ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)

  • 162人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (24)
    • (33)
    • (8)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 波乃歌
  • アスキーメディアワークス (2012年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048868044

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  •  美術と絡めたミステリーでした。話ごとに、出てくる絵をタイトルと一緒に載せてくれているので、知らない絵でもすぐに確認できてよかったです。詳しく見たいときは検索をかけてみて、読みながら見るのもいいかもしれません。ミステリーというよりは、絵の方が印象が強いです。ミステリーは解決が簡潔だなあと思いました。そっちをメインに読むと物足りないかも。さっぱりした読み応えです。登場人物が可愛かった。

  •  貧乏ピュア女子大生と悪辣クレバー准教授が、絵画がモチーフになっている謎を解いていくライトミステリー。ちょっとした美術豆知識も得られます。
    (YA担当/ぽんこ)

  • 目を瞑りながら全力疾走しているような、猪突猛進型主人公。
    それをフォローする、毒舌だけど優しいイケメンとのコンビもの。
    アートに関した日常の謎を解いていくのですが、人の変化に敏感に気付ける主人公が肝心な謎解き部分は何も気付かないので、ちょっと違和感。

  • 絵には詳しくない人にも分かりやすいように解説が入っている。
    モノクロではあるものの、題材にされている絵が各章の扉絵として載っている為イメージしやすい。

    人前では良い顔する准教授、語り手少女の前では口が悪い。
    設定が少しわざとらしいく感じた。

  • すごく面白かった
    美術はかなりの奥深く難しいが、それも簡単にわかりやすく書かれていた
    イカロスの墜落はかなりの衝撃を受けた

  • 学生から大人気のハンサム准教授の助手になったけれど
    その実仕事内容は『奴隷』状態。
    そんな理不尽やもしれない状況下。
    しかし無意識ながらも相手を事件に巻き込むという
    ある意味仕返しとも思える行動を…している?

    毒舌の近くには、ピュアといえば聞こえはいいが
    単純なお嬢さんがいらっしゃるのはお約束でしょうか?
    逆は…見た事ないです。
    そんな関係の彼らは、4つの短編の中で
    美術に関した事件(?)を解決。

    すべてをよい方向にみるのもいいですが
    なぜここまで疑わないのか…どういう育ちをしたのか
    すごく気になります。
    が、それよりもF判定をもらったレポート内容を見てみたい。
    熱のこもった、しかし口ぶりでは感想文としか思えないレポート。
    むしろ、Fってどれくらい頑張れば貰えるものなのでしょうか?

  • (収録作品)忘れられた少年ー伝ピーテル・ブリューゲル『イカロスの墜落』より/とんだいいひとー歌川国芳『みかけハこハゐがとんだいゝ人だ』より/恋の処方箋ーパブロ・ピカソ『泣く女』より/家族の肖像ーラファエロ・サンティ『子羊と聖家族』より

  • 同じレーベルのビブリア古書堂と似たようなスタイルかなと。
    あっさりと読みやすいけど、それまで。

  • 大学生と美術を絡めたミステリ。悪辣クレバー准教授と貧乏で単純(まっすぐ)な女子大生がメインとなって謎解きをするお話でした。内容としては、ミステリを魅せたいというよりは美術と絡んだストーリーを魅せたいって印象でしたかね。美術について明るくない身としては楽しんで読めました。ひとつだけいうなら、ジャンルがミステリだからかもしれないですけど、主人公に感情移入できなかったのが惜しかったかなと思います。

  • タイトル、読むまでは「ビューリーフォー」だと勘違いしていて、どういう意味なのかなと思っていたらまさかの「beautiful」だった 笑
    ミステリとしては、ちょっと久藤先生が安楽椅子探偵にも程があるというか、あっさりしすぎかなと。でも事件と絵画の関連性は面白かった。毎度毎度事件に絵が関わってくるならちょっと無理があるんじゃ、と思っていたけれど、絵は事件について久藤先生が語る時のオプションのような感じで、絡み方がわりかし自然だった。
    「イカロスの墜落」は中表紙の小っちゃい絵で見るのは無理があるなあ。いつか本物を見てみたい。

  • 本編中のあの台詞には
    「せ、せんせい…?( ゜Д ゜)ポカーン」的な、まさかの驚き(笑)絵画と謎解きという新しい組み合わせに、思わず作品中の絵画を調べたくなりました。先生と歌ちゃん一緒に美術館とか行きたいな…

  • 貧乏苦学生の花ちゃんと意地悪准教授。
    研究室で准教授のお手伝いバイトをする花ちゃん。
    かわいいー。

    思うに、久藤准教授は、実はとっても優しくて
    優しいことを隠すため意地悪しちゃう、
    いうなれば、小学生が好きな子に意地悪する
    心理に似ているような気が・・・

    花ちゃんが持ち込む事件を
    准教授が鮮やか解決、絵画が毎回、解決の重要なツール。

    面白かったぁ。
    見たことある絵もその背景を知ると
    また感慨深いな。
    勉強になりました。

  • 設定はラノベっぽいけど、なかなかおもしろい。
    いわゆる日常の謎系のミステリーで、それぞれの謎を絵画になぞらえて解決していく流れもいい感じ。憎まれ役であり探偵役の美術の准教授はその実は優しい人物として描かれているし、主人公の女の子の一生懸命さと併せて、後読感が気持ちいい小説に仕上がってます。
    登場人物も魅力的な人がそろっているので、単発で終わらずにシリーズ化してほしいですね。

  • ■貧乏ピュア女子大生×悪辣クレバー准教授の凸凹ペアが解きほぐす、アートな謎の物語。

    学生から大人気のイケメン美術史研究者・久藤凪准教授。でもわたし、田之中花はその忠実な奴隷です……。ひょんなことから容姿端麗で頭脳明晰、温厚篤実で知られる久藤准教授の助手になってしまった、貧乏学生の花。一見好青年な久藤先生だが、花にだけはその悪辣な本性を露わにする。まさに奴隷なみにこき使われる花は、一方で彼を次々と、自分が首を突っ込んだトラブルへと巻き込んでいき――。奇妙で楽しいアート・ミステリ登場!

  • びみょーだったー(笑)
    後半に行くにつれてエンジンかかってきた感があるのがなんかラノベ新人臭い。
    割と行動力があるヒロインと准教授なんだけど、バイトと講義放り投げないで事件解決をこなしているのか気になる。

    花ちゃんは可愛い。

  • 内容がシンプルなのですんなり読み終えた。

    ただ私的には久藤准教授のキャラがもっとキツい方が良かったな〜、
    奴隷と言いつつやらせてる事はパシリだからもっと事件に巻き込まさせたり面倒くさい感じがもっと出ていたら面白いかなと。


    あと主人公の性格があまり好きになれなかった…
    人の事に顔突っ込みまくってる感じがねぇー

    でも絵画についてちゃんと描かれていて、勉強になるし
    絵画になぞられて書かれたエピソードは関連付けされていて良かった。

  • 先生がもっと変態だったらよかったかも。

  • メディアワークス文庫の新刊。特にチェックしてたわけじゃないんだけど、本屋で見かけてビビッと来て購入。あまりこの手の勘は働かない俺ですが、今回は当たりました。比べるもんじゃないけど、今売れてる某古書店のアレより数段面白かったね。

    ・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。

    性格の悪い大学準教授と、そこで助手として働く貧乏女子学生の話。

    ネタとして有名な絵画が扱われていて、その作品に関するエピソードとか解釈なんかを交えつつ、主人公の周辺で起こる事件を解決していく、まあ敢えてジャンル分けするなら日常ミステリー?

    絵画に限らず、音楽や文学といった既存の芸術をモチーフにした作品は多くありますけど、その中でもこの作品の特徴は「無理やり事件と作品を絡めてこない」ところです。

    この手の作品だと、登場人物が不自然なくらい文学だの音楽だのに精通していることが多いと思うんですよね。なんでみんなその作品読んでるの?みたいな。それが悪いということではなく、この作品に関しては、そういうんじゃないよってこと。

    あくまで日常で起きた出来事と、歴史に残った絵画は無関係なのです。

    例えば第4話。主人公の周辺で起こった出来事や家族の事情と、ルネサンス期の聖母画の事情なんかまったく関係ありません。けど、当時のエピソードや画家たちの考え、現在の専門家たちのそれらに対する解釈、それらから読み取る「家族とは」みたいなものが、今の主人公の悩みに対する答えになるんじゃないの?

    とか、そんな感じの中編が4話収録されたのがこの本です。

    ・:*:・゜☆,。・:*:・゜☆,。

    この作者の前2冊はあまり良い評判を聞きませんが、絵画のこともしっかり書かれていたし、キャラ描写もラノベ出身っぽく引き立ってたし、わりと文句なしの良作でした。

    シリーズ化希望!

  • “「美しい……」
    久藤先生はため息に交じって、恋人に囁くような艶めいた呟きを洩らす。
    「せ、先生、いらしたんですか……?」
    恐る恐る発したわたしの問いかけに、ああ、と答えながらも、先生の目は酔ったように陶然としたまま、モニターに釘付けになっている。もしかして、わたしの存在を認識していないのかもしれない。
    「『グランド・オダリスク』。かの『モナ・リザ』とともにルーブルの二人の美女とも謳われる、十九世紀の画家、ドミニク・アングルによる傑作だ。『モナ・リザ』が精神の美を描いたとするならこちらは血の通う肉体、生きることそのものへの讃歌。女性しか持ちえない美しさ、裸体の美を突き詰め切った美!どうだ、このまろやかな曲線!思わず手を伸ばして触れたくなってしまうほどの質感!」
    そうして先生は再び、
    「……ビューリフォー」
    と呟く。どうやら「ビューティフル」と言っているらしいけれど、発音がいいので、わたしの耳には「ビューリフォー」としか聞こえない。”[P.44_忘れられた少年]

    「第一話 忘れられた少年」
    「第二話 とんだいいひと」
    「第三話 恋の処方箋」
    「第四話 家族の肖像」

    toi8さんの絵に惹かれつ。
    なかなか良かった。スムーズに読める。
    三話が好き。
    先生が花をパシリに選んだ理由、とかあったりするかもと思ったんだけど特になさそう。
    続編出るかな。出たら先生が花と父の間を取り持つ立場になりそうな気がしないでも。

    “苛立った口調で言って、先生はばりばりと頭を掻いた。
    「何だというのだ、お前は!この間から、掃除はせんわ、しょっちゅう留守にするわ、頼んだ用事は忘れるわ……」
    そこまで言うと先生は絶句して、
    「おう」
    オットセイのような妙な声を上げた。
    「なんですか?」
    先生の突拍子もない言動にはいい加減慣れっこになっていたから、大した興味もなく訊いたのだけど、先生はまじまじとわたしを見つめたままだ。中身がどれほど性悪かはよく知っていたけれど、でもやっぱり驚くほどの男前に顔を寄せられて、わたしはちょっとどぎまぎしながらそっぽを向いた。
    「なんなんですか、一体」
    「お前、気付いてないのか」
    「だから、なんなんですか」
    「泣いてるぞ」
    「えっ!?」
    あわてて手の平で頬に手を当てる。乾いた感触。
    なんだ、またひっかけられたのか、と思った途端、指に生温かい、液体が触れた。
    やっぱり泣いてる、と自覚したとたん、さらに涙が出てきた。
    ほれ、と先生が、目の前で女の子が泣いているにもかかわらず、一分の動揺も見せずにティッシュの箱を突き出す。
    「……すみません」
    「しかしあれだな、この間のやつは派手に泣きわめいていたが、お前は陰気に泣くな」
    そしてぐずぐず鼻を鳴らすわたしに、デリカシーのないことを言った。”[P.189_恋の処方箋]

  • アートミステリというわりにはあんまりアートに関連したミステリが少なかったかなと…
    面白かったけど思ってた以上にラノベ。

  • うーん。題材は好きですが、オシイ感じがします。
    もっと絵に絡めてお話が進めばいいのに。
    絵のウンチクとか、もっとあればいいのに。
    そして、久藤先生は、花が好きなのか??!

  • 貧乏学生を拾ってくれた条件の良いバイト先……ってこう、悪霊シリーズを読み返したくなる関係性……。外面の良さはあるけれど、工藤先生は唯我独尊。私大准教授って儲かるのかな。しかし、親から離れて一人で頑張るんなら、私大じゃなくて国公立選んだ方がいいんじゃないのと思うのだけれど…なぁ。一枚の絵と結びつけて解決される短編連作。とんだいいひと、以外は傷ついた人もいなくて、よかったなぁ。
    工藤先生の「ビューりフォー」のきっかけ?裏話?も書かれていないことだし続刊出るかしら。

  • 読みやすくて面白かった。
    こういう物語の切り口は個人的に好きです。
    オチの付け方も絶妙というか微妙というか巧妙というかなかなかでした。
    キャラクターも良かった。

  • 【読了】波乃歌「ビューリフォー! 准教授久藤凪の芸術と事件」 8月2冊目。

    8月の2冊目はメディアワークス文庫の7月新刊から。大学の准教授と助手役の貧乏学生が織りなす、ちょっとアートなミステリー作品。

    同じレーベルで絶好調の「ビブリア古書堂」が「本」をキーとしてのミステリーならば、この作品は「絵画」をキーとしたミステリー。1話につき1枚の実在する絵画が登場する。

    でもビブリアは、本の存在そのものが事件の存在に深く関わっているのに対して、ビューリフォーの絵画は直接の事件と関係なく、事件を解決する視点として登場する。つまり絵画の解釈を、事件の解釈に転用することによって、解決にいたらしむ構造。

    というわけで、作品世界、設定等にとくに斬新というところは正直ないのだけども、けっこう面白い。むしろ新しいことをやろうとしていないのがいい結果に繋がっていると思える。

    ヒロインで助手の花が、ちょこまか動き回って空回りして、物語をかってに作っていく様はなかなか興味深いし、探偵役の久藤も、おそらくはキャラ考案に際して、かなりの属性設定縛りをうけた結果の存在と予想できるけれども、ほどよくダークヒーロー的な雰囲気を醸し出しており、なかなか味のあるキャラとなっている。

    "ごく普通のありふれた家族でも、同じだけの幸せと、同じだけの厄介がある。"

    このフレーズが2回ほど出てくるのだけど、とても印象的。ビブリアが面白かった人は、きっと楽しく読める、そんな作品。けっこう、オススメ度は高いかもしれない。続編出ると良いなぁ。

  • あらすじ読んでイメージした通りの安定した内容。

    文学少女の芸術版といいますか。
    連ドラとかにすればすごく映えそうなお話でした。

    日常系ミステリ風みたいな感じかな?

全27件中 1 - 25件を表示

ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)の作品紹介

学生から大人気のイケメン美術史研究者・久藤凪准教授の助手になった、貧乏学生の田之中花。だが、一見好青年に見える久藤はその実、悪辣な罵詈雑言を放ちつつ花を奴隷なみにこき使う男だった。しかし一方の花も、久藤を次々と自分が首を突っ込んだトラブルへと巻き込んで-。名画『イカロスの墜落』の絵葉書に隠された秘密とは?ピカソの人生が導く恋の処方箋とは?貧乏ピュア女子大生×悪辣クレバー准教授ペアが解き明かす、奇妙で楽しいアート・ミステリ登場。

ビューリフォー!―准教授久藤凪の芸術と事件 (メディアワークス文庫)はこんな本です

ツイートする