聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)

  • 58人登録
  • 3.10評価
    • (2)
    • (4)
    • (10)
    • (2)
    • (2)
  • 12レビュー
著者 : 田中啓文
  • アスキー・メディアワークス (2012年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048862165

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)の感想・レビュー・書評

  • ジャズといえばクイーンのアルバムを連想してしまう程その方面には疎いのですが、ひとまずこの本に紹介されてたCDを聴いてみようっと。

  • ジャズ、と一言に表せども、その内に含まれる表現は多岐に渡るため、どうしても縛りが必要になる。

    ということで、本書はジャズの中でも「フリージャズ」を中心に国内外のアーティストを取り上げていく。

    文字を追うだけではさっぱり音像は伝わらないが、題名の指し示す通りこれらは「聴いたら危険」なシロモノ。

    片っ端からググって聴いてみよう。

  • 確かに、聴くジャズの幅が拡げられたかも。刺激的ではあるな。

  • よし聴くぞと決心が必要な音楽を海外と国内のミュージシャンにわけて紹介してくれる。
    最近、まともに音楽に向き合って聴くことが少なくなったなぁと痛感、久しぶりにCD棚から引っ張り出してみようかなと思える愛情あふれるガイドブックでした。

  • そろそろフリージャズに手を出すか。

    引用
    「マイルスが死んでジャズは終わったというひともいますがそれはとんでもない誤解です。各地のライヴハウスでは、若いミュージシャンたちが「今の音」を熱く奏でています。 本書は、そういったジャズに関する誤解を解く本です。現在進行形のジャズは、実はパンクと同じぐらい過激で、ポップスと同じぐらい楽しく、ヒップホップと同じぐらい身体に感じる、かなりヤバくて激アツで全身を直撃する音楽なのです。とくに「フリージャズ」と呼ばれるジャズは、その成立から、小むずかしい、わけのわからない騒音じみた、政治や思想臭がつきまとう、頭でっかちの音楽だと思い込んでいるひとも少なくありませんが、それは100パーセントまちがっています。実はこんなにわかりやすい音楽はありません。なぜならフリージャズは頭で聴く必要がないからです。身体で聴けばいいんです。フリージャズこそ、めちゃめちゃおもしろく、なーんにも考えなくても(もちろん考えてもいいんですが)ただただ楽しめる、かっこいい、ガツンとした手応えのある音楽なのです。」

  • 日本人フリージャズミュージシャンの紹介は良かったですね。
    少し CDを探してみましょう。

    1975年前後に聴いていた頃より今の方がリラックスして聴けるのは年のせいか。

  • 現代の奏者部分は飛ばし読み

  • 数多のジャズ入門書とは異なり、扱うジャンルはフリージャズ。現在・過去、日本のフリージャズミュージシャンと代表作を紹介。個人的に好きなジャンルなので参考になった。ただ現役ミュージシャンの項が管楽器に偏っている印象。

  • ヘンタイ的音楽にはだいぶこなれている方だと自認しているが、まだまだこの宇宙ではせいぜい月に到達した程度のものだからありがたい本である。
    この旅路はほとんど孤独なもので、わかちあいというものがまずない。同好の士という人材が身近には見あたらないし、いたとしても気持ちわるいので避けてしまうに違いないからだ。ライブに行かないのにはそういう事情も大きいかとおもう。
    これからも人知れずシコシコを続けてゆこう。良い刺激になった。

  • フリージャズなんてハードルが高そうなものの入門書が新書で出る時代というのは、いい時代なのかどうかよくわからん(笑)
    こういうのは、まず聞いて体感するのが一番。

  • まあ危険な本だことヽ(゚∀゚)ノ 
    それなりの目的で、女の子を部屋に連れ込んで「ジャ、ジャズでも聴く?」と少し声をうわずらせながら、「趣味いいんだね」といわれてさらにもう一押しというときに、ここに載っている曲が流れたら……危険だ∩(・ω・)∩

    「この人の小説すごくかっこよくておもしろいんだよ」と『落下する緑』を貸したつもりが、隣に置いてあった『星の船に流れは光』を好きな女の子に貸してしまったくらいに危険だ ヽ(´ー`)ノ

    田中啓文が理屈じゃなくて、聴いてわくわくしたのであろう曲、奏者の紹介本だから、読む方もyoutubeなんかで探して聞いてみて好みのものを探せと……入門なのか?

    ちなみに田中啓文自身サックス奏者。しかし小説でも超絶技巧と畳みかけるような言葉の嵐と、ふと全く別の方向から何かが絡んでくるフリージャズのような『星の船に流れは光』『罪火大戦ジャン・ゴーレ』があるので、そちらも是非お読みを。

全12件中 1 - 12件を表示

聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)はこんな本です

聴いたら危険! ジャズ入門 (アスキー新書)のKindle版

ツイートする