ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)

  • 41人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 虎走かける
制作 : しずま よしのり 
  • KADOKAWA (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048925396

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • GWはゼロから始まったのでゼロで締める(笑)

    ピンナップの方向性が巻を追うごとにノゲノラ化していっているような気がします。

    しかし。話は巧くなっていっている。
    今巻では、ゼロチームとリーリチームが分かれての旅路になるわけだけど。

    個人的にはジェマのアンチ獣堕ち感情が度を超していて、あと自虐ネタも好きではなく。
    レイラント、バルゼルの神殿騎士サイドもあんまり寄れなかったんだけど。
    意外と、人間を愛する館長悪魔とマディアコンビにはハマれたかな。マディアさん、もっと加虐的になって、悪魔を虐げてくださっても……。
    ミナの取り扱い、雑すぎるけどね……。

    ゼロの計略が、このサイズの分量で済んだことは、筆者にとっては嬉しかったに違いない。

    あとは、サラッと神父の過去が。
    サラッと!
    しかも、リーリのいない所でか!

    ここんとこ、気になる終わらせ方を覚えてきているので、次で締めまーす。

  • 昆虫姦とはやりますねぇ

  • 舞台が軍隊での行軍ということもあって、ゼロと傭兵の二人+@旅という好きなシチュエーションの要素が薄れてしまっているのが残念。全体的に話のスケールが小さめであったのと、視点が変わりすぎて状況が分かりづらかった気がする。

  • 神父・リーリ(+α)と分かれ、師匠の跡を追っていくゼロ一行の前に悪魔の影が。まぁそれより騎士団の不和がメインといったところですかね。普通は悪魔の方が脅威に感じるけど、ゼロが平常運転過ぎて今回はそっちはスパイス程度に感じました。魔女的には悪魔の方がニンゲンよりよっぽど相対しやすそうですしね。神父班の方は無事主教に会えたけどそこで語られる真実がまた強烈で。次はこちらサイドも出番結構ありそうかな。最後にアニメ化おめでとうございます。

全4件中 1 - 4件を表示

虎走かけるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)の作品紹介

泥闇の魔女による悪魔召喚で、世界の半分が崩壊した。世界を救う決意をしたゼロ達は、教会騎士団とともに、北の地にあるという祭壇を目指す事に。
しかし遠征部隊の隊長であるジェマは、‘黒の死獣’に父を殺された過去を持っていた。しかもジェマの従卒は、傭兵の過去をよく知る男で──?
どうにか傭兵が‘黒の死獣’である事実を隠したまま北へと進軍するが、荒廃した世界を進むうち、教会騎士団は統率を失い始める。「隊長は魔女におもねっている。教会騎士団を率いるのにふさわしいとは思えない」
副隊長である老兵、レイラントに強く糾弾され、部隊との決別を余儀なくされるジェマ。
兵の信頼を取り戻すため、ゼロ達はジェマとともに、悪魔が待ち受ける〈禁書館〉を目指すことに。
そこでゼロが出会う人々とは?
また、待ち受ける悪魔とは──?

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)はこんな本です

ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)のKindle版

ツイートする