ブクログ大賞

新約 とある魔術の禁書目録 (4) (電撃文庫)

  • 789人登録
  • 3.41評価
    • (18)
    • (45)
    • (65)
    • (20)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 鎌池和馬
制作 : はいむら きよたか 
  • アスキー・メディアワークス (2012年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048863735

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

新約 とある魔術の禁書目録 (4) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • ★★★ 3 うーん、話が膨らみすぎて読んでいても何が何だか分からなくなってきた。 上条さんを含まないバトル小説として読む分には良かったけど、逆に上条さんが出てきたことで訳わからなくなった。話がマンネリ化してきて新しいことを試みようとするのは分からなくはないけど、余計に読んでいる読者が混乱してしまった気がする。(自分は非常に混乱しています。)今後は「魔神」がキーワードになってくるのかな。取り敢えず、次も読んでいこうと思います。

  • 学園暗部バトルロイヤルから久しぶりの全編通してバトル三昧。という訳で1冊で戦闘レベルがかなりインフレしたなあ。今までに出た強キャラたちをまとめて片手で薙ぎ払うクラスの超強キャラがわらわらと出てきてしまった、この後どうするの?という感じ。

  • 「甲賀をのし上げるための足掛かりを手に入れてみせる」
          『ナチュラルセレクター』の選手。『財宝』のために参加した『くノ一』  近江手裏
    「誰もいないのも、それはそれで不気味じゃないかね?」
          学園都市から『人探し』でやって来たメイド服の少女  雲川鞠亜
    「……さて、と。『お色直し』の方も終わった訳だし」
          反学園都市サイエンスガーディアン主催の格闘大会『ナチュラルセレクター』の参加者  サフリー=オープンデイズ

    「君達と戦っても私に特はない。私は『木原』に特化しているしな」
          木原とグレムリンの争いを注視する謎の人物  ヘルメットの男

    「学園都市にダメージを与えられりゃあ何でも良い」
          科学と魔術が融合した組織『グレムリン』正規メンバーの魔術士  ウートガルザロキ
    「こーんなもんかよー……? 噂の学園都市ってのはぁー……。アンタらホントに第三次世界大戦の勝利者な訳?」
          科学と魔術が融合した組織『グレムリン』正規メンバーの黒小人  マリアン=スリンゲナイヤー
    「もっとシンプルにいけば良いのに。シンプルにしてしまえば良いのに」
          科学と魔術が融合した組織『グレムリン』正規メンバーの魔術士  シギン

    「そんじゃー始めますか暇潰し!! ちょいと変則的になりますが、ロシアンルーレットのお時間でぇーっす!!」
          『体験』を司る、『木原』ファミリーの一人  木原乱数
    「あなたはだあれ?」
          『木原』としては及第点とは言えない少女  木原円周
    「ば・れ・て・し・まっ・て・は、仕方がありませーん!!」
          『諦め』を司る、『木原』ファミリーの一人  木原病理

    【あらすじ】

     ――『11月13日より、我々反学園都市サイエンスガーディアンニ七社は東欧のバゲージシティにおいて、格闘大会「ナチュラルセレクター」を開催します』――

     そのアナウンスが始まりだった。
     第三次世界大戦を契機とし、反学園都市勢力は各地で様々な抵抗運動を模索していた。この『ナチュラルセレクター』では、トーナメント制の異種格闘大会を通じ、『超能力を凌駕する「異能」を証明する』ことを目的とした。それは、学園都市のアイデンティティを根元から破壊することに他ならない。
     魔術と科学の融合組織『グレムリン』の手を借り、その策謀は進む。
     そして。
     学園都市はそれを許さない。
     これは、たった三人の『木原』と。たった三人の『グレムリン』。それだけでは済まない、最悪の騒乱。

    【あとがき】

     四冊目!! 今回は本編があれなので、いつもの章立てを排除しています。これは『次に起こる出来事を予測できないようにして、誰が死ぬか分からない状態にさせる効果』と、終盤に明かされる『ルール』の話を物語全体の構成に組み込むためにギミックだったりします。
     今回のテーマはミクロとマクロの関係性についてなのですが、章立てが存在しないので一つ変則的に、主要登場人物について語ってみたいと思います。物語を動かしているキャラクターを知っていただく形で、今回のお話を改めて総括していただければ。

     木原乱数。
     脳に影響を及ぼす化学物質の研究者。第五位のファイブオーバーを作るにはどんな技術が必要かな、という所から膨らんだキャラです。
     使っている技術自体はトリッキーであるものの、今回出てきた『木原』の中では内面的に一番スタンダードで、分かりやすい人物像だったと思います。一族内のランキングは中の下、といった所。『世界的なスポーツの祭典を観て、あんなことを考えちゃう人間』という辺りから、木原らしさとは何かを知っていただければ幸いです。
     本編で... 続きを読む

  • 東欧のバゲージシティで、反学園都市サイエンスガーディアンが「学園都市に代わるグローバルスタンダードな異能の力を構築する」という目的で、トーナメント制の異種格闘大会「ナチュラルセレクター」を開催します。

    そこに、魔術と科学の融合組織「グレムリン」のウートガルロザキ、マリアン=スリンゲナイヤー、シギンたちが潜入します。一方学園都市は、「グレムリン」の企図を崩すため、「木原」と呼ばれる戦闘集団をバゲージシティに送り込んできます。そして、それぞれの思惑を持ってこの場所へとやってきた、「ナチュラルセレクター」の参加者のサフリー=オープンデイズ、雲川芹亜の妹のメイド少女・雲川鞠亜(くもかわ・まりあ)、くノ一の少女・近江手裏(おうみ・しゅり)、そして上条が、「グレムリン」と「木原」という2つの勢力と渡り合うことになります。

    そんな中、かつて子どもたちを守るために「木原」を解放した木原加群(きはら・かぐん)が、みずからの罪を決済するために、バゲージシティへとやってきます。彼は、「木原」と「グレムリン」の戦いの中で、自身の願いを叶える機会をつかみ、そのまま命を落とします。

    ところが、木原加群の死を知った「グレムリン」のマリアンは、悲しみのあまりこの世界への憎しみを爆発させます。学園都市の研究者である木原加群は、「グレムリン」のベルシという、もう一つの顔を持っていたのです。ベルシの復讐のために暴走するマリアンの前に、上条が姿を現わします。

    戦いは上条の勝利に終わり、めでたしめでたしかと思いきや、終盤にもう一波乱が待っています。「ワルキューレ」と「聖人」を兼ね備える女性・ブリュンヒルド=エイクトベル、「魔神になるはずだった男」オッレルス、そして魔神オティヌスといった、この物語の根幹につながるキャラクターが終結することになります。

    さまざまなキャラクターの視点から、少しずつ物語の全貌に迫っていく群像劇のような構成になっています。ただ、全体像がぼかされているため、いたずらにストーリーを分かりにくくしているだけのような気がしないでもありません。

  • 9784048863735 468p 2012・3・10 初版

  • 買ってから読むまでに1年と4ヶ月もかかったでござる(苦笑)次のを読み始めるのはいつになるかしら?

  • 舞台は反学園都市、バトルはグレムリンと学園都市の木原一族だけど、巻き込まれる戦士達と当麻ってとこかな。小刻みな章分けは読みやすかったけど、新登場のキャラもバトルも乗れなかった。実際、新キャラの何人が生き残ったんだろう?このパターンで進行するのなら、ちょっと離れるのもいいかな・・

  • ブクログ登録日以前の読了の為レビュー無しです
    ※興味グラフ表示させる為に入力してあります

  • もう名前見ても誰だか把握できないくらいに登場人物多過ぎ、うんざり気味。
    流れや雰囲気を把握できればいいやって読み方をしている。

    いつ頃終わりを迎えるのだろうか…万が一、未完になったら、すっごくもやもやしちゃう。
    一応、最後まではお付き合いする所存ですがね。

  • 新約になってから登場人物とテーマが複雑すぎて何だかわからなくなってきた。

  • まぁミクロ系マクロ系は設定なのでおいて置くとして、最後のあたりの戦闘シーンはさすがにどうなんだろう。

    服を裂いた布で、ふさぐってどんな状態なんだろう。人でも建物でもぶっ壊すぐらいの高圧エアを指を抑えた状態に出来るって、すごい硬さだ。

    穴をふさぐのではなく、穴のコントロールを乱させるだけなら、布である必要がない気がするなぁ。服破いてまで。重力に引き寄せられるように布ってこと?

  • 無印の終盤から新訳にかけて、大分流し読みが続いていた禁書目録ですが、久々に気合入れてガッチリ読んでみた。

    ひとつひとつのシーンは悪くないんだよね。確かにワンパターンではあるけど、ここまで書き重ねて来ただけのことはあるなと。

    ただ、やっぱり話を広げすぎて、全体の方向性が全く見えないのが残念。頑張ってたたんでほしい。

  • よくわからないタイミングと場所での急遽木原軍団発生。そしてあまり物語本流には影響をあたえず退場。少し蛇足ぎみの巻かもしれない…。てか最近元祖ヒロインのインデックスさんマジ空気。てか登場すらしない(笑)。

  • 主人公の出番少なかった。
    沢山わからん単語が出てきたから次巻で解説してくれることを期待。

  • 南国から寒冷地へ。死亡率が高くないでしょうか。マリアンのアレですが、もうライトノベルのレベルじゃないと思います。グロすぎです。

  • 2012 5/4読了。WonderGooで購入。
    木原一族VSグレムリンVSその他、のバトルロイヤル巻。
    出た端から使い捨てる勢いの展開に目が離せない・・・のはいいんだけど、最近厚くなり過ぎではないかねかまちー・・・。
    重くて風呂場で読めなかったので読了が遅れた。
    文庫であることの意義を見失った川上稔や京極夏彦のようにはならないでいただきたい・・・!

  • キャラ増えすぎて\(^o^)/

  • 今までのもそうだけど禁書は読解がむずかしい
    今回はほとんどシリアスパートだけでギャグがほとんどなかった
    新規キャラの能力や設定の説明だけ続いていて
    もう少しキャラ同士の普通の会話が見たかった

  • これはたった3人の「木原」と。たった3人の「グレムリン」。それだけでは済まない、最悪の騒乱。

    と帯にあったとおりの物語だった。前の3巻でハワイでいろいろすったもんだあったのは全てスルー、繋がりが不明なまま、新キャラだけで話が進む。最後にヒーロー上条当麻登場するも、どうやってハワイから来たんだ?最後はまたまた懐かしいキャラ出てきて次回に続く…

    どんな終わり方するのかもう全然想像できない!でもやっぱり読んでしまう、新刊買うのこれだけだよ。

    自分が生きてるうちに終わって欲しいな…

  • そこ広げるか!

  • うわうわうわうわ〜!!




    もうこの一言に尽きちゃうと思います


    科学と魔術のガチなぶつかり合いです

  • 各勢力の思惑、政治的駆け引きや戦争の描写、文章の実験的な構成。
    もうこれライトなノベルな気がしないです。
    人気のあるシリーズで登場人物も相当数いるのに、ほとんど新キャラだけで話を構成してしまうのには圧巻。

  • 厚かったけど、あっさり読めるのがいいですね。
    主人公がんばれ。
    敵対勢力が見えない悪意ではなく、血の通った人間だよっていう説明なのかも。
    と言うことは、次は激しい抗争になるんだろうね。

  • 前巻とは変わりレギュラーキャラクターがほとんど登場しない一冊。おいてきた美琴どうなったんだよ!ってことはさておかれます。

    そんななかかみじょーちゃんの主人公の性質の恩恵を預からないというところに着眼されております。いつもの展開は400ページを超えたあたりからお楽しみください。

全39件中 1 - 25件を表示

鎌池和馬の作品一覧

鎌池和馬の作品ランキング・新刊情報

新約 とある魔術の禁書目録 (4) (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新約 とある魔術の禁書目録 (4) (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新約 とある魔術の禁書目録 (4) (電撃文庫)の作品紹介

『11月13日より、我々反学園都市サイエンスガーディアン二七社は東欧のバゲージシティにおいて、格闘大会「ナチュラルセレクター」を開催します』 ―そのアナウンスが始まりだった。
学園都市のアイデンティティを根本から破壊することに他ならない、『ナチュラルセレクター』。
第三次世界大戦を契機とし、反学園都市勢力は各地で様々な抵抗運動を模索していた。
魔術と科学の融合組織『グレムリン』の手を借り、その策謀は進む。
そして。学園都市はそれを許さない。
これは、たった三人の『木原』と。たった三人の『グレムリン』。
それだけでは済まない、最悪の騒乱。

ツイートする