ミニッツ ~一分間の絶対時間~ (電撃文庫)

  • 221人登録
  • 3.42評価
    • (6)
    • (24)
    • (27)
    • (7)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 乙野四方字
制作 : ゆーげん 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2012年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048865234

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ミニッツ ~一分間の絶対時間~ (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 能力持ってて自信過剰で猫被ってるけど涙もろい主人公。うーんチャーミング!あざといぞ!
    他人の心を読める、って異能持ちなわりには、その野望が「生徒ポイントをためて(1年生にして)生徒会長になる」ことってのは、地味というかなんというか、いや、でもそういうの好き。
    あとがきでちょっと微妙な気持ちになったりしましたが、まあでも面白かった!次巻も楽しみ。

  • タイトルにあるミニッツという特殊な能力を持ってるキャラが少ないけど、ラノベらしいラノベでわりと面白かった。
    アザミのキャラが特徴的だけど、ミニッツ持ってたりするのだろうか。

    次巻も買うと思う。

  • つまらなくはないが、凄く面白くもなく、微妙な読後感。

    期待したほどの心理的な駆け引きはないので本格的な心理戦を期待している人は読まない方が無難。

  • 1分間だけ他人の心が読めるミニッツを駆使して生徒会長を目指す主人公櫻くんのお話。能力には反動があったり、櫻くんが腹黒かったり、でもすぐ顔真っ赤になったり泣いちゃったりで、俺つえーでありながらも完璧ではないのが良かった。ちょっと詰め込みすぎな感じもしたけど、他人の心を読んでの心理戦なんて必勝じゃんとか思ったけど、1分間の制限とその後の反動を考えると中々簡単に使えない能力なのがいい。最後に、この主人公は今まで読んできたライトノベルの主人公の中で一番トイレにこもっている気がします。

  • 普段の生活態度でポイントが稼げる学校で、人の心を読む能力「ミニッツ」を持つ主人公。
    その能力を使ってポイントを稼ぎながら学校生活を送っていくが、その能力には副作用があり、いろいろなことから一部の人に怪しまれはじめて・・・。 

    会話のテンポ、キャラ立ちと全体的にバランスはいいですね!
    騙しあいをしているときの探り合いはこのラノベの魅力です。
    最後の結末がちょっと気に入らなかったけど、今後の展開には期待が大きいですね。

    まぁ、なんにしても「せぬゆえ~!」にやられましたね(笑)

  • 試し買い。

    知略バトルって帯の言葉に惹かれて購入。
    予想以上にものすごく面白かったので久しぶりの☆5つ!!!!設定は結構厨二的だけど…主人公の性格も厨二的だけど…やりとりはめっちゃ面白かったです。こういうの好き。
    ということで続巻もまとめて購入!読むぞ~!

  • ゲームのルールはなかなか面白かった。
    けど、回収されてない伏線がある気がするのは気のせい?
    散々遥と絡み、生徒会長にとかいってたのに、主軸はそっちか!という感じも。
    キャラの役割がはっきりしない気もする。
    でも、茉莉先輩可愛いw
    アザミちゃんも好きw

  • 面白かったけど、やや詰め込み過ぎ。女子トイレの先輩だとか主人公のことを嫌いな同級生だとか、図書館のひとだとか、必要だっただろうか。図書館のひとはただの伏線という感じだから
    、まぁべつにいいけど。

    それと、彼方の二酸化炭素攻撃が謎すぎ。「母親と話していたからそのあと耳が聴こえなくなる」は主人公の能力と照らし合わせてもわかる。けど二酸化炭素攻撃はどうなのよ。

    しかし、万能系主人公に「涙もろい」といつ特性をつけたのは上手すぎる。

    しかししかし、最後に自分のボカロ(笑)の歌詞を載せちゃうのは気持ち悪い。どれぐらい気持ち悪いかっていうと、文章に「福山雅治の歌声が云々〜」と入れてあった東野圭吾作品(たしか聖女の救済)並みに気持ち悪い。
    作詞作曲もしてるってのは素直にすごいと思うけど。だからせめて、後書きにそんな宣伝入れなければよかったのに。

  • 通して読んでみた感想はまぁまぁ面白いかなって感じでした
    ただし所々の文章に強い違和感を覚えたりしました
    イベントが起きた後に間をあけて説明を入れるのは止めてほしい
    さて、この本は論理と心理の罠が入り乱れるといううたい文句に釣られてかったんですけど、思ってたより心理バトルがみられませんでした
    期待してた馬鹿と天才ゲームも呆気なく終わっちゃったし…
    まつり先輩との駆け引きが一番よかったんじゃないかな(笑)
    後、ラストの方で急に出てきたあの歌が作者のボカロオリジナル曲だとあとがきで知った時は破り捨てようかと思いました
    明らかに曲いらなかったし…
    何か自分でもよくわかんないですけど、ラノベを動画の再生数をあげるのに利用したのが許せなかったんだとおもいます
    それも加味した上での評価です
    2巻は買わないと思います

  •  なかなかおもしろかった!

     学園能力者ものでどんな風にはなしを進めていくか気になったけれど。あまり派手に能力使った肉体バトルにはならないかな。ゲームを使った知略バトルだった。

     ヒロインたちは、遥は正統派なツンデレ、アザミは猫ロリ無口、彼方は悪女、茉莉は天然エロス姉さんって感じだった。キャラクターにはとても魅力があったし、動きもあって面白い。主人公のセリフもかっこよかったしね。

     ゲームの内容が思ったよりも比重が軽かったので、そこは少し期待はずれ。能力の成り立ちとかが伏線として出されているから長続きはさせやすそう。
     彼方とのからみがね・・少し終わらせ方強引だったような気もしないかな?
     最後の櫻の遥に対する一言が、今後どうなるのか面白そうです(笑)

     茉莉さんももっと絡むといいな―
     

  • テーマがとっちらかってる気がする.面白そうなのに.

  • 帯やカラーページに書いてある「馬鹿と天才ゲーム」が序盤の10数ページだけだったのでちょっと拍子抜けした。終盤でちょっと再登場したけど。
    主人公が強力な能力と致命的なデメリットを制御しきれないが故に物語の展開が大きく動くのは読んでて面白かった。特に第四章は最高に好み。この巻のクライマックスだろう。とても面白い作品だが、万が一読むのが辛い場合でもここまでは読んでほしいと願う。
    ちなみに知略バトルという煽りはあまり適切でない、というか不充分だと思う。大きく魅了されたのは人間ドラマ部分であって知略バトル部分は味付け程度に感じる。帯の煽りと読後の印象が大きく異なることは常だが。
    蛇足だが、読心できるのが1分間にも関わらず能力名が「ミニッツ」なのは、主人公が反動の1分間を深く危惧してるからこその命名なんだろうな、とか考えたり。

  • 厨二会話バトル物。会話物にありがちな複雑になりすぎる感じも無く読み易い。バクマンの作中作に出て来そうな感じが良い味を出してます。今後能力者が増えてバトルが激しくなり、国家規模、世界規模、はたまた宇宙規模になってロボまで出て来たりしなければ良いな、と切に願います。

  • 主人公とヒロインの騙し合いが面白かった

  • こういう主人公が世界を回すのは単純におもしろい

  • だましだまされの知略戦というよりは、お互いの主導権を握ろうとする会話劇、かなあ。
    色々要素は突っ込んであるんだけど、そのせいでところどころ面白いシーンはあっても、全体的にはなんかドタバタしてたなあ、という印象。売り文句の割にやってることがせこかったからかな。もっと「天下獲ったる!」くらいの勢いがあっても良かったかもしれない。
    絵はカラーも挿絵も素晴らしかったです。

  • めくるめく知略バトル!! という感じではなかったと思うけど、相手の心理や状況を読んで行動に移すキャラたちの動きは、確かに知略バトル的で楽しかった。問題は、ハーレム的に出てくるヒロインたちの誰よりも、主人公がかわいいところだろうw

  • 本性を隠して体面を繕い(文字通り)ポイントをゲットする櫻が,似たような野望を持つ遥や他のキャラとぶつかりながら,生徒会長になるという野望を達成するために奮闘する話.ミニッツという能力を有する割には随分と小さい野望だなと思ってたけど,実はとても大きな野望の1ステップに過ぎないというキレイな流れに納得.
    紹介文には“学園騙し合いラブストーリー”とあるけど,知略戦はサラっとしているし,最後は禅問答と異能でごちゃごちゃしてたし,どちらかというとキャラ勝負なラノベ.

  • 知略バトルものと云うよりも知略解説ものという感じがしないでもないけどまあそれはそれでという感じ。

    主人公が時々見せるとんちんかんなところが笑えた。全体的にキャラクターが人間臭いのと人間離れしたのと両方とも魅力的だった

全20件中 1 - 20件を表示

ミニッツ ~一分間の絶対時間~ (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ミニッツ ~一分間の絶対時間~ (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミニッツ ~一分間の絶対時間~ (電撃文庫)の作品紹介

私立穂尾付学園高校一年一組、相上櫻。
一分間だけ相手の心を読める『ミニッツ』能力の持ち主。
“一年生にしてこの学園の生徒会長になる”──そんな大それた野望を持つ櫻は、この『絶対時間』を利用し、クラス内で“頼れるが妬まれない、愛嬌のある委員長”という絶妙な立場を演じていた。
しかしある日、ふとした事がきっかけで、自身の秘密を生徒会副会長の琴宮遙に知られてしまう。櫻は、遥の弱みを握り返すため、彼女が提案する心理ゲーム『馬鹿と天才ゲーム』に挑む──。

乙野四方字(おとのよもじ)先生のデビュー作で、第18回電撃小説大賞「選考委員奨励賞」受賞作。
イラストは ゆーげん さん。

ミニッツ ~一分間の絶対時間~ (電撃文庫)に関連するサイト

ミニッツ ~一分間の絶対時間~ (電撃文庫)のKindle版

ツイートする