はたらく魔王さま! 0-II (電撃文庫)

  • 78人登録
  • 3.95評価
    • (6)
    • (7)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 和ヶ原聡司
制作 : 029 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048923583

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はたらく魔王さま! 0-II (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  •  ラノベは感想を書き始めると冊数が多くなる一方だと思って控えていたのですが……まあいいや、書いてしまおう。

     番外編2巻。
     地球での所帯じみた暮らしと差別化するために、魔界編はシリアスぶっちぎりな必要があるんじゃないかと思っていて。でも1冊まるまるシリアスな展開だと重いよなぁ、どうするのかなぁと思っておりました。その辺、いい具合にバランスとれていたと思います。計算されたお話の組みっぷりが安心感抜群。

     魔界編のやり取りを見た後で、現在の会話見ると、いい意味で力抜ける……。そしてなんで魔界で会話しているのに、芦屋、漆原呼びなのか。その落差がいいのですけれど。

     ネタの引っ張り具合とかは、ちょっとやりすぎでないかなーと思うことはあるのですが、キャラが立ってて、筋が通っているので、やっぱこのシリーズ好きです。
     あと、いつかは女性らしい女性悪魔が見てみたいです。今回のはノーカンでいいよね。

  • ルシフェル謀反からの魔王城の銀腕族……この展開で、先日の本編の話と絡んできます。銀腕族が魔物ではなく機械であり兵器であるという事実。すでにイグノラ関連の話が垣間見られます。
    マラコーダのヴィジュアル初登場ですが……うーん……魔物でしたね。

  • 本編開始前の、悪魔たちの戦いの物語と群像劇。彼らの諍いと結束を知り、悪魔としてのキャラの深掘りがされ、さらに本編に影響を与えそうな設定も出て、本作のファンなら楽しめる一冊。それでも本編の進行ををこそ望んでしまう気持ちはある。

  • 魔王過去編の2巻目。
    名前だけはずっと出ていた魔王軍四天王の一人マラコーダの登場。
    やっと4人揃ったよ。

    内容はかなり盛りだくさん。
    マラコーダたちマレブランケ族が戦いを経て魔王の仲間になった話でもあるし、
    わがままルシフェルの帰還話でもあるし、
    魔王城の獲得話でもあるし、
    アルシエルが本気で魔王の腹心になった話でもあるし、
    マオウが魔王様になった話でもある。
    いやこういう仲間が増えていくお話っていいもんだよね。

    ちなみに、あとがきでしきりに女性悪魔の登場を強調してたけど、とりあえず特になんもなかったな(笑)
    そういえば、魔王の恋話ってホントないんだよなあ。
    だから、ちーちゃんに対する魔王の気持ちがもう一つよくわからないんだよね。
    魔王って恋したことあるのかなあ?
    そんな過去話があれば是非書いてほしい!
    作者がんばって!

  • 過去編2冊目。こっちの続編出ると思ってなかった。前に触れられてたっけ?魔王様の人(魔族)たらしっぷりがよく分かる一冊でした。アルシエルの心境の変化も具体的に語られててよかった。ルシフェルは…まあ、こいついつも裏切ってんな、でいいかな?(笑)マラコーダ・アドラメレクが現在の方ではいないのが残念なくらいに面白いキャラだった。アドラメレクは少し触れられてた気もするけど。まぁ勇者はともかくJKに翻弄されてたりするのを見られないのはよかったのか否か(笑)特にJKの方はある意味勢力の要だったりするからなぁ。

  • やっぱり戦記は面白い
    共通の敵を作って和解ってのは常套手段だよね
    魔王城の内装はリフォームしてたのがウケた

  • おっさん比率が無駄に高いけど、これはこれでおもしろい。

全7件中 1 - 7件を表示

はたらく魔王さま! 0-II (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

はたらく魔王さま! 0-II (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はたらく魔王さま! 0-II (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はたらく魔王さま! 0-II (電撃文庫)の作品紹介

ルシフェルの裏切りで魔王軍が壊滅の危機に!?
『真奥』がまだ『魔王』だった頃の物語、第II弾!

アルシエル率いる鉄蠍族が加わった新生魔王軍内で、幹部ルシフェルの謀反が発生! 待遇への不満から、魔王城を破壊して飛び出して行ってしまったのだ。
ルシフェルが向かったのは、マレブランケ族の勢力圏である南方。魔王やカミーオは、いずれ南進をすべく計画を立てていたが、最強のハグレ悪魔と恐れられるルシフェルとマレブランケ族との接触を危惧し、予定を早めて進軍を決断する!
魔王軍を迎え撃つのは、頭領格のマラコーダ率いる大軍勢。幻術を操り戦場を混乱に陥れる戦術に、魔王たちは大苦戦を強いられる。さらにはマラコーダと組んだルシフェルが敵として現れ――?
魔界の統一を目指す魔王の許に、後の魔王軍四天王となるアルシエル、ルシフェル、アドラメレク、マラコーダが集うまでを描いたエピソード・ゼロ第II弾。大会戦の果てに、魔界と天界の真実が明かされる!

はたらく魔王さま! 0-II (電撃文庫)のKindle版

ツイートする