県庁おもてなし課

  • 11440人登録
  • 4.09評価
    • (1524)
    • (1846)
    • (881)
    • (100)
    • (19)
  • 1669レビュー
著者 : 有川浩
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741828

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

県庁おもてなし課の感想・レビュー・書評

  • 恥ずかしながら、初 有川浩作品。めちゃくちゃ面白かった。こんな素敵な作品を書く作者さんを今までスルーしていたなんて、私のばか。

     今まで民間企業を舞台にした作品って何冊か読んだことあったけど、公務員を主体とした作品を読んだのはこれが初めて。しかも、これは実際に有川さんが体験したことから端を発しているという。実際に、お役所ってこうなんだよなあ。民間との温度差!!「良くも悪くも公務員」という絶妙の表現!!
     私自身も公務員なものだから、掛水くんが、吉門さんに、「あのさぁ・・・」ってグダグダにやられてる場面なんか、私がやられているのかと思うくらい感情移入してしまった。

     たしかに、公務員には、時間が金になるとか、商品を手がけている、といった発想がない。親方日の丸にあぐらをかいて、革新的な考えは持たず、問題を右から左に受け流し、いっぱい給料をもらって生きている。そりゃ、民間との温度差にグダグダになるわよなあ。
     だからこそ、掛水君が、研究を怠らず、清遠さんの指南を水を吸うスポンジのごとく受け入れて成長していく姿に目を見張った。彼の成長がまぶしかった。
     そして、吉門さんが佐和さんに本心を打ち明けて自分で築いた壁を壊した勇気、これも感動した。、ていうか、萌えた。

     公も、民も、そして個人も、努力を怠ってはならんのだな。人を喜ばせたい、誰かを笑顔にしたい、というおもてなしマインドを忘れてはならんのだな。そのためには、金。足りない分は、知恵と工夫。
     よし、実生活に行かすぞ。

  • だいぶ前に買ったものの、有川さん的恋愛描写が心臓に悪そうなので寝かせていた。この度自虐心が高ぶったので解禁。

    高知から大学進学を機に京都へ出てきた友人が2人。2人とも大学卒業と同時に高知県内最大手の新聞社に就職。関西にひょっこり来たと思ったら、手土産は「カツオ人間」グッズ。なんなんだ、彼らの地元愛は。

    有川さんも高知出身、「空の中」で高知弁をガンガンアピールしたと思えば、次はこの「県庁おもてなし課」である。しかも堀北真希ちゃん、錦戸亮くん、高良健吾さん、船越英一郎さんで実写映画化。なんなんだ、この高知推しは。

    有川作品と言えば、恋愛きゅんきゅん要素過多で少女漫画並にかっこいい男性を描くことにかけて、定評があると思う。でも油断した。この作品には男女の愛だけでなく、家族の愛、なにより高知への愛が詰まっていた。

    お節介な人だらけだ。掛水ら県庁のお役所感覚を指摘する由門も、清遠も、多紀も、佐和も。でもお節介されないと事態は動かないし、素直になれないし、くっつかない。

    現実はじれったい人がいたとしても、見て見ないふりや個人の自由という名の放置で、進展しないまま、恋愛も事態もタイミングを逃してしまうのだろう。お節介の有り難みに気付く一冊。

  • 昔、地域おこしをかじってました。
    当時は学生で教授のお供だったので、町おこしって難しいんだなぁぐらいにしか思ってなくて…

    でも、この本読んで、ちょっとわかった気がします。
    地域の方々と行政の方々はたぶん、目線が微妙に違ってたんじゃないのかなぁ?…たぶんだけど

    今更ながら、そんな事を思いつつ読みましたが、あったかい恋のお話と、田舎がいとおしくなるお話と、がんばる勇気が湧いてくるお話で、一冊で3度おいしい 、お得な本です!

  • なんといっても、「パンダ誘致論者」の清遠和政がかっこいい♪

    退職へと追いやられた県庁に、
    途中でまた放り出されることも予見しつつ
    なんの恨み言も吐かずに協力する潔さ!

    それでいて、決して自分を安売りせずに
    自信を持った企画を通すためには
    ハッタリをかます度胸と、根回しを怠らない濃やかさを
    臨機応変に使い分ける策士ぶり!

    顔立ちや体つきがいかに厳つくても
    「3人目の妻には、ぜひ私を♪」
    と立候補したくなるかっこよさです。

    主人公の掛水⇒作家の吉門⇒清遠 と、
    底辺(掛水くん、ごめんなさい!)から天辺へと繋がる
    憧れと尊敬の図式が、グダグダだった高知の観光政策を
    根底から覆し、動かしていく原動力になっているあたりが
    微笑ましくも温かい。

    観光特使を打診されてOKしたのにも関わらず
    1ヶ月も放置されてイラっとしていた吉門同様、
    時間の価値や民意に無頓着なお役所には
    最初のうち呆れ果ててしまったけれど、

    マニュアルや正論によって必要以上に縛られた
    空疎なシステムの中での仕事を強いられるお役所の苦しさも
    有川さんらしくきっちりと公平に描かれていて、
    「お役所仕事」を色眼鏡で見ていた自分を、ちょっぴり反省したり。。。

    それにしても、有川さんが「日本三大がっかり名所の一つ」と
    バッサリ切って捨てている「はりまや橋」が
    どんなにがっかりなのか、かえって気になってしまうのはなぜ?!

  • この本を読めば、100%高知県へ行きたくなる。そのような本。

    観光特使に任命された吉門が有川さんモロモロ・・・。
    最後の、対談のところでは「実話なんですよ(●^o^●)」みたいなことを仰っていてやっぱりか・・・と感じられた。

    しかし、その観光としてはいい作品だが、小説としては内容がだいたい読めてくる。
    空飛ぶ広報室に似た感じ?頭の中で、ずっと空井くんとリカさんが思い浮かんだ。(発売的には空飛ぶ広報室が後だが。)

    観光としては、よし。

    文庫本をカバンの中に忍ばせて、高知へ行きたい!と思うのは、私だけ?
    そして、文庫本って・・・まだ、出ていない!?

  • 真山仁の外資系企業を舞台にしたスケール感あふれる小説や、
    池井戸潤の中小企業を舞台にした人情感あふれる小説とは打って変わって、

    この有川浩の『県庁おもてなし課』は、とある地方の県庁の観光部が舞台。
    テーマは、公務員の常識と民間の常識とのギャップ。


    ストーリー自体は、ゆっくり時間が流れているような気がして、
    駆け引きが試される場面は、実はあまり多くはないのだけど、
    (でも、掛水くんと多紀との繊細な距離感が青春で、なんとも微笑ましかったし眩しかった!!)

    上手くできないなりに一生懸命に考えて、行動して、壁にぶつかり、
    そして着々と成長していく主人公のひたむきな姿に、一読者として応援したくなります。


    「いまある自然を活かして、おもてなしの心を大切にする」という結論に至ったのが良かった。
    まだ四国には一度も行ったことがない私ですが、今からでも高知に行ってみたくなった。

  • とっても面白かったです。

    私は今、大学1年ですが、就職のための講習会が大学内であり、何度か行っています。
    そんな私にはとても勉強になった一冊でした。
    まだ公務員になるのか、民間の企業に就職するかはわからないけれど、社会人として当たり前のことが詰まっていました。
    時間がどれほど大事か、名刺とは何なのか、とか。
    有川先生は作家になる前は普通に企業に勤めていたと聞いたので、だから妙にリアルというか、勉強になることばかりなんだな、と納得しました。
    仕事をする、社会人になる、ということについて書かれているのは、この本以外に、『シアター!』や『フリーター、家を買う』などがありますよね。
    それらや、この本を読んでしみじみ思うのは、有川先生ってお仕事の出来る人なんだろうなあ、ということです。
    私も社会人になった時には、そうなっていたいなあ、と思います。

    掛水さんと吉門さんの掛け合いがとってもかわいすぎて萌えました。
    掛水さんのどんくささ萌え。
    多紀ちゃんの「フットワークが軽くて、気が利く奴」っぷりがすごすぎました。
    彼女自身は努力だと言うけれど、すべき努力を見つけて、その努力をすること自体が尊敬できます。
    私も見習いたいと思います…。

    高知に行ってみたいです。
    この本を読んで、そう思ってしまいました。
    有川先生に乗せられてますね(笑)

  • 有川さんの作品は奇想天外な設定が多いけど(そこが好きなんだけど)、
    これはすごくリアルでゆるやかで自然な流れ。
    何もなかったところから、むしろマイナス位から育ってくのが気持ちいい。
    そしてお役所の人に読んでみて欲しい。
    清遠みたいな爆弾ぶち込む人がいて欲しい。
    ・・・って思うのは単純だろうか?!

    おもてなし課がいかにもって感じなお役所体質からグイグイたのもしくなってくのは爽快!
    掛水の成長と比例した吉門との関係の変化もスゴく素敵!
    掛水と多紀の淡すぎる恋の予感からの・・・とか、
    吉門と佐和の切ないすれ違いからの・・・とか、
    じれじれ感と素直になりどころとか、さすが有川さんっ!!!
    ピンポイントで胸キュンさせられます♪

    そして何といっても、高知県がすごく魅力的に見えてくる。
    やっぱり何の分野においても、
    自己分析が出来ているというかマイナスを受け入れた上での
    自分の魅力をアピール出来るのは強いんだな〜と思わせられた!

  • 高知への溢れんばかりの愛が詰まった一冊。
    これを読んだら行ってみたくなりますね、高知へ!
    ”お役所仕事”のどうしようもなさ、そこからの脱却、
    観光立県のために何が必要か。
    これでもか!とばかりに楽しさが詰め込まれていて満腹です。
    こういうのを読むと有数の観光都市である故郷・京都は
    ちゃんと努力してるのか不安になるなぁ。

  • 高知県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員の掛水は観光立県を目指すべく地元出身の人気作家・吉門に観光特使を依頼する。しかし彼からは容赦ない辛らつな言葉を浴びせられ、掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける奮闘が始まる。

    私が読んだことのある有川浩作品はどれも随所に胸キュンポイントがちりばめられている。この物語も例に漏れず。しかしそのスパイスのおかげで、教科書的になりそうなテーマでもちゃんと楽しめる物語に仕上がっており、そのさじ加減が絶妙だった。

    「おもてなし課」は高知県庁に実在する部署であるが、この物語ではお役所仕事と民間感覚の差を厳しく指摘している。高知県出身の著者は実際に県から観光特使を依頼されており、登場人物たちのいらいらするようなやり取りも本当にあったエピソードをもとにしている箇所もあって、お役所の仕事感覚に改めて呆れてしまう。しかし真の観光立県を目指すのであればお役所感覚では何年たっても実現しない、と気付いた掛水が吉門や観光コンサルタントの清遠和政のアドバイスを受け、外部から雇った掛水のサポート役の女性・明神多紀と奮闘し、形式的で非能率的な仕事から脱却して成長していく様子が気持ちいい。物語の途中はどうなることかとはらはらさせられるが、最後はちゃんと爽やかに終わってくれるのも著者の作品のお約束である。物語として楽しみながらも「地方活性化」というテーマの教科書としても読める、おもしろくてためになる本だった。

  • 面白いです。
    お役所の観光振興計画という重いテーマと
    その中で働く男女の恋愛を両輪に話はグングン進んでいく。
    舞台となっている場所を短い文章で
    その特徴を的確に描く力はさすが(お役所内部の仕事も含む)
    清遠も吉門もかっこいいし、掛水もかっこよくなっていく。
    佐和さん、多紀さんもすごくいい。
    人物の立て方が巧い。
    あれだけの知識と行動力と郷土愛を持った人がいたら
    一緒に仕事をしてみたい。
    話を聞いてみたい。
    とにかく仕事人たちが魅力的でした。
    そして馬路村に行ってみたい、
    四万十や仁淀の清流を見てみたい、
    とにかく高知県に行ってみたいと思いました。

  • どっぷりハマってしまいました。

    小説なんだけど、すごくリアルで、いろいろ考えて思うところが多々あり。

    高知が舞台だけど、地方すべてに当てはまることじゃないかと。
    私自身、自分の田舎に対して思うコト・感じるコト・考えるコトがいっぱいあるんだけど、それらが詰め込まれてて。

    特に、吉門が言ってることにすごく共感してしまい、地方出身の都会在住の人って、こういうこと考えてる人多いんだろうなぁ、なんて思ったりしました。
    いろんな意味で歯がゆいんだよね。


    有川さんがあとがきのラストに書かれてた言葉がこの小説を書いた一番の理由だったのかなぁ。
    (引用に記載)


    最後に載ってる対談もとても興味深く読めました。
    この対談の中にもあったんだけど、行政の人たちに読んでもらいたい。
    いろんなヒントがいっぱいあって、そこら辺の専門書読むより断然役に立つと思います。


    私もこの本はずっと手元に置いて、何度も読んで行きたいと思いました。
    そして、私も自分の田舎に何か貢献できるようなことができたらいいなぁ…なんてちょっとデカイコトを考えてみたり^^;

  • 初めて有川さんの作品を読んだ。主人公の成長が非常にさわやかに描かれている。相手に喜んでもらうために何ができるのか・・・仕事でも役に立つ内容だとおもった。

  • この人の本で久々にやられてしまった。
    何でこんなに、キュンキュンするのに、スリルなかんじで、次のページをめくってしまうんだろう??とやられた感満載で終了。

    県を盛り上げていこうとする主人公、それを支える人々と、のはなし。

  • これを読んで、実際に高知に行ってしまったほど、高知の魅力が溢れている作品。
    特に馬路村。この本を読んでいなかったら、馬路村に行こうと思わなかったかもしれないのに。

    爽やかな表紙にも惹かれました。

  • この本は間違いなくビジネス書です。

    “小説ならお勉強感覚なしでも読める”

    まさにこのフレーズがピッタリな1冊。

    有川浩さんの「シアター」シリーズにも代表される

    読んでいたらいつの間にか賢くなっていた。

    そう感じられる1冊になっていると思います。

    ともあれ、本の読み方は人それぞれ。

    人の数だけ読み方があっていいはず。


    観光視点で景色を想像して読むのもよし

    ビジネス視点で登場人物の頭の中を想像して読むのもよし

    恋愛視点で登場人物の心情と重ね合わせて読むのもよし


    読む人によっていくつもの形に化ける1冊にもなっていると思います。

    私自身、ビジネス視点に重きを置いて読んだ結果

    これはビジネス書だと判断しました。(笑)

    読んだ方とは、是非お話がしたい次第です。

  • とても興味の持てる話だったし面白かった。

    「村おこし」と言う題材も面白かったし
    県庁の役人が民間の(と言うか一般の)常識が解らずついて行けず
    そこからの常識を身につけるとこらかのスタートと言う所も面白かった。

    ここまでは行政に関わった仕事をしている訳ではないし公務員でお役人でもない
    人間の感想。
    多分これが行政に関わった仕事をしていたり、それこそお役人であれば感想も違うのではないか?と思う。
    見方によっては軽く行政批判とも取れる作品かな~と思います。

    最初の部分はやたら「お役人だから」的な言い回しが多く
    民間である私にしてみたら、全くそう言う意見になる。「行政はロクに仕事もしない」し
    「一般的感覚が民間と違う」
    この意見は行政を知らない人・・・と言うかその仕事を理解していない人の書き方です。
    強いて言えば行政には頑張って欲しいと思っている話で有れば、そこら辺はもっと客観的にあらわした方が良かったんじゃないか?思いますが

    正直言えば今回の『県庁おもてなし課』は面白いか?聞かれたら「面白かった」と答えますが
    なんて言うか・・・子供のじゃれ合いぽいな。思いました。

    話の半分からして「可愛い」という言葉が連呼。
    好きな女の子に対して「可愛い」と思うから可愛いと主人公に云わせてるんだろうけど
    男同士の友情でも『可愛い』と表現するのは・・・
    読んでて言葉のボキャブラがないのか?と思うほど頻繁に出てくるんで

    あと佐和の存在もな・・・
    いきなり水をぶっかける。いきなり人をひっぱたく。
    百歩譲って役人が嫌いだから追い返すつもりで水をかけるは理解できるとして
    いきなり「ひっぱたく」は常識的に考えてこの女、常識ないんか?と思う。

    県庁が父親にしたし打ちで恨みに思うのは解りますが
    子供か?と云いたくなるほどヒステリックすぎて好感が持てない。
    それでも有川作品なのでお決まりの恋愛話を持って行く。

    シアターあたりから登場人物全員が皆、恋愛をする。と言うのは少々うざったく見える。
    だから1つの本で2つ以上の話が出来ているので
    どれも「恋愛成就」させる事を目的とした話となってきている。
    折角、題材的には興味持てる面白いものを使っていても、折角の題材を消化できずに終わっている。
    だったら最初から題材使わず「恋愛」だけをメインにした方が読みやすい。
    あっちもこっちもとするから中途半端になってきている。

    なので有川作品お得意の恋愛劇甘話も、オチを付けるのもムリムリっぽく見えました。
    ハッキリ云って吉門と佐和の恋愛は無かった方が良かったんじゃない?と
    思ったな~
    無理にこの話で関係とかの説明を入れる為に題材の「村おこし」が中途半端だし
    と言って、この話に上手く持って行ったのかと言えば
    無理やりハッピーエンド感にした感じが強かったので

    それで星2つにしました。

  • 歯に衣着せぬ表現は、さすがだ。
    方言での会話が多くて何言ってんだ…と感じたのは最初だけ。その後はノンストップで突っ走る。
    高知県の観光発展だけでなく、これが日本中に広がったらという向こう先までの思いが見えるようで、作中の発想に愛を感じた。

    相変わらず喧嘩上手な人物がキーを握るな。すべて作者の分身に思えてならない。

  • ダヴィンチの「BOOK OF THE YEAR 2013」文庫ランキング1位。
    いま人気の有川浩作品、「三匹のおっさん」以来です。

    高知に実際にある課をモデルにしたフィクションのエピソード。
    テーマはとても面白くて、一見ちょっと敬遠されそうな堅めの内容をテンポよく読みやすい作品にしているのはすごくよかった。
    恋愛の部分は、個人的にはあまり好みではない。下元さん&清遠さん主役でがっちりとしたストーリー、脇で若者の恋がちらりと垣間見える、みたいな方が好きだな。笑
    ただ、有川作品にはまる人がいるのはわかる気がします。

    高知に遊びに行きたくなる!

  • この本まるごと、地方おこしのお手本にしちゃえばいいのだ、と思える一冊。所々、有川さんらしいベタ甘ラブ展開は当然挟まれるものの、半分ノンフィクションな県庁と作家のやり取りはリアル感があって、お役所感覚と民間感覚の違いを考えさせられる、興味深いモノだった。地方の観光集客におけるポイントも的確で、なるほど、と考えさせられる。とにかく最後は、高知に行ってみたい!と思わせられた。この本の出版までの経緯がストーリーそのままなのだとしたら、これほど高知のPRに力を寄与しているものはないだろう。

  • 海、山、川、それに空。自然いっぱいに描かれる高知に行きたくなる。
    観光立県を目指して発足された「おもてなし課」の奮闘記。
    観光コンサルタント清遠のプランに、公務員のぬるい感覚から脱却して、
    一気団結していくものの、縦割り体質に翻弄されぱなし。
    掛水と多紀の掛け合いなど、土佐弁ベースの人物や会話の描写が絶妙だ。
    掛水と吉門の対談に、著者の構想と愛県心が、感じられる。
    ダメ出しする作家吉門の屈折しながらも、故郷と家族が好きな気持ちが切ない。
    ボロボロに言われても、立ち向かい成長していく掛水が、カッコ良く、読後感が爽快だ。

  • 面白い!やっぱ、有川浩さんが私の一番好きな作家さんです(*´ω`*)

    図書館戦争や植物図鑑と比べると、恋愛要素は控えめですが、
    恋愛小説しか読めない私でも、おもてなし課の話にのめり込んでしまいました∑(・∀・)
    もちろん、掛水と女の子の恋愛シーンも存分に楽しめたし、
    吉門さんと掛水の掛け合いも面白い(最後の方は特に♫)。
    それに、他にも魅力的なキャラクターたくさん!!

    まだ読み終わってはいませんが、高知県がこれからどう変わっていくのか楽しみ!!

  • 高知に行きたい…

  • いやぁ、面白かった!映画にもなった作品だということで、期待感あって読みましたが、期待を裏切らなかった。
    しがらみ、縛りの多い地方行政の中にあって、新しい国起こしのプランを作る県庁おもてなし課。高知県に思いの深い熱い男達女達の奮闘ぶり。まるでその場に居たかのような臨場感溢れて、若い主人公の成長ぶりも好感!。すかっとするこのお話は、高知県の青空のように爽快。

  • 高知県庁のおもてなし課が、とりあえず作られたお仕着せの部署から、ほんもののおもてなし課になっていくまでの成長のストーリー。
    おもてなし課は実在しているし、作中の小説家が特使を引き受けたものの一か月放置されて呆れたり、おもてなし課を盛り上げるために小説を高知新聞に連載したり、というあたりは、事実と連動しています。

    公務員の体質が散々こき下ろされているので(もちろんフォローは入っているけれど)、連載中は県庁の方々の心境はいかがなものだったろうかと、余計な心配をしてしまいました。
    それでも、作中で吉門が言うとおり、新聞に小説として連載され、さらにこのたび映画化もされたので、これほど効果的な宣伝はないんじゃないかと思います。著者は本当に高知を愛してるんだな、と思いました。自分はアウトドア派ではないですが、実際高知に行ってみたくなったもの。

    素敵な恋愛も織り込まれています。吉門がかっこよくてでも惚れた女の前ではヘタレで、魅力的。主人公・掛水もいい恋愛をしていますが、吉門への屈折した憧れもかわいらしかったです。

全1669件中 1 - 25件を表示

県庁おもてなし課に関連するまとめ

県庁おもてなし課を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

県庁おもてなし課を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

県庁おもてなし課を本棚に「積読」で登録しているひと

県庁おもてなし課の作品紹介

地方には、光がある-物語が元気にする、町、人、恋。とある県庁に突如生まれた新部署"おもてなし課"。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む-いったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。

県庁おもてなし課の文庫

ツイートする