優しくしないで、ただ抱いて。 (B‐PRINCE文庫)

  • 44人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 四ノ宮慶
制作 : 兼守美行 
  • アスキー・メディアワークス (2013年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048911146

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

優しくしないで、ただ抱いて。 (B‐PRINCE文庫)の感想・レビュー・書評

  • 話はとてもすきなのですが、なにぶん文章が稚拙で…すてきな話のすてきなところを半減させている気がします_(:3」∠)_
    地の文での説明はなく、行動で気持ちを表現してくれる文章の方がすきです…。
    本当はこんなことする人間じゃないんだけど、って、全部の地の文でマサキが説明してるけど、話上は、「話をするだけ」以外、そういうことしてる描写しかないような…。
    あと、稲葉に対して、愚直と水泳で鍛えた身体推しすぎだよwいくら水泳部で、いまもたまに泳いでるとしたって、30代の社会人なのにww
    マサキは本名教えたのに、結局稲葉のことは名前で呼ばないんかい!とか思ってしまった、し、最初の一杯はやはり飲んで欲しかった…。

  • 何とも、なかなかくっ付かないというか攻めのヘタレを超えているキャラに全然ついていけなかった。途中でもういいから~早くくっついてよ!って思ってしまうほどイライラ感が・・・。

  • サラリーマン×大学生

    主人公は、過去の経験から恋愛を幻想だと割り切り、快楽だけを求めて売り専のバイトをしていた。
    ある日、大学の目の前でサラリーマンの男性に声をかけられる。
    「俺と話をしたかったらここにきて」
    バイト先の名刺を渡すと、男は律儀にも店にきた。
    話をするために。
    触れることもせず、ただ話すだけの男に時間をとられ、欲求不満の身体を持て余すが・・・

    サラリーマンは、死んだ恋人ともセックスをしていなかったため、童貞です。
    優しい顔立ちで、主人公と話すことを目的にしているので大金払っているのに手を触れようとはしませんし、「愛のないセックスは・・・」と主人公を諭したりといわゆる「おかたい考え方」の人間です。
    しかし、頑固さが前面にでたキャラではないので、そこがまた新鮮でした。
    主人公も主人公で、色々考えて生きているのがしっかりと描かれているので、ついついハラハラと見守ってしまうんですよね。
    最後の最後で、本当に「よかったぁぁぁぁ」って思いましたよ・・・。

    「乗り越えて幸せになる」系では四ノ宮センセがおすすめ!!

  • きゅんきゅんです。

  • マイノリティなマサキは愛のないセックスが一番気楽で、愛なんて必要ないと思っていた。
    そんなマサキが優しさしか知らない男、稲葉と出会い、葛藤しながらも稲葉に惹かれてしまう恋心は止められず…。
    そんな二人が不器用ながらも互いを意識して、心が通じ合うまでを描いた心情描写がっつりな作品です♪

  • 男娼とお客…

    過去の苦い思い出を抱く受け様、過去の幸せな思いを抱く攻め様
    どちらも一途な思いを心に秘めてる

    幸せって何だろう…的な気分になるお話

    どうしてこうなっちゃうのかなぁ~って次のページを捲ってしまう
    引き込まれるストーリーでした

全6件中 1 - 6件を表示

優しくしないで、ただ抱いて。 (B‐PRINCE文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

優しくしないで、ただ抱いて。 (B‐PRINCE文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

優しくしないで、ただ抱いて。 (B‐PRINCE文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

優しくしないで、ただ抱いて。 (B‐PRINCE文庫)の作品紹介

恋や幸福なんて幻想だ。疑似恋愛だけ楽しめればいい-売り専のバイトをしていたマサキは、死んだ恋人を想い続けている稲葉と出会う。「セックスは、好きな人と想いが通じ合ってするべき行為だと思うんだ」とマサキに触れもせず、ただ優しく接する稲葉。昔の恋を幸福そうに語る稲葉に嫉妬を抱くうち、狂おしい想いが芽生え-。優しさしか知らない男と、愛のないセックスしか知らない男がすれ違う、切なく痛い恋。

優しくしないで、ただ抱いて。 (B‐PRINCE文庫)はこんな本です

ツイートする