アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)

  • 131人登録
  • 3.37評価
    • (5)
    • (14)
    • (27)
    • (5)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : 茜屋まつり
制作 : 蒲焼鰻 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2013年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048913324

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 評価:☆4

    「あたしが巡り逢ったのは…最高の銃だったわ」そう言ってアリスは逝った。わたしの名前はミスター・マグナム。偉大なる魔女によって生み出された魔法の銃だ。災厄により相棒を失ったわたしは、不思議な運命により過去の世界で意識を取り戻す。そこで出逢ったのは、少女時代のかつての相棒。だがこのアリスは、とんでもないおてんばアホ娘だったのだ…。やれやれ。とはいえわたしは立ち上がる。かつての悲劇を起こさぬよう、新たな未来を切り開くために―。第19回電撃小説大賞“大賞”受賞作の、未来を切り開くマジック・ガンアクション登場。


    まずこの設定が良いですね。
    喋る銃とおてんば娘のコンビも良い感じ。
    本番には強いアリスのガンアクションは読んでて爽快だし、ミスターが今のアリスに救われるシーンは胸が熱くなった。
    台詞回しも好みなのが多かった。

    ただ過去のアリスと今のアリスとのシーンがごっちゃでわかりづらい。あと、カタカナルビが多くて読みづらかった(これが一番気になったかなw)
    そして、いくら才能あるとは言えお嬢様だったロッキーがいきなりショットガンで実践は無理でしょうよ(笑)

    全体的には良かったんだけど、ところどころで気になるところがあったので☆4で。
    電撃小説大賞か!と期待して読むとうーん・・・ってなるかもw

  • 西部劇でガンアクションで魔法で時間もの。

    クールなんだけど実は熱くて、アホな子に翻弄されたりするミスター・マグナム(拳銃)が語り手。
    ハードボイルドっぽいそんな語り手を通した文体は、ルビを頻繁に使っていて戦闘もののラノベではよく見る形。
    でもこれがとても完成されていて、熱くてカッコいい語りと物語で夢中になって読めた。
    特に第一章がとても良かった。

  • 過去改変ものとしてはありがちな展開ではあるものの、西部劇に出てくるような舞台の雰囲気がよく表現できてて、あつい。

  • 第19回電撃小説大賞「大賞」受賞作

    拳銃が主人公の一風変わった物語。主人公の一人称で物語が進められる。
    ルビが煩わしく少し鬱陶しい点が残念だが、ストーリーは楽しめる。
    オチもしっかりあり飽きずに一気に読むことができる。

    暖かくほっこりした読了感の1作。

  • 面白いけど、噛んだセリフ、場面転換がよくわからない

  • 「ッ」ネタは、この作品の場合はワイルドアームズからのパロでいいんだろうか。懐かしい。

    最近2巻が出てたのを知って、そういえば気になってたのに読んでなかったなぁと購入。

    読者に理解力を要求する要素が、あらゆる箇所に見られるのがラノベとしてどうなんだろうかっていうのは感じた。
    始終ノリが軽いのは、人をポンポン殺していく話だからかね、深刻にすると先に進めないレベルだし。

    2巻どうなるのか楽しみ。

  • 中断期間が長かったので記憶を辿るのが難しかったけど、まずまずだったのではと思います。時間遡行の内容である意味定番通りだけど、銃を主人公にしている所、とぼけた所とガチな所の使い分けも面白かったかな。

  • うまいんだけど、詰め込みすぎな印象が。設定がすべて消化できていないような。

  • あとがきが一番面白いというのはどうだろうか。
    ちょっと凝ったギミックを使った逆行もの。パラドクスがらみのところは色々とごまかしていたがあまり気にならない程度に薄まっていたのでこのへんはうまいところか。

    次巻がある、ということで悩んでたりする。

  • 物語はすごい作り込まれてるんだけど、キャラにノリ切れなかった

  • 電撃文庫大賞 大賞受賞作品でございます。

    銃と少女が未来を変える為に旅するお話。
    典型的…かは知らないけどジャンル的にはガンアクションもの。
    全体的には楽しめたけど内容が王道な感じの上に
    作者さんのセンス的な部分もあまり感じなかったので
    大賞受賞作として期待して読むにはちょっと弱いかな?というのがまあ正直な感想。

    という訳で星3つ。

  • 某ラジオを聴いて購入。確かに王道のライトノベルだなぁ、と。読んでいてワクワク感がすごい。バトルの描写も見事。お笑い要素、お色気要素もくどすぎない程度に控えめに入っている。

  • 今年の電撃小説大賞は西部劇を背景にしたタイムリープもの。なかなか面白かったです。西部劇自体は見たことないけど、テンポもよかった。キャラもそれぞれで立ってるし。ミスターが渋くてカッコいい。苦労性だが。そして師匠のセリフはもう少し読みやすくてもよかった気もします(苦笑)結構しっかり幕引いた感があるけど続巻はあるのかな?

  • 電撃文庫はメディアミックスに力を入れてますが、この作品は正直多角展開に向いてる作品ではないと思います。

    ともすれば入れたくなるキャラの部分を押さえ込んで、話の流れに終始した点は好感をもちました。

    この話を書き終えたことで、今後はキャラのエピソードにもっとフォーカスするのだろうと思います。

    次巻はどう仕上げてくれるのか、楽しみです。

  • 構成の弱さと、溜めの不足を感じるとこもあるが、設定は魅力的。

  • 電撃文庫の大賞受賞作というだけあり非常に手堅い印象を受けました。テーマがしっかりしており一冊で話をまとめるために考えられたキャラに考えられたら設定などはさすが大賞作品といったところだろう。しかしどこかパンチが足りないようにも感じました。個人的には話の完成度も大切だがこれだけはほかの受賞者にも負けないという部分があってほしいと思うのだがこちらのインパクトは薄いように感じた。そして話のまとまりは良いのだがやや話がぶつ切りになっているようにも感じたのもすこし残念。

  • 銃の熱を感じた。
    ここを魅せたかったという著者の想いの伝わる作品だった。そういうシーンは、時が止まるかのような感覚、密度がある。

  • 最初の小アリスとミスター・マグナムのやりとりが、
    エンディングにも繋がってくるあたりなど
    場面に対する伏線が無駄なく配置されていて
    きちんと練り込まれた手堅さを感じました。

    ただページの関係(結構厚みがある)なのか
    旅(移動)の過程などの日常的な部分が省略されているので
    物語の展開が早く、読んでいて落ち着かない印象があるかも。

    それこそビックサンダーマウンテンのごとき
    急展開で物語が進んでいきます。

    史実と絡めている部分でリアリティが出てくるのだけれど
    開拓時代のアメリカに対する知識はほとんどないので
    個人的にはもうちょっと説明が欲しかったかな。

    ややバタバタに感じられるのは、
    このあたりのページの(一見無駄な)遊びが
    ないからかもしれません。
    (正確にはわかりませんが)

    1巻で綺麗に完結していますが
    大アリスとサラマンデルの強固な結びつきや
    サブキャラクターたちの内面には
    まだまだ語るべきところがありそうな気もします。

    『世界を救う』という最も困難なミッションは
    既にクリアしてしまいましたが、
    これからも物語は進むのか、
    だとしたらどのように進展するのか、
    興味があるところです。

  • 語り手であるミスターマグナムが過去の世界に戻り、不幸な結末を回避するというタイムスリップものの王道のような展開で目新しさはあまりなかったが、ミスターとアホ娘アリスのやり取りは終始面白かった。

    場面転換が頻繁にあり、滅亡した世界と現在救おうとしている世界を直近の文章で比較しながら読むという構成になったいたが言われているほどわかりにくくは無かったかなと。
    敵役であるゾォーダの掘り下げはもうちょっとあってもよかったかなと思った。世界を滅亡させたという割にはなんか印象が薄かったので。

    まとめるとコミカルなやり取りが好きな人にはおススメ。

  • 人語を話す銃とそれを操るアホ娘アリスの掛け合いがとても面白い西部劇+魔術モノ.先住民だの大陸人だの鉱山だの賞金首だの魔術だの…良く言えばいろいろなネタを絡ませて華やかな展開になっており,悪く言えばごちゃごちゃしていてストーリーの本筋が見えなくなっている.一応主人公であるミスターマグナムの目的ははっきりしているんだけど,そこがアリスたちの行き当たりばったりな旅という演出とマッチしていないというのも,ごちゃごちゃを感じる理由なのかも.
    ただ,西部開拓史という雑多な世界観にはある意味であっているとも思うし,キャラ同士のおバカな掛け合いが良かったので,総じて面白かった.下手に引き延ばさないでこの巻で完結しているところもよい.
    ところで電撃文庫ファンビックリのあとがき.

全20件中 1 - 20件を表示

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)のKindle版

ツイートする