オコノギくんは人魚ですので〈1〉 (メディアワークス文庫)

  • 783人登録
  • 4.08評価
    • (68)
    • (90)
    • (47)
    • (2)
    • (0)
  • 65レビュー
著者 : 柴村仁
  • アスキーメディアワークス (2012年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048913423

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

オコノギくんは人魚ですので〈1〉 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • おもしろい・・・!
    人間に擬態した人魚のオコノギくん、とか謎の生き物「うじゃ」、とかとごくごくフツーにほのぼのと日常している…。
    登場人物全員が、嫌じゃなく魅力的。
    主人公もさっぱりしているというか、素敵なキャラです。
    オコノギくんの人魚の姿も見てみたいけど、ナツの泳ぐ姿もぜひ見てみたいなあ。
    色々謎も多いけど、しっかり解決までしてもらえそうな書き方だし、これはいいものを読みました!

  • 由良シリーズを読み、柴村先生の作品にはまり、今作を購入。表紙や挿絵の雰囲気がとても似合う、キラキラふわふわさわやかな、それでいて謎が張り巡らされた不思議でおもしろい作品でした。人魚が人間になって陸地で生活している、という設定がすごくツボ。かわいい。うじゃもかわいい。柴村先生の文体がわたしはとても好み。すいすい読めてドキドキする。次もたのしみ。

  • 人魚が人間に擬態して学校に学びに来る。男の人魚というのも珍しい。丸いふわふわした変な生き物。聴いたことのない症状で泳げなくなる少女。などなど設定が斬新な感覚で、まだこの1巻は序章の雰囲気だし今後が興味深いです。

  • 表紙買いだったけどすごい当たりを引いた。
    とても好きな作品だ。

    作品通しての爽やかな世界観が伝わってきてとてもよかった。
    何を以て自分が本の世界の色を感じるかはわからないけど、確実にこれは水色基調の水彩世界だった。

    水眠病という設定がとても好きだ。
    主人公の水に対する思いと反比例するように罹った病。
    それに対する悔しさを持ちつつも、ナツの普段はさっぱりした感じがとても好印象だった。
    そんなナツのペースを乱すオコノギくんも、普通の人とは一線を画していて、読んでいてとてもおもしろい。
    さらにナツのオコノギくんへのこだわりも、これから心境が変化していくのか楽しみだ。

    シリーズものの一巻なのでまだ伏線が張られる段階で、はやく続きが読みたい。
    そして柴村さんの作品をほかにも開拓していきたい。

  • 表紙買いでした。

    人魚がいるちょっと不思議な町でおこるちょっと不思議な日常を書いたほのぼのミステリーです。

    さらっと読めたので、本が苦手な人も気軽に読める作品だと思いました。

  • サクッと読めた すべてが程よく心地いい内容で癒された アザラシ見てみたいなぁ続きが気になります~

  • タイトル買い。
    表紙裏の、のんびり不思議な日常系ファンタジーという通り、人魚のオコノギくんと過ごす日々は少しの謎に包まれているけど、どこにでもある日常でした。
    柔らかくて軽いタッチの文体で、さらっと読めました。

    さて、ナツたちはこれからどうなっていくのか。
    続きが楽しみです。

  • 登場人物が個性的だけど自己主張強すぎなくてほっとする。
    謎もいろいろあるけれど
    このふんわりした世界にしばらくひたっていたくなる。

    浩祥まきこ先生の雰囲気に少し似ている気がした。

  • 良いですね ^^
    読んでいてなんだかにこにこします。ほのぼのします。

    日常にちょっと不思議が上手くと手込んでいて
    またオコノギくんのほのぼのとした性格が作品をぽわんと包んでいる感じ

    表紙のイラストがとても良いオコノギ風味をだしてます。

    文体は懐かしいコバルト文庫って感じもします。
    例えて言うならばほのぼのしたゴーストハントみたいな?

    各々のキャラクターも個性的で賑やかなので読んでいて楽しい。

    個人的にエリオットが好き ^^

    この雰囲気を崩さずゆっくりと読んでいきたいシリーズ。
    伏線もちょいちょい見られたので続きが楽しみです。

  • 題名にそそられて買った本。最初は少女マンガっぽいな、と思ってたけど。読み進めると予想以上におもしろかった。

    人魚が出てくる以上に変なことがいっぱい起きるし、なんか裏がありそうだし。キャラも好感がもてるかんじ。

  • 作者買い。
    でも表紙もすごく好き。

    ファンタジーなのに
    本当にある話のように
    スッと入ってくる。
    キャラクターもいい感じ。

    続きが早く読みたい。

  • おもしろいけど。。。
    これが電撃?
    おばさんにはわからない、ということか?

  • クラスメイトに、人の形をした『人魚』がいる。

    前篇後篇、に分かれた話が4本の、連続短編。
    人魚がいるだけの現代かと思ったら
    少しずつ不思議が増えて行きます。
    最終的には、不思議現実へようこそ?w

    泳ぎたいのに泳げなくなった主人公。
    そのまさかの理由は、腕力にも関係あるのか。
    単なる火事場の馬鹿力なのか。
    そこがちょっと気になります。

  •  人魚やうじゃが普通にいる世界に読者だけが驚いて、登場人物たちはのんびり受け入れているのが不思議な世界観でした。
     特に、今どきの「女の子みたいな名前の男の子」がいきなり登場がてら「うじゃをもちっと踏みつけた」というシーンは、頭が理解に追い付かず、2,3回その文章を読み返してしまいました。
     生物なのか無生物なのか、重いのか軽いのか、人魚よりもうじゃが気になってしまいました。
     そして主人公ナツも、変に怪力だったり家では鉈で薪割りしてたり、謎の病気を抱えていたり……。こちらも人魚よりも気になる存在でした。
     エリオットやミワさん(男)、藍本さんや漂さんなど、不思議で可愛らしいキャラクターがいっぱいで、小此木くんはくわれそうなくらいでした。
     人魚よりよっぽど変な生物(?)うじゃにエリオットが興味を示さないのは謎です。
     2巻までしか出ていないようなのに、伏線は多いので、次で終わるのか心配です。

  • とても不思議な町。分からないがいっぱい。次巻で解決なるか?

  • 読んでて浮かぶ情景がすごく綺麗
    装丁も素敵

  • 帯に書かれていた「のんびり不思議な日常系ファンタジー」という言葉の通りだった。
    人魚がいることが当たり前の世界。とはいえ、謎となっている部分がまだまだあるのでこの先徐々に明かされていくのかな~。

  • 再読終了

    なんとなく読みたくなってまた読んでみた。設定が非現実的なものだから、1は説明が多いけど楽しく読めた。

    この時から既にミワさんはいいところで邪魔してたんだなぁ~とあらためて気付く。

    人魚とかうじゃとか水とか非現実的なものに違和感なく楽しめる作品

  • ファンタジー
    あまり読み進められなかった…

  • 人魚のオコノギくんは好奇心旺盛でやさしくて一生懸命で母性本能をくすぐられます。
    彼の周りに人が集まるのは人魚だからというだけではないなと。
    その他の登場人物もなかなかキャラが濃くて楽しいですよ。

    メディアワークスというと表紙がライトノベルっぽいので、内容もゴチャゴチャしていそうと手にしてきませんでしたがそんなことはありません。
    話の流れも登場人物も個性的だけれどもやりすぎでなく爽やかさがきちんとあるというところが私は気に入りました。

  • アスキーメディアワークス文庫は初めてだったのですが、角川つばさ文庫などに近い感じですね。
    小野不由美さんの作品の後に読みましたので、なおさらそう感じたのかもしれませんが、私的にはちょっと物足りないです。
    話の内容としては人魚ならではの設定等あり、面白かったです。
    エリオットではないですが…人魚の鰭や、反響定位の音を聞いてみたいです。

  • 何だかふわっとしたお話だなあ。登場人物がみんな個性的で面白かった。

  • 人魚や町、世界観の設定が面白い。
    人魚と共生する世界良いなぁ。
    隣の席の男の子が人魚とか毎日楽しそう(笑)
    オコノギくん、年上キラーぽいな。
    水の話には、へええ!ってなった。日本の水は美味しいって有名だが、ここでその話を持ってくるのか上手いな。

    というか、奈津の順応性凄い。
    って、まぁ、この町の人は人魚がいるのなんて当たり前だと思ってるからそりゃ普通に接するか。
    奈津が泳げない理由、水眠症はこれからの展開のキーになりそうだな。
    あの襲ってきた水眠症の子はこれから出てくるのか?

    水眠症と言えば、プールで溺れたとこで驚いたのがオコノギくんは、人魚は陸に上がってしまうと泳げないってこと。
    人魚なのに泳げないの!?って驚いたが、理由を知って納得した。そりゃ泳げないわ。
    プールときはエリオット活躍したね!
    何気にエリオットが一番お気に入り(笑)
    オコノギくん大好きだなエリオットは(研究対象的な意味で)
    アザラシと戯れてるとこは本当にけしからん可愛さだった。

    そんなエリオットを窘めたあの謎のイケメンオヤジがまさかミワさんだとはぶったまげた。
    ミワさん、なんでオカマやってんの普段!(笑)
    いや、オカマ素顔がイケメンて鉄板だけどさ。
    ミワさん何者なんだろ?あんな注意するってことは、味方で且つ人魚を守る立場だよね?

    謎な存在はミワさんだけじゃなく、ヒロインの奈津とオコノギくんのホームステイ先の標さんもだよな。
    奈津のあの怪力は一体…?そして、水眠症適合なあたりももうちょい掘り下げて欲しい。
    標さん、翻訳家ってどんな活動してんだろ?仕事してるとこ見たいな。

    そういや、謎といえばオコノギくんが写真に映ったことも。
    人魚が自分の意志で映っても良いと思ったら映るってこと?普段はメディア系はシャットアウトだよな?

    次回では、奈津がオコノギくんの調査手伝うってことで色々展開すると思うし早く読みたい。
    そして、奈津、オコノギくん、エリオット、あざみちゃんの4人組のほっこりする話があればいいな。神社の行でそんと萌えた。

  • 柴村先生の新作!どうやら人魚と人間がナチュラルに共存する世界。のんびりした日常の中に、ちょっとしたミステリー。
    柴村先生の魅力的な文章が味わえて幸せです。次巻はもっと深い所まで物語が進んでくれそうで楽しみです。

  • 日常の中に、人間に擬態した人魚がいるというだけで興味をそそるのに、ほかにも人間じゃない(?)やつが多数紛れているっぽい・・・ その正体が知りたくて2巻も読まずにいられない。

全65件中 1 - 25件を表示

オコノギくんは人魚ですので〈1〉 (メディアワークス文庫)に関連する談話室の質問

オコノギくんは人魚ですので〈1〉 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オコノギくんは人魚ですので〈1〉 (メディアワークス文庫)の作品紹介

第10回電撃小説大賞“金賞”を受賞し作家デビュー

ナツが通う城兼高校には、ときどき“人魚”が転入してくる。うまく擬態しているので見た目は普通の人間と変わりない。でもやっぱりところどころ謎めいていて、カチカチと妙な音を発したり、うっかりヒレを出したりと、なんだか目が離せない。やむをえない事情で大好きな水泳をやめてしまい、物足りない日々を送るナツは、ある放課後、オコノギくんがひとりで学校のプールサイドにいるのを目撃する。どうやらオコノギくんは、何かをさがしているみたいで…。

ツイートする