GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (6)中 (電撃文庫)

  • 251人登録
  • 4.23評価
    • (17)
    • (20)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 川上稔
制作 : さとやす(TENKY) 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2013年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (840ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048918206

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (6)中 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は前回に引き続き武蔵・毛利・北条の三国会議が大部分を占めていましたが、北条陣のキャラの濃さは並大抵のものではありませんでした。そして遂にネイトパパンが登場しました。確かに想像通りのキャラクターでした。(容姿にしてもその性格にしても)

    さていよいよ小田原征伐も始まり、それぞれの陣営動き出しました。果たしてこの相対戦にノリキは間に合うのか、そしてハッサンはどのようにしてネイトママンに立ち向かうのか!次巻に期待したいと思います。

  • 下巻の小田原征伐等の相対戦についての協議メイン巻。
    武蔵・北条・毛利に最上・上杉・伊達等々、様々な勢力が加わってきて下巻への盛り上がりの期待が高まる。
    久しぶりにネシンバラ大活躍?

    氏直さんホント怖い。
    これはノリキも苦労しますわ。

    本庄繁長と北条氏照との緒戦がアツい。
    そして次なる戦いは、人狼女王VSハッサン。
    ってお前かよ!?
    この引きは卑怯ですわー。

  • 上杉最上参戦のところがテンション上がりすぎるwwww

  • 襲名、という考え方もいろいろとかんがえもんだなぁ、と。

    男の名前(過去の武将ゆえ、しかたなし)なんだけど蓋をあけたら恋する乙女ってもう、BL読んでるような気分にさせられる。

    あと、戦闘がマニアックすぎて正直ついていけないかも。

    今回の主役ともいうべき人物が頭から最後まで修行中、ってどこのドラゴンボールだろうか。。。
    まあ、その分彼の活躍は下巻に期待。結構大事だし。

    ママンの相対者が予想通り。先日見た大食い決定戦で印象つけられたせいだけどな。多分、勝ち棄ててるんだろうけど。

  • 小田原征伐等々についての協議。という名の厨二病タイムでした。ネシンバラってこんなキャラでしたっけ(笑)まぁ狂人しかいない国(作品)だから仕方ないか。氏テル、入っテル!とかプチキマシタワーな福島・清正とかが部分的に物理的ヒャッハーしてたりしたけど、全体としては会議主体だったかなと。個人的にはこういうのも好きだな。終わクロの全竜交渉もそうだったけど、交渉の話でも緩急がいい感じに効いてます。そして最後。この流れはちょっと想定外ですの。氏直さんのキャラも思ってた以上に想定外でしたがそれ以上の展開だった。

  •  大谷襲来から小田原征伐開始まで。

     バランスを見る。今回は得てしてバランスが語られたように感じました。戦国時代の各国力関係を皮切りに、トーリの周りのバランスも取りざたされていました。常にホライゾンの前ではカッコつけたいトーリ、だからこそそれ以外の感情をみせる時間が必要と扇の要たるホライゾンの発言は「おぉう・・」と感じてしまいます。また、北条の姿勢と福島が問題としていた攻撃と防御のバランスも同じことだと思いました。どちらも一辺倒になってはいけない単純な思考ほど弱いものはない。色々な問題を視点を変えるだけでくっつけていく川上作品は本当に面白い。敵対勢力のなかにも成長株がいるっていうのは作品内バランスを整える意味でも良いと思うし、個人的にも嬉しいところ。

     ついに小田原征伐もはじまり、世界のヒロインノリキさんも12トンの岩を砕くノリノリっぷり。激しい戦いのなか武蔵勢では2年生大久保が昔の正純の再現が如く走り回ります。そして、ネイトママンとの対決にはまさかの、本当にまさかのハッサンくんが相対。正直ええええええええええええええええっと叫んでしまいました。あのカレー野郎まじでやるのかよと。はてさて、このカオスな小田原征伐、どういった終結を見せるのか、実に楽しみである。

  • 下と思ったら中だった。ミト巫女絡みはもうお腹いっぱいです。久しぶりのネシンバラ登場で氏直とのこじつけ水掛け揚げ足取りな論争はむちゃくちゃで論理も何もあったものではないけれど、自分ルールを貫こうとするする二人は滑稽でもあり、こういう交渉アリかな、、とちょっと思ってしまったりで面白かった。そしてラスト。遂に三つ又の戦争が始まり、本庄対氏照は戦争の序章に相応しい戦いっぷりで、これからに期待できるものだった。下の発売を待つ。

  • 小田原征伐前の戦前会議、滅びの歴史を受け入れている北条は相対内容で武蔵に様々な条件を出し、どうせ滅びるのだからと頑なにそれを譲らない。交渉を行うネシンバラは自身の組み上げてきた戦略が通じない全てを遮断する氏直に、シェイクスピアを重ねて彼女との相対を思い出し、戦略を組み直す。
    一方羽柴では負けが続く福島を再起させるため清正が模擬戦を申し込む。
    武蔵、エグザゴンフランセーズ、北条、最上、伊達、ソビエトルーシ、P.A.Oda、M.H.R.R.、多くの国を巻き込んで小田原征伐がついにスタート。

  • 0193

全9件中 1 - 9件を表示

川上稔の作品一覧

川上稔の作品ランキング・新刊情報

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (6)中 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (6)中 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GENESISシリーズ 境界線上のホライゾン (6)中 (電撃文庫)の作品紹介

関東の地で行われる毛利の備中高松城戦と北条の小田原征伐。ついに対決するM.H.R.R./羽柴と欧州覇王・六護式仏蘭西/毛利-二つの決戦と歴史再現を前に、毛利と北条との戦前会議に臨んだトーリ達。各陣営の勝利とその先を見据えた策謀-六護式仏蘭西がぶち上げた思わぬ野望に、会議は大きく荒れる。しかし、武蔵副会長・正純の機転によって、二つの歴史再現、そして関ヶ原の合戦への展望が見えたかと思えたその時、羽柴陣営の大谷・吉継が現れ-。六護式仏蘭西、北条、そして武蔵は、この"望まぬ来客"に対し、どのように対応していくのか?第六話、中盤戦!

ツイートする