ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)

  • 258人登録
  • 3.72評価
    • (7)
    • (24)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
  • アスキー・メディアワークス (2012年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048864435

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)の感想・レビュー・書評

  • 以前読んだ「戦略PR」の続編的位置づけなので、スッと読み切ることが出来た。
    【自分ゴト】【仲間ゴト】【世の中ゴト】という、話題の影響範囲の捉え方が、大変勉強になった。
    話題になりやすいコンテクストで物事を考える、当たり前のようで出来てないこと。仕事に活かせそう!
    もう一つの印象的表現は、「ソーシャルメディアは消費者が主役の公園である」。前に一歩進む力をもらった気がする。

  • ・あなたの「企て」によって世の中を動かす「新しい時代の影響力、世の中を動かす新しいチカラ」それが「ソーシャルインフルエンス」

    ・多くの人に(商品やサービスを)購入してもらうためには、消費者の「他人ゴト」を「自分ゴト」→」仲間ゴト」→」世の中ゴト」へと変える必要がある。消費者の間にある「こんなことをしたい」「こんなものがほしい」といった空気から「戦略PR」で「カジュアル世論」を形成し、消費者に「気づき」を与え、「買う理由ができた状態」の消費者に、「あなたが探している商品はこれではないですか?」と解決策を広告で示すという連携がある。ソーシャルメディアこそが、これからの最大のパートナーであり、ソーシャルインフルエンスの本領が発揮される。

    ・2012年6月12日初版発行ですが、ソーシャルメディアに、ツイッター、フェイスブックと並んでミクシィが紹介されているところに、時の流れを感じるものの、その「戦略PRの一環として、ソーシャルインフルエンスを活用する(方法)」内容は、中々重要なものでした。

    ・日本には、ツイッター公園、フェイスブック公園、ミクシィ公園などがあるらしい。そしてスケールは小さいかもしれないけれども、こうして読「Booklog公園」で楽しんでいる私たちも、インフルエンサーやエバンジェリストの一人である。

  • 消費者の頭の中にある購買プロセスをできる限り再現してマーケティングチャンスを見つけ出す
    ターゲットごとにエンゲージメントプログラムを準備し、それぞれのレイヤーに属するユーザーに一段一段ハシゴを上がってもらう
    カジュアル世論で消費者に気づきを与え、買う理由を生み出した上で、その解決策を広告ぇ示す

  • 戦略PRとソーシャルマーケティングの二人がタッグを組んで、社会を動かすにはどういう手法や要点があるのかまとめた一冊。社会にかかわる人なら必読です。
    政治のことは一つも出てきませんが、なぜ関心を持たれないのかハッキリとセグメントされていて、それだけに他人ゴトから自分ゴトと思ってもらうためにも、地方政治の立場からこの手法にチャレンジすべきものがあると思いました。

  • 世の中をどう動かしたいのか。KPIはその手段。空気作り、自分ゴト、仲間ゴト、世の中ゴト。キャンペーンセントリックからオールウェイズオンへ。PR first Advertising second.ブーム化、トレンド化。拡散性、共有性、常時性。PRの役割、広告の役割。

  • ・情報やモノの溢れる今日を生きる私たちにとって、大概の物事は「他人事」=「意識的スルーの対象」である。

    ・「他人事」を「自分事」と思ってもらうために、商品に「『社会的』意味付け」をすること=コンテクストプランニング

    ・↑多少こじつけ感や突っ込みどころがあってもよいので、発想を大切にすること

    ・ソーシャルメディアにおける会話のネタを提供するマスメディア

  • 仕事の参考にと手にっ取った本。ソーシャルメディアマーケティング・戦略PRの各プロの共著となっておりマーケティングの未来を占う作品となっている。
    確かに現代は「いかに良いサービスを作るか」よりも「いかにサービスを使ってもらうか」の方が重要になっている気がする。

  • ○この本を一言で表すと?
     様々な媒体やその組み合わせによって社会に影響を与える手法を書いた本


    ○面白かったこと・考えたこと
    ・マスコミやソーシャルメディア等の新旧のメディアの特性や、それらを組み合わせた「影響」に関する戦略の話は、あまりそちらの分野の話を知らなくても読みやすく、面白かったです。

    ・メディア戦略の対象を具体的にどのようなアプローチで社会に認知させていったのかがよく分かって良かったです。

    ・影響力の与え方で「ベクトル」「範囲」「スピード」が変わり、そのためにチャンスとリスクの振れ幅が大きくなったという話はなるほどと思いました。(序章 「ソーシャルインフルエンス」の時代)

    ・「認知領域」「非認知領域」の軸と、「関心・高関与」「無関心・低関与」の軸の「関心×認知マップ」は、各領域をうまく区分できるなと思いました。AISAS等の購買プロセスの最初の認知の前に、高い関心を持つからこその探索があるからこそ認知が生まれるということ、日常のものであればその欠乏が再想起に繋がることを置いているのは納得感がありました。クチコミの狭い範囲で強力なネットワークとマスコミの広範囲のネットワークの対比とその用途の説明がされていて分かりやすかったです。(第1章 影響範囲をデザインする)

    ・ソーシャルメディアが広告媒体としてそれほど発揮できていないことをその立ち位置自体から書かれていて納得感がありました。一歩ずつ引き込んでいく「ラダー・オブ・エンゲージメント」はソーシャルメディアが流行り出したころから似たようなことが言われていましたが、ソーシャルメディアとマスコミを戦略的に組み合わせ、長期的に影響力を発揮していく「オールウェイズオン」型の広告戦略はあまり聞いたことがなく、うまくいけばかなり効果を発揮しそうだと思いました。(第2章 ソーシャルメディアマーケティングのこれまでとこれから)

    ・「戦略PR」という言葉自体初めて知りましたが、ものを販売することを直接促進する広告ではなく、「空気」を醸成するために展開する戦略というのは、外れた時の効果のなさが怖そうですが、うまくいけば長期的なブームを作り出せそうな手法だと思いました。「チャネル設計のコツ」としてマスコミによる「おおやけ」感、ソーシャルメディアによる「ばったり」感、インフルエンサー(影響力のある第三者)による「おすみつき」感の3つが挙げられていましたが、同時に展開すれば確かに効果がありそうです。(第3章 「戦略PR」の登場)

    ・「自分ゴト化」「仲間ゴト化」「世の中ゴト化」の三段階と、それぞれに対するアプローチのやり方を実践例を交えて書かれていて分かりやすかったです。自分の中のニーズを消費者に自覚させ、自覚した仲間同士の交流を促進し、潜在していたニーズが当然のことであると公のものにしてしまうという流れは見事だなと思いました。(第4章 「ソーシャルインフルエンス」を生み出す)

    ・「ソーシャルインフルエンス」を展開できるスキルが今後さらに重要になっていくという結論は納得できる気がします。(第5章 ソーシャルインフルエンスの明日)


    ○つっこみどころ
    ・「かなり広まった」「すごい影響力を持った」等の言葉が何度も出てきますが、どれくらいの話なのか、具体的な数字が書かれておらず、信憑性に欠けるところが多かったです。また、本当にそれだけの影響力を持ったのか違和感があり、自分が良く知らない分野だからかと思いましたが、2012年に出た本で「Google+」がかなりの影響力を持ったツールとして書かれているのはやはりおかしいと思います。

    ・話の流れが、根拠がないまま、納得感がないままに「AだからB、BだからC」と繋げられているように思いました。結論は感覚的に... 続きを読む

  • 初心者でもわかりやすい
    ストーリーが一気通貫していて、
    無理なく頭に入ってきた

    こういう本は、
    ほんとにありがたい

  • 忘れてた何かを思い出させてくれたし、明日からがんばろうと思った。

    もっと早く知ってたら良かったかも。
    日頃忙しいと、ゴテゴテになりがちな部分だった。ここを忘れると、すべてが無駄になりがちだというのに。

  • モヤモヤしていたソーシャルメディアの活用の戦略のたてかた、目標のたてかた、効果測定方法。何ツイートされたかって後でなんとなく眺めてても何も意味はないってこと。そして社会を動かすにはマスメディアと効果測定が必要で、そこにお金かかるのが悩み。
    けど、興味ない人に何千人か何万人かライクされても、単発だったら意味がないってはっきり言われて逆に楽になりました。将来に向けてちっさい集団目標からがんばろっ

  • 自分ゴト×仲間ゴト×世の中ゴト

  • ソーシャルインフルエンスは戦略PRとマスキャンペーンとデジタル領域が同じコンテクストで実施されることで成果を出す。
    webまわりってリーチ数はマスに比べたら少ないけどうまくやればエンゲージメントは高められる。
    でもやっぱりそこだけで完結してても全体的な課題解決には繋がりにくいから、全体的な設計が必要だと思う。
    そこの導線がしっかりしたモデルが確立すればもっと影響力が出ると思う。
    コミュニケーションデザインと共通する部分もあったと思うけれど、やっぱり心が動くことによる自分ゴト化が必要なんじゃないかなと個人的に思う。
    導線がしっかりしていても、「巻き込んでやる」って仕掛ける側の意図が見えてしまえば一気に白けてしまうだろうから。
    まだ確立はされてない分、やはり面白い分野。

  • ソーシャルメディアを使って世の中を動かす事。それが「ソーシャルインフルエンス」だ。
    基本的に自分が良いと思ったことは人に拡散する、ということがある。その第一関門が「自分ゴト」。すなわち自分が興味をもったり、感動したりすることだ。自分は「他人」ですよね。つまり企業が「あなた」に興味を持ってもらう事。たんに「素晴らしいでしょ」の連発ではダメなんです。人の日常に入り込むインパクトがないと。(これをマインドシェアを上げる、と定義)
    次に「仲間ゴト」。自分の仲間達なら誰でも知っている状況。仲間の話題になれば自然に自分ゴトにも取り込める可能性が高くなる。事例では「婚活」があげられているが、このレベルならフェースブックやツイッターで話題になれば良い。(100−150人の範囲)
    これを押し進めて「世の中ゴト」にすると爆発的に広がる。世の中全般が感心を持つに至ると、自然に商品やサービスが売れるのだ。

    本書ではここに至るために「エンゲイジメント」と「戦略的PR」を勧める。ソーシャルメディアでは「世の中ゴト」は作れないと断言し、仲間ゴトからの発展には広告との組み合わせが欠かせない。
    つまり「ソーシャルメディアで話題」ー>「ニュースで配信」のような流れが必要。
    さらにメディアで言うと「ウェブtoテレビtoウェブ」という流れを引き戻して売り上げにつなげるのだ。
    最後に広告を打った時だけ話題になるのではなく「Always ON」つまりいつでも話題になっている状況を作り出す。ソーシャルメディアを通じでエバンジェリストが自然に影響を与える仕組みだ。

    ということをつらつら読みながら考えると、やはりマーケティングには本当に戦略が必要なんだな、としみじみ思う。企業戦略やらIT戦略やらを専門としていた自分ではあるが、マーケティング戦略は門外漢。これはそれぞれがきちんと両輪となって組み合わないと企業の躍進はないのだな、と思った。
    マーケティングをもっと勉強しよう!

  • 『前略PR』の本田哲也氏と「キズナのマーケティング』他の池田紀行氏の共著とのことで、さすがに読んでおいて損はない。
    巻末には『次世代コミュニケーションプランニング』の高広伯彦氏との「鼎談」が収録されているのだけど、実は高広氏が最も強烈というか辛辣(。日本の多くの会社は「リゾート」にいるようなものだ、と(苦笑。リゾートで頭を空っぽにしていると、オンに戻ってしばらくは頭が回らないことがあるが、あれと同じ、と。「自分の頭で考える」習慣って、ほんと大切ですよね…って、この本の主内容はそこじゃない、って…?

  • 今年の抱負②:通勤読書の28冊目を読み終わりました。

  • とりあえずページには いいねボタンと、ツイートボタン つけたんだけど、拡がらないんだよねー、とボヤいているアナタは必読。

  • お金とヒトをかけられる企業向け、かなー。

    とはいえ、お金もヒトもかけられない企業さんにも
    考え方のポイントは十分有効。

    <自分ゴト 仲間ゴト 世の中ゴト>
    <キャンペーン×オールウェイズオン>
    とか、お金とヒトをかけなくても、やり方によっては
    ある程度まではなんとかなるもの、だと思う。


    広告だけでもダメだしPRだけでもダメだし、
    ソーシャル的なものだけでもダメ。
    ほなどないしたらええの?っていう今の時代の流れでいうと

    露出 関与 影響 行動

    この4つの段階それぞれに測定可能な評価指標を設けるというのが
    現実的な考え方なんでしょうね。

    勉強になりました。

  • 「ソーシャルインフルーエンス」は「戦略PR」と「ソーシャルメディア」が別々に行われるものではなく、「コミュニケーションプランニング」の中で、一緒に開発され、設計されるものだと。高広氏の『次世代コミュニケーションプランニング』をより具体的、実践的にした内容で面白かった。

全23件中 1 - 23件を表示

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)の作品紹介

世の中を動かすにはどうしたらいいのか?
現在のマーケティング施策に欠かせない“売れる空気”をつくる「戦略PR」や“消費者との絆”をつくる「ソーシャルメディアマーケティング」。個々の方法論はあるものの、それぞれに課題があるのも事実。

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)に関連するサイト

ソーシャルインフルエンス 戦略PR×ソーシャルメディアの設計図 (アスキー新書)はこんな本です

ツイートする