手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 岩田洋季
制作 : 白もち 桜 
  • KADOKAWA (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048925402

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実に作者らしい異能バトルの絡んだでも本命は、イチャ恋物語だ(笑)
    いやまあ、いつも通り楽しく読んだ。
    ただ、この物語だけのこれっていうものが少し弱いかなあ。

    羊子の恋のミッションにワタワタする美哉の焦りぶりは楽しかったし、これでもかと恥ずかしいシチュエーションで追い込んでいく作者にはいつも通り拍手を贈りたい。
    ただ、もう一歩、押しが足りないのではなかろうか。
    せっかく同じ部屋に暮らしてるのに、口絵イラストも大胆なのに、もっとエッチな方面もあっていいんだよー(爆)

    さておき、世界の王の娘たちとの競争で後れを取っていた美哉たちが、最後の戦いで愛の力、というか、チューの力で(笑)大爆発する展開は、もちろんお約束なのだけど、やっぱり楽しいね。
    続編はないのかなあ?

    ちなみに最後まで美哉の名前には慣れなかった。
    だって、どうしても女の子を想像してしまって。

  • 章が細切れで読みづらい

  • ラブコメとしては最高級に甘々だったのでこういうのが好きな人にはたまらないでしょう。それでいて話もまあ筋が通っていて、あとはありがちなマンネリにならなければかなり期待できそう。

全3件中 1 - 3件を表示

岩田洋季の作品

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)の作品紹介

八つの平行世界の王の娘たちが通う「八重ノ学園」。この学園に通うことになった第二世界の少年・美哉は、王の娘である羊子をサポートし、彼女を統合世界の王にする使命を持って入学した……はずが、なぜか彼女と同棲することに!?
「わたしは美哉のことが、す、……好きなんだ!」
突然の告白の訳を聞けば、彼女は一目惚れした美哉を自分の“持ち物”として登録したのだとか。そんな二人の恋を応援しようと、他の世界の可愛いけど迷惑千万なプリンセスたちによる“超絶恋のおせっかい”が美哉を待ち受けていて。
岩田洋季×白もち桜がストーリーショートショート形式でお贈りする、恋に焦がれた純で無垢なプリンセスとのサクセス&ハートフルストーリー!
卒業するとき、その手のひらにあるのは世界か恋か――!?

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)はこんな本です

手のひらの恋と世界の王の娘たち (電撃文庫)のKindle版

ツイートする