雪冤

  • 232人登録
  • 3.28評価
    • (9)
    • (31)
    • (72)
    • (10)
    • (2)
  • 75レビュー
著者 : 大門剛明
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739597

雪冤の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冤罪や死刑制度について考えさせられる作品です

    息子の無実を信じて一人で闘う元弁護士の父親

    先が気になり一気に読みましたが、ラストがなぁ!
    いじり過ぎな感じだし、理解?共感?できないなぁ!
    ちょっと残念です

  • 複雑過ぎ、どんでん返しし過ぎ、文章がくど過ぎ…といまいち好きになれずに読了^^;

  • 2009年度。第29回横溝正史大賞受賞作。
    ミステリーというよりは、横溝というよりは、書きたかった伝えたかったことがあるんだな、って感じ。
    死刑制度の是非。
    そして文章がうまい。比喩がうまい。って、図書館に返してしまったから引用できないのだが。これは私の記憶力のせい。
    この賞ならではの(ミステリーだからね)真相は、え?ってな感じ。ってか、最後のあれが真相なのでしょ? 冤罪で死刑執行される価値なくない?いや、冤罪詩形執行で、価値あるってパターン思いつかないけど。
    坂東眞砂子が審査員のこの頃、彼女の書評を読むのが一番楽しみだった。彼女には、直木賞とった前後の頃の気合の小説を望むわ。長くて読むの大変なんだけどねー、読むわよ。

  • おもしろかったけど、少しやりすぎ感があるかな。読んでてちょっと登場人物の背景が分からなくなったりした。

  • 横溝正史ミステリ大賞+テレビ東京賞受賞作。
    死刑制度をテーマにすえた作品だけど、とにかく濃い。けど重いかと言われると、少し違う気がする。
    2人を殺した罪で死刑判決を受けた息子の冤罪を信じる父親、そして殺された女性の妹の、2人の目線からストーリーは進む。その2人のもとに、真犯人を名乗る人物からの電話が入ることから話が動き出す。
    じゃあ息子の冤罪が晴れるのか(=雪冤)かど思いきや、その息子は話が半分くらい進んだところで死刑執行されてしまうという…。
    とにかく主題は「事件の真相とは?」の一点。ラストの真相が二転三転するところ、もう驚きの連続。言葉は変だけど、”真の真相”にきちんと納得できるのも良い。
    ただ選評で坂東眞砂子氏が書いているように、「登場人物が煩雑すぎて、読み進むうちに誰が誰やらわからなくなってしまうという欠点もある」。特に”やっさん”のとこ。
    けど無駄な人っていうのはいないかな。特に八木沼さんに昔弁護された男に父親を殺された持田君(偽名だけど)は、ストーリーに深みを出してると思う。

  • 著者デビュー作。
    他に「罪火」「氷の秒針」を読みましたが、処女作から犯罪被害者遺族、加害者、加害者家族や時効、冤罪について濃密に書かれています。
    特に今作のメインテーマは死刑制度。
    ミステリ要素もあるので動向も追っていきつつ、死刑制度について考えさせられました。
    登場人物が多かったり、終盤に集約し過ぎていてやや混乱する部分もありますが、なにより優しい話でした。

  • 仮説のどんでん返しは混乱するだけで本筋が頭に入ってこない。

  • 2015.8

  • えーっと。面白いから、結末を知りたくて、斜め読み状態。再読したいと思います。

  • 雪冤

全75件中 1 - 10件を表示

大門剛明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

雪冤を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雪冤を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪冤を本棚に「積読」で登録しているひと

雪冤の作品紹介

平成5年初夏-京都で残虐な事件が発生した。被害者はあおぞら合唱団に所属する長尾靖之と沢井恵美。二人は刃物で刺され、恵美には百箇所以上もの傷が…。容疑者として逮捕されたのは合唱団の指揮者・八木沼慎一だった。慎一は一貫して容疑を否認するも死刑が確定してしまう。だが事件発生から15年後、慎一の手記が公開された直後に事態が急展開する。息子の無実を訴える父、八木沼悦史のもとに、「メロス」と名乗る人物から自首したいと連絡が入り、自分は共犯で真犯人は「ディオニス」だと告白される。果たして「メロス」の目的は?そして「ディオニス」とは?被害者遺族と加害者家族の視点をちりばめ、死刑制度と冤罪という問題に深く踏み込んだ衝撃の社会派ミステリ、ここに誕生!第29回横溝正史ミステリ大賞&テレビ東京賞W受賞作。

ツイートする