なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)

  • 576人登録
  • 4.06評価
    • (65)
    • (73)
    • (47)
    • (3)
    • (0)
  • 63レビュー
著者 : 夏海公司
制作 : Ixy 
  • アスキー・メディアワークス (2012年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048868532

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2012 8/24読了。WonderGooで購入。
    シリーズ7巻はブラックな客先常駐編。
    当初は1巻にこれ持ってこようと思ってたとのことだが、いきなり自社でなく客先常駐の話ってのもどうかと思うし、なによりこれひどく欝になるわ!
    最後、嫌な顧客が出世街道から外れるカタルシスはあるにしても・・・うーむ、中小も怖いが大手も怖い。

  • 新キャラこええええええ!!!
    そしてまさかの次巻引き!?


    回を増すごとに修羅場度が増している、もはや「なれるSE」というより「なりたくねえSE」になってしまってますね。
    あるあるな現場に突っ込まれても「主人公たちはがんばったから助かれたよ!?」というのがこのシリーズの本筋だと思います。毎回係る案件が違うだけで。
    しかしこの7巻はこれまでの6冊とは格が違いました。
    就職活動している学生が怯えそうなほど、夏向けのホラーです。
    これを1巻目にしていたら、おそらく主人公崩壊でシリーズが終わっていたでしょう。却下した担当さんGJ!!

  • PRが描写の通りなら、本体は5~6万以下でCeleron、メモリ1G、ディスプレイ19インチ以下、OSはもちろんVistaか7で良ければXP、Office起動もギリででかいファイルを扱えばエラー&再起動、 再起動に10分……とかで室見さんはブチ切れ必至ですよね? と、思いましたがそんな冗長描写はなく、それだけでもホッとしてしまった自分がいました。スペック足りないPC、恐いです。
    それはさておき。
    工兵さんが、客先常駐案件に駆り出され、狐顔のお姉さんに化かされながら、個人の限界を知る話。
    読後感としては、今回のゲストヒロイン狐顔さんに振り回されて、狐につままれたような感覚(案件も、彼女の性格や恋人の有無や好意の行き先ですら曖昧で思わせぶり)。暗中模索のなか、全力投球しきって疲弊した室見さんに肩を貸しながら提灯の薄明かり(ひと気)を目指して必死で駆け寄ったら狐火でした、みたいな。
    室見さんの後ろ姿の先輩としての力強さと物理的な華奢さに惚れ、カモメさんとのやり取りで下心を刺激されてモヤモヤして、梢さんの理想のヤンデレっぷりでゾクゾクして、橋本さんの近況で萌え萌えして、カナちゃんも、チラッと存在を主張してくる。こういう、前作までの繋がりもちゃんとありますよ、という描写がはいるところ、丁寧で好きです。

  • ・相変わらず実体験に基づいた物語で、細部に至るまでリアリティのある話の展開
    →面白く見せるために多少誇張はあるが、思った以上にフィクション要素の少ない話
    ・専門用語も極力使わないようにしている(or 使われてる用語を知らない人は読み飛ばしてもOKなように書かれている)のがまる
    ・扱っている題材のわりに起承転結がしっかりしており、正しくラノベしてる印象。文章も読みにくなくすんなり入る(うまいわけではない?)
    →ラノベ定番展開の逆境→主人公(orその仲間)覚醒→解決を毎回ちゃんとやってるのでよい

  • このシリーズは読んでで身につまされるのですが、後書きに書いてある通りこの本のお話が1巻じゃなくて本当によかったと思います。しかし…笑えない…

  • ライトノベルだけど、内容はライトというよりヘビーな作品の7巻。
    本来は一巻目のプロットとして考えていたらしいけれども、却下されたよう。そりゃそうだ。残酷すぎる。
    改めて、うちの会社はホワイト企業なんだろうなと感じる。
    後、今回は立華の謎な部分は露呈せず。今後、生活感のない部屋の理由や、今の会社に入った理由は明かされるんだろか。
    後、今回は梢の黒い部分もあまり露呈せず。まあ、こっちはそういう場面があったけど、無理やりな気はした。今回は頼れる先輩の同僚という感じ(年下だけど)
    それと今回気になるのは終わり方かな。これは次巻のつながる伏線なんだろうか。それとも、5巻と同じ、ホッと一安心した後の緊急業務というオチか。

    ところでこの本の発売日と同時に公式サイトもオープンしたよう。
    http://nareru-se.dengeki.com/
    このサイトの予告があった時は、てっきりアニメ化だと思ったけど、ボイスドラマだった。聞いてみたけど、こっちも面白くなりそう。つづきが楽しみ。

  • 相変わらず面白いけど、相変わらずすごい内容…。
    個人的に今後転職する機会があっても、SEにだけはなるまいと改めて心に誓いました。

    そんなわけでこの「なるな!SE」の第7巻。
    今回は例によって社長の無茶ぶりから大手企業のプロジェクトに参加。
    相手のオフィスに常駐勤務することになります。

    一流企業のオフィスで働けると意気込む工兵。乗り気のしない立華。
    そんな彼等がおかれたのは、奴隷もかくやというほど酷い状況でー。

    細かい専門的な部分は素人ゆえイマイチ理解できないけど、ストーリーや展開は充分に堪能できます。
    SEなんてなるもんじゃないね!

  •  大企業の派閥抗争といった小説らしいネタを背景に、工兵と立華が半端ない業務量の負荷に喘ぎつつ、表には見えてこない権謀術数の蜘蛛の巣に絡め捕られていく。

     もう何度同じことを言っただろうが、工兵その他、みんなMすぎる。こういう仕事の取り方をしたら当然何らかの事故(軽微)があり、また精神疾患他の疾患に罹患し、さらにその中には離職者も多いはず。
     ならば、法人としてのスルガシステムが、軽微であっても損失が出る展開の方がいいと思う。労災認定が出る、あるいは労災支給の不足分につき会社が賠償責任を問われるという具合に…。

  • スルガシステムさん仕事してください。

  • 藤崎さんの古巣の大手企業で客先常駐することになった工兵と立華だったけど・・・・・・。

    毎度ながら社長の無茶振りでスタートするわけだけど、今回も色々理不尽過ぎて本気で社長を○したくなる。
    過去最高クラスの修羅場で、あの立華が倒れるほどと言われればその酷さもよく分かるというもの。
    そりゃ発狂して逃げ出す人も出ますよ。
    こういうのが日常的に起きてると思うともう、ね。

    中盤のイライラのお陰で解決時はスッキリすること請け合い。
    いつも以上に薄氷の勝利(と言っていいのか微妙なライン)だし、色々と尾を引きそうだし、ちょっと不穏な空気。
    珍しく次巻に続く引きで、それがまた不安を助長させる。

  • 客先常駐のはなし

  • 新刊がでた.
    常駐は結構語りぐさになる悲惨な物語が多そう.
    前半部分はリアリティのあるお話で,どういう結末になるんだろうと思ったが,最後はかなりフィクションっぽい.
    でも,水戸黄門,遠山の金さん的に悪者退治と言うかスッキリした感はある.
    でも現実には多分あり得ないことで,本来ならあのまま身体壊すか,精神的にやられるかどちらかだろうな.
    さすがにそれでは悲惨過ぎて小説にならないだろうけれど.

  • 今回は他企業への出向するお話.結構きつめのお話だったけど,そのおかげもあるのか最後の逆転劇はすっきりする.

  • 思っていた以上に面白かった。同じ業界にいるので基本的にこの内容は実際にある事例ばかりです。ただ、ここに書かれている悪条件が1案件で全部重なる事はそんなにないと思うけど、それぞれ一部ずつ別々の案件で経験した事があるので、そんなに驚きはないが面白かった。
    こんな話があるわけ無いだろう、と本当に思えるのなら、それは幸せで羨ましい人生だと思います。実際にはこの内容よりもう少しさらにブラックな経験をしているので(ライトノベルで表現できる範囲に抑えていると思われます)まだ笑えるけど、私の身近にもこの仕事で精神病院通いになった人は数知れず。もちろん若くして精神病んで自殺した同僚もいます。
    コンピューターって本来生活を便利にするためのものだったはずなのに、どうしてもいろんな人間・メーカーの思惑が入り交じるので、結局自社テクノロジーで囲い込みを行ったりとかで、いろんなメーカーの製品を組み合わせたシステムを構築すると、結局システム全体として機能させるにはものすごく人出をかける必要があるんだよな。
    コンピューター同志が自発的に相手メーカー製品に合わせた柔軟なコミュニケーションするようにならない限り、この苦労からは脱せられないのだろう。

  • 今回は客先常駐での苦境のお話。少しご都合主義気味な展開に見えるのは、おそらく作者が短いストーリーの中に言いたいことをいっぱい詰め込んでいるせい。
    その、言いたいこと一つ一つをもう少し細部まで書き込んでくれたら、ラノベよりも一般的な、企業エンタメ小説になると思う。

  • あまりにリアル。星は5だが…

  • 大企業への常駐残酷物語でした。なれる!SEシリーズの中でも一番ブラックな職場でのお話です。

    仕事がきつい・厳しすぎるもブラック企業の条件でしょうが、ブラック企業の一番の条件は“人を人として扱わない事”でしょう。

    お金は、1万円札がどんなにくしゃくしゃであってもピン札と交換可能であるように、数値として取り扱うことができます。しかし、人間を数値として取り扱うことはできません。

    ましてや、社内政治の駒として扱われることの不快感はありません。

    職場は、人の集まりなのだから、それを忘れたマネジメントは最悪だよなぁと思いました。

  • 本当にあるあるだから困るこのブラックさ。
    ストーリーも面白くて、実情も表しているという良策。
    SE志望者の必読書にしてもいいかもしれない笑
    大企業側がいつも悪役で描かれているけど、そちら側も恐らく大変。

  • 笑っちゃいけないけど、相変わらず笑える残酷物語(笑)
    今回は桜坂のスペシャル発動も難しそうだなあと思ったけれど、そんな方面からの脱出か……
    それは、通常のデスマーチには通用しないだろうなあ。
    そして今回は、女性フラグは立たないわけだ(笑)
    メールに続いて、カラオケ……やるな(笑)

  • 偽装請負ですよね、これ。今までは、きついけどなんとかやりとげるお話が主だっただけに異色。
    駆け引きでは勝つので読後感はそこまて悪くないけど、黒いものがこびりついてます。

  • 今回も大企業の内情の見え隠れする話。

    ブラックかどうかは置いておいて、理不尽で不自由な環境なんてのは特にめずらしくもなく、割とよくあること。
    就活で大企業一択しか考えていない人は、一度このシリーズを読んでホントに自分に合ってるのかを再考してみてもいいかもしれない。
    そんなことを思った今回の話。

    残念なのは、本作ヒロインのはっしーの出番がほぼ皆無だということ。
    非情に残念である。残念すぎる・・・

    でも、今回はいつも以上に挿絵がエロかわいかった立華たんペロペロ(^ω^)

  • 黒い話。
    藤崎先輩の元の職場大手NBLからの仕事。
    引継ぎもロクにせずに、プロジェクト部屋へ押し込まれ、無理なスケジュール。残業代は出さない。
    無茶な見積で始めたプロジェクトが、予算がなくなり、どんどん安い外注へ投げられる。しかも、社内の派閥争いでプロジェクトの失敗目的に動く人も。
    今回もほとんど裏ワザで解決(?)。
    知り合った貝塚の態度から、スピリッティア社の立場を読んで、業務を売り渡す。本番機器の設定ファイルに作業記録を残し、残業を認めさせる。

  • 相変わらずの社長の無茶ぶりにより,セキュリティという名のもとにネットワークから断絶されたプロジェクトルームに隔離される,客先常駐編.業務委託やらSESにとどまらず,エンジニアやコンサルタントの単価まであけすけに語られてて,IT業界の階層構造を問題視した記事やコラムよりよっぽど分かりやすい内容ではないだろうか.
    室見の過去の思わせ振りな描写やハーレム展開でどんどん普通のラノベになっていくのを残念に思っていただけに,今回のまさに現実の巨大SIerをモチーフにしたオチに組こんだ内容はとても良かったと思う.

  • 今回は黒いです。今までの不条理さとはワケが違う。

    身売りされ、大赤字の破綻プロジェクトに投げ捨てられる工兵と室見。セキュリティがガチガチでろくに行動も取れない中でどんどん追い詰められていく。

    最後の解決方法はちょっとご都合主義なところがあったけど、それでも最後の最後でさらに裏が明かされ・・・最後まで、黒かったです。

全63件中 1 - 25件を表示

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)の作品紹介

毎度おなじみの社長の強権発動により取引先のオフィスに常駐勤務となった工兵と立華。常駐先は国内最大手のコンピュータ企業で、なんと藤崎の古巣だという。大企業なので、さぞかし豪華な業務環境に違いない…、と勇み立つ工兵。しかし、二人を待ち受けていたのはプロジェクトルームと呼ばれる、理不尽かつ不自由極まりない場所だった!いつもと勝手が違う環境で二人は苦境に立たされるが、そこで工兵が見出した一手とは!?萌えるSE残酷物語第7弾。

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)はこんな本です

なれる!SE (7) 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする