一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)

  • 673人登録
  • 4.14評価
    • (65)
    • (74)
    • (33)
    • (2)
    • (1)
  • 50レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星紅白 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2013年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048914383

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メグとセロンのフィナーレがイマイチだったので、
    ちょっと読む気が失せていたのですが、
    結果読んで良かったかなと思います。

    時系列的にメグセロの直後なので自然とメグセロベースのお話に。
    同じ学園にいるリリトレを絡めながら、
    アリソンとヴィルはほぼ幕間。

    正直一番気になるのはアリソンたちのその後なのですが、
    それは次巻に期待で。それどころじゃないってことにはなってますがw

    お話は意外と大きな展開がありますが、
    過去作品のエピソードを少しずつ絡ませ、
    色々回想しながら読めるファンブックな仕様。
    上手いなぁと思います。
    次巻はきっとカルラの登場もあるでしょうw

    正直あんまり期待していなかったのですが、
    フィナーレがすごく楽しみになってきました。

  • 待ってましたのオールスター最終章。リリトレあたりの内容は曖昧なものの、始終にやにやしっぱなしだった。これ下巻でしっかり噛み合わせていくんでしょう?という期待で、今から5月が楽しみ。

  • 新聞部、特にセロンとトレイズの絡みが出てきて嬉しかった。でもそれをさらりと見破るトレイズもトレイズだし、一般の学生になるのは難しいってところが相変わらずの王子っぷりというか、なんというか…。

    ヴィルが2回死んでしまうなんて、ショック過ぎて立ち直れないと思ったけど、今回もアリソンは強かった。この強さにヴィルはずっと救われてきたんじゃないかなあと。

  • うおぉぉぉぉぉお!!まってました!アリソンシリーズの集大成!きたーーー!!嬉しいです本当にうれしいです嬉しすぎますぅぅぅ!!

    表紙がリリトレとメグセロなので、もしやこっちメイン?と思ったら、やっぱ学園メインでしたねー。アリソンとヴィルもっとでばってぇぇぇぇ!!下巻に期待です!

    2014/09/11

  • とりあえず、メグとセロンは順調そうでよかった。
    リリアとトレイズは相変わらずで…。
    アリソン達、今度は何をしてくれるのか…。

  • アリソンに見送られたトラヴァス少佐は、軍用機に乗り旅立つ。しかし機体はその後、爆発とともにルトニ河へと墜落してしまい……。
    一方、リリアの通う第四上級学校では、謎の転校生トレイズを巡って新聞部メンバーが校内の大調査を開始する。すると、思いがけず臨時ロッカーで起こっている不審な現象が明らかに。彼らは徐々に大きな事件へと巻き込まれてしまうことに……。

    アリソンからのシリーズの完結編。それぞれのシリーズを読んでからだいぶ経ってるので誰が何を知ってて人間関係がどうなってるのかとかうっすらとしか覚えてないけど、相変わらずで楽しい。

  • アリソン達がやっぱりぶっとんでる!

  • 親世代のはなしは読んでいたけど、メグとセロンは未読。読みたくなった。

  • アリソンシリーズ最終話ということで、内容はアリソン、リリトレ、メグセロ全ての登場人物が出てくるお話ってことで、今までの既刊本の続き。ニアミスはあったものの、全てが繋がるってことにまずは感動だよね。各メインキャラのその後がか書かれてるのもファンとしては嬉しい。話はわりとメグセロと新聞部の皆さん寄りたったかなー。学園内のちょっと怖い事件を解決、それが今後どうなってくのか…?って流れはとても面白かった。まとめると下巻がすごく期待できるような内容でした。下巻は上巻より分厚いのでちょっと一苦労ですが、楽しめそうです。

  • アリソンシリーズの集大成。
    でも上巻は子供世代がメインであまり進まない…。

全50件中 1 - 10件を表示

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)に関連する談話室の質問

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)の作品紹介

アリソンに見送られたトラヴァス少佐は、軍用機に乗り旅立つ。しかし機体はその後、爆発とともにルトニ河へと墜落してしまい-。一方、リリアの通う第四上級学校では、"謎の転校生"トレイズを巡って新聞部メンバーが校内の大調査を開始する。すると、思いがけず臨時ロッカーで起こっている不審な現象が明らかに。彼らは、徐々に大きな事件へと巻き込まれてしまうのだった…。懐かしいあのキャラクターたちも勢揃いでお贈りする、胸躍るアドベンチャー・ストーリー×ドキドキハラハラワクワクドタバタ学園物語の完結編上巻。

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)はこんな本です

一つの大陸の物語 (上) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)のKindle版

ツイートする