おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)

  • 148人登録
  • 3.69評価
    • (20)
    • (14)
    • (42)
    • (1)
    • (0)
  • 25レビュー
  • 角川書店 (2005年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048839068

おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)の感想・レビュー・書評

  • ほぼ日刊イトイ新聞に連載されているエッセイ。
    夢のように素敵なホテルやレストランの料理やサービス、粋やオシャレな振る舞いのこと。
    夕飯にカップヌードル食べる身で読むものじゃない気もするけど、"こんな世界があるんだ!"と目を見張るのが楽しい。
    いつかこのエッセイで得た知識を必要とする日がきますように・・・。

  • 相手に合わせてみせる寛大な姿勢が男を堂々と見せる
    レストランだけでなく食事をする上での抑えておくべきポイントが分かりやすい、経験談もおもしろい

  • 再読

    読み返すと印象に残ってるエピソードが多くて、驚く。

    ハレクラニのオーキッドのベストなテーブルや、
    着替えにホテルに戻るNYのダニエルや、予約の電話の時間帯。

    レストランってやっぱり楽しいね。

  • とにかく面白いし、食事に対して真剣な方の考えが刺激になります。
    これだけ真摯なお客さんが増えて欲しいし、それに応えられるお店も増えて欲しい。

  • ほぼ日で現在も連載されているレストラン・・・最近はそれよりも大きく「楽しい食事」にまつわるあれこれのお話しになってます・・・の、食事を楽しむ為の本。
    決してマナー本ではない。

    サカキさんがご贔屓にされているお店に胸を張っていく機会にはそうそう恵まれませんが、どんなお店でも楽しい時間を過ごしたい気持ちは同じだと思う。
    大人の為のお店を存分に楽しむ人の文章は気品とかウィットを感じる。

    大人の楽しみを、分けて頂いてる気持ちで拝読。楽しい。

  • 社会人1年生すべてに読んでほしい本。レストランのスマートな利用の仕方って、意外に知られていないと思う。

  • 外食好きには割とオススメのレストランマナー本。って言うより著者のエピソード集。

    こんな外食生活送ってみたいですねぇ。(太りそうだけど…)

  • ほぼ日での連載。いつも楽しみにしています。なんというか文章に艶があるというか「それはまた次の機会に」と終わられると、ジリジリしてしまう。
    そんなわけで、まとめて読んでみることにした。

    高級レストランに行く機会なんて、ほとんど無いけれど、漠然と戸惑ってきたことを軽やかに解決してくれている。これからは、もう少し自信を持って食事にのぞめそう。

    「一緒に食事をする相手の装いに合わせる。これが一番のハンサムさだと僕は思います。一緒に食事をする人が楽しく食事をまっとうできるように心を配る。これがハンサムな人がすることだと僕は思うのです。」
    「ナプキンはライブパフォーマンスにおけるステージの幕である。」
    「一旦、幕をあげたら、舞台が終わるまで下ろしちゃいけませんよ!」
    「最後の最後まで、自分はどんな料理を食べたのかわからないままお腹だけがいっぱいになる、なんてことも多い。でもそれでいいんだ、と思う。楽しかったら、それでいいんだって。」

  • ほぼ日連載コラムの書籍化。
    格式張ったレストランに行く機会はこの先そうは無さそうだけれど、
    読み物としても十分楽しめるし、
    知って損はない雑学が充実。
    なにより食べることとお店の人との触れ合いが実に楽しそう。

    書籍化にあたって、登場する店名も明かしている。
    一つでもいつか堪能してみたいもの。

    【図書館・書籍は初読・8/24読了】

  • うーん、札幌ぐらいだとこの本のノウハウを実践できる店は多くないだろうな。

    でも、食事するときのちょっとしたヒントにはなると思う。
    たぶんこれから使う機会がそうあるとは思えないけれども。

    場末の焼鳥屋でビールと焼き鳥、締めて数千円って状態じゃーなぁ・・・(滝汗)

  • 表面上のマナー・テクニックもどき、ではなく、ハートでいいお店をより一層楽しみたいと思っている方へ。

  • 実践できるかどうかは別としてよ?勉強になります。

  • そういうことを考えるべき年齢になった、ということか。
    参考になった。

  • このサイト連載を読んでいて、私は
    「ソースはきれいにパンでぬぐってもいいんだ! むしろ、シェフは喜んでくれるんだ!」
    と、喜んだのだけれど、その記事が見当たらなくて……
    本の中にもなかった。どの記事だったろう。

    おいしくご飯をいただくには、食べる側の準備も必要なんだと学んだ本。
    「おいしい」って伝える。
    自分が「おいしくいただきにきた」ことを伝える。
    「おいしくいただくために、ふさわしい格好や、時間帯は?」
    「やっていいこと、いけないこと」

    どうしても残さないとお腹の限界って場合は、「どれを残したら、シェフに怒られますか」って聞いてみる、とか(笑)

    普段行けないような、高いお店の話が多いけれども、どこででも通じる、心の使い方。

  • お店で偉そうな態度をとるお客さんを見ると悲しくなります。客ならなんでもしても良いってわけじゃないんですよね。お店で食事をするのは家に招待されてご馳走になるぐらいの気持ちでいたいものです。サカキシンイチロウさんの姿勢は参考になります。

  • 内容どうのこうのよりも
    英語が話せるってやっぱいいよなって思いました。

  • 2008年5月23日読了。レストランを楽しむコツを外食コンサルタントのサカキ氏が紹介する本。ほぼ日での連載は私も愛読していたが、著者の暖かい人柄が伝わってきて面白い。自宅でくつろいだ食事を楽しむのもいいが、「レストラン」に行きたくなるな。友人とふらっと居酒屋に立ち寄って飲む、だけが食事の楽しみではない。予約して・待ち時間を過ごし・食事をいただき・会話に華を咲かせ・気持ちよい気分でレストランを後にする。こういう楽しみ方を私も心がけたい。

  • レストランで食事をすることは、大人の愉しみ。

  • レストランでのエピソード集、そして気軽なマナー本。
    ここに紹介されているようなお店とは縁がありませんが、こんな素敵なことが行われていると知ってしまった以上、行かずにはいられない。
    …今はまだムリですが。

  • 2006/10/7  エピソード集として。

  • 今までに様々なレストランに行った著者が色んなエピソードを交えてレストランでの様々な楽しみ方を教えてくれます。

  • レストランの予約の仕方から、世界中の一流のお店を搭載しています。

    本物を知りたい方にぜひ、読んでいただきたい。

  • 高級なレストランなんて、肩がこるしめったに行かないけど、もし「今日は特別な日だからお店の人と一緒に祝いたいな」とぱっと思えるお店があればすてきだと思いませんか?

全25件中 1 - 25件を表示

おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)を本棚に登録しているひと

おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)の作品紹介

とっておきのお店の常連になって、メニューにはない究極の味を楽しむ-。これぞ、コドモには教えたくない大人の贅沢。そんなおいしい店とのステキな関係を作る秘密をこっそり、でも、丁寧にお教えします!サカキさんオススメのレストラン連絡先つき。

おいしい店とのつきあい方―サカキシンイチロウの秘密のノート (ほぼ日ブックス)はこんな本です

ツイートする