一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)

  • 606人登録
  • 4.39評価
    • (89)
    • (49)
    • (20)
    • (3)
    • (0)
  • 52レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星紅白 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048916004

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 本当にオールスターでびっくりしてしまった。
    ヴィルを取り戻してくれたのは私の大好きだった親友くんで、出てきてくれたときは涙がでそうになった。

    ちゃんとリリアにもヴィルのことが伝わってよかった!これで終ってしまうのは悲しい。まだトレイズの「約束」の話も決着がついてないし、メグセロの行く末もみたいなあ。

  • ふー…相変わらずタイトルがリリアの本名ばりに長いっ!気になったので上巻読んですぐ下巻読みました(笑。

    懐かしすぎるキャラがてんこもりです。うーわーーー。楽しいぃぃ!!おもしろい!そしてもったいない!まだまだ話続けて膨らませてアリソンとヴィルを書いてください時雨沢さん!!

    2014/09/13

  • 『アリソン』が出たのが11年前!!!懐かしい!!
    本屋でなんとなく手に取って、あぁ、この男の子がこの女の子に振り回される系か?と。
    よく見たらキノの旅の人じゃん!じゃあおもしろいだろうな。と買ったあの日…。
    読んでみたら止まらず、読み終えても何度も読み返した。
    それからずっとシリーズを追いかけてきたので、このオールスターは楽しくてしょうがなかった!

    やっぱり『アリソン』が一番で、ヴィルとアリソンが一番大好きな自分としては、下巻の『ああ!!さすがヴィル!!!それでこそアリソン!!!!』な展開は嬉しかった。
    『懐かしい男』が好きだった私は再会を心待ちにしてたけど、あの名前を呼び合った場面は正直涙ぐんだなぁ。

    読み終わったあとはすごい満足した!
    でももちろん続編があれば読みたい!

    とりあえず、シリーズ終了ってことでお疲れ様です!!

  • アリソンから始まり、アリソンで終わる。
    そんな風に感じるシリーズでした。
    これで最後かと思うと少し寂しく感じます。

  • みんなみんなしっかり絡みましたね。

    リリアが中心に見えるトレイズ回りかな?

    アリソン達がやっぱりぶっとんでるな~(笑)

  • 長かった。長すぎて、過去にちょろっと出た人物がわからなかったくらい。
    これは、もう一度シリーズの最初から一気読み直ししなくては。

    完結という気がしない終わり方だったにで、後日談とか別カップルでシリーズ再開とか期待。

  • 下巻読破。もう胸がいっぱいになるようなラストで素晴らしかったです。
    アリソンで始まり、アリソンで終わるという。昔から追いかけてる読者にとってこれ程嬉しい終わり方はなかったです。上巻は割りと濃い戦闘シーンが無かったぶん、ここではがっつり!って感じ。しかし黒幕があの人だったとは…。最後は3組のカップルの描写で終わり。一組は幸せそうに、一組はこれからの苦労が目にみえ、一組は幸せに向けて歩き出してる。セロンはあの後しばらく固まってたんだろーなー、と想像すると面白い。そしてそして、最後にとても気になっていた秘密が少し明かされる…。これで一応完結ってことになるのだけれど、ファンとしてはもっと皆の話が読みたい!とくにリリアとトレイズと新聞部の面々が仲良くしてる話が読みたい!と思ってるのは、私だけではないと思うのでぜひ続刊が出ることを期待します。

  • 最後の結婚式はちょっと無理矢理な感もあるけど、下巻は面白かった。
    何と言ってもヴィルの友人がいい仕事してた!笑

  • ついに完結。最後はちょっとドタバタ感があるけど、大団円。
    ヴィルくん(あのときはトラヴァス少佐かな)がんばった。生還した、銃撃戦もした。
    この後はイクストーヴァで過ごすのかな。リリアは寮みたいだし。

  • まぁ大団円なんだけど、復讐にしてはいたずらに大掛かりではないかと。各王族の皆様に何かあったらどうするのかと。

    ちなみに王女さまに招待状を送ったのか?
    山本太郎じゃあるまいしちょっといかがなものかと。。。。
    あまつさえ危険に晒すとは、、、

    ストーリー的にも無理くり感が強く正直イマイチかと。
    あまり欲張りすぎるとイイこと無いパターンに感じました。

    ★は残念ですが2つということで。。。

  • やっぱりアリソンとヴィルだったね~
    でもサイラスが全然思い出せない…orz
    誰だっっ!!
    最後まで読んでみるとメグセロがラブラブなのがわかってファンとしては嬉しい限りです☆

    結局、アリソンとヴィルはどうやって生活して行くんだろう…?
    そこが気になるところ
    トレイズもはよハッキリせいっって感じだな~

  • 記念購入。やっぱりハッピーエンドにならなくちゃだめだね、アリソンの大事な人のためなら迷わないところは本当に素敵。

  • ヴィル無双やー!
    過酷なヴィルはよくがんばってる。一人大変だなあ。
    しかしサイラスのイケメンぶりときたら!運も実力のうちとはこのこと。
    よくある学園話が国家の話になるところが上手よねえ
    みんな幸せになるといいなあ

  • アリソンシリーズ(一つの大陸の物語シリーズ)、これにて終了。
    式場に超VIPが続々と現れる所は鳥肌もの。

    最後にもうちょっとページが有っても良かったとは思うけど、面白かった。

    また何か書きたくなったら書くかもしれないとの事ですが、とりあえずシリーズのフィナーレを飾るに相応しい作品でした。

  • 1つの大陸の物語シリーズ完結巻。

    「アリソン」から読んでてよかったー!!
    今までの本、全部読んでいる人は
    かなり読みごたえあって楽しいんではないでしょうか。

    全キャラ出演って正直無茶なんじゃ…とか思ってましたけど
    無理なくみんな出てきて面白かったです!

  • 08/31/2013 読了。

    図書館から。
    うん、ヴィルとアリソンの話ですよ!笑

    昔過ぎて、この人誰だっけ?とかありましたが…、
    とりあえずヴィルがヴィルになったのでよかったなぁ。

    トレイズの活躍を見たかったな、個人的には。

  • 前回の、そういえばまだであって間もない二人だったな、のトレイズとセロン。なんだろう、メグミカとリリアが友達なので、普通にこの二人も親友のような気がしていたが、そんなことはない。
    最近転校してきたばかりだ。
    そしてセロンのトレイズに対する客観的な判定で、トレイズは十分鍛えられた人だということを思い出した。なんということ、リリアと一緒だとへたれすぎてそうは思えないけど、そうだよね、彼王子様だけど立派に戦士だね。

    と、この二人の真面目なお話から引き続き。
    結構お茶目な学園生活。ささやかにスリリング。
    最終的に、ハッピーですけど、かなりバイオレンス。

    芋虫は確かに滋養がある。タンパク質も、何もかもある。
    わかっている、極限だ。
    でも私は食べたくない。

    最終的にいろいろな人が出てきたので、アリソンシリーズとか読み直したくなりました。

  • もう本当にアリソンシリーズ完結なんだ。
    このシリーズなんだかんだ言っても原点は「未来の家」で孤児として育った幼馴染みのアリソンとヴィルの物語。
    この2人がいなければリリアもトレイズも生まれなかったわけで。
    そんな2人のアリソンの最終話での別れ方があまりにも悲しかっただけに、この2人が本当に幸せになる展開を待ってました!
    まあリリトレはまだまだこれからだ。
    この下巻は本当にオールスター編という感じで、ここまで読破した読者へのボーナス・トラックなのでちょっと強引な展開もまたよしまたよしとして最高評価にしました。
    銃とか乗物の描写がいつも本格的でこういうライトノベルが終わってしまうのはとても残念です。なんか1つの時代が終わったいうと大袈裟だけど。
    時雨沢恵一&黒星紅白での新作に期待しつつシリーズ完結の感激に余韻に浸っています。

  • メモ:ヴィル好きの私大歓喜。ほんとに報われてよかった。

  • 物語の完結編としてとても面白かった。登場人物が多く、昔のエピソードを忘れているので「だれだっけ・・・」と思うことも多々あったので後でシリーズ全巻読み直そうかな。時間があればだけど。

  • シリーズ作品をまた読みたくなりました。

  • アリソンからずっと追いかけてきた人(ほとんどがそうだとは思いますが)にとっては本当ににやにやできる作品だと思います。
    特に親世代大活躍!です。
    「アリソンだよね?」「他に誰がいるっていうのよ?ヴィル」この掛け合いがまた見られただけでもう幸せなのに、ラストの結婚式シーンが…!
    カラー口絵でわかっていたことですが、それでもやっぱり感動です。。

    反対(?)に、リリトレの出番は少なめだったかなって感じます。
    めでたく一緒になったアリソンとヴィル、メグとセロンとは違い、やっぱりあまり進展がないからでしょうか…?でも手をにぎるシーンで、うおお!ってなりました。笑

    あとがきにもちらっとそんなことを言ってましたが、ぜひともまた彼らの物語を読みたいものです!
    リイナちゃんは第四に進学すると思ってました…

  • 表紙通り、子世代中心だった上巻と対称に親世代中心。
    読み返した回数と、思い入れが違うかも。。。
    その描写、回想シーンがいちいち懐かしくて、配役とタイミングは最後まで驚かされて。

    悔しいけどこれは、ほんと、完結編だな、って思う。

  • 登場人物をちゃんと覚えてないために、いまいち消化不良。
    ラストも若干尻切れな感じ。

全52件中 1 - 25件を表示

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)に関連するまとめ

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)はこんな本です

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)のKindle版

ツイートする