探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)

  • 511人登録
  • 3.67評価
    • (21)
    • (50)
    • (49)
    • (4)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : 山口幸三郎
  • アスキー・メディアワークス (2013年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048917438

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅人の中学時代のエピソードが中心。作者はちゃんとキャラクター作りで生い立ちまで肉付けしてたんだなと、痛々しさを感じながら読みました。ラノベに分類される本書ではあるけれど、人との関わり方や心理についての部分は主人公のような特殊な設定でない一般人にも響くものがあるのではないか。

  • やっぱり好きなお話です。私も幸せになろうって思いました。

  • 1番動きがあった巻かも。

    今後こういうスタンスで生きようと決める。
    そんな中、過去を知る新キャラ登場。
    過去の人と今向き合い、本当の意味での生き方を決める。
    ラスト10行で おっとぅ!!!!?という行動へ。

    それにつられて次回作も読むと思う。

    新キャラの当時中学生とは思えぬ考え方抜粋。
    『環境なんて場所と人と時間を替えればいくらでも変化する。その時々に応じて不幸も幸福も質を変えるはずで、だからこそ人は抑制が効く。瞬間的な殺意も、時間を置けば冷めるもの。一瞬の抑制は、まだ見ぬ未来への期待と破滅する我が身を憂えることで自発する。想像力が自制を促すのだ。だから、人は、軽々しく逸脱することができない。』
    いやいや、ここまで論理でなく身についてたら、「人は」もっと生き方出来るだろう、この域は超人だろう。。。
    と思ってしまった。

  • 前回のほのぼのした感じとは違い、暗い感じのお話が多かったです。
    そして、明かされた旅人さんの学生時代。
    捻くれるのも仕方ないのかな、と思ってしまいました。

  • 2013年5月刊。文庫書下ろし。シリーズ6作め。2ndシリーズ。4話は、依頼された探偵話。5話めが、旅人の過去に関する話で、やはりこれが無いと面白くありません。最後に怪しい男も出てきたりして、次巻が楽しみです。

  • 2ndシーズン2冊目。今の話と過去の話が同じくらい。ブラック日暮の原点がわかる。より今の主人公に深みが出たストーリーがほとんど。旅人の過去を知る女性の登場で少しだが前進している。あらすじ前のほんの数ページだけで次の話がグッと気になる。

  • 幸せになるためにいきていてもいいのかな
    耐えるだけの日常はやっぱり辛いよ
    人は死ぬからいまを幸せに暮らせるように生きたい
    灯衣ちゃんの影響はおおきいのでしょう

  • シリーズ通算6作目/セカンドシーズン2作目。
    今回は旅人の学生時代が語られたりと、また1つ旅人の過去が明らかにされていて面白かったです。
    ブラック旅人が満載でしたね。
    えぐみのある容赦無いブラックさではあるのですが、復讐の頃のそれとはまた違ったものが根底にあるように感じます。
    一方で良い方向への気持ちの変化も見え、後半のあのシーンでは思わずニヤニヤしてしまいました。
    二人には幸せになって欲しいけど、いよいよあの不穏な影がすぐそこまで近付いて来たようです。
    今回から登場したあのアイテムも妙に気になります。
    続きが楽しみ。

  • 気に入った一節(ネタばれ注意)
    ////////
    理解すべきは、その意図だ。
    見せ付けたいわけじゃなかった。
    再現してみせたものは、奴の心に巣食う忌まわしき過去と、道警。
    ////////
    --友達とは『作る』というよりはいつの間にか『成っている』もの--
    ////////
    誰にだって、たとえどんなに好きな相手にも嫌いな部分が一つはあるものだ。
    その悪感情の細かな一つ一つを読み取るたびに傷ついていたのでは人付き合いなど到底できない。

  • 目に見えないモノを視ることで事件を解決する青年・日暮旅人。彼が経営する『探し物探偵事務所』に、ある日見生美月と名乗る美しい依頼者が現れた。旅人のことを「旅ちゃん」と親しげに呼ぶ美月は、どうやら旅人の学生時代の先輩らしい。旅人の過去を知る女性の出現に、陽子は動揺を隠すことができず―?旅人の学生時代が語られる『昔日の嘘』、美月が旅人に謎を出す『箱の中』ほか、『傷の奮え』『憧憬の館』『竹馬の友』の全5編を収録。

    『探偵・日暮旅人』シリーズ2ndシーズン第2弾。1stシーズンで旅人が過去と決別して一歩前に踏み出して、第1弾では明るい話が多くて今後もそのラインで行くのかなあと思ったら、この第2弾はひさしぶりのブラック旅人満載で、読んでいて心配になるくらいでした。と言いつつ本書の最後では笑顔を見せた旅人ですが、息つく暇もなく新たな影が忍び寄り・・・ということで旅人と陽子の今後から目を離せないのでした。

全39件中 1 - 10件を表示

山口幸三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)の作品紹介

目に見えないモノを視ることで事件を解決する青年・日暮旅人。彼が経営する『探し物探偵事務所』に、ある日見生美月と名乗る美しい依頼者が現れた。旅人のことを「旅ちゃん」と親しげに呼ぶ美月は、どうやら旅人の学生時代の先輩らしい。旅人の過去を知る女性の出現に、陽子は動揺を隠すことができず-?旅人の学生時代が語られる『昔日の嘘』、美月が旅人に謎を出す『箱の中』ほか、『傷の奮え』『憧憬の館』『竹馬の友』の全5編を収録。

探偵・日暮旅人の壊れ物 (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする