雪の翼のフリージア (電撃文庫)

  • 142人登録
  • 3.73評価
    • (6)
    • (28)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 松山剛
制作 : ヒラサト 
  • アスキー・メディアワークス (2012年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048869232

雪の翼のフリージア (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 翼を失い飛べなくなったフリージアが再び大空を目指す話。

    気の強いフリージアと無愛想なガレットの組み合わせは面白いし、細かく練られた世界観の設定も好き。
    確かにむかつくと思った人が尊敬する人だったら、どう接していいか分からなくなる。

    ただ、フリージアの飛翔士としての目的や、レースに仕組まれた陰謀など、ストーリーの大事な部分についてあまり触れられていないのが薄っぺらい印象になってしまい残念。

    飛翔士の女の子がみんな巨乳なのは分かるが、人間の腕の部分と鳥の翼の部分が同じなのだから、骨格的に彼女たちの腕と翼がどうなっているのだろうか、というのは疑問。

    それにしても天才飛翔士として活躍したのち、転職しても天才的な義翼職人として活躍しているガレットの多才さが羨ましい。

  • あぁ~,翼の折れたエンジェル~♪
    というわけで読んだよ.
    前回はロボットで今回は有翼人ですね.
    レース中の墜落によって飛べなくなった少女が
    義翼職人の元を訪れて,再び空を目指す.

    お約束満載ですね.
    図太いアイツが憧れのあのお方で…,とか.
    ライバルはお金持ちでちょっと嫌味を言ってきたり,とか.

  • 前作『雨の日のアイリス』とセットで読むべき、と思い読破ー。なのでついハードルを上げて読みがちだけどこれはこれで。
    1冊にまとめようとしたせいか消化不良の感があるのがもったいない。1巻完結なのはいいけどもう少し長めのシリーズを見てみたいかな。

  • アイリス・アマリリスには及ばない

  • 飛翔会のシーンの描写は見事で引き込まれたけれど、陰謀に関するストーリーが薄かったのが残念。

  • 世界観が非常に壮大。壮大な分、一冊で終わらせるには勿体なさ過ぎる。もっとこの世界で話を作り込んでほしかった。
    無理やり一冊で収めようとした感じがして、ストーリーの中にも世界観にも謎めいた部分がまだたくさん残っている。読後感が微妙で、あまりすっきりしませんでした。
    世界観はすごく好きなので、一冊で終わらせようとせず、もっと書きこんでほしかったなと思います。

  • 面白かった!良かった!一人称で男女それぞれ語られる形はどうなんだろうと最初思ったが、心配はいらなかった。
    挫折した少女の再起の物語。あとがきにあるように、コンセプトが明確。読み物として面白い。イラストとの相性も非常に良い。ある意味王道ながら、楽しませてもらった。著者はこの路線で進んでいって欲しいなぁ。

  • ラリーのつもりで読んでたけど、ヨットに近いねんな。
    単巻完結なんがもったいない。

  • 翼を持つ人々が住む世界で、事故で翼を失った『飛翔士』の少女フリージアと『義翼』職人ガレットとの努力と信念の物語。
    少女は再起を目指して飛翔士達の最高峰の舞台『天覧飛翔会』を目指す。

    イラストと文章でこの舞台の世界観がホントにキレイに描かれていて、人と風景がそこに生きているような感覚になる。
    文句のつけようがない。
    が、どうしても松山剛さん×ヒラサトさんというコンビだとどうしても前作『雨の日のアイリス』と比べてしまって…
    もう少しフリージアの過去に触れてほしかったとか、1冊にまとめようとして物語の前半部があっさりしすぎに感じてしまったりとなにかとハードルが上がってしまった気がする。

    1巻完結なんでアニメ化はないと思うけど、この世界観を映像やキャンバスで表現してほしい。

  • 読み終わった後の消化不良感が否めない。

全19件中 1 - 10件を表示

松山剛の作品

雪の翼のフリージア (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

雪の翼のフリージア (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪の翼のフリージア (電撃文庫)の作品紹介

ここは翼をもつ人々が住まう世界。事故で翼を失った『飛翔士』の少女・フリージアは、再び大空を飛び、生き別れとなった妹と暮らすために"義翼"職人の男・ガレットのもとを訪れた。ガレットはあくまで代替品である"義翼"で過酷な飛行レースに臨もうとするフリージアに辟易するが、彼女との間に『ある因縁』があったことを知って、力を貸すことを決める。目指すは飛翔士たちの最高峰『天覧飛翔会』での優勝。果たして少女の信念は大空を制することができるのか-。不屈の意思を持つ少女と、それを見守る"義翼"職人の男の、努力と信念の物語。

雪の翼のフリージア (電撃文庫)のKindle版

ツイートする