13歳からの反社会学

  • 259人登録
  • 3.67評価
    • (18)
    • (25)
    • (28)
    • (8)
    • (0)
  • 36レビュー
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048850759

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
パオロ ・マッツ...
村上 春樹
ウォルター・アイ...
パオロマッツァリ...
村上 春樹
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

13歳からの反社会学の感想・レビュー・書評

  • 何を学べば良かったのかブレる

    反社会学の社会の見方?
    深堀する箇所は単純に著者の関心の強い分野だから?

    非常に眠くなる本でだいぶ時間がかかったけど、寝る前の本としてちょっとずつ読み進め、読み終わりました

    2015.11.22

  • これからパオロ氏の本続けて何冊か読みます。
    夏休みの課題図書Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

    13歳からのなだけあって、お金を拾って暮らせるか(データを使って考えよう)、図書館とネット検索、アンケートやレビューの面白さと罠、といった身近でフランクな話題が◎でした。

  • とても面白かったので家族に勧めた。

  • 世の中の様々な情報の読み方から、考え方や生き方を楽しく学べます。偽善者になれ、偽善者以下にはなるな。目からうろこです。201406

  • いくつか役に立つ箇所があった。しかし、大部分にはあまり興味を持てなかった。

  • 毎度毎度面白い。特に真新しいことが書かれているわけではないけれど。大まじめにフザケているようでもあり,フザケているように見えて大まじめのよう。
    中学生だけでなく,高校生や大学生が読んでもいいと思う。

  • ななめ読みでした
    すみません

  • 13歳からのって書いてあるけど、対象年齢はもっと広いよねー。それにしても社会学っていい加減だな。てか、世の中がいい加減なのか。だからって全部しっかりすべきだ、という趣旨でないところがまたイイ。

  • 物事を見る視点を変えるヒント。

  • やっぱりパオロさんはリテラシーあるな、と。
    この人の言うことが全て正しいとは思わないけれど、モノの見方はとても面白い。

    これからブクログに本を登録しても、星は付けないことにする!

  • ・2/19 半日で読了.主張の基本路線は変わらないが子供でも理解できるように説明してるためか、あまり目新しい話題はなかった.偽善と言われても行わないよりはましという主張も、行動しないと意味が無いという点で賛成だ.今回もなかなか面白かった.

  • マッツァリーノ先生の中学生のための反社会学講座。
    四角四面の考え方にならないための処方箋が満載なので、中学生諸氏は必読。まあ大人にとってもためになることはたくさん書いてあるので必読。個人的には図書館の使い方は参考になりました。

  • 相変わらず,チャラい表現の中に,ズバッと社会をエグる鋭さがあります。批判的思考を研究している心理学者の本よりも断然有効だと思います。


    *****
     数字をゴールと考えるのが,そもそものまちがいのはじまりなんです。数字はものごとを考えるためのスタートラインにすぎません。表面上の数字だけでものごとを単純に判断するのは,それこそ無意味です。数字が出てきたら,必ずその意味と中身を検討しなければいけません。(p.16)

     データを見ようとしないバカは,スタートラインにつかないうちから勝手な方向へ走り始めちゃってます。データしか見ないバカは,データを出せばゴールに着いたとカン違いしちゃってます。(p.17)

    常識を破るアイデア(ボケ)を出して,それを常識(つっこみ)で検証する。こどものように自由に発想し,オトナの常識で検証する。この繰り返しがアイデアを磨いていいものにしていくんです。(p.40)

     本や雑誌やネットには,お金もうけの法則と称するものがたくさん書かれてます。それが本当だったら読んだ人は一人残らずお金持ちになるはずですが,実際にはそうなりません。なぜなら,その法則が発表されるころには,すでに社会の状況が変わっていて,法則が役に立たなくなっているからです。(p.53)

     どれだけものを知ってるかは,たいして重要な能力ではありません。知らないことをゼロから自力で調べられる能力のほうが,よっぽど大事です。(p.57)

     知識か教養かなんて包装紙の違いをうんぬんしてもしかたがないじゃないですか。一皮むけば,どちらも単なる情報です。大事なのは,欲しい情報をどうやって探すか。そしてその情報を,現実の自分の人生でどう活かすかってことですよ。(p.60)

    英語ができる人,ではなく,英語もできる人,にならないとね。(p.73)

     勉強したことをきちんと理解できて,アタマの中が整理されれば,整理された美しいノートを作れる。それだけのことなんです。アタマの中がごちゃごちゃしてる人には,美しいノートは作れません。美しいノートは,習ったことを理解しているという結果であって,原因ではありません。だから,美しいノートを作れば成績がよくなって東大に行けると考えてる人がいたら,それはまちがっています。(p.124)

     肝心なのは,決してだれもウソはついていないという点なんです。なのに,解釈の違いや数字の切り取りかたによって,いろんな結果が導き出せてしまう。これが,アンケートのおもしろいところだし,コワいところでもあるんです。(p.134)

     アンケートというのは基本的に,自分に都合のいい結果だけが発表されるものなんだと思っててください。自分たちにとって不利な結果が出たら,調査そのものをなかったことにして,闇に葬るって選択もあるんですから。(p.152)

     なにかの欠点や問題点を見つけ出すだけの知能はあるのに,そこから先を考えようとしない。思考が停止したままの,残念な人。
     問題点を指摘するだけなら凡人。問題を正しく分析できれば秀才。問題解決の具体的なアイデアを出せるのが天才です。(pp.240-241)

     たった数例の現象だけでものごとの原因や結果を決めてはいけない,というのも,たしかに統計学の方法論としては正解です。しかしその正しいはずの方法論が,逆に被害を拡大させてしまうこともあります。
     なに? わが社の製品を食べた人が中毒症状を起こして入院した? 一緒に他のものも食べたんだろ? だったら,わが社の製品が原因だと決めつけるな――
     え? わが社のクルマが走行中に,部品がはずれて事故を起こした? たった数件だろ? もしわが社の設計に問題があるのなら,何万台も生産してるクルマが全部不具合を起... 続きを読む

  • 面白かった
    大人が読んでも十分楽しめる本

    「批判よりも感想を」に賛成です

    ご気分レビューの例
    主張にブレがない ⇔ バカのひとつおぼえ
    新境地を切り開いた ⇔ 迷いが見える
    いいとこどり ⇔ どっちつかず
    論旨にキレがある ⇔ きめつけが多い
    誰にでもわかりやすい ⇔ 大衆に迎合している
    新進気鋭の著者が頭角をあらわした ⇔ 未熟な青二才が的外れな理屈をこねただけ
    円熟 ⇔ 耄碌

    あはは、言葉をこう使うと一見賢く見えるという一例です

  • パオロさんは、至極まっとうなことを、面白く書くことができます。無茶苦茶なことを面白く書く人や、まっとうなことをつまらなく書く人は多いので、非常に貴重な方ではないかと。

  • 「14歳からの社会学」を読む前に「13歳からの反社会学」を!

  • タイトルには「反社会学」と書かれているものの、 
    まっとうな意見が書かれていたと思います。 
    1つの事象について1つの情報を鵜呑みするのではなく、 
    いろんな面から考えましょう。 
    そして、批評するだけでなく行動しましょう。 
    ということでしょうか。 
    ・社会に出たら、理屈こねるだけでなく、行動しないと評価されません。 
    、、、確かに! どう行動するかが問題だ!!

  • もうちょい文章があると嬉しい三十路ですが13才向けなのでそこは求めたらいけない。

    ウラをとれ!

  • 中学生から面白いから読んで!とおススメされました。確かに!なるほど~という話がたくさん。ブクログレビューの★の評価方法も考えないとね。

  • 図書館とインターネットを使った調べ方とか、資料データの読み方とか、の基本を押さえつつ、ちょっと背伸びしてすぐに陰謀説だのを嘯くかわいい中学生にはぴったりかも。読みやすさとおもしろさ満点。(i44)

全36件中 1 - 25件を表示

13歳からの反社会学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

13歳からの反社会学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

13歳からの反社会学を本棚に「積読」で登録しているひと

13歳からの反社会学の作品紹介

13歳から120歳まで、誰もがわかる面白さ。オトナの社会や情報を面白く見るコツを学ぶ特別講義。

ツイートする