探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)

  • 509人登録
  • 3.66評価
    • (21)
    • (48)
    • (49)
    • (4)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 山口幸三郎
  • アスキー・メディアワークス (2013年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048917438

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 旅人の中学時代のエピソードが中心。作者はちゃんとキャラクター作りで生い立ちまで肉付けしてたんだなと、痛々しさを感じながら読みました。ラノベに分類される本書ではあるけれど、人との関わり方や心理についての部分は主人公のような特殊な設定でない一般人にも響くものがあるのではないか。

  • やっぱり好きなお話です。私も幸せになろうって思いました。

  • 1番動きがあった巻かも。

    今後こういうスタンスで生きようと決める。
    そんな中、過去を知る新キャラ登場。
    過去の人と今向き合い、本当の意味での生き方を決める。
    ラスト10行で おっとぅ!!!!?という行動へ。

    それにつられて次回作も読むと思う。

    新キャラの当時中学生とは思えぬ考え方抜粋。
    『環境なんて場所と人と時間を替えればいくらでも変化する。その時々に応じて不幸も幸福も質を変えるはずで、だからこそ人は抑制が効く。瞬間的な殺意も、時間を置けば冷めるもの。一瞬の抑制は、まだ見ぬ未来への期待と破滅する我が身を憂えることで自発する。想像力が自制を促すのだ。だから、人は、軽々しく逸脱することができない。』
    いやいや、ここまで論理でなく身についてたら、「人は」もっと生き方出来るだろう、この域は超人だろう。。。
    と思ってしまった。

  • 前回のほのぼのした感じとは違い、暗い感じのお話が多かったです。
    そして、明かされた旅人さんの学生時代。
    捻くれるのも仕方ないのかな、と思ってしまいました。

  • 2013年5月刊。文庫書下ろし。シリーズ6作め。2ndシリーズ。4話は、依頼された探偵話。5話めが、旅人の過去に関する話で、やはりこれが無いと面白くありません。最後に怪しい男も出てきたりして、次巻が楽しみです。

  • 2ndシーズン2冊目。今の話と過去の話が同じくらい。ブラック日暮の原点がわかる。より今の主人公に深みが出たストーリーがほとんど。旅人の過去を知る女性の登場で少しだが前進している。あらすじ前のほんの数ページだけで次の話がグッと気になる。

  • 幸せになるためにいきていてもいいのかな
    耐えるだけの日常はやっぱり辛いよ
    人は死ぬからいまを幸せに暮らせるように生きたい
    灯衣ちゃんの影響はおおきいのでしょう

  • シリーズ通算6作目/セカンドシーズン2作目。
    今回は旅人の学生時代が語られたりと、また1つ旅人の過去が明らかにされていて面白かったです。
    ブラック旅人が満載でしたね。
    えぐみのある容赦無いブラックさではあるのですが、復讐の頃のそれとはまた違ったものが根底にあるように感じます。
    一方で良い方向への気持ちの変化も見え、後半のあのシーンでは思わずニヤニヤしてしまいました。
    二人には幸せになって欲しいけど、いよいよあの不穏な影がすぐそこまで近付いて来たようです。
    今回から登場したあのアイテムも妙に気になります。
    続きが楽しみ。

  • 気に入った一節(ネタばれ注意)
    ////////
    理解すべきは、その意図だ。
    見せ付けたいわけじゃなかった。
    再現してみせたものは、奴の心に巣食う忌まわしき過去と、道警。
    ////////
    --友達とは『作る』というよりはいつの間にか『成っている』もの--
    ////////
    誰にだって、たとえどんなに好きな相手にも嫌いな部分が一つはあるものだ。
    その悪感情の細かな一つ一つを読み取るたびに傷ついていたのでは人付き合いなど到底できない。

  • 目に見えないモノを視ることで事件を解決する青年・日暮旅人。彼が経営する『探し物探偵事務所』に、ある日見生美月と名乗る美しい依頼者が現れた。旅人のことを「旅ちゃん」と親しげに呼ぶ美月は、どうやら旅人の学生時代の先輩らしい。旅人の過去を知る女性の出現に、陽子は動揺を隠すことができず―?旅人の学生時代が語られる『昔日の嘘』、美月が旅人に謎を出す『箱の中』ほか、『傷の奮え』『憧憬の館』『竹馬の友』の全5編を収録。

    『探偵・日暮旅人』シリーズ2ndシーズン第2弾。1stシーズンで旅人が過去と決別して一歩前に踏み出して、第1弾では明るい話が多くて今後もそのラインで行くのかなあと思ったら、この第2弾はひさしぶりのブラック旅人満載で、読んでいて心配になるくらいでした。と言いつつ本書の最後では笑顔を見せた旅人ですが、息つく暇もなく新たな影が忍び寄り・・・ということで旅人と陽子の今後から目を離せないのでした。

  • いつものようにやってきた建物の前に、見た目儚い
    中身騒々しい女性が1人。

    いつの時期なのか分からない話に
    方法はともかくその『勇気』を称賛したい話。
    友人とは、と問うような話の後で、黒いものとかいうものではなく
    暗黒状態の学生時代。
    この流れで行くと、前回から意味深に出てくるのは
    学生時代の『何か』という気がしなくもないですが
    一体どういうご関係でしょう?
    まったく違う関係だったりしたら…それはそれでびっくりw

    2つ目の話、ものすごい仕掛けを作った彼とその決意には
    拍手を送りたいかと思います。
    幼いころから植え付けられたもの、そこから育ってしまったものは
    長い間どうしようもなく自分をがんじがらめにしてしまうものですから。
    しかしここまで考えられたというその才能を
    無駄にされて育ってきた状態が辛いです。
    とはいえ、その呪縛から逃れるのは大変な勇気。
    最後の話に通じる物があるような気がします。
    行動を起こさねばならない、というのが。

    とはいえ、そう思ってもどうしたらいいのか。
    まず、そこで躓いてしまいますが。

  • シリーズ6冊目、セカンド2冊目。
    「箱の中」「傷の奮え」「憧憬の館」「竹馬の友」「昔日の嘘」
    今回は壊れ物ということで、割とダークな旅人さんがメインに。
    一つ選ぶなら「傷の奮え」かなぁ。
    ダークとお人よしが入り混じってて好きです。
    演技っていうより素でやってるみたいに見えるから困る。
    前回ラストにあった不審人物が出るかと思いきや今回も引っ張り。
    ところで表紙があの災害を思い出させる印象を受けたのは私だけ?「水」があまり内容にかぶってない気もするのに。

  • 日暮旅人の学生時代のはなし。
    両親と死に別れてから、あちこちたらい回しにされ
    形成された人格。
    今の穏やかさとは真逆で、刺々しい一面が見られる。

    過去、現在を通して、これからの事を改めて考える上で
    陽子の存在の大きさに気づく。
    生きると決めた旅人と陽子のこれからが次作に書かれる事を期待。


  • 旅人の学生時代のまたまたダーク旅人を
    堪能出来て面白かった!

  • シリーズ6作目。セカンドシリーズ第2弾。
    「壊れ物」というタイトルどおり、ダークな旅人の話。
    (図書館)

  • 探偵・日暮旅人#6

  • このシリーズは面白いんやけど、いろいろとややこしい(笑)。
    登場人物がややこしいというか、設定そのものがややこしいというか、面白い面白くないとは違う次元でややこしい。

    でも、読み始めるとやっぱりツルツル読んじゃうんだよなあ。
    今回はちょっと意外な方向に進展してるかも・・・?
    まさか旅人の学生時代の話が出てくるとは思わなかったし、しかもその旅人がみょうにやさぐれてて、なんか、かわいかったわ・・・(笑)。
    年齢相応のところもあったんやん。
    美月の言うとおり、本当に孤独になりたいのならそつなくふるまうべきよね。
    現在の旅人になったのは美月のせいでもあったのか・・・(彼女はよかれと思っての助言やったみたいやけど)。

    そんな旅人にまた少し変化があるんやけど、そもそも陽子ちゃんとそんなええ感じになってたっけ・・・?
    一緒に墓参りはともかく、手をつなぐって・・・。手をつなぐって・・・!?
    「昔日の嘘」のラストシーンは、じんときた。


    家族と愛もテーマに据えてると思うので、ラブキュンな展開ではないんやろうけど、ハードボイルドから少し離れたかなあと思った。
    最後はあったかいオチがついたら、いいかもしれへんなあ。つくかなあ(笑)。


    でも、この続きは図書館の蔵書にないねんて!? 信じられへん。信じられへんー!!
    ここまで読んどいてそのままにしとくのは、ないわ。
    確かこのシリーズは完結してたよね。隣市でも隣県でもどこからでもいいから、借りてきてくれ・・・! ちゅうかなんで、シリーズのここまでそろえといて最後まで置いてくれへんかなあ、図書館!!
    (知らんて)

    (2016.02.22)

  • 重く切ない話が多くて、、、
    でも、旅人の学生時代がわかったり、嬉しい再会があって本当によかった。
    とはいえ、いろいろクリアすべき課題は山積み。
    がんばれ、陽子!

  • ---

    1st Aug, 2016 読了

    ---

    発売されてから早3年。
    初版で買ってからやっと読み切ることができました。
    3年越しとはいえ前作の内容も覚えているので全く問題ないですが、
    続きが、続きが本当に気になる!!!!
    本当にこのラストへの持って行き方はないわ・・・
    キュンキュンしちゃって騒いでしまいました。

    著者さんのあとがきにもあるように、
    この巻は「壊れる」をテーマにされていて、
    全体的に暗めのストーリー展開だったのですが、
    この暗いストーリーがあるからこそのこの展開!
    といった感じでしょうか。
    旅人の中で陽子先生がどれだけ大きなウェイトを持っているのかわかりましたね。

    この次が気になります。
    早く読みたいですが、日本国外に出てしまってるため手元にないのがとても悲しい・・・

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    目に見えないモノを視ることで事件を解決する青年・日暮旅人。彼が経営する『探し物探偵事務所』に、ある日見生美月と名乗る美しい依頼者が現れた。旅人のことを「旅ちゃん」と親しげに呼ぶ美月は、どうやら旅人の学生時代の先輩らしい。旅人の過去を知る女性の出現に、陽子は動揺を隠すことができず―?旅人の学生時代が語られる『昔日の嘘』、美月が旅人に謎を出す『箱の中』ほか、『傷の奮え』『憧憬の館』『竹馬の友』の全5編を収録。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・探偵


    +++6+1

  • 「壊れ物」  
    人生色々価値観も色々。  
    人生山ありゃ谷あり。  
    人は変われるよ。

  • 2015/3/15図書館から借りてきた。

  • 全体的にかなりブラックですが、これも旅人の一面ですね。旅人の暗黒面と、少し死にまつわる話が多い気がする。そんな巻でした。

  • 2014/10/6(月曜日)

  • 結構毒の強かったなあ。
    心温まるほのぼの物語より好きだけど・・・
    陽子先生にいまいち魅力を感じないのが残念。

全39件中 1 - 25件を表示

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)の作品紹介

目に見えないモノを視ることで事件を解決する青年・日暮旅人。彼が経営する『探し物探偵事務所』に、ある日見生美月と名乗る美しい依頼者が現れた。旅人のことを「旅ちゃん」と親しげに呼ぶ美月は、どうやら旅人の学生時代の先輩らしい。旅人の過去を知る女性の出現に、陽子は動揺を隠すことができず-?旅人の学生時代が語られる『昔日の嘘』、美月が旅人に謎を出す『箱の中』ほか、『傷の奮え』『憧憬の館』『竹馬の友』の全5編を収録。

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする