サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンド

  • 76人登録
  • 3.97評価
    • (8)
    • (13)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048739610

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンドの感想・レビュー・書評

  • 桜ヶ丘中学サッカー部涼介達が2年生として大会に望む。今回の影の主人公はオッサ。オッサが野球部からサッカー部に移ったことによる出来事が物語の柱となっている。なんかどこかで読んだ話しと似ているなと考えたら帰宅部ボーイズだ。梅木とオッサは野球部やめた後が違っていたが、話の雰囲気が似た感じだった。15を先に読んでしまったが面白く読めた。

  • 不覚にも何回かうるっと来てしまいました・・・
    もし戻ることができるならやはり私も14歳になって
    またサッカーがしたい。何か可能性を見出せる年代なのかなっと
    思います。フィジカル的にも現代のビジネスヒントにもなるものが
    ありました。
     若干ネタバレ(?)かもしれませんが、新人戦ラストのあの場面はやっぱり「エッグ」
    ですね。

  • 自分達の目指すサッカーとは何か?それを問いながらもがきながら見つけていく物語。キャプテン翼張りにそれぞれのキャラが立って、自分にとってさらによいポジションを模索していく。ヨハン・クライフ率いるオランダのように超攻撃的な「トータルフットボール」が彼らにはよく似合う。そういえば私が中学生の時には、このチームのように上手い奴から順番に前だった記憶がある。現在のMF偏重のサッカーに慣れた今ではそれがすごく新鮮に映る。最後はやっぱり「エンジョ~イ、フットボール!」

  • 巻を進めるにつれ面白くなってきた!帯ギュを思い出す。15歳も楽しみ!

  • 夢中で読みました!
    良くんも亮介も、チャラチャラしないところが、いいわ~~♪
    なんて、おばちゃまからの願望視点です(笑)

  • シリーズ3作品目。中学2年になった遼介がサッカーを通して成長していく姿を描く。何という青春。相変わらず最後の盛り上げ方がうまいです。シリーズ3作品読みましたけどどれも読後感がよい感じ。

    (2009年12月読了)

  • 2巻のほうがおもしろかった。

  • シリーズ3作目 遼介はじめメンバーも成長しました。やっぱり応援しちゃいます。変化していく仲間や周囲の状況、なかなか思うようにはいかないけれど、遼介頑張ってるねって声をかけたいな。

  • この人、前作の終りに、ご丁寧に今後の展開こうなったんだぜーを入れてくれてたから、改めて続刊を読んだ時に、違和感があるのです。
    そこが残念。

    それ以外は、大層至極愉快でありました。
    神様視点のさらっとした書き方がどうなんだ?と思った時期もありましたが、ハードボイルドなんです。
    スポーツものだからこその、ハードボイルド。
    頑張れ、少年!!

  • サッカー部の少年たちの青春。ひきこまれながら読みました。
    なんだかアツクなる。

全12件中 1 - 12件を表示

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンドを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンドを本棚に「積読」で登録しているひと

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンドの作品紹介

キーパー経験者のオッサがサッカー部に加入した。が、つまらないミスの連続で、チームメイトに不満が募る。14歳、中学2年生の少年たちは迷いの中にいる。心を揺さぶる、挫折からの再生の物語-。

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンドはこんな本です

サッカーボーイズ 14歳 蝉時雨のグラウンドの文庫

ツイートする