ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)

  • 183人登録
  • 4.18評価
    • (29)
    • (41)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 宇野朴人
制作 : 竜徹  さんば挿 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2012年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048869881

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北域鎮台譚。

     東部戦線での敗戦後に起きる、北方の少数民族シナーク族の反乱。
     一方、周辺の宗教国家とその前提たる精霊の意味を背景事情に据える。

     その上での直接的な描写は、帝国の国家としての質の低下、その原因としての支配・制御層の質の低下(一巻ラストの事情を具体化する)。
     結果、無為でしかない形で喪われる命(敵は元より味方も)。

     敗北を目標に据えさせられた軍人イクタ。ステロタイプ的な軍人の存在意義を正面から否定する物語を紡ごうとする著者は、戦死戦傷戦病の模様も逃げはしない。

     かように、軍隊とは戦いの自己増殖の危険を孕む組織。換言すれば、自らの存在意義を示すために、つまり仕事をする(作る)ために何をするのか、しかねない組織なのかを理解すれば、故に適切な統御と従わせるべきルールが要るということが腑に堕ちよう。

     怠惰かつ女誑しの軍人像を構築したのは、ステロタイプな軍人像の忌避というだけでなく、真面目な軍人の危うさと愚昧さを皮肉る意図すら看取できそうというのは、読み過ぎか。

  • 実戦に巻き込まれる主人公たちと、味方を無駄に死なせる無能指揮官。/戦場である以上、兵士が死んでいくのは当然なんですが、上官の失策で死んでいく兵士の姿には後味の悪いものがありますね。/妹弟子になるかもしれなかった少女を、自分が最善手を打ったために見捨ててしまった主人公が、それでも前へと進んでいく姿が魅力的でした。/キャラ的にはデインクーンが。最後の最後まで騎士として生きた、非常に格好良いキャラでした。/ラストで更に危うい状況に陥る一行。さっそく次巻も読みたいと思います。/【星5★★★★★】

  • おもしろ~!
    ほんとに血みどろだった

    ファンタジー軍記ものというか
    戦争ものかな

  • 姫様暗殺未遂事件から暫く.
    今度は慣例行事的な北部に赴任.
    そこで原住民の反乱に遭遇.
    しかしどうやら裏で糸を引いている集団がいるらしく….

    折角の新キャラのポニテちゃんが….
    あとわかりやすい正義感の男とか(イメージはムキムキモヒカン)
    ちょいわる上官殿とか.

    次回,更に過酷な戦場へ?

  • 相変わらずこちらが圧倒されるほどのボリュームですばらしい。ストーリー展開も申し分ない。

  • うーん、まあ面白いんだけど、あんまり楽しい話じゃないねぇ。
    色々あるけど、暗い戦争の話にするなら可愛い女の子なんか出さないで欲しいし、可愛い女の子を出すのなら、あんまり暗い話にはしないで欲しいかなー。

    創作物ってのはすべからく、作家の自慰行為の産物だと俺は思う。
    読書は、読者が作家とおなじ価値観で自慰にふける行為だし、そうじゃなければ楽しめない。
    作家と感覚がずれてしまうと、それはもう他人の気持ち悪い自慰行為を見せつけられるような不快感がうまれるわけで。
    何つーか、悲劇を描くのは気持ちいいんだよね。
    その気持ちよさを作者と同じ感覚で愉しめればそれは楽しいオナニーになるわけだけど、一歩引いてしまうと、何処かの誰かの脳内オナニーに付き合わされているような感覚にとらわれてしまう。
    はいはい、かわいそうかわいそう。
    悲劇の綴り方としては丁寧で上手だと思う。
    カンナはこれでもかというほど死亡フラグ立てられるし、突然殺されるよりはマシ。
    ただ、そんな話を読んでいて楽しいか?というと、楽しい訳がない。
    作者は楽しそうだがなー。

    個人的な好みで言うなら、カンナとナナクが男ならほぼ問題なかった。ナナク(男)はきっちり殺すこと。

    さらに理想を言うなら、カンナは死亡フラグを立てまくった上で、きっちり納得の行く形で主人公が救うところを見たかった。
    俺Tueeeなんだし、それぐらい痛快なほうが楽しい。
    ナナクに関しては、シナーク族の族長をナナクの父か兄にすべきだったな。
    そのほうが骨太になるし、説得力もある。
    だいたい、設定年齢19歳とはいえ、挿絵的にはどうみても小学生みたいなロリが族長やってるってのが苦しい。
    そんなラノベ設定であんな重い展開にされると、読んでるほうとしては戸惑うわ。( ゚д゚)
    帝国との戦闘で族長(父か兄)が死亡し、その後主人公がナナクを助けるって形の方が、ラノベとしては受け入れやすい。
    次巻も帝国に協力するのはすべてのシナーク族ではなく、主人公達に救われたナナクと、ナナクが率いる一部の氏族のみって形にすれば無理がなかったと思う。
    それなら、村焼き討ちみたいなゴアストーリーとも整合性は取れたんじゃないかな?

  • 戦乱渦巻く世界で生きるイクタ少年の半生を描いた作品の第2章。
    今回は大アラファトラ山脈に守られた「シナーク族」との戦い。

    相変わらずのイクタ少年の皮肉っぽさが心地いいですね。
    死と隣り合わせの戦争をテーマにしているのにこの言動があるからうまく中和されているんでバランスが取れていますね。
    前回より若干シリアスパートが多いが、イクタ少年の必死さが少なかったのがちょっと物足りなさを感じてしまいましたが、これからどんどん広がっていきそうな気がしますので期待したいですね!

  • 面白くなってきた。北域での研修から一転、山岳民族との戦い。妹弟子の死。大国の陰謀による窮地。

  • 勇猛な死がなんと空虚なことか

  • 評価:☆4.5

    本格派ファンタジー戦記第二弾。

    今回も面白かった!安定してますね。
    用語や人物も増えてきてカタカナが多くなってきてるのにスラスラ読めるぐらいにはこの世界観にハマってるw

    イクタは適当に見せかけて、誰よりも冷静で時に非情で現実見てるとこが好きだ。
    無能な上官キャラってよくあるけどやっぱ腹立つなぁ(笑)
    イクタ・ヤトリ・トルウェイの将棋勝負は見てみたかった。

    デインクーン、清々しくて好きだったのに・・・(´;ω;`)
    「ご無礼をばぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
    「お許しをばぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
    には吹いたwww

    ナナク・ダルとヤトリとの一騎打ちは燃えた!
    回転剣舞は是非とも映像でも見たいね。

    そして続く物語。
    立ちはだかる絶望にどう立ち向かうのか、次巻も目を離せない!

    「だってね、人はいつだって、状況の許す範囲でしか何かを遂げられないんだよ」

  • 北側の戦闘の前編。
    今回はあんまり生田君が目立ってなかったな。
    名付きキャラの死亡率がたかすぎやわ。

  • 無能の指揮官からの駆逐戦

  • 1巻から引き続きとても良かった。パワーが全く衰えていない。あのキャラは登場から完全にフラグが立っていたので身構えていたがやっぱりああいうことに。最後も気になる引きで次巻も期待。

  • 1巻と打って変わって本物の戦場ということで緊迫感が大違い。
    そんな中でも、冷静沈着なイクタが非常にかっこよかった。
    このかっこよさは1巻には無かった。

    次巻は撤退戦という一番燃える展開なわけで非常に楽しみである。
    死亡フラグ立ってる面々や出番の少なかった姫様がどうなるか期待。


    …しかし…アルデラミンが北極星であの地図…そうかそういうこと…気づくのおせえよ俺

  • 戦争は、よくない。
    それに理由なんていらない。

    前巻は模擬戦だったためハラハラ感や報われなさはほとんどなかったけど、今回は内乱とはいえ確実な戦争。
    人がバッタバッタと死んでいき、また戦争の惨さも見せつけられます。
    現代のラノベ界でこういうシーンをきちっとかける作者って貴重。
    火の国風の国物語なんかもそうだけど、物語に深みが出てくるよね。
    まぁ自分のようにキャラに感情移入して読むタイプには辛い描写の連続ですがw

    イクタの智力で敵を乗り越えたり、ヤトリの武力で道を切り開いたり、騎士団のみならずサブキャラの活躍や男同士の猥談などなど、今回も見所たっぷり。
    あぁ、早く次が読みたい!

  • 今回初登場のおなごは、私はてっきり……仲間になるもんだと思っていたんですけど……。まさかああいう展開だとは!
    167ページのイクタがかっこよすぎてきゅんきゅんした。カラー口絵との落差が激しすぎる。まあ、もう一人のイケメンはいつでもイケメンだけど、こっちはギャップ萌え。

  • 人が死なない戦争なんてない。
    読み終えて思ったことです。
    まあ実際、そうなんですがw

    さてさて今回はどちらかというと内戦的な戦争でした。
    2巻もリアルな戦場、戦略が描かれていています。

    イタクの名将ぶりがこの頃から発揮してますね。
    新キャラ増えた!と思えば・・・・

    読んでいてホント飽きない作品です。

  • 『自分の臆病さを直視して、それを何とかしたいと思っている。
     その時点で君はじゅうぶんに冷静だよマシュー。
      ___心配はいらない。君の震えは、
                          戦いの始まりと共に止まる』

    しまった…次巻に繋ぐ引きだったか…
    3巻出るまで我慢しても良かったな…
    あ、今回ややネタバレ含むんで気になる方は回避で。

    というわけで、思わず2巻も読んでしまったわけですが、
    やっぱ面白いですね…
    時々文章が詰まりすぎてたりとか、乱れたりするのは仕様ですねw
    個人的に文章の上手さとかってそんなに気にしないタイプ
    のはずなんですが、なんかこの作家さんのは気になる…。

    頭に書いたイクタのセリフは、今巻のベスト。
    裏切りフラグ立ちまくりだったマシューが、
    なんか報われた瞬間でかなりグッときた。

    あと、男子の猥談がぐっときたww

    次巻気になるなぁ…早く出ないかなぁ…

  • 続く、で終わった。

    今気づいたのだが、個人的な好みとして1冊毎に明確な区切りが
    あった方が評価が上がるらしい、ので★0.5減点。

    おもしろかったけど、救いのないストーリーでした。
    今気づいたのだが、個人的な好みとして救いのある話の方が
    評価が上がるらしい、ので★0.5減点。

    いやこれが悪党が主人公で悪の限りを尽くすとかなら、むしろ
    さんざんな方が評価があがるのですが。

    どう転んでも出世につながる戦争でもなさそうだし
    初陣がこれでは今後のイクタくんの栄達にも翳りが
    みえたかも?まあ出世しないことには話が進まんけど。

    こういうのを読んでいると、つくづく銀河英雄伝説って
    すげえな、と改めて思う。あれは凄いわ。
    今更ながら登録してみようかと思ったのだけれど
    トクマノベルズ版ってもう登録できないのね、残念。

  • なかなかへヴィに戦争してますね。お蔭でイクタのゆるい態度がいい息抜きに感じられた。こっちを読み終えてから前巻のラストをさらっと読み返したけど、そういや帝国側は末期状態だったっけ。メイン以外で残された面子を見るとそれがよく分かるなぁ。

  • 前半ののどかな盛り上がりから、後半のデスマーチへ。
    名将イクタくんの善戦むなしく、巻頭カラー挿絵のお姉さんを初めとして、人がたくさん死にます。

    次回は恐らくさらなる危機が…、でも今回残した幾つかの伏線を、イクタくんはどうやって使うんでしょうか。

    スーヤ曹長、頭脳明晰な上官イクタ君にデレッデレ。なお、挿絵がない模様…。
    イクタくんが周囲の女性を次々と攻略するのも、本作の痛快な部分だと思います。

  • 士官出世コースとして北方遠征へ向かうイクタたちが無能な中将のせいでとんでもないことに巻き込まれる第2巻.前巻の引きが衝撃的だったとはいえ,すぐに事を起こす訳でもなく,だらだら過ごすサボり魔イクタに謎の安心感がある.ヤトリとのちょいちょい入る信頼関係がツボ.トルウェイ入り込む余地なし.方々に展開し同時進行する小隊・中隊の位置関係がバトルの重要な要素であり,その描写が不十分なのは気になったが,それでもイクタの戦術と,それを上回る展開の連続に面白さがはるかに上回っていた.
    最初誰だか分からないくらい,いつのまにかイクタに絶大な信頼を寄せているスーヤの変貌っぷりにちょっとがっかり(笑).あとシナーク族の独特な風習が気になる! アナライの弟子というイクタの知識と経験は18歳とは思えない.主人公達帝国は普通の冒険譚なら確実に悪物にされるであろう国であり,そこがキーになっている.

全22件中 1 - 22件を表示

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)の作品紹介

実戦経験を積むため、北域へと遠征することになる帝国騎士イクタたち。目指すは、カトヴァーナ帝国九百年の歴史において、一度も外敵の侵入を許したことのない大アラファトラ山脈に守られた軍事拠点、北域鎮台。野盗の相手と山岳民族「シナーク族」の監視以外は総じて暇だと噂される、帝国最北の基地だった。しかし、どこか訓練気分の彼らを待ち受けていたものは、想像以上に過酷で壮絶な-そう、本物の戦場だった…。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (2) (電撃文庫)のKindle版

ツイートする