呼吸入門

  • 199人登録
  • 3.52評価
    • (14)
    • (23)
    • (44)
    • (4)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 斎藤孝
  • 角川書店 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048838658

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
斎藤 孝
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ロンダ・バーン
齋藤 孝
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

呼吸入門の感想・レビュー・書評

  • 人に薦められた本を読む第16冊目
    職場の後輩に薦められた本。別れの際に沢山付箋が貼ってある、だいぶ読み込まれたであろう大切な本をそのまま貰って、非常に心打たれた。自己啓発本はあまり好きではないのだけれど、念頭に置いておこうと思ったメッセージが少なからずあった:
    ・ケツの穴に指をつっこまれても怯まないくらいの覚悟をせよ。
    ・相手の吐く息に注視しながら呼吸を同調させると、相手も気を許す様になる。どんな人間も一体化した呼吸を感じると安心する。
    ・「積極的受動性」を持て。息を吐いて、新しい事を受け入れるスペースを作る。相手の話している事に傾聴する。従来の「型」と現在の「こなし」は違う。たまには「ながら」ではなく、物事に集中する。
    ・子供を教える時:「10カウント」「回し読み」「大縄跳び」。呼吸を一つにして、気の流れを皆で読める様に。

  • ディランは、息の仕方を知ってるなんて奇跡だぜって歌ってた。
    ひとかどの人は、意識的にせよ無意識的にせよ、徹底された呼吸の訓練がベースにあって、身体に呼吸の在り方を持ってる構えがあるように見える。
    動作と呼吸が合ってると、心地よい快感と安心感が生まれる。テンポのいい動きは、必ず呼吸と連動してる。仕事が上手く回ってる時、声の響きを良く感じる時、ヨガで落ちる時、自分の鳴らす鍵盤の音が近しい時、呼吸も佳い。
    特別なことではない、あらゆる活動の基盤は、息を全うさせることが要になってる。
    人生には、息詰まったり息を呑んだりすることも満ちてるが、そんなものも、吐いて、吐き出すことで、取り戻していける。
    自分を守ろうとして、得たものに執着すれば、息は浅くなるだけ。
    どんどん捨てて吐き出す。
    ゆったりとたゆたう穏やかな海のような呼吸を身にすれば、身体を外側から捉え直すことが出来たり、自分自身に立ち戻れるという回路も身につけられるんじゃないか。
    自分の身体と呼吸を、心を処する道具にする。

  • △体を揺らして空気を入れ替える方法が良いと思い取り入れました。

    △足の親指の付け根と臍下丹田を意識することによって、体の安定感を感じることが出来ました。

  • 呼吸は大切だが、他人に説明するのが難しい。

  • 呼吸を切り口に、型と文化まで語ってしまいます。
    呼吸と意識、感情は密接に絡まっており、呼吸を整えることで心の状態を整えることができるってのは、まあ、瞑想や武術、ヨガや気功などを実践している人にとっては既知の事実であります。
    ただ、著者(「声に出して読みたい日本語」で有名な齋藤孝氏)は「気」を扱いません。呼吸のメソッド化を目論む氏の手法にとっては、それは賢明な判断だと思います。
    その呼吸メソッドは
    「3秒吸って、2秒溜めて、15秒で吐く」
    というシンプルなもの。
    私としてはちょっとアンバランスな感じがしますが、どうですかね?

    レベル:354

    まあ悪くはないですけどねえ。

  • 雑な書き方をすると、すっと吸ってちょっと溜めて長く息を吐くとなんかよくなるよ。そうするといろんなことが良い方向に変わってくるよ。てな感じかな。
    その呼吸法+著者の教育論がメインだけれども10年経ってしまったからか根拠が薄い。昔は良いものがあったが近年は捨ててしまった(それを取り戻そう)というような流れのようだけれども、その昔というのが戦前のことだったり6,70年代だったり、江戸よりも前だったり全部ひっくるめすぎの感がある。
    呼吸法に効果があるということを言いたいようだけれども、その根拠に文化だ歴史だというのは根拠になっていないと思う。

  • 呼吸というものは、普段当たり前すぎて意識しない。
    案外、ちゃんとした呼吸はできていないものだ。

    臍下丹田に意識をもっていき、3秒吸って、2秒とめる、15秒はき続ける。
    これが「斉藤メソッド」

    リラックスしたいといき、焦っているとき、頭に血がのぼっているとき、心と体の安定に正しい呼吸は必要。

  • 呼吸に関する本は結構読んでいる。
    この本を見る度に呼吸について意識する大事さを痛感する。
    息を吐く事=死んでいく
    息を吸う事=生きていく
    という発想が面白い。
    「呼吸の本」谷川さんの本よりもこっちの方がよっぽどいい。
    しかし、何というのか内容にもう少し厚みが欲しいね。

  • 斎藤孝先生、呼吸法の大切なことがわかりました!

  • 生きることの基礎
    呼吸は当たり前にある
    ゆえに奥が深い
    「3、2、15」
    これで丹田の呼吸が可能となる
    身体
    見直すきっかけとなった

  • 呼吸というより、息に関する話。作者の気に関する記述が興味深い。呼吸の結果が気らしいが、順番を付けてもしょうがない。どちらも身体と世界をつなぐモノ。リラックスしてジャンプし続けると細胞が生まれ変わるそうだ。面白い表現だ、イメージしやすい。

  • 斉藤孝 がファンというわけではないのですがまた読んでしまった。。。

    日本の文化が息の文化だったという切り口からカルト宗教や
    教育論まで展開させるのはさすが 

    生理化学的な表現があまりないのにおもわず納得させられるのは
    信念にも近い確信からではないだろうか

    いろいろな日本文化の型の重要性を説いているが呼吸を意識したものなのだろう

    三・二・十五の呼吸の型をためしてみるもいいかもしれない

  • 【概要】
    呼吸は身体と精神を結びつけるもの。日本には息の文化があり、呼吸を整える型を使い、心身をコントロールする術が伝えられた。ザビエルなど、鎖国時の日本人に触れた西洋人は日本人の感情抑制力に感心している。
    臍下丹田を意識して、3+2+15の呼吸=3秒吸って、2秒止めて、15秒掛けて吐き出す。これで深い呼吸を身につけると、からだは疲れにくく、集中力が高まる。

  • 読みやすくて良い本です。

  • 息とは一つの身体文化。腰と肚(はら)の構えがしっかりすることで肉体に力強さが
    みなぎり、腰や肚の据わった状態とは、腹で深い息をすることによって可能。
    腰肚文化とは紛れもなく呼吸力。
    ヨガとは心の在り方と呼吸の仕方の関係。
    息はその身体と精神を結びつけるもの。犬や猫などをなでていると精神が落ち着くのもその呼吸を
    感じることによってくつろげるからなのです。

    ◆丹田呼吸法
    丹田とは、へそから指3本分下の位置。丹田を軸にして息を長くゆるく吐く。
    鼻から3秒吸って、2秒お腹の中にぐっと溜めて、
    15秒かけて口から細くゆっくり吐く。慣れてきたら15秒⇒25秒というように伸ばしていってもよい。
    時間をかけてゆっくり吐くと、丹田に力を込めて横隔膜をそのまま下げられる。
    口呼吸では脳が働きにくく、集中力が続かない。
    鼻から吸うことで脳に酸素がいきわたりやすく意識は覚醒し精神は安定する。


    ◆呼吸は吐くことが大事。
    呼吸によって精神が調えられるというのは、現在そのものを
    生きるという状態。蓄積したものを振り棄てた心の安定。(禅のスタイル)
    捨てていく美意識・・・捨てることによって人はすっきりし、
    エネルギーが満ちてくる。常にエネルギーが入る器を用意する。
    吐くときのコツは、息を全うさせるときは鼻から吐くのがいい。
    意識的に長くゆるく吐く場合ははじめのうちは口をすぼめて吐く。
    鼻から吐こうとするとなかなか息を溜められない。

    ◆呼吸で時間をコントロール
    本を音読して一息でどこまで読めるか計る。初心者で2行くらい。
    強者になると5,6行くらい。
    一息が何秒間ぐらい続くのかを知るバローメーターになる。
    この方法で脳の集中力と連動し読書スピードが格段に上がる。
    一息の長さを重要視すると脳が高速回転するので生きている時間の密度が
    濃くなっていく。

    ◆シェイキング1分 でリフレッシュ
    からだを揺さぶり、息をハッハッとどんどん吐いていく。
    膝をゆるめて立ち、屈伸を使って軽くジャンプ。
    手もブラブラさせながら自由に身体をほぐす。
    からだの細胞が入れ替わり、呼吸がゆったりしてくる。



    両手を合掌することによって、からだが一つのまとまったものとして
    感じられ、それが宇宙という大きなものとつながっている。


    かつて毎日何キロも歩いて学校に行くといった暮らしをしていた子供は呼吸が
    強く、安定した呼吸の持久力があった。しかし今は昔の生活様式が
    崩れて急激に衰えた。

    テンポのいい動きは必ず呼吸と連動している。
    呼吸のリズムがよく流れだしたら人は疲れない。

  • 3秒吸って、2秒溜めて、15秒で吐く

  • 齋藤式「3・2・15」呼吸法、私も実践しています。緊張を解きほぐしたいとき、腹が立ったとき、集中したいとき、リラックスしたいとき、効果があります。(2008-05-21読了)

  • 呼吸を意識してみると、それだけで人生観が変わるという不思議な発見が!

  • 武士道に顕著に現れるように、日本には「息の文化」がある。
    吸う・溜める・吐くを3・2・5秒のリズムで技化することにより精神的・身体的にメリットが生まれる。

  • 2007/04
    呼吸法は小学校の科目にすべき!

  • 友人に教えてもらった本。ストレスがたまっているときは呼吸も速くなりがちです。そんなときこそゆっくり腹式呼吸をしましょう。

  • 呼吸とは、無意識レベルでもあり、
    意識化することもできる非常に特殊な運動だ。

    呼吸はふつう心臓の鼓動のように無意識で行うものだ。
    呼吸のリズムが精神的状態にかなり左右されるのもそう。

    逆に、その呼吸を意識的にコントロールすることで、
    精神や無意識といった世界にアクセスできるようになる。
    誤った呼吸法を続けると、精神に異常をきたすこともある。

    こういった生理的な心理現象を悪用した
    宗教やオカルト団体がいっぱいあるらしい。
    そういった呼吸と精神との繋がりが詳しく書かれている。

    この著者が様々な呼吸法を体験して行き着いた方法は、
    「3秒吸って、2秒溜めて、15秒で吐く」というものだという。

    しかし呼吸というのは生まれてから死ぬまで80年間続ける
    わけだから、人生の3分の1の睡眠と同じぐらい大切なのではないか
    と思ったりするわけである。

  • 「声に出して読みたい日本語」とともに一読しときたい。呼吸法って大切なんですよ。

全26件中 1 - 25件を表示

呼吸入門を本棚に「読みたい」で登録しているひと

呼吸入門を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

呼吸入門を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

呼吸入門の作品紹介

3秒吸って、2秒溜めて、15秒で吐く。これだけで、からだの力が劇的に高まる。斎藤メソッドの原点にして集大成。かつて日本人が持っていた「呼吸力」を取り戻す感動の書。

ツイートする