羽州ものがたり (カドカワ銀のさじシリーズ)

  • 191人登録
  • 3.71評価
    • (17)
    • (38)
    • (39)
    • (3)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 菅野雪虫
制作 : 遠田 志帆 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741682

羽州ものがたり (カドカワ銀のさじシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 時は平安、羽州で起こった「元慶の乱」を、地元の村長の娘と、赴任してきた官吏の息子の視点から描いた児童書。歴史的事実の羅列ではなく、物語になっているので読みやすかった。題材をすっきり調理しているが、皆川博子的に耽美な感じにしてもいいなぁと思った。カラスとジオの関係がちょっと美味しいなと思ったのは内緒です。

  • ソニンに続き、またしても賢く素直でまっすぐな女の子が主人公。
    聞き覚えのある土地が出てきたのも、また楽しかった。

  • Thanks to 「天山の巫女ソニン」, 菅野雪虫 became one of my favorite authors and definitely on my author radar to look out for new books.

    So you can imagine how excited I was when I first heard about this book. I would have gotten it the day it was released, but unfortunately, Kinokuniya is very selective on which books can be sent/sold in America and this book happened to be one that they didn't deem worthy enough.

    After reading this book, I was glad to find that I still love this author. It wasn't as marvelous as ソニン's story, but still well done. I can't wait for what the author has in store next. *hint*moreソニンplease*hint*

  • 前から読みたかった本。
    そして良い作品でした。

    上橋菜穂子さんの狐笛のかなたを思い起こす登場人物ですが、ファンタジー色は薄く史実に近い内容。
    3人それぞれの生い立ちがきちんと考えられているので、感情移入しながら読み込めます。
    登場人物が魅力的なので、続きもあったらいいのに…と思ってしまいます。

  • 菅野雪虫さんの『天山の巫女ソニン』も面白かったけど、これも本当に楽しめた。ただ主人公の少女ムメと片目の鷹アキの絡め?がもう少しみたかったな。ムメとカラスのような民は創作だけれども小野春風、アテルイなど実在の人物や争乱が出てきたりして、そこも興味の尽きないところ。作中の奥州気質も気に入ったなぁ。戦いが人の知を持って終結したところも。

  • 帯に“たつみや章 絶賛!”と書いてありますが、確かに、たつみやセンセ好きそうな良いお話でした。平安時代に秋田県で起きた『元慶の乱』を基にした、友情と治世の物語。歴史的には小さな出来事でしょうが、実に大切な事が描かれてました。主人公の賢い少女・ムメが敵対する立場の側に立っても物事を捉えられる姿勢が好ましいです。ムメ、カラス、春名丸のその後の話もあったらいいのにな。でも、そうすると歴史の話から外れてしまうかw。

  • 中学に。平安時代の華やかな都ではなく、辺境の東北地方を描いてるところが新鮮です。

  • キャラクターも話も良くて面白いだけに・・・

    もっと読みたい!

    これならもっと膨らむだろうし短すぎる気がしました。

    せめて上下巻の二冊か、もしくは少しページ数増やしても良かったのではないか?

    と、思わずにはいられない。
    確かに十分に面白いけれどもっと入り込みたかったなぁ。
    もっとカラスとハルナの成長過程が読みたかったです。

  • 現在でいうところの秋田県辺りを舞台にした物語。
    良くも悪くも中高生向けだけあって、主人公たちの行動がほぼ上手くいき、悪も完全な悪ではないと語られていた。

  • ムメ、カラス、春名丸の友情がさわやかで、雪虫さんの作品はいつも安心します。羽州の人々の忍耐力が、東日本大震災の東北の方々と重なり、頭が下がるおもいでした。

  • 〈元慶の乱〉を舞台にした児童書。

  • 2012.12.7〜17 元慶の乱をモチーフに描かれている。守る人シリーズを読んだあとだし、ソニンの人と思って期待して読んだが、まあまあ。短編として楽しめる感じかな。

  • 暗記に頼りがちな日本史も、こういう話を読むと一気に興味が湧くのではないかな、と思いました。

  • 羽州に暮らす少女ムメとカラスが、都からきた春名という少年に出会う。

    飢饉からの暴動、平和までのストーリー。主人公をはじめとして、真っ直ぐで、嫌味な人がいない。
    読みきりで、児童書として安定感があり、最後まで読める。評判の良いソニンのシリーズも読んでみたい。

  • ジオ様や春風に懐くカラスかわいい・・・!!日本にこんな時期があったんだなとあらためて思いました 、イラストレーターさんつながりで偶然読んだ、出会えてよかった

  • 歴史の上では語られない人たちが、歴史を作ってる。

  • そんなこと誰も言ってくれないよ
    考えるしかないんだよ、一緒に考えよう

  • 今から千年ほど前、平安時代。都は京だが、東北の地・出羽の国すなわち羽州が舞台の話。鉄と名馬と黄金が産地で、よい米が取れる。民は忍耐力があり、働き者で真面目なものが多い。しかしその70年ほど昔(延暦21年、802年)には北の民たちはアテルイを首領に、都の支配と闘ったこともあった。
    村長の長女ムメ(梅の花の意味。15歳)は働き者で、幼い兄弟たちの世話から家の仕事、田畑の仕事などをよくする頭の良い娘だった。鷹飼の祖父から片目の鷹のアキをゆずりうけ、育ててもいる。
    村には一人で小屋をたてて生きている15歳の少年カラスがいる。人見知りで無口で、頭が悪いと思われてもいるが、身体能力はすばらしく、釣りや狩猟は得意だし、細かい作業や道具作りにも長けている。村の中では浮いた存在だが、誰にも分け隔て無く優しく、何よりカラスの事を認めているムメには心を許している。
    そして、都からきた官人・小野春風の息子、春名丸。都から来たため、言葉も通じず、子どもたちからからかわれたりしていた。春名丸自身も都落ちの父をうらみ、羽州の者たちを蔑んでもいた。

    ある時、川の氾濫がおこり、春名丸は水にさらわれた。居合わせたムメが川に飛び込み、ついでカラスが傷を負いながらも春名丸を助けた。
    この事故から3人は仲良くなった。都からきた小野春風は豊かな知識をもち、そしてそれをムメやカラスたちにも学ばせた。

    しかしその幸せな時間は長くはなかった。小野春風は博多へ移ることとなった。そして新たに来た官人は、厳しい取り立てをし、そこに干ばつが重なったのだ・・・。



    作者(福島出身)の郷土愛が伝わってきます。
    読み終わって、ちゃんとハッピーエンドなので嬉しいのですが、
    まだ続きがあってもいいのでは?とも思います。
    小学校高学年〜

  • 帯をたつみや章さんが書かれていたのを見て、読んだ。
    軽く読めて面白い。

  • 春風が善人すぎるかな…

  • 面白かった。けれど、味が薄いというか、ハデな舞台がないからか?物足りない感じも。でも、読ませます。
    もっと3人のことを知りたかったかな。
    「日本の歴史」をテーマに棚を作ったら、子どもたちは手に取ってくれるかなぁ…

  •  羽州の村長の娘で、片眼の鷹・アキを育てるムメ(梅)、村はずれで1人で暮らす少年カラス。都から来た少年・春名丸を濁流から助けた2人は、春名丸の父、小野春風と出会う。やがて、春風の一家は博多へ。それから4年、干ばつによる凶作のため、飢え、追いつめられた人々の怒りは、秋田城司に向けられる。
     ウィキで“元慶の乱”を検索したら、藤原保則、小野春風、ちゃんと出てきた。史実をベースにした物語だったんだね。読んでいる時は、そういうことまったく知らないまま読んでた。

  • 「―でも、相手を嫌って何も知ろうとしなかったら、強くはなれない。自分と違う相手を認めた者だけが強くなれるんだ」

    マミー読書会にて回ってきた1冊!
    よく見てみたら、菅野さんの新作!!!
    ソニンには泣かされたのよー、と思いながら期待を持ち読む。

    最近は、なんだか、殺伐とした、、というか、
    どうしても苦しくて悲しい取り返しの付かない事が起こってしまうのではないか、と思っていたのだけれど、、、
    読み終わって、そうだ!これは菅野さんの作品だったじゃない、と改めて感じる。

    ひたすら、優しいものがたりでした。
    安心して読んでよかったんだよ。
    ムメ、カラス、ハルナの3人が織り成す人間模様。
    出てくる人達も消して悪者ではなく、何かの為を思って生きているのだ。

    戦いだって、戦いたくて戦うのではない。
    生きるために戦うのだ。
    そうだ、そうだったんだ、と胸にしみるものがたくさんあった。

    そして、折しもこの物語は今年1月にでているのだけれど、
    どうしてもやはり奥州(東北)の人のことたちを思わずにはいられない。
    物語でも示されている知力があり、我慢強い人びと、その血脈は確実に現代に繋がっているんだと、今だからこそ分かる物語なのでした。
    その意味でも、凄く深い。

    「小野春風及びその子孫たちは、後の歴史に目立った記述はない。そして、ムメやカラスのような者たちの記録は、もとよりないが、今もその地を訪ねれば、街や田畑や海や山をゆく人々の中に、「己地」を勝ち取った人々の姿を見ることができる。」

    【8/1読了・初読・市立図書館】

  • 『天山の巫女ソニン』の菅野さんの作品。
    『ソニン』より設定や人物描写がしっかりしていておもしろかったです。
    作者は東北出身とのこと。これからも(こんな時だからこそ)東北を舞台にした美しい物語を紡いでいってもらいたいです。

  • 菅野さんの新作で、平安時代、出羽国で起こった「元慶の乱」を元にした和風ファンタジー。
    相変わらず上質な作品でいいんだけど、終盤が若干駆け足気味かな。
    デビュー作の『ソニン』もそうだったけど、「聡い少女」が出来上がり過ぎているし、話の展開が同じで、新鮮味には欠ける。次作は別タイプの主人公、または「少女」じゃなくて「少年」を持ってきて欲しい。

全55件中 1 - 25件を表示

羽州ものがたり (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

羽州ものがたり (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

羽州ものがたり (カドカワ銀のさじシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

羽州ものがたり (カドカワ銀のさじシリーズ)の作品紹介

ひとつしか瞳をもたない鷹のアキと暮らす少女・ムメは、都から来たばかりの少年・春名丸と出会った。それが縁で春名丸の父親・小野春風にさまざまなことを教わるムメ。やがて見違えるような娘へと育ったムメは、春名丸との友情をはぐくんでいく。だがそのころ、羽州では都に対する戦いが起きようとしていて-!!それが、東北の地、羽州で起きた「元慶の乱」のはじまりだった。

ツイートする