わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)

  • 16人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 羽場楽人
制作 : 笹森 トモエ 
  • KADOKAWA (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048925723

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 魔術に悩む人をサポートする魔術コンサルタントを営む主人公・秀春を中心とした魔術物。筆者曰く、ライトノベルには珍しいハードボイルド的な要素を持つライトボイルド小説、とのことだが、主人公の確固たる信念を貫き通す生き様がその要素のことだろうか。そのような主人公像は本作を通して描かれ続けているので、好みの人には期待してもらいたい。

    序盤は少ない登場人物の会話を主体に、一人称視点の地の文が入る形で設定の説明がなされていくため、少々読みにくいかったが、終盤の展開は非常に面白かった。物語の全体像が主人公を中心に、クライアントなどの数名の登場人物の中で綺麗にはまっているので、一巻分で描ける展開とは思えないくらいの濃さだった。

    ただ、個人的にはそこに重要人物であるはずのヒナコがあまり介在できていないように感じてしまった。主体的に動けていない、というのが適切かもしれない。設定の根幹をなす面白い部分なだけにもったいなく思う。

    小さな問題を解決したが大きな問題がしっかり残っている続編を意識した終わり方になっている。すると、続編があれば今後はヒナコの活躍がさらに描かれ、また学校に通い始めてから生活等が描かれるだろうので、期待したいところだ。

  • 全くコンサル業務では無いことを置いておくと、楽しく読めた。
    続刊を希望するわ。

  • 試し読みもしましたが、本編通して読むとよりストーリーがわかってきておもしろい。次々登場するキャラクター達の今後も気になります!

全3件中 1 - 3件を表示

羽場楽人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)の作品紹介

魔術をつかう人に希望を見つける――それこそがかつて師を救えず、己の魔術を失った過去を持つ魔術士・黒瀬秀春が再び立ち上がった理由だった。
「お父さん会いたかった!」 
東京の片隅、薄汚れた古い雑居ビルで魔術コンサルタントを営み、魔術に悩める人々のために奔走する日々のなか、秀春を父親だと勘違いした、かつての師の娘・朝倉ヒナコは現れた。
「魔術は、唯一のつながりなんです」
魔術の才に愛されながらも、魔術によって家族を奪われた少女ヒナコ。
「奇跡に見合う努力はしてきた」
絶望と喪失の果て、秀春だけが見つけ出した可能性という新たな未来。
東京で出会った二人が織り成す魔術と居場所の物語。

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)はこんな本です

わたしの魔術コンサルタント (電撃文庫)のKindle版

ツイートする