お台場アイランドベイビー

  • 265人登録
  • 3.26評価
    • (6)
    • (49)
    • (45)
    • (17)
    • (6)
  • 58レビュー
著者 : 伊与原新
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (462ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741125

お台場アイランドベイビーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 予想外に面白かった。近未来の大地震後。

  • 最近はまっている伊予原新のデビュー作。横溝正史ミステリ大賞受賞作。ミステリ感は少ないけど、どんどんはまる感じがした。最初は読みにくい感じで、やっぱデビュー作だからなーとか思ったけど、中盤から面白くなった。お台場、カジノ、地震。本当にありそうな近未来。巽が死んだのは本当に残念。無国籍の子ども、というのも今まで考えたことがなかった。そういう意味では読めて良かった。結局オオスギは子どもたちを集めて何をしたかったのか。ずっと平和に暮らせると思ってたのか。丈太に乗り移るってのもイマイチ納得できなかった。しかし東京にこんな地震が起こったらほんとおしまいだよな。

  • #読了。第30回横溝正史ミステリ大賞大賞受賞作。首都直下型地震に襲われた東京。震災ストリートチルドレンと呼ばれた無国籍・多国籍子供たちが街から消えた。。4年後、子どもたちは政府により封鎖されたお台場に戻ってきていた。元刑事の巽は少年・丈太に亡くなってしまった息子を重ね、助けるべく奮闘するが。。。読んでいる途中で知ったのだが、震災前に書かれていた本と知って驚いた。リアリティもあり、テンポもよく面白かった。

  • 有りそうで無さそうな設定が読んでいて面白かった、
    ラストの攻防もう少しページをとってもいいなーと思う、前半の内容少し長かった気が知る  
    読むことが面白い本だった。

  • 設定の細やかさに比して、役どころがあまりに勧善懲悪で物足りない。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/7083363.html

  • オオスギのくだりはちょっと残念。そして最後が少し悲しくも心温まる。いい作品でした。この人の作品はほかにも読みたい。

  • 大地震後の近未来を予想する東京お台場でのミステリー。
    親の居ない子供達が廃墟のお台場で生きる。
    そしてそのお台場には、10年計画と称された大掛かりな汚職事件が絡み合っていく。
    途中までは良かったのだが、最後の方はあっさりと終わってしまい、ちょっと尻切れ的な感じは否めない。そんなにミステリーという感じではなかった。

    横溝正史ミステリ大賞受賞作なので、今後の活躍に期待したい。

  • まあまあ

  • 横溝正史ミステリ大賞受賞作ということだけど、
    細かい粗が少し目立ってなかなか物語に集中できず苦労した。

    世界恐慌の末に首都直下型地震で街は荒廃し、治安は劇的に悪化、
    国土復興協力隊なる擬似武装軍隊が警戒活動をするという
    首都東京を荒れ果てたディストピアとして
    舞台設定しているはずなのに、
    派手な宝石品を身につけた太いオバさんが
    高級スーパーに洋服を着せた犬のペットをつれてきて、
    子供に犬の洋服を脱がされたことに怒って
    警察呼ぶわよと叫ぶという平時の苦笑すべき光景で始まっていて、
    荒廃したイメージなのか、今とそんなに変わらない状況なのか、
    ここで描かれている東京をどうイメージしていいのか戸惑う。
    やたら「壊滅」という単語が出てくるのに、
    普通の生活の様子もあって
    最後までどういう世界を想像していいかわからなかった。

    テーマが盛り込みすぎて、焦点がぼけていた感じも残念。
    地震の危険性と震災後の東京、子供を亡くした父親の苦悩、
    在日外国人・無国籍児などの国籍問題、
    大規模開発を巡る疑獄事件、アナーキズムと理想郷国家建設、
    動物関連・・・。
    やたらといろんな要素があって、ごった煮の状況で
    変なお腹いっぱい感になってしまっていた。

  • ミステリ大賞受賞作、ということで期待して読んだ。
    お台場付近を震源とする地震で、お台場は崩壊、閉鎖された。
    東京のそこかしこに危険地帯が出来、スラム化している。
    そんな中、元刑事で今はヤクザの手伝いをしている巽丑寅(たつみうしとら)は動物の気持ちがわかるという少年・丈太と出会う。
    丈太に亡き息子を重ねて見ている巽は、別の組のヤクザに追われている丈太を助けたことにより巨大な陰謀に立ち向かうことになる。

    細かいところまで凝っていて面白かった。
    地震の被害を調べている学者先生がいい味を出していた。
    ダーウェイかっこよかった。

全58件中 1 - 10件を表示

伊与原新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
道尾 秀介
冲方 丁
綾辻 行人
東野 圭吾
東野 圭吾
有川 浩
湊 かなえ
有川 浩
辻村 深月
伊坂 幸太郎
有川 浩
伊坂 幸太郎
池井戸 潤
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
貴志 祐介
湊 かなえ
東野 圭吾
三浦 しをん
沼田 まほかる
伊坂 幸太郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

お台場アイランドベイビーを本棚に「読みたい」で登録しているひと

お台場アイランドベイビーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

お台場アイランドベイビーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お台場アイランドベイビーを本棚に「積読」で登録しているひと

お台場アイランドベイビーの作品紹介

東京を壊滅寸前まで追いやった大震災から4年後、息子を喪った刑事くずれのヤクザ巽丑寅は、不思議な魅力を持った少年、丈太と出会う。彼の背後に浮かび上がるいくつもの謎-消えていく子供たち、埋蔵金伝説、姿なきアナーキスト、不気味に姿を変えつつあるこの街-すべての鍵は封鎖された「島」、お台場に-!?震えるほどリアルな「明日」の世界に、守るべきもののため全力で挑む人々の姿を描いた、フルスケールの感動ミステリ!第30回横溝正史ミステリ大賞受賞作。

お台場アイランドベイビーのKindle版

お台場アイランドベイビーの文庫

ツイートする