財務省の階段

  • 150人登録
  • 2.71評価
    • (1)
    • (12)
    • (35)
    • (15)
    • (10)
  • 27レビュー
著者 : 幸田真音
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048742344

財務省の階段の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あまり面白くない。
    ブラックな話が多かった。
    ゾッとするような話を狙ったのかもしれないが。

  • 読了。経済ホラー小説?という括りらしい。

  • 短編小説のようでいて、実は関連性のある構成。幸田さんらしくない内容だけど、新鮮!面白い。

  • ○作家の幸田氏の作品。
    ○金融・経済の中枢にいる人々を主人公に、様々な“不思議”を巡るオムニバス作品。
    ○あまり面白くない。

  • ホラー経済小説と言うが ホラーって いえないなぁ。
    ちょっと 不思議なこと と言ったほうがいいのかな。

    議事堂の穴
    日本銀行の壁
    金融市場の窓
    財務省の階段
    ニュースの枠
    幹事長室の扉

    黒田正充は 市民運動家から国会議員となった。
    モデルは 菅直人かな。

    議事堂の穴、ニュースの枠,幹事長の扉に 黒田は登場する。

    俳優をめざし、挫折し ニュースキャスター 
    そして 日曜日の情報番組のキャスター
    に 由佳利は 登り詰めていくが、
    途中に 日本銀行の課長の愛人となる。
    それが ステップアップのきっかけ。
    ただ,自分で一生懸命 勉強したということであるが。
    するどい 社会批判の目もある。

    幸田真音らしくなく また 幸田真音らしい側面もあり,
    もっと この小説が つながっているとおもしろいと思ったが。
    ホラーにこだわらなくてもいいでしょうね。

  • 結局、どういうことなのかがよくわからない話が多くて、読後感があまりよくなかった。

  • おぉぉ・・ 私に言わせてもらえるならばこれぞホラー。怖~! でも経済&国会関連の情報は初読みが多くてその部分は刺激的で興味津々。何冊かはまりそう。

  • 幸田さんの経済小説、面白いのだが、難しい経済用語が、理解されない時が、多々ある、、、ヘッジファンド、タックスシェルター、デフォルト、先物オプション、、、などなど、、、分かっていそうで、深く理解していないせいで、難しく思う時がある。

    今回は、経済小説であり、ホラー小説と言った、珍しいもの!!
    まして、つい最近の出来事の様な話からの、展開。
    そして、「財務省の階段」の様な、80年ほど前の政策が、今、日本が、同じことをしていると言う事実からホラーへの展開。

    最初の 「議事堂の穴」で、登場する代議士が、最後の「幹事長室の扉」で、代議士の名が、黒田と言う名前がわかるのも、凄い面白味を増す要素が、含まれている。

  • 短編集でした。経済ミステリーという領域です。短編は、読後に中途半端感ともっと読みたい感が入り混じります。不思議な領域です。

  • 金融小説、短編6作品。

    どれも興味深く読めたのですが・・・まったく個人的には、「金融市場の窓」がおもしろかったです。

    まさか、これを読んだ日、現実にサーキット・ブレーカーが発動とは・・・

全27件中 1 - 10件を表示

幸田真音の作品

財務省の階段を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

財務省の階段を本棚に「積読」で登録しているひと

財務省の階段はこんな本です

ツイートする