やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)

  • 195人登録
  • 4.34評価
    • (26)
    • (20)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 仲谷鳰
  • KADOKAWA (2016年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048924313

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)の感想・レビュー・書評

  • いいよいいよぉ…この…絶妙なもどかしさ…!

    恋って自分の気持ちを自覚したとこから始まるものなんだろう、と。

    …正直、槙君の第三者視点が嫌いというか不快だったんですが……ごめん、この状況は観客(読者)視点で超面白いのは事実なわけで…結局同族嫌悪だったのか、と苦笑い。
    いやぁついに侑が自覚しちゃいましたねぇ。こうなると関係性はガラッと変わってしまうわけで。
    これまでとは違い、無邪気に侑を求めてくる燈子先輩が「厄介」極まりない事になるわけですよ。…ふふふ…これは正直楽しみだ。いやもちろん、侑は大変でしょうけどもね。そして変わってしまう侑に燈子先輩も戸惑うわけでしょうしね。ふふふふ…(嫌な大人)

    沙弥香先輩も中々にこじらせてますねぇ。その上で侑と衝突する事も出来ない。いつか、飲み込んだ言葉が胸を突き破るのでしょうね…ふふふ…。

    堂島君が朱里とくっついたりしたら中々いい対照になりそうだなぁと思ってもいたり。

  • 主人公と先輩の距離が一気に近づいて、いちゃいちゃしてる場面が多い。笑
    先輩が可愛らしくてきゅんとする。主人公も先輩に惹かれているのがいじらしく感じる。

  • 僕は恋愛感情が薄いので恋愛漫画がとても苦手なのですが、この作品は設定のためか試し読みを読んで面白いと感じ、そのまま読み続けている作品。いつかこの恋愛漫画も読めなくなるだろうと確信している。
    寝ている侑の写真を手に入れた燈子が足をバタバタしているシーンで、まるで僕が動物の可愛い写真を見ながら足をバタバタしているのに似ているなぁとニヤニヤしたのですが、燈子と僕の足バタバタは似ているようで大きく違うのです。この違いが僕とこの作品のズレを象徴しているようでとても寂しいのです。

  • 名前で呼ばせたのに照れる燈子も、わざと繰り返し呼ぶ侑も可愛い。
    雨の日のやりとりは、同じ妹なのに、見た目しっかりしてそうな燈子の方が甘えるタイプなのが愛らしい。「嬉しかった?」という返しと瞳が侑から見れば不安になるものだけど、燈子視点だとまた違うのかな。
    体育倉庫でのあれは、付き合っていないのにすごくいちゃついてる。超えたらいけないと考えつつ、手放したくないと思う侑、もうそれは恋じゃないの?

  • 購入して読み。

    本人は自覚してない(?)けど侑は少しずつ燈子先輩に惹かれているようで。
    燈子先輩のべたぼれっぷり、子犬っぷりがなんともかわいらしい…。
    先生と喫茶店の店長の百合カップルもたいへんよろしい。
    沙弥香先輩の片思い百合もたいへんよろしい。

  • 燈子はだんだんめんどくさくなってきたけど、全部分かっててやっているなら相当の悪女。とかそういう昼ドラ的な感じになりそうでならない百合百合な描写に鼻血出そう。

  • 自分は誰のことも好きにならない、と思っているのに、少しずつ燈子に惹かれていく侑。
    侑が燈子のことを好きになってしまったら、燈子はどう感じるのだろう…、怖い。
    おまけ漫画の、最速で問題を解く燈子がかわいい。

  • 3巻は本筋よりもサブエピソード中心か。いやみなくすっきりキレイな絵柄が変わらずすばらしい。

  • 独特な距離感のある作品だと思う。
    巻を追うごとに着々と関係が深まっているのだけれど
    その事実に登場人物も読者も戸惑ってしまう。
    この関係がどこへ向かっていくのか
    先を知りたいのが半分、知るのが怖いのが半分。

  • 第3巻に入り、一気に百合百合しくなってきた。これまで欲求不満だったのは主人公なのか、それとも作者なのか(笑)。読者としても、読んでいて自然と顔がニヤついてしまい、まったくケシカラン限りですよ~。次の巻では、またちょっとシリアスモードに入りそうな気配。

  • 百合というか,もはやベクトル計算が必要な状況www。個人的には佐伯嬢のこじらせ具合がツボ。

  • とても面白くなってまいりました…! 前巻から続く沙弥香先輩との立ち位置の対比が好きな要素のひとつ。

  • あかん(あかん)

  • 寝顔写メのシーンにやられました。

  • 生徒会劇の脚本の話と並行しての体育祭編。
    新たな百合CPの登場と絡めて佐伯沙弥香の感情について今回ではっきり描写したのと、沙弥香と侑を単純に衝突させるのではなく、それぞれに燈子への想いを改めて考えさせてあの距離感に整理したのはうまいなぁと。

  • よい.

    p.147 の「やっぱりあの子なのかな」はどちらを指しているか? このシーンだけを見るとどちらとも取れる. 続く「惚れたら苦労しそう」があるから、これは重要な問題だ. でも「入学式で知り合った」ということから高学年の方だと分かるから背丈から分かるか. 侑の背丈が学年にしては低いことは二度言及されている. でも p.147 のコマを見ると、身長が低いようには見えない.

    3巻で描かれてるのは大きく2つのストーリーで、一つは体育祭を通じて侑と佐伯先輩との中が多少なりとも修復される件と、侑の「私は誰も好きにならない」というある種の約束を破る件. 最後の最後の、「だってこれじゃ速すぎるから」ではっきりと宣言したようなものだ.

全17件中 1 - 17件を表示

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)の作品紹介

七海燈子と小糸侑。
徐々に距離を近付けるふたりに、
佐伯沙弥香は焦燥感を募らせていた。

だが、燈子が望む形で
彼女の傍にいることを決めた侑は
人を好きになることを諦めようとしていた。

「わたしは誰も好きにならない。これまでも、これからも。」

やがて君になる(3) (電撃コミックスNEXT)のKindle版

ツイートする