雪の翼のフリージア (電撃文庫)

  • 138人登録
  • 3.75評価
    • (6)
    • (28)
    • (15)
    • (2)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 松山剛
制作 : ヒラサト 
  • アスキー・メディアワークス (2012年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048869232

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

雪の翼のフリージア (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 翼を失い飛べなくなったフリージアが再び大空を目指す話。

    気の強いフリージアと無愛想なガレットの組み合わせは面白いし、細かく練られた世界観の設定も好き。
    確かにむかつくと思った人が尊敬する人だったら、どう接していいか分からなくなる。

    ただ、フリージアの飛翔士としての目的や、レースに仕組まれた陰謀など、ストーリーの大事な部分についてあまり触れられていないのが薄っぺらい印象になってしまい残念。

    飛翔士の女の子がみんな巨乳なのは分かるが、人間の腕の部分と鳥の翼の部分が同じなのだから、骨格的に彼女たちの腕と翼がどうなっているのだろうか、というのは疑問。

    それにしても天才飛翔士として活躍したのち、転職しても天才的な義翼職人として活躍しているガレットの多才さが羨ましい。

  • あぁ~,翼の折れたエンジェル~♪
    というわけで読んだよ.
    前回はロボットで今回は有翼人ですね.
    レース中の墜落によって飛べなくなった少女が
    義翼職人の元を訪れて,再び空を目指す.

    お約束満載ですね.
    図太いアイツが憧れのあのお方で…,とか.
    ライバルはお金持ちでちょっと嫌味を言ってきたり,とか.

  • 前作『雨の日のアイリス』とセットで読むべき、と思い読破ー。なのでついハードルを上げて読みがちだけどこれはこれで。
    1冊にまとめようとしたせいか消化不良の感があるのがもったいない。1巻完結なのはいいけどもう少し長めのシリーズを見てみたいかな。

  • アイリス・アマリリスには及ばない

  • 飛翔会のシーンの描写は見事で引き込まれたけれど、陰謀に関するストーリーが薄かったのが残念。

  • 世界観が非常に壮大。壮大な分、一冊で終わらせるには勿体なさ過ぎる。もっとこの世界で話を作り込んでほしかった。
    無理やり一冊で収めようとした感じがして、ストーリーの中にも世界観にも謎めいた部分がまだたくさん残っている。読後感が微妙で、あまりすっきりしませんでした。
    世界観はすごく好きなので、一冊で終わらせようとせず、もっと書きこんでほしかったなと思います。

  • 面白かった!良かった!一人称で男女それぞれ語られる形はどうなんだろうと最初思ったが、心配はいらなかった。
    挫折した少女の再起の物語。あとがきにあるように、コンセプトが明確。読み物として面白い。イラストとの相性も非常に良い。ある意味王道ながら、楽しませてもらった。著者はこの路線で進んでいって欲しいなぁ。

  • ラリーのつもりで読んでたけど、ヨットに近いねんな。
    単巻完結なんがもったいない。

  • 翼を持つ人々が住む世界で、事故で翼を失った『飛翔士』の少女フリージアと『義翼』職人ガレットとの努力と信念の物語。
    少女は再起を目指して飛翔士達の最高峰の舞台『天覧飛翔会』を目指す。

    イラストと文章でこの舞台の世界観がホントにキレイに描かれていて、人と風景がそこに生きているような感覚になる。
    文句のつけようがない。
    が、どうしても松山剛さん×ヒラサトさんというコンビだとどうしても前作『雨の日のアイリス』と比べてしまって…
    もう少しフリージアの過去に触れてほしかったとか、1冊にまとめようとして物語の前半部があっさりしすぎに感じてしまったりとなにかとハードルが上がってしまった気がする。

    1巻完結なんでアニメ化はないと思うけど、この世界観を映像やキャンバスで表現してほしい。

  • 読み終わった後の消化不良感が否めない。

  • 非常に読みやすい作品でした!

    物語は翼をなくした少女が最速を競う大会に出場し、優勝するために義翼としてもう一度空を飛ぶ話しです。

    翼を失って空が飛べないという絶望的な状況にも関わらず自分の夢のために諦めないでもう一度空を飛ぶために努力する少女の姿が事細かに表現されています。

    彼女を取り巻く人間関係も面白く、久々に時間を気にせず作品の世界に入っていました。

    松山先生もあとがきでおっしゃってましたがこの作品は「再起」の物語であり「再会」の物語でもあります。
    1巻完結なので非常にスッキリと読み終えることができました!

  • 「アイリス」は未読だけどそちらの評判がよいようなので読んでみた。フリージアのガレットへの想いとレースへの情熱の葛藤が何ともいじらしい。最後は落ち着くところに落ち着いたかなと。過去も含めて黒幕がグロリアだと思っててごめんなさい。ブッフォンさん(馬)が最もイケメン。「アイリス」も読んでみようかなぁ。

  • 『雨の日のアイリス』と同じ作者と知って購入しました。

    『雨の日のアイリス』は逆イラスト詐欺でしたけど、今回はイラストと内容が合致していたように感じました。

    羽で飛ぶという優雅な情景の裏に、血を流し、必死に苦しみに耐えながら競い合う飛翔士達の姿があり、物語に重みを与えているように感じます。

    少々展開に焦りを感じますが、流石はあの作者だと関心する内容でした(^_^)

  • 目を閉じれば情景が浮かぶようなきれいな物語でした

  • 2012 9/23読了。WonderGooで購入。
    『雨の日のアイリス』の松山さんの電撃文庫新刊。
    背に羽を持つ人びとの暮らす王国で、飛翔レース優勝目前で事故(?)により翼を失ったヒロインが、義足ならぬ義翼を使って再び優勝を目指す再起の物語。

    焦らされる部分があっても、読み終わったときにスカッとしていられるのは前作同様。
    今作は前作に比べるとより安心感があった・・・分、結末の意外性はなかったかも?
    それにしても、まーたシリーズ化しにくそうなのを・・・(汗)
    松山さんのその路線は大好きなのだけど、ライトノベルでその路線のままでやっていけるのか不安に思ったりもする。
    でもシリーズ物でこの感じ出せるのかなあ・・・うーむ・・・

  • ひとつ、不満を言わせてもらえば
    設定上、巨乳しかいないということかな。

  • 作者の前作「雨の日のアイリス」ほどの感動はないけど、それ以上の熱さがある。
    一度は怪我により選手生命を絶たれた少女が、仮の翼を手にし、女王として君臨するライバルを破りレースでの優勝を目指す物語。

    主人公のフリージアもライバルのグロリアも素敵なキャラです。
    特にグロリアのゴール前で見せたプライドにはゾクゾクしました。
    その反面、もう一人の主人公のガレットがあまり好きになれなかった。
    彼が絡んだシーンはどうも安っぽく見えちゃって…まぁここら辺は好みの問題でしょう。

    みんなにオススメできる、いい作品です。

  • 飛ぶことが怖くなることはなかったのか
    あるいはレースが怖くなったりとか
    その辺が薄かったのはちょっと残念かなぁ

    でも全体としてはよくまとまってて楽しい作品だった

  • すごくシンプルな王道作品。
    「雨の日のアイリス」で評判だった松山氏の新作ですが、
    個人的にはこちらの方が好きですね。
    というか「雨の日のアイリス」が周りほど高くないですが。

    妻によく空物好きだよねと、言われていて、
    その辺も理由の一つかもしれませんが、
    どちらかと言うとロマンスがあるってことの方が大きいでしょう。
    ロマンスってほど大層な恋愛があるわけじゃないですが、
    王道には欠かせないですよね。

    ただまあ、前作同様物語の展開重視のためか
    ご都合的だったり強引なとこはありますが、
    そこそこ名作な感じだと思います。

    にしても、フリージアは髪伸びるの早すぎですねww

全19件中 1 - 19件を表示

雪の翼のフリージア (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

雪の翼のフリージア (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪の翼のフリージア (電撃文庫)の作品紹介

ここは翼をもつ人々が住まう世界。事故で翼を失った『飛翔士』の少女・フリージアは、再び大空を飛び、生き別れとなった妹と暮らすために"義翼"職人の男・ガレットのもとを訪れた。ガレットはあくまで代替品である"義翼"で過酷な飛行レースに臨もうとするフリージアに辟易するが、彼女との間に『ある因縁』があったことを知って、力を貸すことを決める。目指すは飛翔士たちの最高峰『天覧飛翔会』での優勝。果たして少女の信念は大空を制することができるのか-。不屈の意思を持つ少女と、それを見守る"義翼"職人の男の、努力と信念の物語。

雪の翼のフリージア (電撃文庫)のKindle版

ツイートする