植物図鑑

  • 15950人登録
  • 4.23評価
    • (3089)
    • (2083)
    • (1089)
    • (181)
    • (44)
  • 2527レビュー
著者 : 有川浩
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739481

植物図鑑の感想・レビュー・書評

  • イツキとさやか…いい感じやなぁ~ どっちもいい子やなぁ憧れます。最後戻って来てくれてよかった(^^)

  • 自然な2人のやりとりが甘すぎず読みやすい。
    草花の知識も読むと増えるかも。
    わたし的には好きな作品です。

  • 一番好きで何度も読んでしまう本。
    主人公も物語の雰囲気も全部好き。
    なによりごはんが美味しそう。

  • ただ散歩するだけでこんなにも盛り上がれるなんて羨ましい
    おんなじものにおんなじように感動して盛り上がれるなんて理想の関係
    毎日たのしくてたのしくて!だろうな〜〜イツキ、すてきだな〜

  • 恋愛小説としても、知らなかった世界を知る小説としても楽しめた、色々な楽しみ方ができる話でした。道に生えている植物にあんな料理方法が、と目から鱗で夜中に読んだらおなかがすくことはよくありました。そういえば最近歩いてないな、きづいたり、季節を植物でなく、服装や仕事関係で感じてたな、と思ったりしました。色んなことに気づかされた話しでもありました。恋愛小説としては、最終的にはハッピーエンドでよかったですが、読んでて恥ずかしくなるような描写もいくつかありました。文章で幸せオーラ全開の雰囲気が表現できるのがすごいと思いました。

  • 半分ぐらい読んで、ものすごく雑草の話ばっかりで興味なぁいと思ってたのですが 関係が急展開してから楽しくなりました 笑

    映画も見てみようかな。
    ガンちゃん♪

  • 裏表紙の植物の写真を見ながら読み、楽しみました。登場人物の二人と共に、日々過ごしている錯覚に陥りました。タンポポ料理、食べてみたいです。そして好きな人と一緒に料理してごはんが食べたくなりました。
    心がぽかぽか、きゅんともする作品です。有川さんの魅力を発見できた一冊。

  • ある日、道でイケメンを拾いましたとさ。フィクションなんだから、こんなファンタジーがあってもいいじゃないか!それにしても、有川さんの書く男性主人公は王子様が多すぎる(*˘︶˘*).。.:*♡女子が夢見るようなことばかり言って、過保護なほど大切にしてくれて、、、。現実味がないと一刀両断する人もいるけど、所詮はフィクション小説。夢とロマンを詰め込んで何が悪い!

    この小説のもう一つの主人公が野の草や山菜たち。私も田舎育ちなので、そうそう食べるよね(´艸`)って言うのもあれば、名前も聞いたことない!Σ(|||▽||| )って言うのもあって楽しかったです。小さいころは山菜は全然好きではなかったけど、この本を読んだ今なら、野の草や山菜の深い味わいを感じられるかも。

  •  泣き疲れて死んでしまいたいと思ってもいつか泣きやむしお腹も空くし、トイレにも行きたくなるのだ。失恋なんかじゃ人は死なない。悲しいくらい滑稽に体は生きている。
    (P.277)

  • ありえない設定でありながらも、すごくキュンキュンした。
    お互いが徐々に惹かれ合い、一途に想うのが素敵だなと思った。

  • 有川浩と言えばこれこれ!期待に100%答えるラブコメです。
    自衛隊シリーズしか知りませんでしたが、日常でふんわり育んでいく恋もありですね。
    実際には非日常な日常だとは思いますが…

  • ひとり暮らしのOL×行き倒れのイケメン。家事万能で、食べられる雑草に詳しい謎の男。けれど、癒し系の笑顔で「お帰り、ご飯できてるよ」なんて、仕事頑張ってる女子の夢でしょう。
    映画も評判のようですが、突飛な設定のわりに平板なストーリーをどうやってドラマにしたのか、興味が出てきました。

  • 図書館戦争が面白かったので、映画化もされたし読んでみた。
    うんうん。さやかは高畑充希っぽい。イツキ役の岩田くんは全く知らないので、それっぽいかどうか不明なんだけど、ビジュアル的にはちょっと違うかなぁ。イツキは茶髪って感じじゃないし。
    糖度が高めで、これぞ恋愛小説!って感じ。
    軽く読み進められて、読みやすかった。
    イツキみたいな男の子、どっかに落ちてないでしょうかねぇ。


    ある日、道ばたに落ちていた彼。「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか?咬みません。躾のできたよい子です」「―あらやだ。けっこういい男」楽しくて美味しい道草が、やがて二人の恋になる―。書き下ろし番外編に加え、イツキ特製“道草料理レシピ”も掲載。

  • 恋がしたくなる。好きな人と一緒にごはんを食べたくなる。

    イツキがいなくなる場面は何回読んでも泣ける。描写がリアルで切ない。

  • いろいろと草花の名前が出てくるのは楽しくて、ワクワクする。
    子どもの頃は『クレヨン王国』シリーズでワクワクしていた。

    草花の名前を知っていると、すっと力が抜けていいなと思ったことがある。まだ六本木で働いていた頃、日々忙しく悩んでいた時期に満開の桜が恨めしかったのにふと目に止まったオオイヌノフグリは可憐で美しかった。
    そんなことを思い出す。

    ストーリーは穏やかで楽しい。
    主人公と一緒に涙して素直な気持ちで楽しめた一冊。

  • どーやったらこんなイイオトコ拾えるんだよこの野郎。

    イツキ、ヘタレでチキンでどうしようもないけど最高だよ!!!!しかし、いくらなんでもサヤカのこと放っておきすぎじゃない?私だったら無理だわあ(おこがましい妄想)
    いなくなった時や番外編のカーテンコールは泣ける。ってか、めっちゃ泣いた。
    確か、図書館シリーズの文庫に、この夫婦の子どもの番外編があった気がする。その子も植物大好き少年。可愛い←

  • 映画のCMを見て読んでみたくなり手にしてみた。草花のところは読むスピードがかなりスローになったけど2人のこの先が気になり一気読み。恋愛のお話はやっぱりドキドキするなぁ。

  • 凄い読みやすくて、そしてドキドキした。今年の6月に高畑充希主演で映画されるが、彼女があのセリフを言うとなると、ドキドキする。

  • この本を読んでると、すごくご飯が作りたくなります。
    ちゃんと素材を活かす料理が作りたいなぁとおもいました。

  • ベタ甘なので、覚悟して読むこと。
    でも、そのつもりで読んだので、良かった。

    ありえない設定だから、逆にハマって読めたかも。

  • 有川さんとの出会いの作品。この物語を読むと恋がしたくなる。タメになって面白い。最高の作品だ。

  • 拾った男の子が料理上手でとか
    そんなわけあるかー!と思いながらも
    ぐいぐい引き込まれてしまった

  • ごはんがたべたくなる。

  • 映画化するから読んでみた。植物図鑑買って、周りの草花の名前を調べたくなった。

全2527件中 1 - 25件を表示

植物図鑑に関連する談話室の質問

植物図鑑に関連するまとめ

植物図鑑を本棚に「読みたい」で登録しているひと

植物図鑑を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

植物図鑑を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする