県庁おもてなし課

  • 11405人登録
  • 4.09評価
    • (1522)
    • (1842)
    • (876)
    • (100)
    • (19)
  • 1666レビュー
著者 : 有川浩
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048741828

県庁おもてなし課の感想・レビュー・書評

  • 主人公の成長していく姿が楽しめる、読後感のよいエンターテイメント小説でした。高知弁って可愛いなぁ、という新しい発見もあり。

  • 4月から観光に携わる部署に異動になったので、改めて再読しました。高知県の実際にあるおもてなし課を舞台にした小説です。

    外部の人って、行政の職員てこんな風に仕事をしていると思っているのね、ということが随所に感じられ、違和感を感じまくる作品。外の人に説明は難しんだけど。一方で、行政の仕事がよく分かってないので、だからこそ、観光の仕事の本質はこれなんじゃないかなと思わされたりもします。

    いろんな県なり市町村が自分たちの魅力を外部へPRする方法を模索している中で、有名作家が小説に書くって最強の広告・宣伝だなと。後で映画化もされたしね。これには何をしたって、到底敵いませんね。

    観光特使の打診に関する県庁のまずい対応があって(これはよくあるって感じ)、そのことが作家さんにとってこれは小説になるって思わせたらしいので、何が吉となるか分からないな、と感じさせる。後で批判とか受けたくないので、無難な感じの公務員が多い中で、半分勢いのような感じで観光特使を申し込んだ人のファインプレーだと思う。

    後、恋バナも展開するんですが、まるで中学生や高校生の恋愛みたいなノリで、どうもおじさんには面映ゆいというか、恥ずかしいというか、そんな感じで落ち着きません。そこが世の女子たちには受けるんでしょうが、僕にはちょっと無理気味です。

  • 4.0 同じ四国出身の者として楽しく読ませてもらいました。やっぱり田舎って良いな。

  • 高知に行ってみたくなった!
    清遠さんの男気かっこいいし、掛水の素直で一生懸命なところも良い!
    次は吉門にどんな駄目出しをされるのだろう、高知はどうなっていくんだろうとワクワク読み進めた

  • 高知に住みたい!

  • いくつか有川作品を読んだことがあるがこの作品が一番好き。

    高知県の観光PRを推進すべく設立されたおもてなし課がお役所体質から脱して様々なアプローチを試みていく。
    かつて県庁を追われた清遠和政や作家の吉門喬介らとともにいろいろな試みをしていく中で、お役所のプータローだった掛水が成長していく様を描いている。

    なんというか登場人物のキャラ設定がすごく好きだった。とくに吉門のキャラはほどよく人間味のあるかっこよさで好感が持てる。
    あとは、あとがきや巻末企画にも話題に挙がっているように、グリーンツーリズムなどの地方創生・社会開発のためのマーケティングやノウハウなどがふんだんに盛り込まれていて、さらさら読めるのにかなり為になった。

    一番印象に残ったのはやはり掛水の成長していく過程。ダサださだった掛水がかっこよくなったその一番の理由は、ボコボコにされてもめげない打たれ強さがあったからだと思う。あのマインドを持つことは、どのシーンにおいても共通で、成長するためにはなくてはならない必須のものだと感じた。

  • 読後感はいいですね。でも浦沢直樹が行ってたけど、ハッピーエンドはどこで終わらせるかだけだと。

  • 元気に、前向きになれる作品だった。
    高知弁が難しい。時々意味がわからない…。
    だからちょっと読みにくいんだけど、標準語でしゃべってたらダメだし。仕方ない。
    映画も見たくなった。


    地方には、光がある―物語が元気にする、町、人、恋。とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが…。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む―いったい何がダメなんだ!?掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった。

  • 有川さん初ですが、思ったより甘ったるくなく、さわやかで良かったです。自分も地方公務員なので、身につまされることも多かったですが。馬路村、行ってみたくなりました。

  • おもてなし課が県を売り出そうと奮闘する姿
    そして主人公二人のキュンキュン具合
    さすが有川浩の本だと思います

  • 主人公がこの物語を通して見違えて成長していく様子がカッコいい。図太く、打たれずよく、でも素直に、そんな男だ。
    またキャラの濃い脇役がいい味をだしている。賢くて、不器用で、でも素晴らしい人間性の彼らに楽しまされる。
    楽しく、スカッと読める一冊。

  • エンタメとしてはもちろん、行政、観光、地方産業についての興味をかき立ててくれる点で面白い一冊。

  • 読み終わった瞬間は、星5以上。
    みんな良い人で可愛くって、何でこんな風に書けるんだって。何でこんな風に判ってくれるんだって。

    だが、一晩経つと、パンダ誘致論は要ったのか、本当に取り上げてて上手くいったのかとか、結局、おもてなし課の試みはどうなったのか。

    ドラマは良いのだが、ストーリーや構成に、ちょっときになるところと、語りの視点が割に色々と変わるところは、性に合わない。

    面白いのは間違いない。

  • ずっと積ん読だった「県庁おもてなし課」をこの6月についに読みました。
    有川浩先生の作品を読むのは、「阪急電車」に続いて2作目です。「阪急電車」にはほっこりさせてもらったんですが……

    「県庁おもてなし課」は違いました(T_T)
    もともと勤めていたお仕事の関係で、痛いところを突かれまくるので読後感が全く爽やかではありません。高知のことまで嫌いになりそうですw

    主要登場人物みーんなが人の心の機微をとらえるのが得意で、みーんなが優しいのは、有川浩先生の作品のよいところだと思います。
    が、"お役所感覚"のお粗末さを責められ続けてコンプレックスを刺激されまくった状態では、彼らの優しさが素直に受け止められなくてどうにも……。

    多くのレビューに「高知に行きたくなりました」と書いてありますが、わたしはとてもそんな気分になれず……。人間が出来てないのです~。


    あと、ストーリー展開でどうしても納得できなかったところが一点。
    読んでいる途中で「あれ、500万のコンサルを随契?入札の描写をすっ飛ばしただけかな?」と訝っていたら、案の定……。あれだけ市民オンブズマンとか怖がってたのに、おもてなし課員が誰も随意契約で足をすくわれる危険に気付かなかったのには不自然さが拭えませんでした。
    もしかしたら、清遠氏は最初からわかっていて、自分はいつかプロジェクトから外れるつもりでいたのかも。おもてなし課員が自分で事を動かせる人材になれるように、自然な形で後を任せたかったのかもしれません。

  • 高知県に実在するおもてなし課をモデルにした、地域活性化のために、若手職員がある作家に地域振興の橋渡しを託そうと奮闘する物語。都市部にはない地方の魅力を改めて考える良い機会となった。地元では当たり前だと思われていたことを改めて見直し、地域振興のアンテナを張ること、観光のおもてなしのために食べ物とトイレは大切なことが発見だと感じる。確かに、トイレの善し悪しが再び訪れたいのかどうか鍵となるだろう。恋愛要素もあり、仕事を通して距離が近づく、掛水と多紀、吉門と佐和の関係にキュンとし、土佐弁もアクセントとなって良い。

  • 登場人物の感情に くどさがあるが、展開に 違和感がなく スムーズなので 読みやすい。

  • (2014.05.11読了)
    前向きで爽やかで面白かったです(^_^)
    映画にもなってますね。

  • 「観光」が活性化しないといけません。東日本大震災復興のためにももっともっと、お金を使わないと・・・使える人が。そう思うな。

  • 高知県に実在する部署・おもてなし課を題材とする有川浩作品。

    高知県庁に新しく出来た おもてなし課で高知県を盛り上げようと奮闘する物語。
    色々な指摘をしてくれる観光特使に助けられながら、お役所感覚と民間の感覚の違いに苦しみ奔走する。そんな面もありながら有川さんらしい恋愛要素も織り交ぜられている。この本を読むと知らず知らずの内に高知県の観光スポットを知ってしまう所も面白い。

    あとがきには作者と実在のおもてなし課との対談があり物語の中の話が割と実際にあった会話がもとになっていることが判明する笑

    今まで読んだ有川浩の作品は非日常なものが多かったのでこの本はある意味新鮮だった。この本を読めば高知県に行きたくなるはず!

    蔵書状況 本館2階学習室(日本の小説) 913.6||Ar 211000698
    (Watawata)

  • 県庁の職員の立場から民間と協働しながら観光を盛り上げようという話。
    行政の弱いところが指摘されている。
    行政が何でもやれば良いという方向で、民業圧迫という視点ではない。地方はそういう流れにならざるを得ないのかもしれない。

  • わたしは観光に関する仕事をしたいと考えていた、そんな頃に出会った本です( ´ ▽ ` )ノ

    この本を読んで、ついついごっくん馬路村を探し求めてお店に行ったりもしました
    高知にも行きました!
    日曜市は異国な雰囲気と、ちょっと雑な並び(植木屋さんの隣にアイスクリン、そのとなりで鳴子を売っていたりするんです!)がおもちゃ箱を探るみたいで面白かったです(u_u)
    土佐弁が飛び交う中、南国の陽射しと道の延長線上の高知城。
    ついつい掛水くんとたきちゃんを探してしまいました

    地方観光の問題点と、高知の打開策、それから恋愛を盛り込んだ有川さんのこの一冊。
    本を読んでこんなにも爽やかな気持ちになったのは初めてでした。

  • 着眼点が面白い。
    そして女子たちよりも男子たちの方が可愛い。
    高知県には何度か車で行った事があるため、
    懐かしい地名が出て来て懐かしかった。

  • 高知弁って可愛いなあ。
    有川さんって、熱く厳しい人なんだろうなあ…
    って感じ。

  • もっと早く読めば良かった!すごくモチベートされた!フクシマ前夜なのがまた感慨深い。

全1666件中 1 - 25件を表示

県庁おもてなし課に関連するまとめ

県庁おもてなし課を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

県庁おもてなし課を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

県庁おもてなし課を本棚に「積読」で登録しているひと

県庁おもてなし課の文庫

ツイートする