ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)

  • 165人登録
  • 4.24評価
    • (27)
    • (34)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 宇野朴人
制作 : 竜徹  さんば挿 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2013年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048915335

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 北域鎮台、対アルデラ神軍撤退戦。

     英雄は過労で死ぬとは、けだし名言だ。が、怠惰イクタ自身にすらそれが降りかからないとも限らない。地位には責任と部下が付き物だから…。

     圧倒的に味方に不利な状況が悪化しないように支えながら、高次の目的遂行にあたる。こういう緊張感ある舞台設定を上手く構築した作者の勝ちという印象の第3巻。
     そして序章の幕が下りる巻である。

  • 圧倒的な戦力差での撤退戦。
    そして、宿敵となる軍師の登場。
    最初から最後まで息つかせない展開だった。

  • 最高でした。ここにきて、満を持して『不眠の輝将』と呼ばれる主人公に比肩し得るライバルが登場。圧倒的な戦力差も相まって緊張感が更に増していました。/主人公とヤトリの、信頼を通り越したような関係性。どういう過去からこのような関係が築かれるに至ったのかが非常に気になりますね。/「金言を授けよう、不眠の輝将。――全ての英雄は過労で死ぬ」 この台詞が鳥肌が立つくらい好きです。アニメが楽しみです。/【星5★★★★★】

  • 戦乱渦巻く世界で生きるイクタ少年の半生を描いた作品の第3章。
    シナーク族と戦いを終えたが、すぐにアルデラ神軍との戦い(撤退戦)が始まる。

    ラノベらしからぬ血生臭さの度合いが上がってくるも、全体のバランスがいいのであんまり気にならないところが上手いなと思います。
    敵方に現われたライバル将校がでてきて戦略対戦略が始まったのも盛り上がってきた要因だと思います!
    今後の展開も楽しみです!

    ただ、最初に前回もでのあらすじをお願いしたな。
    いきなり本編ではちょっと置いてかれる。
    まぁ、前巻最後を読み返せって言われればなにも言い返せないけど(笑)

  • ご都合主義は否定しないんだけど、前巻のイメージの悪さが尾を引いてるかな。
    非戦闘員の無差別虐殺やらレイプ未遂までやらかした直後に共闘とか、さすがにねーよ。
    敵対女の子とキャッキャウフフしたいのなら前巻みたいな重い展開にしちゃだめだし、ああいう重い展開にするならきっちりハード路線で行くべきじゃないか?
    ナナクは殺すしかなかったと思うんだけどね。
    俺Tuee系の最強主人公様物語の場合、作家の独りよがり傾向がすごく強くなるんだけど、そこに同調できないとツライ。
    「指まで切り落としちゃう俺カコイイ!これでオナノコもすべてを許してくれちゃう!」とか、ねーわ。
    シナーク族と共闘するなら前巻の虐殺は無用な作者オナニーだった。
    あれやるなら、きっちりナナク殺しておけって感じだなー。

    読了。
    今巻はわざとらしい悲劇がなかったので楽しみやすかった。
    前巻のわざとらしさを考えれば、必死で撤退戦をこなしたイクタたちが後方に下がると、後方で築城しているはずの友軍が存在せず絶望する、みたいな痛々しい流れになるんじゃないかという想像がついて回った。
    でもまあ、そうなるとさすがにイクタたちは捕虜になって他国で生活する新章になるだろうし、ジャンとの対面を決定的に決裂させた以上、その未来を作るのは無理があるだろうとも思った。
    なんにしろおかしな展開にならなくて良かった。
    ただ、撤退戦終了から中央帰還までいっきに時間がすっ飛んでるのはちょっと違和感があったね。
    ざっとでもいいから、イクタたちが後方の自軍と合流するシーンや、それぞれの場面でシャミーユがやきもきするシーンをはさんで欲しかった。
    時間の経過が乱暴で、ちょっとだけ取り残された気分に。

  • 戦争の悲惨さを表しつつ楽しめる内容となっている。作者の文章力・表現力に脱帽。

  • ライバル登場。一万二千の敵軍に対し味方はわずか八百。壮絶な退却戦。最後に差を分けたのは、敵将への想像力。

  • 極限の撤退戦。イクタとヤトリの信頼関係の根っこが気になる

  • 評価:☆5


    本格派ファンタジー戦記第3弾。

    圧倒的な戦力差、そして現れる「不眠の輝将」ジャン・アルキネクス。絶望的な状況の中での撤退戦に果たして勝機はあるのか――!? と言ったところです。

    いやーホント面白い!安定しすぎてて怖いw
    始めはかなり成り行き感が出てたイクタだけど、もうすっかり名将としての風格が出てきてるね。
    いつもの軽い感じが消えてた分、読んでるこっちにも緊張感が伝わってきた。

    序盤のマシューがかっこよすぎて涙腺熱くなってしまった・・・。
    「だったら!――ここで仲間にかける言葉は、『先に逃げろ』じゃないだろうが!」
    いつの間にこんなイケメンに(ノД;)

    イクタとジャンの戦略のぶつかり合いが面白かった。
    時間と共に推移していく戦場の様子も頭の中で容易に思い描けるのは、それだけ文章がしっかりとしている証拠でしょう。

    イクタやヤトリ、二人の息の合いすぎなコンビプレイはもちろんだけど、この戦闘で一番褒め称えられるべきはサザルーフ大尉だよね。
    自分の能力の限界をきっちりと認めることができる上官なんてそうそういないよ。
    サザルーフ大尉にはこれからも出番あって欲しいw

    最後に姫様が出てきて、「あ、そういえばいたなぁ姫様」と思ったのは秘密(笑)

  • 前回の続きで。
    生田君がまじめに戦うと、ロクなことがないな。

  • 戦いは1つだけでは終わらなかった。

    シナーク族との戦いが終わり、疲れ果てたカトヴァーナ帝国軍。

    そこにアルデラ神軍の大軍が彼らを襲う。

    ここでイタク達が選択した行動は。


    「不眠の輝将」と呼ばれる天才も登場。
    彼の前にイタクはどう切り抜けていくか。
    見所です。

    2巻での出来事があったので今回はさらにどうなっていくのか展開が読めず終始緊張しっぱなし。

    地形、気候、敵の動向等あらゆる面を見据えて繰り出されるイタクの戦略は見逃せない。

  • ライバル登場。個人的には小指はやりすぎ感があるけどこの巻も息をつかせぬ展開で面白い。

  • 今回も濃厚な戦争物語でした。今回は口絵の人物が何人死ぬかヒヤヒヤしたが(苦笑)似てるようで真逆のライバル・ジャンとの読み合いが非常にワクワクして面白かったです。今回はイクタに軍配だったけど今後も事あるごとにぶつかり合うんでしょうな。傍らに武門に優れる女性がいるのも対比なんだろう。そんなヤトリの圧倒的武力は今回も健在。イクタとの互いの立場・考え等が分かり切ってるやり取りは、他人には踏み込めない気高さすら感じられて本当に恰好いい。あ、サザルーフ大尉、今後も巻き込まれ確定ご愁傷様です。

  • 内容はともかく、ファンタジーでエンコ落とし見せられてもげんなりする。
    なんかもうちょい他のものに置き換えたりは出来なかったんだろうか。

  • 面白かったー!
    相変わらずラノベにして硬派な作品。今回もドキドキハラハラが止まりませんでした。

    シナーク族と和解したものの、一息つく間もなくアルデラ神軍と相対する羽目になったイクタたち。
    味方の撤退を支援するため、時間稼ぎを行うことになります。
    ・・・まさかこれに1冊費やすとは。
    今後の展開を含めても、この撤退戦はそれほど重要な局面ではないはず。
    それだけこの戦いを書きたかったんだろうな。

    敵の将軍は“不眠の輝将”ジャン。
    彼の登場により、どちらかというとイクタの独壇場だった戦争が頭脳戦の様子を呈してくる。
    お互いの裏の書き合いや相手の出方を見てこちらの手を変える・・・といった戦術のぶつかり合いは読んでいて楽しいね。
    やはりイクタ視点で読んでいたから、ジャン軍の砲撃、そこから突撃してきたときの絶望感は半端なかった。
    そしてこの後どうなるのかとわくわくしてただけに、ラストのイクタの策は少し残念。
    本人も認めているけれど、策ともいえない運任せの八つ当たりのようなものだよなー。
    結果的にそれで戦局が覆ったわけだし、戦争においてはなによりその結果が大事なわけだけど・・・
    戦術的にはジャンが、戦略的にはイクタが勝ったといったところか。

    軍対軍の戦争以外にも、序盤でイクタがナナクに対してそこまでするのかというほどの覚悟を見せたり、ヤトリとの深い絆が垣間見えたり、ヤトリの個人戦などなど見所たくさん。
    なかでも個人的なお気に入りがマシューとサザルーフ大尉。
    マシューは天災の中に混じった凡人で、一番読み手に近い存在。
    それだけにマシューが感じる事にはとても共感しやすい。
    そりゃ普通は戦争行ったらああなるって。すでに覚悟ができてるイクタやヤトリの方がおかしいんだって。
    しかし、そんな極限状態の中でも振り落とされることなく必死にイクタたちについていこうとする様子は立派。
    素直に応援したくなる。
    サザルーフ大尉は、イクタたちより少し上の立場から彼らを見守り導く頼れる兄貴的存在。
    戦記物においてこういうキャラって意外と珍しいね。
    自分のできることできないことをしっかり把握しており、階級が下であるイクタに頼ることを厭わない素敵な上官です。
    こんな上官ばかりだったら無駄な戦争が起こることもないんだろうけどな・・・


    今回はジャンの顔見せとイクタとの戦いがメインでストーリーはほとんど動かず。
    その分次回から動きが激しくなるのかな?
    出たら優先的に読もう。

  • ガチで「(架空)戦記」として見てしまうと色々評価が分かれると思うが、個人的にはラノベとして丁度良い具合に戦記モノをやってて面白いと思う。図はもっと入れてもいいかな。内容では、やはりナナクとの関係は唐突。そしてジャン。彼我の状況に差がありすぎる中で、イクタと同等の能力を発揮させるのは難しいとは思うけど、もう少し難敵に描いても良かった気はする。ポジション的に顔見世となるので、イクタと対面させておきたかったという理由もあるだろうけど。あとは全体的に有能な人物が「物分りが良く」描写されてる事が多いのは気になるか。

  • なんとまさかの,丸まる1冊,敗走の話! 自軍の20倍はいる敵兵を1週間足止めしなくてはならず.さらに敵は負けなしの智将ジャンを擁するという,かつてない困難な状況.イクタとヤトリがどう対抗していくかがとても面白かった.どんなに追い詰められても決して表には出さないイクタとそれを無言で支えるヤトリの連携や,初めて味わうホンモノの戦争を経験した他の騎士団メンバーの心情描写など,戦略だけではなくしっかりと登場人物にスポットを当てているのが良い.
    イラストはきれいなんだけど,せっかくの精巧な戦争描写に対してミニスカはさすがに違和感を感じる.

  • 「__だから僕は、君の出す結論が、
             より良い未来に繋がるように手伝うよ。
        君が君として胸を張って生きられるその日が来るまで、
                                 僕は君の隣にいる」


    さて、絶望的な窮地で持ち越された第3巻。
    イクタの神の様な奇策でみんな無事帰還!!

    …なんてご都合主義な展開になるはずもなく、
    ただただ失うものが増えていくばかり。

    今回は敵方にも優秀な指揮官が登場し、
    盤面を挟んだ気の抜けない一進一退が繰り広げられます。
    その中で成長していくキャラたち、
    育っていく価値観。

    今巻もしっかり読み応えのある内容になっていました。

    ただ、戦闘の話は進みましたが、
    大筋はほぼ動きが無かったと言えます。
    まあ、この戦闘が大筋に係わってくるのでしょうが。

    精霊に関しても気になります。
    次巻はそっちの方も少しは明かされるといいな。

全19件中 1 - 19件を表示

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)の作品紹介

大アラファトラ山脈でアルデラ神軍の大軍と向かい合う、疲労困憊の帝国軍。勝ち目の見えない状況で、イクタは起死回生の奇抜な作戦を決行する!そしてかたや、帝国軍を攻めるアルデラ神軍の中に、ひときわ目を引く一人の軍人がいた。彼こそ、『不眠の輝将』と讃えられる英才。強敵としてイクタの前に立ちはだかる男であった-。不世出の二人が激突し、大森林を舞台に、息詰まる戦いが繰り広げられる。果たして、その結末は…!?話題の本格派ファンタジー戦記、ますます盛り上がる第3巻の登場。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)のKindle版

ツイートする