RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)

  • 1621人登録
  • 3.95評価
    • (230)
    • (336)
    • (236)
    • (15)
    • (1)
  • 263レビュー
著者 : 荻原規子
制作 : 酒井 駒子 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739528

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 楽しい♪ 
    なんて言ったら、新しい生活のなかであたふたしている泉水子に
    涙目で抗議されそうだけれど

    紀伊の玉倉山を離れ、入学した東京の鳳城学園で巡り会うのは
    下僕らしくない下僕(?!)の深行をはじめ、
    戸隠流忍者の末裔の三つ子、真響と真夏と真澄、
    陰陽師で式神を操る高柳一条など、ひと癖もふた癖もある面々で、
    後半には「影の会長」(この、昔の少女漫画を彷彿とさせる甘美な響き♪)の
    謎めいた穂高先輩まで現れ、ちょうどホグワーツに入学したての頃の
    ハリー・ポッターシリーズのような賑わいに、胸が高鳴ります!

    第1巻ではイマドキの女子高生の中での絶滅危惧種然としていた泉水子が
    神霊と接することのできる少年少女を集めた絶滅危惧種保護施設のような鳳城学園で
    自分の使命をどう受け止め成長していくのか

    ツンデレ(しかもツン95%、デレ5%)下僕の深行が泉水子を
    どんな仏頂面で支えていくのか、期待が高まる第2巻。

  • だんだん話が面白くなってきました。
    玉倉神社を出て東京の鳳城学園に入学した泉水子。
    深行も一緒の学園生活♪

    泉水子のゆっくりとした成長にがんばれ、がんばれと
    そっと応援しながら読みました。

    いつも必ず何かに巻き込まれるから、なんかハラハラしながら
    読んでいたら、今回は高柳&式神戦でした。
    宗田真響・真夏・真澄がカッコよくて(特に真澄!)
    もうアニメが楽しみ~(´w`*)

    あとアニメで楽しみなのは雪政の若さや美貌も楽しみ。
    雪政胡散臭いけど、事に介入すると事態が好転するのは
    さすがだな…と思いました。

    影の生徒会長・穂高も登場し、この先どうなるの?

    深行のデレもまだまだだし、本当にデレるのか?
    内容も二人のこの先の関係もどうなるのか楽しみです♪
    3巻よーやく♪

  • おおお!!
    ついに来たか、「鳳城学園」
    田舎から、都会に来て不安が沢山あるかと思うけれど、深行くんが何とかやってくれる・・・と思いきや。

    もう、見事に飲み込まれてしまった〝RDGシリーズ〟

    泉水子も新しい友達もできて、ルームメイトの宗田真響(そうだ・まゆら)にその弟・真夏(まなつ)二人兄弟と思いきやの三人目の弟?真澄(ますみ)
    と、ここは複雑で・・・。


    泉水子があと少しで殻を破り、凛々しい泉水子になるのか!

    少し、難しい表現もあり、そこは必死で食らいついたのは余談ですが(-_-メ)


    何かが起こる、〝序章〟のような2巻でした(*^_^*)

    これからどうなっていくか、楽しみ~♪

  • 和泉子がんばれぇぇ!

  • 読み始めたら一気読みしてしまった(笑

    生まれも育ちも個性的な面々が集う鳳城学園。
    それでもそれぞれの根底に流れているのが、
    1本の太い地脈のようなもので、
    誰もが、その支流から育っているような。

    続きが気になる。

  • 宗田姉弟の性格がすごく好み。しかし、主人公あそこまで内気でじめじめしてるのに、周りはキャラ濃いなあ。

  • 途中までアニメで見たかも

  • 一巻がおもしろかったので、続きを借りに図書館へ。

    鳳城学園へ編入していた深行と、入学した泉水子。
    真響・真澄・真夏と出あい、学園には術者・能力者が集められていることを知っていく。

    真夏の考え方っていいなぁ。
    冷静に他者をありのままに見ることって、なかなかできない。
    友達の定義のところでは、考えてしまった。
    誰にどこまで伝えればいいのか?、伝えたものごとの深度により関係性は変わるのか?、私も親しい人にも一線を引くけれど、それはいいことだと感じている。
    同じことを考えていなくても、その場を共有できればいいのだ。
    陰陽師はかっこいいものだと思っていたので、一条の式神のエピソードは怖かった。
    なんだか恋愛要素も出てきて、なおさら楽しみになってきた。
    鳳城の秘密と姫神の言葉には、トンデモ要素があるけれど、まだ楽しんで読める。

  • 鳳城学園の秘密
    鳳城学園に入学した泉水子はルームメイトの宗田真響と親しくなる。真響は生徒会長選を巡って陰陽師家系の高橋一条と激しく反目するが、二人の闘いに泉水子も巻き込まれていく。あるきっかけで、三つ編みをほどいた泉水子に再び姫神が現れ、生徒会長の
    ジーン・仄香、そして初代生徒会長の穂高に見られてしまう。

  • なんかみんな腹に一物抱えすぎていて、こんな高校生活厄介すぎる・・・。真夏君のあけっぴろげな性格が救い。

  • 2014/11/29図書館から借りてきた。
    まだ、続くのか。
    2014/12/4返却。

  • 「そんなことないよ。真夏にあっさり逃げられた上に、泉水子ちゃんまで来ないというなら、私、二階へ行きたくない。今日行かないと、相楽の顔をつぶすことになるけれど、それでもいい?」
    「その言い方、ずるい」
    「あっ、かわいい。泉水子ちゃんがむくれるところって、初めて見た。かわいい」
    2014/11/25-12/03

  • [ 内容 ]
    <1>
    山伏の修験場として世界遺産に認定される、玉倉神社に生まれ育った鈴原泉水子は、宮司を務める祖父と静かな二人暮らしを送っていたが、中学三年になった春、突然東京の高校進学を薦められる。
    しかも、父の友人で後見人の相楽雪政が、山伏として修業を積んできた自分の息子深行を、(下僕として)泉水子に一生付き添わせるという。
    しかし、それは泉水子も知らない、自分の生い立ちや家系に関わる大きな理由があったのだ。
    大人気作家荻原規子の書き下ろす新シリーズ。

    <2>
    神霊の存在や自分の力と向き合うため、生まれ育った紀伊山地の玉倉神社を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。
    学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。
    弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。
    しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。
    生徒たちはある特殊な理由から学園に集められていたのだった…。

    <3>
    学園祭の企画準備で、夏休みに鈴原泉水子たち生徒会執行部は、宗田真響の地元・長野県戸隠で合宿をすることになる。
    初めての経験に胸弾ませる泉水子だったが、合宿では真響の生徒会への思惑がさまざまな悶着を引き起こす。
    そこへ、真響の弟真夏の愛馬が危篤だという報せが…。
    それは、大きな災厄を引き起こす前触れだった。

    <4>
    夏休みも終わり学園に戻った泉水子は、正門でふと違和感を覚えるが、生徒会執行部として学園祭の準備に追われ、すぐに忘れてしまう。
    今年のテーマは戦国学園祭。衣装の着付け講習会で急遽、モデルを務めることになった泉水子に対し、姫神の出現を恐れる深行。
    果たして会終了後、制服に着替えた泉水子はやはり本人ではなく…。
    大人気シリーズ!物語はいよいよ佳境へ。姫神の口から語られる驚くべき事実とは…。

    <5>
    いよいよ始まった“戦国学園祭”。
    泉水子たち執行部は黒子の衣装で裏方に回る。一番の見せ場である八王子城攻めに見立てた合戦ゲーム中、高柳たちが仕掛けた罠に自分がはまってしまったことに気づいた泉水子は、怒りが抑えられなくなる。
    それは、もう誰にも止めることは出来ない事態となって…。
    ついに動き出した泉水子の運命、それは人類のどんな未来へ繋がっているのか。

    <6>
    泉水子は“戦国学園祭”で能力を顕現させた。
    影の生徒会長・村上穂高は、世界遺産候補となる学園トップを泉水子と判定するが、陰陽師を代表する高柳は、異議をとなえる。
    そして、IUCN(国際自然保護連合)は、人間を救済する人間の世界遺産を見つけだすため、泉水子に働きかけ始めた!?
    泉水子と深行は、だれも思いつかない道のりへ踏みだす。
    姫神による人類滅亡の未来を救うことはできるのか―。
    ついにRDGシリーズ、完結。

    [ 目次 ]
    <1>


    <2>


    <3>


    <4>


    <5>


    <6>


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 高校に進学して、本格的に物語が動き出した。
    宗田姉弟のキャラクターがいい!
    それにしても、まだわからないことが色々…。
    登場人物の設定(とくに執行部!)がアニメに合いそうと思うのは現代モノだからか。

  • ラノベが嫌いな図書館のセンセイがオススメしたりしてる。本当はラノベ読んだことないんだろ!

  • 鳳城学園入学。真響ちゃんが完璧すぎるw(弟くんの前だけ泣いちゃうところなんかも含めて)最後はちょっと中途半端に終わったので、早く続きをみなきゃ。

  • テンポよく話が進んで面白い。思春期っぽい甘酸っぱさもあってよかった。

  •  一見当たり前に思える学園生活も、その裏では特殊な能力と一筋縄ではいかない事情を抱えた生徒達が密かに争いを繰り広げていた―

     設定だけ書きだすとどこぞの安っぽいラノベの様だが、作者の書き方のどこがどう違うのかラノベというより良質なファンタジー。主人公が相当内気で引っ込み思案だが、少しずつでも変わろうと努力する姿に好感が持てる。 
     …書きながら思ったのだけど、この主人公像が昨今のラノベではお目にかからないタイプ(イマドキのヒロインはウジウジ悩むよりサッサと行動する)なのでそういった意味合いでも、ラノベとは一線を画していると思う。

  • 高校入学。

    和泉子ちゃんだんだんとイジケル感じがなくなって、頑張らなくちゃと
    行動的になっていく。

    この学園の存在の意味がまだ呑み込めない・・・。

  • ●あらすじ
    シリーズ第2巻。
    1巻の頃は中学生だった主人公が都会の高校に進学するかどうかで揉めたけど、本巻ではすんなり都会の怪しい高校に進学。学園の派閥争いに参加していく。

    真響さん登場。


    ●感想
    真響さんがほんとかわいい。
    主人公は原作だと胸の内を(心の中で)よく話すからアニメより子どもっぽい印象。

  • 再読。三歩進んで二歩下がる。それが二人の恋の進み方。高校生になって、今回は新キャラの紹介巻です。宗田のきょうだいは大好き。最初、真夏くん大好きって、感じだったのに、真澄に全部持っていかれました。高柳も初登場。真澄にボコられたのはお気の毒。後は村上穂高先輩。深行くんってば、余裕な〜い♪自分から突き放したのに。でも、あれも雪政に動揺したというか、泉水子に対してではなかったのかも。芸能に関する諸々も興味深いのでした。個人的にはリカルドの事を真響さんに相談するつもりで深行くん呼び出した泉水子の無意識っぷりが好き。

  • 【図書館本】相変わらずの泉水子にやはり終始イライラしつつ、宗田姉弟に癒された。三人ともいいけど、特に真夏くん。普段はユルユルで、けどやる時にはやる。ああいうキャラは大好物だ(じゅるり)。まさかの雪政再登場には驚いた。 今後どう展開していくか、さらに楽しみになってきた! (泉水子のあの性格さえ改善されていればもっと楽しめただろうに……そこは残念。)

  • 1と間違えて2借りてきちゃった;;
    和宮くんはもう1で出てきてたんだね。
    アニメじゃ結構はしょってたなって印象。

  • 続RDG、高校生になりました。やっぱり変な学校でした。

全263件中 1 - 25件を表示

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)に関連する談話室の質問

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に登録しているひと

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)の作品紹介

神霊の存在や自分の力と向き合うため、生まれ育った紀伊山地の玉倉神社を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。生徒たちはある特殊な理由から学園に集められていたのだった…。

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)はこんな本です

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)のKindle版

RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (カドカワ銀のさじシリーズ)の文庫

ツイートする