ひそひそ 2 (シルフコミックス 36-2)

  • 262人登録
  • 3.89評価
    • (13)
    • (30)
    • (18)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 藤谷陽子
  • アスキー・メディアワークス (2012年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048911832

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

ひそひそ 2 (シルフコミックス 36-2)の感想・レビュー・書評

  • 大地のお父さん・雅弘さんはいいキャラしてる♪ 裏表がなく単純で、でもきちんと大人なお父さん好きです。1巻の最後に出てきた人はゴンタロの飼い主・祭利さんでした。なんでまた力が復活したのか祭利さんの子供帰りになるほど〜と(笑) 大地と出会い、光路が子供時代にできなかった事、友達と遊んだり旅行したり今できるようになって良かった…

  • 光路大地の家族ぐるみの旅行のお話がメイン。
    怪しい陶芸家・天海とも知り合った光路。
    天海はゴンタロの飼い主でもあり、ゴンタロの母は光路が幼い頃、慰めてくれた思い出の犬だった。
    大地のような能力があると、同年代の友達は難しいのかなあ。カードゲームもめくらないうちにカードの中身がわかってしまうんだね。。
    雅弘と千種の出会いのお話が素敵でした。軟派なのに硬派な態度をとるところにギャップ萌え。

  • キャラが出揃って、交友関係が広がっていくのをみるのは、さみしいし、わくわくしますね。拓斗くんいいこ!(*´`*)

  • 癒されるー。マツリさんいいヒトー。大地くんの友達作ろう編はちょい切ない。ちっさい子はちっさい子なりに悩んでるんだよね。我慢して我慢して我慢してる姿が可愛くて仕方ない。

  • 大地のお父さんとお母さんがバカップルすぎて微笑ましい。

  • この二人が出会ったのにはきっと意味があるよね。
    そして二人だけの世界じゃなくてちゃんと世界は広がってる、きっと。

  • ハァハァ…マツリさんのしたたる肉体……

  • 【請求記号】 726.1/フ-12/2
    【登録番号】 11655
    【資料ID】 1001011655

  • 読めば読むほど『flat』のようなそうでないような。祭利は実は意外と理解のある方だった。しかし,有介は無表情だねぇ。

  • レンタカーww

    続きが気になる。

  • 動物や無機物の『声』が聞こえる、と言うファンシーな設定のお話
    だからと言って、軽くフワフワと進んでいく訳でもなく、時に絶妙な重みを感じさせるのが魅力
    癖が強かったり、ちょっとSが入っていても、大人たちが何だかんだで優しくて、子供らを温かく、イイ距離を保って見守っているのもポイントが高い
    Whisper10の冒頭と、描き下ろし漫画、笑えたし、同意も強くできた
    男友達にトランクスは借りるのにはさほど抵抗が無い私でも、さすがに同じ物を揃いで履かなきゃならないのは精神的にキツいものがありますね、かなり
    2巻の本編のラスト、わずかながらシリアスな感じが漂っており、3巻が待ち遠しいです

  • 面白かった。続き2013年の秋発売なんて待ち遠しすぎる

  • ううん可愛いなぁ…
    大地が光路のこと大好きなのが萌える可愛い!

    そしてゴンタロが好きです
    飼い主のマツリさんも良い人で良かった

  • すごい不穏な登場するから不安になったけど、祭利さん普通に良い人…w祭利さんの光路が能力戻ったことへの見解は、まあ、当たってるんだろうけど、そう言われると身も蓋もないなと思ったw

  • 待ってました!第2巻!やっぱりほんわか癒されました~^^動物たちや物たちとのやり取りが可愛くて和む。前回の最後に出てきた人・マツリさんが不穏な感じで不安だったけど、全然良い人で一安心。ゴンタロさんの飼い主の人が悪い人なわけないか^^;

  • そんなところで続きますか!まだ対処法を知らない子供で、うまくやってくのは難しいだろうなぁと思いました。うまいこと友達になれるといいんですけど。明かさずに友達になるとか、裏表とか、子供には難しいし酷だよね。
    1巻ラストで怪しげに出てきた新キャラは何と実は大して知らないって事で不穏な話にならずに良かったです。でも光路の力が戻ったのはそういう理由なのかもしれませんねー。ゴンタロかわいい。
    光路もだけど、光路はもう周りがいるし、マツリの家が大地の息抜きの場になればいいのになと思いました。今回は微妙に大地がさみしそうな巻だったから。光路には光路の友達がいてさ、自分は歳が離れてて。家族と光路がいても、足りない事がこれから先あるんじゃないかなーと。光路はそれなりにもう対処法を知ってるだろうけど。本当は光路に全部頼りたいだろうけど、ダメなのかもしれないって、何となく今回思ってしまったような気がして。光路も光路でまだまだ全然子供ですしね。うまく導けるといいんだけど。
    大地の父親がちょろくて吹きました(笑)同情しやすいタイプか。
    環はいいやつですよねー!何気に気遣い屋さんだし。
    パンツ何であんなに嫌がるのかと思ったら描き下ろしで爆笑しました。そういう事か!律儀にその後もちゃんと使うんですね(笑)その場だけじゃなくて。そんなとこがなんだかいいやつばっかだな!

全17件中 1 - 17件を表示

ひそひそ 2 (シルフコミックス 36-2)に関連する談話室の質問

ひそひそ 2 (シルフコミックス 36-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする