ラブライブ! School idol diary ~星空凛~

  • 86人登録
  • 3.82評価
    • (4)
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 公野櫻子
制作 : 室田雄平  音乃夏  清瀬赤目 
  • アスキー・メディアワークス (2013年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048917247

ラブライブ! School idol diary ~星空凛~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何ヵ所か誤字脱字が気になるけど。
    凛ちゃんみたいなまっすぐな気持ちで書いてある文章って、素直で読みやすくていいね。

  • タイトルが全て「凛と○○」と統一されているあたりが、凛ちゃんのシンプルさ(←良い意味で)が出ているな~と感じました。

    アニメで見ても、凛ちゃんは行動力があって考えるよりも先に動くタイプなのがわかりますが、実は競争が好きではない平和主義な面を、この本で初めて知りました。

    中学時代に入っていた陸上部でも、大会でリレーのアンカーになるほど周りから称賛されるほどの運動神経を持っているのにも関わらず、1位になりたいからではなくただ好きだから走る。

    そんな凛ちゃんの考えは、体育や運動が嫌いな学生たちの励みになり、運動の良さを伝えられるのではないかなと思いました。
    実際に私自身、個人的に運動は苦手ではありませんが、体育の授業ではどんな運動も勝ち負けだったので学生の頃は嫌いでした。

    その一方、人のために「勝ちたい」と思う凛ちゃんのやさしさもこの本から伝わりました。

    いつもの元気な凛ちゃんはもちろん、その元気の中の深い気持ちもわかる一冊です。

  • 原案の公野櫻子が描く"ラブライブ!"の小説版。μ'sの活動日誌を各メンバーが担当するという形式で書かれています。第6巻はμ'sの元気っ娘星空凛です。前巻の花陽と一緒に読みたいところですね。アニメ第2期の第5話を観たばかりで、凛の可愛さ増量中に読んだらもうヤバいです。口癖の"にゃ~"に秘められたエピソードやμ'sに参加した理由など、凛の魅力が増すエピソードばかりです。ことりの発案でのおしとやかバージョンの凛を見てみたいですね。また、ハロウィンでの絵里や学内合宿での希とのエピソードは組み合わせが珍しいですね。

  • 私はこれを待っていた。
    凛ちゃん日記、ついに登場。凛ちゃんスカートデビューや語尾の秘密が明かされるエピソード、μ’s加入の動機など素晴らしくも盛りだくさんで凛ちゃんスキー垂涎の内容。挿絵も贔屓目に見て過去最高であり隙がない。
    凛ちゃんの魅力を単純なカテゴリーに当てはめてはいけない。スポーツ万能で元気で明るくかわいく気ままににゃーにゃー言ってる一方で、乙女であり時折美形で内省もできて他人の感情をよく感じ取る。あえて敢えて一言で語るなら本当に本当に良い娘なのだ。希ちゃんとのエピソードや陸上部時代のエピソードなどすごくよくできてる。満足。

全4件中 1 - 4件を表示

ラブライブ! School idol diary ~星空凛~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ラブライブ! School idol diary ~星空凛~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ラブライブ! School idol diary ~星空凛~の作品紹介

"μ's活動日誌"第6弾は星空凛!μ'sイチのボーイッシュ娘の悩みとは…!?

ラブライブ! School idol diary ~星空凛~はこんな本です

ツイートする