生きるヒント―La Clef de vivre 愛蔵版 全一巻

  • 46人登録
  • 3.83評価
    • (5)
    • (5)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 五木寛之
  • 角川書店 (2000年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048835886

生きるヒント―La Clef de vivre 愛蔵版 全一巻の感想・レビュー・書評

  •  著者の「生きるヒント1〜5」が1冊にまとめられたものです。
     素晴らしい思想だと思いました。
     同著者の「夜明けを待ちながら」もオススメです。

  • 装画/竹久夢二「青春譜」(河村コレクション蔵) 装丁/角川書店装丁室 本文デザイン/カウベルデザイン

  • 無職のときから約2ヶ月かけて読み終わった。迷ったとき、不安になったとき、考えすぎたとき、何度この本に助けてもらったか分からない。90年代既に日本はドライになり、人との付き合いも薄れていった。それはもうものすごいスピードで。昔には宗教が根付いていた。しかし現代、誤解を恐れずに言えば信じるにたる神は存在せず、自分が自分を信じることが重要となった。だが、その自己の確立は、高度経済成長、バブル、そしてバブル崩壊、阪神淡路大震災、オーム事件、などで価値のよりどころが見つからない。そういっている間にどんどん関係性は希薄化し、軽佻浮薄なものへとなっていった。そうするとただ「生きている」ということが大切であり、まずお互いが生かされている、生きている関係性にあることを認識することから全てが始まるのではないだろうか。そんなことを訥々と、落ち着いた文章が静かに心を支えてくれる。
    東北の大震災があった、原発の問題が起こった。悲しみ、怒り、感謝様々な感情がねじれている中、何を本当に自分が感じているのか、メディアを通じてだけでなく、何を見て、何を知り、何を考えるのか。その答えを都度都度考え、変えて、最後、どんな形でシンプルに腹に落ちた形で、自分の最後を迎えるのか。睡眠薬なしでは寝れなくなった自分が、これから約50年は生きていかなくてはならないかもしれない予兆と想像もつかない出来事に対して、どう想い、行動するのか。間違った方向に進まないために何を道しるべにすればよいか、そんなヒントが詰まった一冊でした。

  • この本から「悲しむ」を朗読。
    11月使用。

  • タイトルは少々、思い感じもしますが、五木さんならではのユーモアが溢れた本です。読み終わる頃には元気出ます。

  • うちの生きるヒントになりました。さすがです。いつもの生活に立ち止まったら、ぜひ。

全7件中 1 - 7件を表示

生きるヒント―La Clef de vivre 愛蔵版 全一巻を本棚に「読みたい」で登録しているひと

生きるヒント―La Clef de vivre 愛蔵版 全一巻を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

生きるヒント―La Clef de vivre 愛蔵版 全一巻はこんな本です

生きるヒント―La Clef de vivre 愛蔵版 全一巻のKindle版

ツイートする