一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)

  • 613人登録
  • 4.39評価
    • (89)
    • (49)
    • (20)
    • (3)
    • (0)
  • 52レビュー
著者 : 時雨沢恵一
制作 : 黒星紅白 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048916004

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 『アリソン』が出たのが11年前!!!懐かしい!!
    本屋でなんとなく手に取って、あぁ、この男の子がこの女の子に振り回される系か?と。
    よく見たらキノの旅の人じゃん!じゃあおもしろいだろうな。と買ったあの日…。
    読んでみたら止まらず、読み終えても何度も読み返した。
    それからずっとシリーズを追いかけてきたので、このオールスターは楽しくてしょうがなかった!

    やっぱり『アリソン』が一番で、ヴィルとアリソンが一番大好きな自分としては、下巻の『ああ!!さすがヴィル!!!それでこそアリソン!!!!』な展開は嬉しかった。
    『懐かしい男』が好きだった私は再会を心待ちにしてたけど、あの名前を呼び合った場面は正直涙ぐんだなぁ。

    読み終わったあとはすごい満足した!
    でももちろん続編があれば読みたい!

    とりあえず、シリーズ終了ってことでお疲れ様です!!

  • アリソン・リリトレ・メグセロと続いた大陸シリーズの下巻、完結編。

    まさに完結編に相応しい内容だったのではないかなと思います。
    思い返せば7年ほど前に友人にアリソンを借りたのがきかっけですが、シリーズ開始から11年ですか。長いシリーズでした。

    あえて評価に順をつけるならリリトレ>アリソン>メグセロな自分です。
    まぁ、メグセロはまたストーリーのテイストが違った感じにはなるのでなんともいえないのですが。

    さて、そろそろ本書の感想をば。ネタバレを多分に。

    上巻で気になったまま放置されていたトラヴァス少佐ことヴィル。
    彼の戦いが前半では記されています。ちょっとムゴイ。でも作者らしかった。
    サイラスが助けに来てくれたシーンでは思わずファーーーーwwwwと声が出てしまいました。アリソンもう一度読もう。

    ヴィルとベネディクトの共闘もなんだか久々で、アリソン時代を想起しておりました。
    なんというかこの、ニクイ演出ですよね。

    そして話は首都へ移って、最終的には結婚式へ。
    扉絵の時点で結婚式やるんだーって感じだったのでワクワクしながら読んでました。
    トレイズがリリアの手を握るシーンではおっ?となりましたが、そこまで。
    ヘタレの称号を濯ぐにはまだまだ時間がかかりそうですね・・・
    もっとリリトレのいちゃいちゃが見たかったです。でもまぁ、あの二人らしいっちゃ、らしいのかな。

    メグセロはなんかもう既にカップルとして出来上がってる感が。
    まぁメグに関しては上巻のセロンと部室で二人になるシーンが最高でしたね。
    いやーそっかーメグはアサシンだったのかー(棒
    最高っす。

    そしてアリソンとヴィルと、その周辺。
    ようやくメリエルがお披露目だよ!!!かわいいだろ!!!
    いやー、眼福。
    カルロとかキンスキー少佐とかいろいろでてきて、なんかもう感無量でした。

    堂々のフィナーレだったと思います。
    この本の続きが読みたくなるのはきっと俺だけではないはず。
    あぁ、終わってほしくなかった…。

  • 「えっと……」
    「久しぶり!」

    もうね、このセリフを読んだときの感動ね。
    長編シリーズを、しかも年に1冊しか刊行されないこのシリーズをずっと追いかけてきたファンへのご褒美といってもいいかもしれない。
    昔読んだときのことがぶわーっと思い出されてね。
    あぁ、やっぱり親子だなぁ。


    というわけでアリソンシリーズオールスターこと「一つの大陸の物語」の下巻にしてシリーズ完結編。
    まさに「オールスター」の名に相応しく、アリソン、リリトレ、メグセロから様々なキャラクターが登場し盛り上げてくれました。
    特にラストに明かされた某軍人。
    チョイ役だけどすごく印象に残ってて、再登場してくれて嬉しかったな。

    序盤はトラヴァス少佐の戦い。
    上巻ラストの飛行機事故から辛くも生き残った少佐が、なんとか事態を打開しようと人々の手を借りながら戦います。
    ここはもう完全に作者の趣味だね。
    サバイバル知識や銃の知識がここぞとばかりに散りばめられてる。
    1秒で弾層を交換するシーンとか、嬉々として書いてたんだろうなぁ…
    上巻冒頭で登場した「懐かしい男」に会う男も、大方の予想通り。
    「懐かしい男」の名前を呼ぶシーンはよかったな。

    後半は結婚式。
    あのキャラとこのキャラの結婚式にみんなが集まってきます。
    そこで色んなことを思い出しながら読んでいたところに冒頭のセリフですよ!
    やられたなんてもんじゃないね。
    ほんとこのシリーズ大好きだ。
    相変わらずの新聞部の面々もよかった。
    特にマティルダ王女と絡むあたりね。
    「わりと本気でした」には爆笑したw

    物語として見ると、占い師の示唆があったとはいえ再会が偶然過ぎたり戦闘シーンもなんだかなって感じだけど、
    そもそもこのオールスターはそういった部分を楽しむ作品ではなく作者が書きたいように書いたキャラクターたちの「今」を楽しむ作品でしょう。
    シリーズのファンとして堪能させていただきました!
    続きをいつまでも待っています!

  • ネタばれがっつり書いているので閲覧注意です!!!!!



    買ってから3、4回読みましたよ← 2時間で←
    んで読んでみて読んでみて、あっそういうことか!!!ってなりました。
    いやー、全部丸くおさまってる。あの人がくるとはね!!

    読み終わった直後の感想的には・・多いので次々箇条書きでいきますよ
    ・ヴィルが孤児院に行くことになった理由が何気にあたっていてすごく嬉しかったですー
    ・そして次にトイレズー!不憫―!がんばってよーって思ったんだけど、
    でも二回目に読んでたときに気づいたんですよ。
    トレイズ「俺、一生懸命勉強して、大学も行きたいな。首都で」
    リリア「いいじゃない。応援するわよ!」
    って!!!すごく!!ヴィルとアリソンの会話じゃないか!って!
    不憫なりに、切なくなっててもフラグはひっそりがっつり立っているから大丈夫だなって。・・・問題は、トレイズがヴィルポジションなわけで← 押せ押せじゃない(笑)しかも無自覚(笑)
    でも、ヴィルだって今じゃあさらっとアリソンに「愛してるよ」とか言いますからね(リリトレの話だけど)気長にがんばれ。
    ・それと「私を信じてほしい」
    もう、十年前くらいに読んだ「アリソン」そこで戦争が終結するわけですが
    思えば「私を信じてほしい」で世界が平和になったんですよ
    それってすごくないですか?素晴らしい仕掛けですよね!!
    ・何気に急に無理やりふってわいたと思っていたアサシンネタが
    最後の最後でオチとして拾われていて素敵でした(笑)
    ・あんまりアリソンが自由奔放すぎて、ヴィル要素(振り回され要素w)をもっているリリアがアリソンの娘さんっていうイメージがそんなに強くなかったんですけど、ヴィルと対面したときの反応がすっごくアリソンっぽくてよかったです。
    ・個人的にはアリソンにちょくちょくでてきてそれなりに細かく描写されていたあの人(その2)がしっかり『親友』やってて嬉しかったです。
    ・でも実は最初に読み終わったとき思ったのは、もうちょっと後半の描写増やしてほしいなーでした。絶対がっつり最初の遭難とか戦闘シーンとか楽しんで書いたでしょ時雨沢さん!!
    ・三回目に読んだときものすごくアリソンが好きになりました。いや最初から好きだけど、なんていうか急に衝撃がきました
    自由奔放にヴィルのことが大好きなアリソンは最初のシリーズで世界を平和にしたり女王様助けたりしたわけですよ。でもこの巻では自由に素直に大好きなヴィルをふっつーに軍を首になって助けにいくんですよ。すさまじくかっこいいですよね!!!!なんかもう好き!!って感じです
    ヴィルの強運も相当だとは思うけど、アリソンのめぐりあわせも相当ですよねー
    ・ヴィルがあのひと(その2)をほめるとき、「まるで魔法遣いだった」っていうのもいいね!
    ・アリソンとヴィルのあの会話
    うん、これくらいにしておこう。まだ気づいたことはあるけど、このへんで。
    面白かったー

  • 「アリソンとヴィルとその他」という内容は、このシリーズを「アリソン」からリアルタイムで11年追いかけてきた自分にとって、予想を超えて期待に応えてくれたものでした。やはりヴィルが活躍する姿は格別で、彼とともに活躍するアリソンとふたりを助けるベネディクトという図は安定感があります。またトレイズが相変わらず不憫だったり、メグセロのラブラブっぷりも確認できたりと、シリーズメンバーそれぞれに見所はありますが、下巻の主要メンバーが戦中組主体だったのは嬉しい限り。

    そしてなによりも終盤の展開がいい。
    かつて、教会のなかで少女に押し倒される形で互いの思いを確かめ合ったアリソンとヴィル。その彼らが守りたかった人々に祝福されながら晴れて結婚式を迎える構成は、大団円という言葉につきる素晴らしい幕引きで、感に堪えません。
    長い間、楽しませてくれて本当にありがとうございました。

  • 本当にオールスターでびっくりしてしまった。
    ヴィルを取り戻してくれたのは私の大好きだった親友くんで、出てきてくれたときは涙がでそうになった。

    ちゃんとリリアにもヴィルのことが伝わってよかった!これで終ってしまうのは悲しい。まだトレイズの「約束」の話も決着がついてないし、メグセロの行く末もみたいなあ。

  • ふー…相変わらずタイトルがリリアの本名ばりに長いっ!気になったので上巻読んですぐ下巻読みました(笑。

    懐かしすぎるキャラがてんこもりです。うーわーーー。楽しいぃぃ!!おもしろい!そしてもったいない!まだまだ話続けて膨らませてアリソンとヴィルを書いてください時雨沢さん!!

    2014/09/13

  • アリソンから始まり、アリソンで終わる。
    そんな風に感じるシリーズでした。
    これで最後かと思うと少し寂しく感じます。

  • みんなみんなしっかり絡みましたね。

    リリアが中心に見えるトレイズ回りかな?

    アリソン達がやっぱりぶっとんでるな~(笑)

  • 長かった。長すぎて、過去にちょろっと出た人物がわからなかったくらい。
    これは、もう一度シリーズの最初から一気読み直ししなくては。

    完結という気がしない終わり方だったにで、後日談とか別カップルでシリーズ再開とか期待。

  • 下巻読破。もう胸がいっぱいになるようなラストで素晴らしかったです。
    アリソンで始まり、アリソンで終わるという。昔から追いかけてる読者にとってこれ程嬉しい終わり方はなかったです。上巻は割りと濃い戦闘シーンが無かったぶん、ここではがっつり!って感じ。しかし黒幕があの人だったとは…。最後は3組のカップルの描写で終わり。一組は幸せそうに、一組はこれからの苦労が目にみえ、一組は幸せに向けて歩き出してる。セロンはあの後しばらく固まってたんだろーなー、と想像すると面白い。そしてそして、最後にとても気になっていた秘密が少し明かされる…。これで一応完結ってことになるのだけれど、ファンとしてはもっと皆の話が読みたい!とくにリリアとトレイズと新聞部の面々が仲良くしてる話が読みたい!と思ってるのは、私だけではないと思うのでぜひ続刊が出ることを期待します。

  • 最後の結婚式はちょっと無理矢理な感もあるけど、下巻は面白かった。
    何と言ってもヴィルの友人がいい仕事してた!笑

  • 400ページ近くの大ボリュームで、ついに完結!
    欲を言えばもう1冊欲しかったですが、「中巻」は難しかった
    んだろうな…

    何せこの分厚い本の半分くらいまで、表紙を飾っている二人、
    とりわけ男のほう(笑)の出番が占めているので、
    もし「中巻」だったらほとんど彼の出番で面食らうことうけあいです。
    私は彼が「アリソン」時代から1番好きなので
    どんとこいでしたけどね!

    もう1巻ほしいと感じるのは、読めばわかります(笑)。
    もちろん大団円ですが、気になる箇所も若干残してます。
    個人的には、「まだだったのか!」な金髪のお爺さんの件が
    見れて嬉しかった。
    あと、口絵が、泣けます…

    最後まで素晴らしかった!
    今月に出る新作も楽しみです。

  • ついに完結。最後はちょっとドタバタ感があるけど、大団円。
    ヴィルくん(あのときはトラヴァス少佐かな)がんばった。生還した、銃撃戦もした。
    この後はイクストーヴァで過ごすのかな。リリアは寮みたいだし。

  • まぁ大団円なんだけど、復讐にしてはいたずらに大掛かりではないかと。各王族の皆様に何かあったらどうするのかと。

    ちなみに王女さまに招待状を送ったのか?
    山本太郎じゃあるまいしちょっといかがなものかと。。。。
    あまつさえ危険に晒すとは、、、

    ストーリー的にも無理くり感が強く正直イマイチかと。
    あまり欲張りすぎるとイイこと無いパターンに感じました。

    ★は残念ですが2つということで。。。

  • やっぱりアリソンとヴィルだったね~
    でもサイラスが全然思い出せない…orz
    誰だっっ!!
    最後まで読んでみるとメグセロがラブラブなのがわかってファンとしては嬉しい限りです☆

    結局、アリソンとヴィルはどうやって生活して行くんだろう…?
    そこが気になるところ
    トレイズもはよハッキリせいっって感じだな~

  • ライトノベルを読まなくなって久しかったのですが、アリソンから続く物語が終わるということで久々に手に取りました。
    これで終わりかと思うと感慨深いです。

  • 記念購入。やっぱりハッピーエンドにならなくちゃだめだね、アリソンの大事な人のためなら迷わないところは本当に素敵。

  • ヴィル無双やー!
    過酷なヴィルはよくがんばってる。一人大変だなあ。
    しかしサイラスのイケメンぶりときたら!運も実力のうちとはこのこと。
    よくある学園話が国家の話になるところが上手よねえ
    みんな幸せになるといいなあ

  • アリソンシリーズ(一つの大陸の物語シリーズ)、これにて終了。
    式場に超VIPが続々と現れる所は鳥肌もの。

    最後にもうちょっとページが有っても良かったとは思うけど、面白かった。

    また何か書きたくなったら書くかもしれないとの事ですが、とりあえずシリーズのフィナーレを飾るに相応しい作品でした。

  • 1つの大陸の物語シリーズ完結巻。

    「アリソン」から読んでてよかったー!!
    今までの本、全部読んでいる人は
    かなり読みごたえあって楽しいんではないでしょうか。

    全キャラ出演って正直無茶なんじゃ…とか思ってましたけど
    無理なくみんな出てきて面白かったです!

  • 08/31/2013 読了。

    図書館から。
    うん、ヴィルとアリソンの話ですよ!笑

    昔過ぎて、この人誰だっけ?とかありましたが…、
    とりあえずヴィルがヴィルになったのでよかったなぁ。

    トレイズの活躍を見たかったな、個人的には。

  • 前回の、そういえばまだであって間もない二人だったな、のトレイズとセロン。なんだろう、メグミカとリリアが友達なので、普通にこの二人も親友のような気がしていたが、そんなことはない。
    最近転校してきたばかりだ。
    そしてセロンのトレイズに対する客観的な判定で、トレイズは十分鍛えられた人だということを思い出した。なんということ、リリアと一緒だとへたれすぎてそうは思えないけど、そうだよね、彼王子様だけど立派に戦士だね。

    と、この二人の真面目なお話から引き続き。
    結構お茶目な学園生活。ささやかにスリリング。
    最終的に、ハッピーですけど、かなりバイオレンス。

    芋虫は確かに滋養がある。タンパク質も、何もかもある。
    わかっている、極限だ。
    でも私は食べたくない。

    最終的にいろいろな人が出てきたので、アリソンシリーズとか読み直したくなりました。

  • 大団円の一言に尽きます。
    最後に幸せそうなアリソンのウエディング姿が見れて良かった。

  • アリソンから続く一つの大陸の物語の集大成(オールスター)。いい大団円だった。

全52件中 1 - 25件を表示

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)に関連するまとめ

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)の作品紹介

トラヴァス少佐を乗せた軍用機が突如爆発。制御を失ったその機体は、人里離れたルトニ河に墜落してしまう-。その頃ロクシェ首都では、消息を絶った少佐が麻薬犯罪に関与したという疑惑が持ち上がり、過剰とも思える証拠が次々と明らかになっていくのだった。一方、やんごとなき事情により長年勤めた空軍を追われることになってしまったアリソン。将来に絶望したリリアを新聞部メンバーが助けようとする中…アリソンは「わたし、再婚するんだ!」と陽気に語るのだった。しかも、相手は既に死んでしまったはずのあの人で-。胸躍る"彼らの物語"ここに完結。

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)はこんな本です

一つの大陸の物語 (下) ~アリソンとヴィルとリリアとトレイズとメグとセロンとその他~ (電撃文庫)のKindle版

ツイートする