ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)

  • 57人登録
  • 3.83評価
    • (4)
    • (8)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鷹見一幸
制作 : 春日歩 
  • アスキー・メディアワークス (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048916646

ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 番外編のようなシリーズ12巻。物語は11巻で完結したためか、番外編というより続編っぽい。南部鎮圧の話と、その後の帝国政治の話。今までは戦の話だったのに、政治の話になってなんか戸惑う。敵が生きてない、目に見えないからぴんとこない。

  • 帝国再興編。承安の乱を鎮めた後の帝都の大掃除の巻。
    巻いて巻いての展開でこのまま終わりかと思ったらまだ続くそうだ。
    晴凛の弓が出てこないので、ちょっと物足りない気がする。

  • 鷹見さんの作品にしては珍しく(?)、戦いの後の立て直しのところまで描かれた巻。ちょっと盛り上がりには欠けるしあっさりしすぎているところはあるけど、そこまで書かないと表現出来ないところがあったんだろうなぁ、と思った。
    あと、最後のシーンは、ちょっと唐突だしページ数が少なくて表現不足な感じがしました。
    あとがきに書かれていた続編に期待かな。

  • 評価迷う…結末としては良い終わりだけれども、どうせ続くならもう1冊使って凱旋後の都での官僚掌握をじっくり書いて欲しかった。ラスボスである鵬儀断罪があっさりすぎて、終わらせることに急いでしまった感がハンパない。余韻がなさ過ぎる…まったく残念。

全4件中 1 - 4件を表示

鷹見一幸の作品一覧

鷹見一幸の作品ランキング・新刊情報

ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)の作品紹介

天下分け目の決戦を制した晴凛。ついに皇帝を奉じて、帝都へと凱旋するのだった。晴凛は筆頭執政官に、伏龍は政務総監に大抜擢され、これで一件落着!とはいかないのが、王宮の計り知れぬところ。海千山千の帝国官僚たちの利権争いに足を引っ張られ、今までの戦とは違う苦労に翻弄されてしまう。王宮政治のよどみを探る伏龍は、その病巣に行きつく。それは帝国に巣食う毒蜘蛛とも言うもので-。改革に時間が残されていないと痛感した伏龍は、ある決断をするのだが!?大人気シリーズ、クライマックスの第12弾。

ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)はこんな本です

ご主人様は山猫姫 (12) 帝国再興編 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする