間より笑ってる時間の方が圧倒的に長いし、
    一晩寝ればたいていのことは忘れられるのよ!

    とにかく!水道の蛇口をひねれ!
     
    そして、その嘘と意地と見栄で塗り固められた、
    しょうもない日常を洗い流すのだ~」

  • 漫画を読んでるような感覚で1日で読了。この主人公を映画では麻生久美子がやってたのか~。似合ってるなぁ。あの妙に現実離れして淡々としてるけど、でもお茶目な性格が妙にフィットする。色んな大きな波が次々やってくるのにちょっと絶望してすぐ立ち直っちゃうところがとってもポジティブ。加瀬亮も出てるし、DVD観てみよっと。

  • 沈丁花ハナメ、電球おじさん、ガス、市ノ瀬さん

全23件中 1 - 10件を表示

インスタント沼に関連する談話室の質問

インスタント沼を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

インスタント沼を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インスタント沼の作品紹介

まさにドロ沼。沈みっぱなしのジリ貧OLにとてつもない幸せがやってきた。ミョーな雑学と生きるヒントがいっぱい!

インスタント沼はこんな本です

ツイートする