さよなら、君のいない海

  • 26人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 秀島迅
  • KADOKAWA (2016年9月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048921572

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤野 恵美
村田 沙耶香
北村 薫
住野 よる
有効な右矢印 無効な右矢印

さよなら、君のいない海の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初と最後と真ん中の出来事が違い過ぎて別々の本を読んだ感じ。

  • 【あの夏、僕と君は再会を誓った――。七里ヶ浜から始まる、心震える再生の物語】

     十八歳の冬、僕は失うことができるすべてのものを失った。両親、家、友情、すべてを。
     辿り着いた鎌倉の地。海岸を望む高台に移り住んだ僕は、その夏、 白い入道雲が浮かぶ七里ヶ浜に佇む 三歳年上のミキと出会う。
     海沿いのレストラン、紫陽花の咲く小道、 浜辺のビール、浴衣と線香花火、凪の夜――。 彼女と過ごす平穏で特別な日々は、台風の訪れとともにその表情を変えていく……。
     ミキの複雑な過去と、叔父が抱えた三億円の借金。そんなとき出会った謎の男“イヌ”が持ちかけてきた常夏の島・ハワイでの儲け話。
     僕は、すべてを取り戻すため、海を渡った。

全3件中 1 - 3件を表示

さよなら、君のいない海の作品紹介

あの夏、僕と君は再会を誓った――。
七里ヶ浜から始まる、心震える再生の物語。

十八歳の冬、僕は失うことができるすべてのものを失った。両親、家、友情、すべてを。
辿り着いた鎌倉の地。海岸を望む高台に移り住んだ僕は、その夏、 白い入道雲が浮かぶ七里ヶ浜に佇む 三歳年上のミキと出会う。
海沿いのレストラン、紫陽花の咲く小道、 浜辺のビール、浴衣と線香花火、凪の夜――。 彼女と過ごす平穏で特別な日々は、台風の訪れとともにその表情を変えていく……。
ミキの複雑な過去と、叔父が抱えた三億円の借金。そんなとき出会った謎の男"イヌ"が持ちかけてきた常夏の島・ハワイでの儲け話。
僕は、すべてを取り戻すため、海を渡った。

さよなら、君のいない海はこんな本です

さよなら、君のいない海のKindle版

ツイートする