魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)

  • 1017人登録
  • 3.96評価
    • (100)
    • (110)
    • (82)
    • (10)
    • (3)
  • 107レビュー
著者 : 有間カオル
  • アスキーメディアワークス (2013年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048915588

魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幸せすぎて泣きたくなるのは、久しぶり。
    終始ちらついたのは「西の魔女が死んだ」。

    人間の世界ってのは生きづらくて、そりゃそうだけど。
    彼女らのように浄化してもらえる場所や、自分で立ち上がっていく強さのない人間はこういう作品で一時の安らぎと、また明日から現実世界に立ち向かう勇気を分けてもらう。有難い、大好き。でも羨ましくて、少し嫉妬する。
    私にも魔女になれる力があれば良いのに。魔法使いみたいにかっこいい叔父さんや恋人がいればいいのに。なんて。

  • 読んでてふと「西の魔女が死んだ」を思い出した。癒しな本でした。てか、出てくる先生が心理カウンセラー並みに、言葉かけ上手すぎる。

  • 表紙から期待してたらまあまあ面白かった

    母親が死んじゃって依頼親戚の家を転々とする14歳の女の子
    夏休みだけ伯父さんにお世話になることになったらそのおじさんは魔法使いで。。って話

    ハーブがいっぱい出てきてお茶とかクッキーとか
    ハーブティーのみたくなるなる

    出てくる人がみんな(じゃないけど)いい人(最終的に)でなごむ
    おじさん超なごむ
    包容力~!!

  • 大好きなフォロワーさんが、最近元気がなかった私に、元気が出るようにって貸してくれた小説。

    ほっこり癒されると同時に、今までの生い立ちの悲しかった出来事の全てを優しく抱きとめてもらってるような、そういう感覚になりました。先生の教えのように、何か事件があっても一旦飲み物を飲んで落ち着けるようにしたい。勇希ちゃんのように、最終的に皆が幸せになれるよう祈れる人でありたいと思いました。

    ハーブティーとアロマ、ちょっと勉強してみたくなった。

  • ハーブとか魔法とか、大好きな分野です。
    あと、久々に単行本を読むので軽く読めました。
    設定はありがちですが、端々のハーブ講義が楽しかったです。主人公目線なので、大袈裟に感じる効果もあっただろうなと思いますが、取り入れやすいハーブ知識でした。あまり専門的ではない、と同義かもですが。

    ラベンダーティーの色のためのブレンドとか、なるほどと。
    あ、マスターの料理は食べてみたいです。

  • すっかり、魔女とハーブティーに魅了されてしまった・・・
    素敵な小説だったなぁ~

  • すごくほっこりして、最後には涙を我慢するのに精一杯になってしまうくらい素敵な話。
    有間カオルさんの他の作品も読んだことがあったがそれとは作風がちょっと違って、私はこの話が好き。
    勇希と先生の今後の生活も読んでみたい!
    と思える作品だった!

  • ライトノベル的な表紙絵が、読むのをためらわされましたが、中身は案外普通でした。幼少期からつつましく生きる事を余儀なくされた主人公なのに、けなげにまっすぐ育っていて安心して読めます。ハーブの蘊蓄とかはさほど専門的でもないので、お仕事小説な部分をあまり気にせず読めました。

  • 親を亡くし、親戚中をたらいまわしにされる不幸な少女、勇希。夏休みの間だけ身を寄せることになったのは、横浜に住む、会ったこともない伯父の家。勇希が恐る恐る訪ねると、意外なことに、その伯父は可愛いカフェのオーナーをつとめていた。同居するにあたって、勇希が約束させられたのは「魔女の後継者として、真摯に魔法の修行に励むこと」。不思議なカフェを舞台に紡がれるのは、ハーブティーをめぐる、心癒される物語。

    あらすじで「かわいそうな少女」という演出にちょっと抵抗を覚えたのですが、それなりに幸せをつかんだ主人公にほっとしつつ・・・ハーブってクセがあって苦手なんですけど、すごくおいしそうな描写で飲んでみたくなりました。魔法とか書いてありますが、あんまり魔法じゃなかった気がする。言葉の不思議な力、という感じです。先生の過去や人柄も影響してるんだろうな。ほんわりしたお話で、ちょっと物足りないと思ってしまうひねくれ者の私です。しかしこのカフェ、どうやって生計たててるんだろう・・・。

  • タイトルと表紙に惹かれて。

    いろいろなことが作用して今に繋がってる。
    ハーブや言葉なんてものが魔法の要素。けれどそれを使う人によって効果の大きさは違う。

全107件中 1 - 10件を表示

有間カオルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)の作品紹介

親を亡くし、親戚中をたらいまわしにされる不幸な少女、勇希。夏休みの間だけ身を寄せることになったのは、横浜に住む、会ったこともない伯父の家。勇希が恐る恐る訪ねると、意外なことに、その伯父は可愛いカフェのオーナーをつとめていた。同居するにあたって、勇希が約束させられたのは-「魔女の後継者として、真摯に魔法の修行に励むこと」不思議なカフェを舞台に紡がれるのは、ハーブティーをめぐる、心癒される物語。

魔法使いのハーブティー (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする