空想オルガン

  • 632人登録
  • 3.78評価
    • (59)
    • (126)
    • (104)
    • (10)
    • (0)
  • 131レビュー
著者 : 初野晴
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048740975

空想オルガンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実写映画の方はダメだったけれど、アニメの出来がすこぶる良く、後追いの形で原作を読んでいるが、ますます面白くなってきた、そして今回はラストでまんまと叙述トリックに騙されてしまった、しかしこれは心地よい驚愕でもある。今回は渡邉の巻だったかな、続編を読みたいがストックしていないので揃えなくては。漫画もあるらしいのでそちらも試してみようかな、こりゃまんまとメディアミックス戦略にハマりそうだ。

  • ハルチカシリーズ 第3弾
    とうとう吹奏楽部のコンクール出場です。
    地区大会 県大会 東海大会と勝ち進み(すごいな)その時々で事件があって、仲間が増えて・・
    まだまだ続いてほしいシリーズです。
    今回の最強キャラはハルタの姉ちゃん!

  • 全日本吹奏楽コンクール高校の部の全国大会の舞台、普門館を目指すチカとハルタをはじめとする静岡県立清水南高等学校吹奏楽部の面々。2年生になったチカたちは、普門館への第一歩を進みます。ハルチカとその仲間たちのコント?も磨きがかかってます。ハルタの新しいアパートの謎には仰天!私もその場で見たかった。姉さん、カッコいいけど、実の姉だと頭痛いかも。清新女子高等学校吹奏楽部、秘密の掟、最後で意味がわかったときには彼女たちの必死さに涙。表題作の空想オルガンの意味を知ると、世の中不条理というか、悪循環を感じて切なくなりました。「上に向かってつまずけば高く飛べるかもしれない。」もっともっとあがけ!吹奏楽部!

  • 吹奏楽の“甲子園”普門館を目指すハルタとチカ。ついに吹奏楽コンクール地区大会が始まった。だが、二人の前に難題がふりかかる。会場で出会った稀少犬の持ち主をめぐる暗号、ハルタの新居候補のアパートにまつわる幽霊の謎、県大会で遭遇したライバル女子校の秘密、そして不思議なオルガンリサイタル…。容姿端麗、頭脳明晰のハルタと、天然少女チカが織りなす迷推理、そしてコンクールの行方は?『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』に続く“ハルチカ”シリーズ第3弾。青春×本格ミステリの決定版。

  • 楽器のオルガンと臓器のオルガンがかかっている。吹奏楽部員とミステリー。こうもりが出てきて自分にとって読みやすかった。

  • ハルチカシリーズ3作目
    県立清水南高・二年生、夏、地区大会→県大会→東海大会でのあれこれ

    空想オルガンは切なかったなぁ…

    (渡邉琢哉:ライター、上条南風(ハルタの姉):一級建築士、トーノ・ナナコ清新女子高校吹奏楽部)

  • 初恋ソムリエの続編。
    相変わらず読みやすい文章で、さらっと読める。
    個人的に読むタイミングが良くなかったのだけれど、京極夏彦を読んだあとだったので、物足りなさを感じた。

    今までずっと、各章の冒頭を除いて一人称で話が進んでいたが、「空想オルガン」では2人の視点で話が進むようになったのは違和感を感じて読みにくく感じた。
    ただ、それも結局は最後の叙述トリックのための演出だったのだろうけど、話の核心ではないので今までのリズムを乱してまでしなくても良いのではないかと感じた。

    ミステリ要素も物足りなくて、アンフェアを感じた。

    印象的な言葉は
    「なんの分野でもそうだが、上達への近道はどれほどの反省と後悔を繰り返すかだと思うよ」

  • 先生の謎は深まるばかり。
    ミステリーも規模が大きい。
    吹奏楽の演奏の中身はほとんど描写されないのね。
    でも人物が面白くて愛さずにいられない。
    毎回毎回ジーンとさせられてしまうし。

  • ハルチカシリーズ第三弾。二年生になった主人公・チカとハルタ、そして吹奏楽部の仲間たちが普門館に向け始動。目指せ!!普門館を合言葉に、今年は小編成のB部門にエントリーできるくらいの部員数になった。
    様々な出来事を経ながら、憧れの普門館に行けるのか、次回作が楽しみです。

全131件中 1 - 10件を表示

初野晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

空想オルガンに関連する談話室の質問

空想オルガンを本棚に「読みたい」で登録しているひと

空想オルガンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

空想オルガンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空想オルガンの作品紹介

吹奏楽の"甲子園"普門館を目指すハルタとチカ。ついに吹奏楽コンクール地区大会が始まった。だが、二人の前に難題がふりかかる。会場で出会った稀少犬の持ち主をめぐる暗号、ハルタの新居候補のアパートにまつわる幽霊の謎、県大会で遭遇したライバル女子校の秘密、そして不思議なオルガンリサイタル…。容姿端麗、頭脳明晰のハルタと、天然少女チカが織りなす迷推理、そしてコンクールの行方は?『退出ゲーム』『初恋ソムリエ』に続く"ハルチカ"シリーズ第3弾。青春×本格ミステリの決定版。

空想オルガンの文庫

ツイートする